2024年03月09日

人生は時に困難だ でもだからこそ世界には物語が必要だ 雪組 「ボイルド・ドイル・オンザ・トイル・トレイル」


boileddoyle.jpg
              ©宝塚歌劇団


宝塚歌劇雪組 宝塚大劇場公演は何枚か持っていたチケットがことごとく中止となって「もう大劇場で観られな~い」と思っていたところ、天使が舞い降りて、ラストぎりぎりで前楽を観劇することができました。

そして東京公演は、いつもツンな友会が盛大にデレてくれて、千穐楽・和希そらラストデイを観ることができたのでした


宝塚歌劇 雪組公演
Happy“NEW”Musical 
「ボイルド・ドイル・オンザ・トイル・トレイル」-Boiled Doyle on the Toil Trail-

作・演出:生田大和
作曲・編曲:斉藤恒芳   音楽指揮:佐々田愛一郎
振付:御織ゆみ乃  平澤 智   擬闘:清家三彦
装置:國包洋子   衣裳:加藤真美   照明:高見和義
出演:彩風咲奈  夢白あや  朝美 絢  奏乃はると  真那春人  久城あす
和希そら  妃華ゆきの  沙羅アンナ  叶ゆうり  諏訪さき  野々花ひまり
希良々うみ  眞ノ宮るい  縣 千  咲城けい  聖海由侑  華世 京 ほか

2023年12月12日(火) 3:30pm 宝塚大劇場 2階12列上手/
2024年2月11日(日) 1:30pm 東京宝塚劇場 1階6列下手
(上演時間: 1時間35分)



boileddoyle2.jpg
                   ©宝塚歌劇団

開演前
「ストランド・マガジン」編集部のつくり込まれたセットです。


発表された時「絶対覚えられない」と思ったタイトル「ボイルド・ドイル・オンザ・トイル・トレイル」は「疲れ果てたドイルによって達成された大変な仕事」という意味だそうです。

物語の舞台は19世紀末のロンドン。
新聞や雑誌が一般大衆向けの最大メディアであり、その販売部数を各社競う中、医師であり作家でもあるアーサー・コナン・ドイル(彩風咲奈)は診療所を営む傍ら、イギリスの英雄たちの物語を書き綴り、いつか小説家として一本立ちすることを夢見ていました。出版社からは送った原稿が次々返送されてきますが、妻のルイーズ(夢白あや)は「あなたにはできるわ」と夫の背中を押し励まし続けていました。
そんなアーサーの前にある夜、かつて自身が書いた小説の主人公・名探偵シャーロック・ホームズ(朝美絢)が突然現れ、「僕を書きたまえ、僕らの冒険を」と告げます。
翌朝、アーサーが書き上げた小説をルイーズが「一番売れていない雑誌社に持ち込みを」というホームズの助言通りハーバート・グリーンハウ・スミス(和希そら)が編集長を務めるストランド・マガジン社に持ち込むと、ハーバートは「本物を見つけた!」と喜び、掲載された小説は大評判となり、アーサーは一躍人気作家となりますが・・・。


前半はホームズシリーズが誕生し、ドイルがいちやく売れっ子作家となっていく過程が描かれ、そこに「心霊現象研究協会」とミロ・デ・メイヤー教授(縣千)の催眠術や降霊術といった(あまり必要とも思えない←言い方)エピソードが挟み込まれて楽しく展開。
シャーロック・ホームズは朝美絢さんの000を筆頭に、以降、天月翼さんの001から苑利香輝さんの010まで、常に10人のホームズを従えていてゴチャゴチャしていて(言い方(≧▽≦)再び)、ファンタジー感もたっぷり。
一転して、自分が生み出したホームズというキャラクターのあまりにも人気沸騰ぶりに、書きたい歴史小説を書くためにはホームズを葬り去るしかないと決意したドイルとホームズの対決からの、ホームズ贔屓の世論の反発を買ってしまい、妻のルイーズまで病に倒れる後半はシリアス。

でもそこは、Happy“NEW”Musical ですから。
アーサーが「ホームズをまた書く」と決意すると、ルイーズの病気もあっさり治ってめでたしめでたし。


続きがあります
posted by スキップ at 19:36| Comment(2) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2024年03月07日

猿若祭二月大歌舞伎 「連獅子」


saruwakanigatsu2.jpg


猿若祭二月大歌舞伎 夜の部は観る時間が取れなくて、「連獅子」だけ幕見しました。
中村長三郎くん 10歳 これが連獅子デビューです。

猿若祭二月大歌舞伎 夜の部 「連獅子」
作:河竹黙阿弥
出演:中村勘九郎  中村長三郎  中村橋之助  中村歌昇

2024年2月11日(日) 7:35pm 歌舞伎座 4階幕見席1列センター
(上演時間: 52分)



”本当の”親子が親獅子と仔獅子を演じることは歌舞伎のこの演目では少なからずあることですが、特に中村屋さんにとっては特別の演目という思いが観る方にもあって、お兄さんの勘太郎くんが2021年の二月大歌舞伎で当時最年少の9歳で勘九郎さんと「連獅子」を勤めていることも加わって、「ついに長三郎くんが・・・」とついエモーショナルにもなります。

そういう心のフィルターを差し引いてもすばらしかったです。


出の瞬間から親子の静謐な気迫が感じられる連獅子。

長三郎くんの仔獅子。
動きにカラダがまだついて行っていないようなところはありつつ、思い切りよく溌剌として可愛くて健気で、でもちゃんと獅子の仔としての強さもあって、ピンと伸ばした指先観てるとウルウルしました。

受けて立つ勘九郎さんの大きく雄々しく、威厳と気品に満ちた親獅子。
踊りはキレッキレ。

そのキレッキレに長三郎くんがよく食い下がって、二人の動きのシンクロぶりがハンパなく、どれほどお稽古したのかとまた涙

仔獅子が谷底から駆け上がってくるのを見た時、親獅子が厳然とした表情を一瞬緩めてふわりと見せた笑顔に、父として勘九郎さんも
そのまた父としての勘三郎さんも重なって見えました。

勘三郎さんにご覧になっていただきたかったと思いましたが、いやいや勘三郎さんのことだからきっとこの劇場のどこかで見守ってるよね
と、幕が下りた歌舞伎座の天井を見上げたのでした。


saruwakanigatsu6.jpg

2階ロビーの展示
これ見ただけでも泣けてきます。



saruwakanigatsu7.jpg


saruwakanigatsu8.jpg

二月歌舞伎座 night & day



しまった!この「連獅子」 一等席で観るべき演目でした のごくらく地獄度 (total 2249 vs 2254 )






posted by スキップ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2024年03月05日

日比谷でジャガー氏とツーショット


starstagecostume1.jpg


星組観劇前にお向かいの日比谷シャンテで開催中のステージ衣装コレクションを見に行きました。
東京宝塚劇場公演に合わせていつも開催されているものですが、今回気合入っていました。


宝塚歌劇星組ステージ衣装コレクション
2月12日(月)-4月6日(土)
日比谷シャンテ 3階 特設コーナー



starstagecostume8.jpg

こんなふうに入口もあって、ちゃんと展示室になっています(これまでは私が見た限りではフロアでオープン展示でした)。
私が行った時はマチネ上演中の時間で人も少なかったですが、次に通りかかった時(マチソワの間)はここに入場の行列できていました。



starstagecostume2.jpg

入った途端にジャガーな礼真琴さんお出迎えでいきなりテンション爆上がり(;^_^A


starstagecostume3.jpg

喜び勇んで備え付けの三脚使ってタイマーでツーショット自撮りしました。
前を通りかかる人目も気にせず、何ポーズか撮ったわぁ←



続きがあります
posted by スキップ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2024年03月03日

日比谷から虎ノ門、そして銀座へ


toranomonhills.jpg


昨日は東京へ(またなのか (^_^;)

ゆっくり目の新幹線で東京駅からの有楽町。
日比谷シャンテで宝塚歌劇星組衣裳展を見て、キャトルレーヴでお買物をして、からの星組公演観劇。
終演後は、礼真琴さんのお茶会に参加しました。

お茶会終了時刻の関係で最終の新幹線に間に合いませんでしたので東京泊。
なので、関西から一緒に参加したお友だちと久しぶりに銀座のワインバーで軽く飲食。
今朝は朝イチ(6:00 品川駅発なので本当に朝一番)の新幹線で帰阪しました。
8:12 新大阪着って何なら普段会社行く時間より早いくらい(≧▽≦)

舞台もお茶会も、その後の飲み+おしゃべりもとても楽しく、何かと凹むことの多かった2月最終週のあれこれをしばし忘れることができました。


冒頭の画像はお茶会の会場へ向かう途中で撮った虎ノ門ヒルズの夜景。
虎ノ門ヒルズステーションタワーが初めてなのはもちろん、ホテルオークラが新装されてから伺うのも初めてで、どこがどこやら・・・。
特に虎ノ門ヒルズ界隈のビル群は本当に東京ならではの都会の景色という印象で「東京はしゃれとりますなぁ」となにわの田舎者たちは半ば呆れ気味に感心して眺めたのでした。


虎ノ門ヒルズ 度の過ぎた都会過ぎてちょっぴり気がひける の地獄度 (total 2247 vs 2252 )



posted by スキップ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | 更新情報をチェックする

2024年02月29日

「猿若祭二月大歌舞伎」 昼の部


saruwakanigatsu.jpg


十八世中村勘三郎十三回忌追善「猿若祭二月大歌舞伎」。
歌舞伎座ロビーでよい香りのお香が焚かれた勘三郎さんのご遺影に手を合わせて「もう十三回忌・・・」としみじみ切ない

ですが、昼夜ともにチカラが入った演目が並び、中村屋ご一門はもちろん、仁左衛門さんをはじめ、東蔵さん、歌六さん、時蔵さん、芝翫さん、松緑さん・・・という豪華な座組はこの上ない勘三郎さんの追善興行となっています。
勘三郎さんも空の上で喜んでいらっしゃるでしょうか・・・いや、出られなくて悔しがっているかな。


十八世中村勘三郎十三回忌追善
「猿若祭二月大歌舞伎」 昼の部


2024年2月24日(土) 11:00am 歌舞伎座 1階5列センター



一、新版歌祭文 野崎村
出演: 中村鶴松  中村七之助  中村児太郎  坂東彌十郎  中村東蔵 ほか
(上演時間: 1時間15分)



saruwakanigatsu4.jpg


歌舞伎座で主演を勤める鶴松くんが観られるなんて!な「野崎村」。
これまで何人かのお光ちゃんを観てきましたが、鶴松くんは何というか、等身大で、とても”ニン”なお光ちゃんでした。
少し垢抜けない田舎娘ながら、初々しく可愛くて、久松との祝言を喜び、台所仕事をしながらもウキウキして手鏡をのぞいてしまう姿に娘心がよく表れていました。
お染に向かって放つ「ビビビビビ」もおきゃんでカワイイ。
だから一層、身を引くために自ら髪をおろした後半の健気さ、いじらしさ、そして切なさが際立ちます。

児太郎さんのお染はいかにも裕福な家のお嬢様といった華やかさですが、なよなよしたお嬢様ではなくて久松への恋心は結構濃いめ。
情感たっぷりでした。

この二人に対して「久松だれ?」と思っていたら七之助さん出てきてびっくり(事前にちゃんと配役確認しなさい(≧▽≦)
初役ということですが、品よく美しく柔らかく、優しさも情深さもあって、さすがの色男っぷりでした。
ここにお光の父・久作の彌十郎さん、お染の母・お常の東蔵さんの情愛が加わって盤石の構え。

久松を見送ったお光が茫然として落としてしまった数珠を拾って渡す久作。
我に返って久作の胸に取りすがって泣き崩れるお光。
この後のお染・久松の行く末も胸をよぎり、切なさに涙する幕切れでした。


続きがあります
posted by スキップ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2024年02月28日

お昼のろろろ弁当 @出町ろろろ


rororo1.jpg


先日のあっきーコンサートの折のプレシアターランチはこちら。
以前から興味あったのですが、出町柳まで行く機会が(それもタイミングよくランチタイムに)あまりなくて、やっと伺うことができました。


出町ろろろ
京都市上京区今出川通寺町東入一真町67-1
tel:075-213-2772


rororo5.jpg

古民家といった佇まい
京阪電車 出町柳駅から西へ 河原町通りの方へ歩いて10分弱ぐらい
豆餅で有名な出町ふたばさんの近くにあります


rororo4.jpg


ランチは30食限定の二段箱の「お昼のろろろ弁当」と「ミニ会席」の2種類。
ちょこっとずついろんなものを食べるのが大好きな不肖スキップ
もちろんろろろ弁当をチョイス。


rororo2.jpg

「ろ」の字のお箸置きカワイイ
一段目は豆皿に入った8種類のおばんざい
二段目は土鍋で炊いたごはん、季節のかきあげとだし巻きあられあんかけ
そしてお味噌汁がつきます。

「みぶ菜ゆず酢漬け」や「九条ねぎ昆布煮」
一つひとつ丁寧に手をかけられた京野菜のお料理はどれも本当においしい
もちろんふんわり巻かれたやさしいお味のだし巻きも、カラッと揚がったかきあげも
ほんのり甘いお味噌汁もオドロキのおいしさでこれだけでもごはん一膳イケちゃうくらい


rororo3.jpg

ごはんはおこげも少し加えてくださいます
おかわり自由ですがおなかいっぱいでおかわりできず 無念



rororo6.jpg

カウンター8席とテーブル2卓のお店
この日は予約で満席でしたが、予約なしのお客様が次々来店されてお断りされていました。



またぜひ伺いたいけれど出町柳は遠い・・・ のごくらく地獄度 (total 2246 vs 2251 )



posted by スキップ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2024年02月25日

これが2月ラスト遠征


mtfuji20240224.jpg


昨日は東京へ 
今月三度目の遠征にして東京は二度目でした。

8:30 伊丹発のフライトで羽田から東銀座へ。
歌舞伎座で「猿若祭二月大歌舞伎」昼の部を観て、おめでたい焼き食べて幕間には舞台写真買いに行ったりと忙しく過ごして、終演後は新宿へ移動。
休日の新宿・歌舞伎町の雑踏にビビリながら初めての劇場 THEATER MILANO-Za で「HiGH&LOW THE 戦国」を楽しく観劇。

終演後はまた脱兎のごとく劇場を後にして東京駅へ。
しっかりお弁当買って新幹線で帰ってきました。


冒頭の画像は飛行機の窓から見えた富士山。
前回とは打って変わってくっきり美しいお姿を現された富士山にテンション上がってつい写真撮ってしまいます (;^_^A
後方のシートだったので翼とのコントラストもいい感じ。



帰りの新幹線で爆睡💤 
月3回遠征はさすがに行き過ぎでしょう の地獄度 (total 2245 vs 2250 )



posted by スキップ at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | 更新情報をチェックする

2024年02月23日

中川晃教&京フィル ブリリアントコンサート in 春秋座


ackeyshunjuza.png

「あっきーの歌声をオーケストラの演奏で聴けるとはさぞよかろう」
と楽しみにしていたコンサート。
本来は昨年7月に予定されていて張り切って最前列のチケット取っていたのですが、中止になってしまって💦、このたびリベンジ開催されることになってまたまた張り切ってチケット取りました。


中川晃教&京フィル ブリリアントコンサート in 春秋座
出演:中川晃教
指揮:牧村邦彦
演奏:京都フィルハーモニー室内合奏団

2024年2月17日(土) 2:00pm 春秋座 1階2列センター
演奏時間:2時間/休憩 15分)



ackeyshunjuza2.jpg

春秋座に行くのも久しぶりでした。


京都を意識してか中川晃教さんは着物をリメイクした衣裳で登場。
黄色のガウン風ジャケットと黒のパンツ、どちらにも刺繍がほどこされていて素敵でした。
楽曲の間には指揮の牧村邦彦さんの軽妙なトークも。

牧村邦彦さんは指揮棒を持たずに指揮される形でした。
前日たまたま「チコちゃんに叱られる」で「なんで指揮者は指揮棒を振るの?」を見たばかりでしたので、指揮者さんの動きにも興味シンシン。


セットリスト:
1幕
1. 歌劇「フィガロの結婚」序曲 (モーツァルト) 京フィル
2.「アイネクライネナハトムジーク」より第一楽章 (モーツアルト)京フィル
3..僕こそミュージック (モーツアルト!)
4. 偉大な生命創造の歴史が始まる (フランケンシュタイン)
5. 涙の流るるままに (ヘンデル) 京フィル
6. チェーザレ (チェーザレ)
7. サーデューク (スティービー・ワンダー) 京フィル
8. 君の瞳に恋してる (ジャージー・ボーイズ)
2幕
9. 交響曲第九番「新世界より」第四楽章 (ドヴォルザーク)京フィル
10. ボレロ (ラヴェル) 京フィル
11. カルテット (銀河英雄伝説)
12. キャンドルインザライト (エルトン・ジョン) 京フィル
13. Smooth Criminal (マイケル・ジャクソン) 京フィル
14. Your Song (ムーランルージュ・ザ・ミュージカル)
15. Billie Jean (MJ THE MUSICAL)
16.I see you (アバター)
Encore
17. VISION



続きがあります
posted by スキップ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする

2024年02月22日

最後のワードは relax 「オデッサ」


odessa.jpg


三谷幸喜さん 2020年の「大地」以来、3年半ぶりの新作書き下ろしの舞台。
アメリカ・テキサス州オデッサを舞台に、英語ができない日本人旅行客と日本語が理解できない警察官、語学留学中の日本人青年通訳の3人による会話劇です。


「オデッサ」
作・演出:三谷幸喜 
美術:松井るみ   照明:服部基   衣裳:前田文子
英語監修:宮澤エマ   鹿児島弁指導:迫田孝也
出演:柿澤勇人  宮澤エマ  迫田孝也
音楽・演奏:荻野清子
ナレーション:横田栄司

2024年2月7日(水)1:00pm 森ノ宮ピロティホール C列センター
(上演時間: 1時間45分)



1999年秋 アメリカ テキサス州の平凡な地方都市オデッサが舞台。
ある日本人旅行者(迫田孝也)が3日前にこの町で起きた殺人事件の重要参考人として事情聴取を受けますが、彼・児島勘太郎は英語が全く話せず、捜査にあたるオデッサ警察のカチンスキー警部(宮澤エマ)は日本語を理解できません。そのため、地元ホテルのジムでトレーナーとして働く日本人留学生のスティーブ日高(柿澤勇人)が通訳として駆り出され、彼の通訳で取り調べが始まります・・・。


”登場人物は三人。 言語は二つ。 真実は一つ。密室で繰り広げられる男と女と通訳の会話バトル。 ”
というフライヤーに書かれたコピーだけちらりと見ていて、あとは全く白紙の状態で観ましたが、いや~ おもしろかったです。
書き手としての三谷幸喜さんの力量を改めて思い知らされました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする