2021年10月13日

あなた以外に誰を男と呼べばええの 「近松心中物語」


chikamatsushinju.JPG


近松門左衛門の「冥途の飛脚」をベースにした秋元松代さんの名作「近松心中物語」。
蜷川幸雄さんの演出で1,000回以上も上演された作品ですが、何といっても太地喜和子さんの梅川が忘れられない鮮烈な印象。2018年にはいのうえひでのりさん演出でシス・カンパニー版が上演されました(梅川は宮沢りえさん →こちら)。


今回この戯曲に挑むのはKAAT芸術監督の長塚圭史さん。
KAATの今期のシーズンテーマを「冒(ぼう)」と掲げていることもあって、蜷川さんが約80人の出演者でつくられた作品を19人でやろうという冒険もされるのだとか。


KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
「近松心中物語」
作: 秋元松代
演出: 長塚圭史
音楽: スチャダラパー
美術: 石原敬   照明: 齋藤茂男   衣裳: 宮本宣子
振付: 平原慎太郎   所作指導: 花柳寿楽
出演: 田中哲司  松田龍平  笹本玲奈  石橋静河
綾田俊樹  朝海ひかる  山口雅義  石倉三郎 ほか

2021年10月10日(日) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
1階D列(2列目)センター
(上演時間: 2時間20分)



劇場に入ると、客席に向かって傾斜のついた八百屋舞台以外は何もない空間。ホリゾント下手にぽつんと街灯のようなものがあかりを灯しています。
そこに遊行僧が現れて鉦を鳴らし、それがスチャダラパーのラップへと転調して、人々が三々五々登場して、九重太夫がゆったり歩いてきて・・・と見とれているうちに、いつの間にか上手下手に段差のついた壁面が複数できていて、そこが役者さんたちの出入り口にもなっています。
場面ごとに現れるシンプルな舞台装置は黒衣さんが動かす形。
ただ一つの例外は大詰めの雪の心中の場面。
両側の壁も取り払われて、雪景色の場面そのものが上からすっぽり降りてきます。まるで、死へと向かう二人を天上から迎えに来るよう。
そしてすべてが終わった後には冒頭と同じようにまたあの街灯がポツリと立っていて、遊行僧の鉦。
蜷川演出版で象徴的な猥雑さとは対極をなしたような長塚圭史さんの美意識極めれりといった演出でした。
ホリゾントからハの字型に左右に廓の戸口灯りを並べた光景も幻想的で綺麗だったな。


続きがあります
posted by スキップ at 23:40| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年10月09日

やさしいおいなりさん @季節といなり 豆椿


inari1.jpeg

年に一度ぐらいしか行かない箕面界隈ですが、今回はこちらでおいしい昼餉をいただきました。


季節といなり 豆椿
大阪府箕面市箕面5-10-11
tel: 080-4989-0625


inari2.jpeg

阪急電車 箕面駅から歩いて10分ぐらい。
閑静な住宅街の中にあります。

女性のご店主がお一人でやっていらっしゃるお店で、いなり寿司の販売がメイン。
「結」と名づけられた昼餉は1日限定1組(3名まで)の完全予約制。

八菜皿
主菜椀
いなり
汁椀

中国茶

というコース仕立てです。


inari3.jpeg


inari4.jpeg

八菜皿
右手前の柚子豆腐以外は全部お野菜。味付けも違っていてとてもおいしい。
ちょこっとずついろいろが大好きなので、いつまでも食べていられそうでした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:44| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年10月07日

マロンパイ @ドゥブルべ・ボレロ


marronpie1.JPG


滋賀県守山市にある人気パティスリー ドゥブルべ・ボレロ。
唯一の支店(になるのかな?)が大阪の本町に、しかもわがオフィスの近くにあります。
看板商品のアイアシェッケ(チーズケーキ)はじめケーキや焼き菓子、そしてパンもとてもおいしくて、自分用はもちろん、お遣いものにもよく利用させていただいています。


W.Boléro (ドゥブルべ・ボレロ) 大阪本町店
大阪市中央区瓦町4-7-4
tel: 06-6228-5336


そのドゥブルべさんの秋の季節限定、そして毎日数量限定のマロンパイ。
9月に始まってからずーっと食べたいと思っていたのですが、仕事終わりにお店に寄ってもいつも完売💦
ところが、一昨日たまたま用事があってお昼休みに前を通りかかったので伺ってみると、なーんと、当日販売分が奇跡的に2個だけ残っていて買うことができました。


marronpie2.JPG

冒頭の画像はオフィスに戻ってうれしくて紙袋をのぞいてニヤつきながら撮ったもの
そしてこちらがおいしそうすぎてガマンできず袋から出してデスクに並べてみた図です。



marronpie3.JPG

marronpie4.JPG

仕事帰りに寄ると早い日でも夕暮れなのでいつもこんな貼り紙が



marronpie5.JPG

断面はこんな感じ。
ぎっしり詰まった甘さ控えめで素材のよさを活かした栗はもちろん、パイ生地がサクサクでとってもおいしい。
賞味期限は2日後まででしたが、即日2個完食でございます。



お取り置きしていただけるらしいので、今月末までにあと10個ぐらい食べたい←いけませんッ! のごくらく地獄度 (total 2311 vs 2313 )




posted by スキップ at 23:00| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年10月06日

九月大歌舞伎 第三部 「東海道四谷怪談」


yotsuyakaidan202109.jpg


九月大歌舞伎 第三部は片岡仁左衛門さん、坂東玉三郎さん 38年ぶりの「東海道四谷怪談」。
4月と6月の「桜姫東文章」に続いて、「多分一世一代」「もう二度と観られない」とい座組と演目で、チケットは即完売という人気ぶり。
歌舞伎の四谷怪談はこれまで何度も観ていますが、仁左衛門さん玉三郎さんで拝見するのはもちろん初めてです。


九月大歌舞伎 第三部 「東海道四谷怪談」
四谷町伊右衛門浪宅の場/伊藤喜兵衛内の場/元の浪宅の場/本所砂村隠亡堀の場
作: 四世鶴屋南北
出演: 坂東玉三郎  尾上松緑  中村橋之助  片岡千之助  片岡松之助  中村歌女之丞  片岡亀蔵  市村萬次郎  片岡仁左衛門 ほか

2021年9月22日(水) 6:00pm 歌舞伎座 1階11列センター
(上演時間: 2時間10分/幕間 20分)



上演時間の制約もあってか、伊右衛門浪宅から始まって隠亡堀まで。
伊右衛門が舅であるお岩の父・四谷左門を殺す場面はないし、お袖ちゃんも出てきません。
直助権兵衛と佐藤与茂七はラストの隠亡堀にチラリと登場しますが、ほぼ主筋に関係ない役割。
「四谷怪談」の物語はご存知でしょ?な見取り上演です。


まずは、何といっても仁左衛門さんの色悪の魅力炸裂。
幕開きの浪宅で唐傘張りをしている姿がわびしくやつれているのに色っぽい。
赤ちゃん(わが子なのに)の泣き声が聞こえると舌打ちせんばかりに渋面をつくる悪いオトコの香りプンプン。
とんでもないDV男で、お岩を足蹴にする、お金のために赤子の産衣や蚊帳を奪い取る(それを必死で止めようとするお岩の爪がはがれる)、宅悦を脅してお岩に不義を仕掛けさせる、宅悦が逃げると小仏小平とお岩の不義を言い立て小平を惨殺し戸板に打ち付けて川へ流す、といった数々の血も涙もない非道の数々を時にはせせら笑いながらやってのける悪の魅力。
お岩の霊にたたられているとはいえ、新妻のお梅や伊藤喜兵衛を斬ってしまう狂気の凄み。
姿形の美しさはもとより、何とも抗えないような魅力に満ちていて、まさしく悪の華。


続きがあります
posted by スキップ at 22:18| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年10月04日

祝 大劇場レストラン再開 星組公演デザート@レストランフェリエ (10/31 追記)


felier1.jpeg



昨日は宝塚大劇場へ星組公演「柳生忍法帖/モアー・ダンディズム!」を観に行きました。9月18日の初日以来、すでに4回目ですが何か?

10月1日に緊急事態宣言が解除されて、ずっと休業していた宝塚大劇場の各レストランも再開。めでたい


ということで、まずはレストランフェリエで星組公演デザートをいただきました。


さつまいものタルト バニラアイス添え



felier2.jpeg

プレートには十兵衛さま降臨
ちゃんと眼帯もしています。


felier3.jpeg

持ち物は違いますが、ロミオとポーズ似ていますねw

レストランはどこもにぎわっていました。
もちろん、公演をずっと継続できることが第一ですが、レストラン営業しているとやっぱり明るい雰囲気でお楽しみも増すというものです。



その他にいただいた公演メニューを追記(10月31日)


currypan.jpeg

ことこと♪グラタン cu☆REI ドッグ with 公演デザート キャラメルコーヒー 
@カフェテリアフルール

各組公演カレーパンシリーズの最終回。
初回の花組からどんどん進化して、今回のこれが今までで一番おいしかったです。
次はどんなパンが登場するのかしら。


gelato.jpeg

公演ジェラート 黒みつ甘味 @ボヌール

バニラジェラートに黒みつ 栗 わらびもち さくらんぼ ホイップっクリーム
ボヌールで和の甘味が新鮮。甘すぎずおいしい。




タルトはちょっとパサついてたのが残念だったかなー のごくらく地獄度 (total 2309 vs 2311 )


posted by スキップ at 22:40| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年10月02日

九 月大歌舞伎 第二部


kabukiza202109.jpg


今年も「秀山祭」という冠のつかない九月大歌舞伎。
第一部は六世中村歌右衛門 二十年祭・七世中村芝翫 十年祭の追善興行、第三部は仁左玉の「四谷怪談」、そして、この第二部が「秀山祭」という位置づけでしょうか。
吉右衛門さんは出演されていませんが、播磨屋ゆかりの役者さんたちによる見応えある舞台が繰り広げられました。


九月大歌舞伎 第二部
2021年9月22日(水) 2:10pm 歌舞伎座 1階3列下手


一、近江源氏先陣館 盛綱陣屋
出演: 松本幸四郎  中村雀右衛門  中村錦之助  中村米吉  中村隼人  
尾上丑之助  坂東亀三郎  中村吉之丞  澤村宗之助  大谷廣太郎  
松本錦吾  中村歌昇  中村又五郎  中村歌六 ほか
(上演時間: 1時間55分)



頼朝亡き後、源氏一族の争いに巻き込まれた近江国の佐々木家。兄の盛綱(幸四郎)と弟の高綱は敵味方に分かれて戦うこととなります。盛綱の子息小三郎(亀三郎)は幼いながらも初陣を飾り、高綱の子息小四郎(丑之助)を生け捕りにする大功を立てました。琵琶湖にほど近い盛綱の陣屋では、盛綱が母の微妙(歌六)に囚われの身となった小四郎に切腹を勧めて欲しいと頼みます。そこへ高綱討死の報せが届き・・・。


義のため忠のため、幼い子どもの命が犠牲になる物語は苦手感ぬぐえない不肖スキップ。
この「盛綱陣屋」もその一つです。
いかに戦略のためとはいえ、自分の命や家を守るため、わが子に切腹を言い含める高綱どーよ?とこの演目を観るといつも思います。
しかも本人出て来ないし。

・・・という物語への思いはさておき、見応えたっぷりの義太夫狂言となっていました。
口跡よい役者さんが揃っていることもあって、「盛綱陣屋」でこんなにくまなく台詞聴いたの初めてかも(←)というくらい聴き入りました。
結果として、戦乱の世の中で、心ならずも敵味方に分かれてしまった兄弟の哀しみと非情・・・盛綱は盛綱なりの、高綱には高綱の葛藤や苦悩があることを感じ取ることができたように思います。


続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年10月01日

「マタ・ハリ」再び


matahari2021.JPG matahari20212.JPG


「REON JACK 4」の東啓介さんとの共演で記憶がよみがえったこちらの作品。
ラスト3公演が急遽中止になってしまって、楽しみにしていた初演オリジナルキャスト(柚希礼音マタ・加藤和樹ラドゥー・東啓介アルマン)の大千穐楽が観られなかったという、少しばかり切なさの残る公演となりました。

2018年に初演された舞台の再演。
マタ・ハリ役が柚希礼音と愛希れいかさんのダブルキャストとなったほか、ラドゥーには田代万里生さんが加わり加藤和樹さんとダブルキャスト、アルマンは三浦涼介さんが加わって東啓介さんとダブルキャストとなりました。
アンナの春風ひとみさん、ビッシングの宮尾俊太郎もともに新キャストです。


matahari20210718.JPG.jpeg

私が唯一観た回はこんなキャストでした。


ミュージカル 「マタ・ハリ」
脚本: アイヴァン・メンチェル
作曲: フランク・ワイルドホーン
歌詞: ジャック・マーフィー
オリジナル編曲・オーケストレーション: ジェイソン・ホーランド
美術: 堀尾幸男   照明: 日下靖順   衣装: 十川ヒロコ
訳詞・翻訳・演出: 石丸さち子
出演: 柚希礼音  田代万里生  三浦涼介  春風ひとみ  
宮尾俊太郎  鍛冶直人  工藤広夢  飯野めぐみ  ほか

2021年7月18日(日) 5:00pm 梅田芸術劇場メインホール 
1階13列 下手  (上演時間: 3時間/休憩 20分)



ストーリーはもちろん、演出、舞台美術なども初演を踏襲しているようでしたので、あらすじや全体の感想は2018年観劇時のこちらで。

そうそう、照明の印象が少し変わったかなと思ったのですが、プログラム調べたら初演の照明はリック・フィッシャーさんで今回は日下靖順さんでした。この違いに気づいた(気づいたというのか?)自分、エライ(自画自賛)。
舞台美術の中では実は照明が一番好きでいつも注目しているのです。


2ヵ月半も前に観た舞台なので細かいことは忘れてしまっているのですが新キャストの印象を少し。

ラドゥー:田代万里生さん
最初にキャスティングを知った時、いかにも好青年でお育ちのよいプリンスといった印象の万里生くんがラドゥー?と意外な気がしました。
ラドゥーには少し線が細すぎるのでは?とも思ったのですが、このラドゥーが存外にハマっていたのはうれしい驚きでした。

粘着質で激しい感情を心の奥底に滾らせながら表面上はクールというラドゥーが、あの端正な佇まいだからこそ一層際立ちます。
最初にマタを訪ねる楽屋の場面、アルマンとの場面(多分心中は嫉妬に燃えている)、マタがアルマンの消息を訪ねてラドゥーの自宅を訪れる場面と、場面が進むごとに嫌らしさと異常さがどんどん増していく感じ(褒めています)。
マタに惹かれている気持ちをキッパリ切り捨てて、裁判でマタを冷酷に追い詰めるところもよかったです。

そして、わかっていたことだけど歌がすばらしくうまい。本当にうまい(大事なことだから2回言いました)。
特に「一万の命」とラストのソロ曲「戦いが終わっても」は圧巻でした。

「一万の命」はアルマンが「人生と闘え」を歌った後に続く曲ですが、自分の人生を大切にしようとするアルマンと、集団の命を救うためには個を切り捨てることもいとわないラドゥーの対比がとても鮮やか。
そして2人がマタをめぐってぶつかり合う「2人の男」のドラマチックさ。


続きがあります
posted by スキップ at 22:34| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年09月29日

「REON JACK 4」 日替わりゲスト編


reonjack4tm.jpeg


reonjack4a.jpg.jpeg


「REON JACK 4」 日替わりゲスト
東京の甲斐翔真さんと北九州の佐藤隆紀さんは観られませんでしたが、夢咲ねねさんの回は配信で、大阪公演の3 guestsなナマでコンプリートです。
いや~、どのゲスト回もとびきり楽しかったです。

本編の感想はこちら



ゲストコーナーは基本的に、ゲストがソロで1曲歌って、2曲目は柚希さんとコラボ、そしてトークという構成。

夢咲ねねさん:
「オーシャンズ11」のテスのナンバー「楽園を出た二人」を歌って登場。
本編のアンコールで柚希さんが同じく「オーシャンズ11」の「愛した日々に偽りはない」を歌うのですが、お互いにそのことを知らず曲を選んだそうで、このあたりにも柚希さんとねねちゃんの絆の深さを感じます。

2曲目は「パッショネイト宝塚!」のデュエットダンス。
「どれくらい踊れる?」とねねちゃんに聞いたところから始まったというデュエダン。
大好きだったショーであのデュエダンをまた観ることができるなんて。
花柄の衣装も揃えていて、もうあのころのままの雰囲気。柚希さん、ねねちゃん相手だとひと際オトコマエになりますよね。

トークでは、台湾公演や全ツで日本各地を巡っておいしいものを食べた話、ねねちゃんはデュエダンのお稽古で柚希さんの稽古着とスカートの色を合わせるようにしていたけれども、柚希さんは稽古中何度も着替えるので難しかった、なんていう楽しい思い出話も。

柚希さんの宝塚時代のどの作品が好きかというアンケートを客席ペンライトで
・オーシャンズ11
・ナポレオン
・愛するには短すぎる
の3択でしたが、結果は「ナポレオン」でした。
うーん、もちろん「ナポレオン」も大好きですが、私は「オーシャンズ11」かな。


続きがあります
posted by スキップ at 23:04| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2021年09月27日

REON JACK は裏切らない 「REON JACK 4」


reonjack4.jpg


宝塚退団翌年の2016年に始まって、2017年、2018年と開催されてきた柚希礼音さんのソロコンサート「REON JACK」。
3年ぶりに「REON JACK」が帰ってくると発表された時、柚希ファンのTLは湧き立ちました。
まるで、この状況下でいろいろ辛いこともあったり思うままにならず凹んだりしている私たちへの、柚希さんのエールのよう。


柚希礼音ソロコンサート 「REON JACK 4」 
音楽監修: 本間昭光
音楽監督: NAOTO
演出・振付: 大村俊介(SHUN)
振付: 辻本知彦  YOSHIE  Cristian & Nao
出演: 柚希礼音  上野水香(東京公演)  宮尾俊太郎(北九州・大阪公演)  
大村俊介(SHUN)  YOSHIE  クリスティアン・ロペス 
日替わりゲスト:東京  甲斐翔真(9/11)  夢咲ねね(9/12)
北九州: 佐藤隆紀
大阪: 湖月わたる(9/23・24)  東啓介(9/25)  西川貴教(9/26)
DANCERS: 井出恵理子  周平  丹羽麻由美  小山銀次郎  Kosuke
BAND MEMBERS: NAOTO (Vi/Band Master)  楠瀬タクヤ (Dr)   二家本亮介 (Ba)  山本陽介 (Gt)  野崎泰弘 (Key)  足立賢明 (Mani)   MARU(Cho)

2021年9月12日(日) 5:00pm 配信視聴/
9月23日(木) 5:00pm シアター・ドラマシティ 9列下手/
9月25日(土) 12:00pm 11列センター/
9月26日(日) 1:00pm 12列上手
(上演時間: 2時間+α)



「私の挑戦を観ていただくのはもちろん、お客様の心に温かいものが届くようなコンサートにしたい」と柚希さんがおっしゃっていたとおり、鋭利で限りなくハイクオリティのショーという印象のREON JACK 2、3と比べると、演出がSHUN先生に変わったこともあってか少しマイルドで、そこまで尖っていない雰囲気。
最初に観たのが配信で夢咲ねねさんゲスト回だったこともあり、二人のデュエットダンス、上野水香さんとのダンスでも男性パートを踊り、さらにはタキシードでの「愛した日々に偽りはない」や「Feeling Good」など、男役回帰というか、“ファンが求めているもの”を全面に打ち出した印象です。
もちろんソロもコラボも、数々のダンスも歌も、瞬きするのも惜しいくらいの場面の連続。
「ダンス中心のコンサートを続けることは、ちえの肉体と技術を持ってしても大変なこと」と湖月わたるさんもおっしゃっていましたが、たゆまぬ精進を重ねてその成果を私たちに見せ続けてくれる、ほんと、REON JACK は裏切らない。


セットリスト
1. オープニング
2. TATOO
3. アラート feat NAOTO
4. REON JACK
5. Witch’s Mirror
6. 六本木心中
7. Running Forward (dance with YOSHIE/vocal: MARU)
8. ゲストソロ
9. ゲストコラボ
10. PARTY!
11. 溺れたい
12. Maybe if
13. 逢いたくていま (dance with 上野水香・宮尾俊太郎/vocal: MARU)
14. Love U
15. 道 (dance with SHUN)
16. I miss you
Encore
17. 愛した日々に偽りはない
18. タンゴ with クリスティアン・ロペス
19. Feeling Good (dance with SHUN・宮尾俊太郎・ロペス/vocal: MARU)
20. 夜空に眠るまで
21. 青い星の上で

ゲストコーナー
夢咲ねね
・楽園を出た二人 (オーシャンズ11)
・燃え尽きぬ愛  (パッショネイト宝塚!)
湖月わたる
・糸 (中島みゆき)
・PARADISO (ネオ・ダンディズム!)
東啓介
・大切な人  (川崎鷹也)
・普通の人生 (マタ・ハリ)
西川貴教
・FATE CITY (オーシャンズ11)
・WHITE BREATH


続きがあります
posted by スキップ at 22:46| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする