2021年10月27日

もうどこへも行くな 月組 「川霧の端」


kawagiridc.jpg


月組 月城かなとさん・海乃美月さん トッププレお披露目公演。
1990年に剣幸さん、こだま愛さんのさよなら公演として上演された日本物と、2021年 珠城りょうさん、美薗さくらさんさよなら公演のショーという二本立て。
どちらもさよなら公演のリバイスなのねーとは思いましたが、さすが芝居の月組、特に「川霧の橋」は、すぐそばを川が流れる博多座にも、木を多く使われた劇場の雰囲気にも、そして日本物お得意の月城かなとさんの持ち味にもよく合って、すばらしかったです。


宝塚歌劇 月組公演
江戸切絵 「川霧の橋」-山本周五郎作「柳橋物語」「ひとでなし」より
原作: 山本周五郎
脚本: 柴田侑宏
演出: 小柳奈穂子
作曲・編曲: 寺田瀧雄  音楽監督・編曲: 𠮷田優子
振付: 尾上菊之丞  若央りさ
装置: 大橋泰弘   衣装: 加藤真美
出演: 月城かなと  海乃美月  光月るう  夏月 都  鳳月 杏  
晴音アキ  春海ゆう  夢奈瑠音  蓮つかさ  暁 千星  麗 泉里  
英 かおと  天紫珠李  結愛かれん  蘭世惠翔  柊木絢斗  瑠皇りあ
/京 三紗  梨花ますみ ほか

2021年10月24日(日) 11:00am 博多座 1階F列(5列目)上手/
4:00p 1階B列(最前列)下手
(上演時間: 1時間35分)



物語: 江戸隅田川 茅町の大工 杉田屋は棟梁の巳之吉(夢奈瑠音)、お蝶(夏月都)夫婦に子供がなく、幸次郎(月城かなと)を跡継ぎの若棟梁と定めます。同じく腕のいい半次(鳳月杏)と清吉(暁千星)を後見役としますが、我慢ならない清吉は杉田屋を出て上方に行くことを決め、研ぎ職人源六(光月るう)の孫娘お光(海乃美月)に3年待っていてほしいと言い残して旅立ちます。実は幸次郎もお光のことを思っており、杉田屋夫妻から正式に縁談話を持ち込みますが、源六に断られてしまいます。一方、半次は油問屋 相模屋の箱入り娘 お組に身分違いの叶わぬ思いを抱いていました。そんなある日、江戸の下町を焼き尽くす大火事が起こり・・・。


31年ぶりの再演で「柴田先生の作品の中でも非常に評価の高い作品ながら、そのこだわり故にご存命中は再演のかなわなかった作品」とプログラムの小柳奈穂子先生のご挨拶に書かれていて、柴田先生亡くなったからってすぐ再演するってどーなん?と思いましたが、この仕上がりなら柴田先生もきっと「よし!」とおっしゃってくださるのではないかしら。

江戸情緒たっぷりの中、江戸の市井の人々が舞台に息づき、歯切れよく美しい江戸言葉に彩られて、まるで上質の織物のように丁寧に紡がれた物語。
原作を読んだことがなくて、もちろん初演も観ておらず、全くの初見でしたが、とても楽しく拝見しました。
冒頭、月城かなとさん筆頭に、鳳月杏さん、暁千星さん、蓮つかささん、英かおとさんのいなせな太鼓にまずびっくり。
タカラヅカであんな和太鼓演奏聴けるなんて。
タイトルにもなっている柳橋の橋が何度も出てくる舞台装置も素敵でした。

幸次郎が主役ではありますが、お光、半次、清吉、それぞれに物語があって、その物語の絡み具合が絶妙。さらには周りの人々も江戸情緒たっぷり。さすが柴田先生の筆致と感心することしきり。そして、それを体現する月組の皆さんすばらしい。


続きがあります
posted by スキップ at 17:05| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年10月25日

みずほで博多へ


mizuho1.jpeg


昨日は博多へ行ってきました・・・というか正しくは博多座へ、です。
博多座に行くのは2018年6月の高麗屋さん襲名披露興行以来3年4か月ぶりでした。

新大阪駅 7:51 発の新幹線で博多に着いて博多座直行、宝塚歌劇 月組公演「川霧の橋/Dream Chaser」をマチソワで観て、その間には劇場そばのお寿司屋さんでランチ、終演後、20:01 博多駅発の新幹線で帰阪と、中洲川端から一歩も出ず(^^ゞ


今回往路の新幹線はみずほ号でした。
冒頭の画像は、博多駅降りた直後に撮ったもの。
行先が鹿児島で次に停まる駅が熊本って、何だか遠くに来た感満載。

福岡へは飛行機で行くことが多く、西へ向かう新幹線に乗ること自体久しぶりで何だか新鮮だったのですが、その中でもみずほに乗るなんて、本当に何年ぶりでしょうという感じでした。


mizuho2.jpeg

2列-2列並びの座席はゆったりしていて、座り心地もよく、空いていて静かな車内。


久しぶりに車窓の光景を楽しむ間もなく爆睡している間に博多に到着いたしました のごくらく地獄度 (total 2319 vs 2321 )


posted by スキップ at 23:26| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする

2021年10月23日

小さな奇跡の物語 「東京ゴッドファーザーズ」


tokyogodfathers.JPG


もう1本 6月に観た舞台でまだ感想が書けていなかったこちら。
2003年に公開されたアニメーション映画の初舞台化です。
観たことがないばかりか、そんな映画があったことさえ知りませんでした。


「東京ゴッドファーザーズ」
原作: 今 敏
上演台本: 土屋理敬
演出: 藤田俊太郎
美術: 乘峯雅寛   照明:日下靖順
衣装: 前田文子   映像: 横山 翼   振付: 新海絵理子
出演: 松岡昌宏  マキタスポーツ  夏子  春海四方  大石継太  新川將人
池田有希子  杉村誠子  周本絵梨香  阿岐之将一  玲央バルトナー

2021年6月12日(土) 12:30pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階E列(3列目)センター
(上演時間: 1時間55分)



物語: クリスマスの夜、ホームレスのハナちゃん(松岡昌宏)とギンちゃん(マキタスポーツ)、家出少女のミユキ(夏子)は、新宿のゴミ溜でひとりの赤ん坊を拾います。生みの親の顔も知らないハナちゃんはその赤ん坊を清子と名付け、自分の手で育てたがりますが、何せホームレスの身。清子の幸せを思い、一緒に捨てられていたコインロッカーの鍵を手がかりに捨てた親を探すために奔走します。その中で様々な事件に遭遇、そしてそれぞれ大切な人との奇跡の再会を果たして・・・。


清子の親を探して、新宿から東京タワー、港区の結婚式場や品川の病院と、あたかもロードムービーのように歩き続ける3人。
舞台化にあたって、時代設定を2003年から2020年へと更新され、コロナ禍を思わせる状況や渋谷のホームレス撲殺事件など、”今”のリアルな現実を盛り込みつつ、路上生活者の救いのない現実とその再生を描いています。

にもかかわらず、どこか寓話的でファンタジー味も感じるのは、この舞台の始まりがクリスマスの聖誕劇で、ハナちゃん・ギンちゃん・ミユキの3人は”東方の三賢者”、そして清子(きよこ)という名前にキリスト・・・というか神様のくだされもののような印象を受けたからかもしれません。
ラストのハナちゃんはマリア様の概念のようにも思えて、キリスト教色の強い物語だなぁと感じました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:00| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年10月22日

2021年の絞りたてモンブランはリアル Mont Blanc @LOUNGE PLUS


montblanc1.jpeg


毎年秋の楽しみにいただいているラウンジプラスの期間限定 絞りたてモンブラン。
今年はシェフが変わられたそうで、リニューアル。
お味はもちろん、Mont Blanc の由来でもある”白い山”をイメージしたプレゼンテーションにテンションあがります。


LOUNGE PLUS
大阪マリオット都ホテル 19F
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
tel: 06-6628-6111



montblanc2.jpeg

こんな形で登場



montblanc3.jpeg.png


montblanc4.jpeg.png

スタッフの方が開けてくださると、思わず「わぁ~」と声が出ました。


Instagramに動画もポストしています(こちら


続きがあります
posted by スキップ at 22:52| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年10月20日

“真実”の不確かさ 「外の道」


sotonomichi.jpg


先日観た「Le Fils 息子」に浜田信也さんが出演されているのを観て思い出しました。
まだこの作品の感想を書いていなかったことを。


イキウメ 「外の道」
作・演出: 前川知大
ドラマターグ・舞台監督: 谷澤拓巳
美術: 土岐研一   照明: 佐藤 啓
音楽: かみむら周平   衣裳: 今村あずさ
出演: 安井順平  池谷のぶえ  浜田信也  豊田エリー  
盛 隆二  薬丸 翔  清水 緑  大窪人衛  森下 創 

2021年6月27日(日) 1:00pm サンケイホールブリーゼ 1階E列センター
(上演時間: 1時間55分)



物語: 同級生の寺泊満(安井順平)と山鳥芽衣(池谷のぶえ)は偶然同じ町に住んでいることを知り、二十数年ぶりの再会を果たします。二人は語り合ううちに、お互いに奇妙な問題を抱えていることがわかってきます。
満はある手品師(森下創)との出会いによって世界の見え方が変わり、妻(豊田エリー)の浮気を疑い、几帳面だった宅配便運転手の仕事でも誤配を繰り返すようになります。
品名に「無」と記された宅配便を受け取った芽衣は次第に暗闇に侵食され、さらに息子と名乗る謎の少年三太(大窪人衛)が現れ、家族の過去も改変されていきます。日常生活が困難になっていく満と芽衣は、お互いが理解者であることを知り・・・。


1年前に上演が予定されていたものの緊急事態宣言により全公演中止となり、「来年同じメンバーでやります」とおっしゃっていたとおり、無事上演の運びとなりました。この時期、感染状況はほぼ変わっていない・・・というか感染者数むしろ増えている状況が何ともやり切れませんが。


すりガラスの窓が広がる木造の部屋。
机と椅子が並ぶ、廃校を利用してつくられたカフェのような一室に、一人、またひとりとキャストが現れ、向かい合って椅子に座ったり一人佇んだり。
台詞のないこの時間もまるで短いドラマのようです。
その中の一人が声をかけて二人はかつての同級生とわかり、近況を語り合う中、次第に自分が経験した不思議な出来事の話題となります。

この二人(寺泊満と山鳥芽衣)が真ん中あたりの机に向かい合って座るのですが、他の役者さんたちもずっと舞台上にいて、満と芽衣の語りの中の登場人物になったり、二人のモノローグの語り手になったり、はたまた傍観者となったり。
その存在が揺らぐ状況を増幅させるよう。


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年10月18日

家族であることの幸せと痛み 「Le Fils 息子」


lefils.JPG

フランスの劇作家 フロリアン・ゼレールの「家族三部作」第二弾。
2018年にパリで初演され、世界13ヵ国で上演された作品。
岡本健一・圭人の親子共演も話題の舞台です。


「Le Fils 息子」
作: フロリアン・ゼレール
翻訳: 齋藤敦子
演出: ラディスラス・ショラー
美術: エドゥアール・ローグ   照明: 北澤真   衣装: 十川ヒロコ
出演: 岡本圭人  若村麻由美  伊勢佳世  浜田信也  木山廉彬  岡本健一

2021年10月14日(木)6:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階D列(2列目)下手  (上演時間: 2時間10分)



第一弾「Le Pe`re 父」の感想はこちら


物語: 17歳のニコラ(岡本圭人)は両親の離婚で心を病み、不登校となって自傷行為を繰り返しています。一緒に住む母 アンヌ(若村麻由美)から窮状を訴えられた父のピエール(岡本健一)は、再婚相手ソフィア(伊勢佳世)と生まれたばかりの息子とともに暮らす家に二コラを引き取り、彼を立ち直らせようとしますが・・・。


何とも心が痛く、苦く切ない物語でした。

両親の離婚に傷つき、居場所も生きる意欲も失ったニコラ。
自分でもよくわからない苦しみを抱え、それを持て余し、苛立ち、いまにも崩れそうな脆さを見せています。
その苦しみの本質が何かを見抜けないまま手をつくし、空回りする周りの大人たち。

二コラの変化に戸惑い、父と暮らしたいという希望を受け容れて、孤独を押し殺して二コラをピエールに託すアンヌ。
新しい妻と暮らす家に彼の部屋を整え、転校させ、服を買ってやり、友達と会ったり外出することを勧めるピエール。
危うさと狂暴性を垣間見せる二コラに内心怯えながらも努めて普通に接しようとするソフィア。

誰もが二コラにとってよかれと思うことを精一杯やっているのに、二コラの心に入りこむことも、救うこともできないもどかしさ切実さを目の当たりにして、その現実の厳しさに言葉をなくす思いです。

「きっと何もかもうまくいくさ」
自分の人生観をかざして楽観するピエールとは裏腹に、それらの”思いやり”にますます追い詰められ、時に反発し、自傷行為を再発させる二コラ。
母と暮らす家、父とソフィアの家、精神病棟と場所を変えて身を置きながらも、自分の居場所を見つけることができなった二コラ。
多分それは自分自身の中にさえも。


続きがあります
posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年10月17日

風間柚乃 ワンマンショー 月組 「LOVE AND ALL THAT JAZZ」


loveandallthatjazz.jpg


月組期待の若手スター 風間柚乃さん バウホール初主演作。
100期生としては今年2月に「PRINCE OF ROSES」で主演した花組の聖乃あすかさんに次いで二番目のバウ主演です。


宝塚歌劇 月組公演
バウ・ミュージカル 
「LOVE AND ALL THAT JAZZ」・・・ベルリンの冬、モントリオールの春・・・
作・演出: 谷 正純
作曲・編曲: 𠮷﨑憲治  植田浩徳
振付: 尚すみれ  御織ゆみ乃  
装置: 新宮有紀   衣装: 加藤真美
出演: 風間柚乃  きよら羽龍  千海華蘭  佳城 葵  朝霧 真  
蘭 尚樹  桃歌 雪  彩音星凪  礼華はる  一星 慧  大楠てら
/汝鳥 伶  紫門ゆりや ほか

2021年10月12日(火) 3:00pm 宝塚バウホール 5列センター
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分



物語の舞台は第二次世界大戦 ナチス政権下のドイツ・ベルリン。
かつてジャズの生演奏でヨーロッパ中にその名を轟かせたキャバレー「レベル」では、ジャズピアニストでもあるルーカス(風間柚乃)が父から受け継いだ店を一人護り続けていました。そんなある日、ルーカスは店へ逃げ込んできたユダヤ人の娘レナーテ(きよら羽龍)を匿ったことから、ジャズの演奏すら禁止される祖国の現状に反発し、レナーテと共に自由に生きられる国へ旅立つことを決意します。二人を執拗に追い詰めるのは、かつて同じ音楽院で学んだ友人でもあるナチス親衛隊ゾマー少尉(礼華はる)。偽造屋からナチス親衛隊の中佐夫妻の身分証を入手し、仲間のミュージシャンが集うパリ、そしてレナーテの祖父が住むカナダを目指しますが・・・。


「ナチス政権下で退廃音楽として禁止されたジャズを愛し、ユダヤ人の娘を護る為に命を懸けて戦ったドイツ人ジャズピアニストを主人公に、時代を覆う閉塞感に敢然と立ち向かう若者の姿を、ジャズの名曲に乗せて描くミュージカル作品」と記された公演概要から、重くシリアスなドラマを予想していましたが、華やかなジャズの場面も挿入されて、思ったより明るく軽やか・・・逆に言えばいささか拍子抜けな感じです。実話に基づいた物語ということですが、どこか絵空事っぽいおとぎ話のような印象を受けました。

ナチス親衛隊の中佐夫妻の偽の身分証を手に入れて、その人物を装ってナチスの列車に乗り込むというのは、ナチスの内部事情を全く知らない青年にしてはでき過ぎだし、それを見抜けないコールマン大佐もどうなん?と思ってしまいます。
当時のアメリカやカナダにとって、ドイツ=敵国で、それがナチスであろうとなかろうと関係なくドイツ人であるというだけで収容所に入れられることが描かれているのは興味深かったですが、お国がらなのか事実そんな雰囲気だったのか、収容所内が明るく綺麗で皆服装もきちんとしていて、戦時下の悲惨さや陰鬱な雰囲気は感じられませんでした。

そうそう、収容所で、ナチス親衛隊の偽の身分証が仇となって自分自身のことを信じてもらえず、取り調べから帰ってきたルーカスにフリードリヒが即「脱獄で決定ですか」と言い、二人を迎えたツヴァイクも顔を見るなり「脱獄ですね」と言うの、笑っちゃいました。

ドイツの、ナチス政権下の、戦時下の、とはあまりシリアスに意識せずに、ジャズを愛する青年の自由を求める物語ととらえるのがよさそうです。
タイトル通り、ジャズの名曲がふんだんに散りばめられ、「A列車で行こう」「ムーンライトセレナーデ」「シング・シング・シング」など耳慣れた曲を華やかに歌い踊るシーンは心浮き立ちます。


続きがあります
posted by スキップ at 17:21| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年10月16日

今という二度と戻らない時間 星組 「柳生忍法帖」新人公演


hoshishinko20211012.JPG hoshishinko2021.JPG.jpeg


昨年、「減耀の谷」の東京新人公演が中止となって以来、星組にとっては1年8ヵ月ぶりの新人公演。
舞台も客席も熱い思いが溢れるようでした。
新人公演出演が初めてという人や日本物は初めてという下級生もいて、とても貴重な学びの場となったことと思います。


宝塚歌劇 星組 「柳生忍法帖」 新人公演
原作: 山田風太郎 「柳生忍法帖」
脚本・演出・新人公演担当:: 大野拓史
出演: 天飛華音  瑠璃花夏  碧海さりお  夕陽真輝  颯香凛  澄華あまね  
咲城けい  御剣海  水乃ゆり  奏碧タケル  星咲希  稀惺かずと  大希颯 ほか

2021年10月12日(火) 宝塚大劇場 1階13列センター
(上演時間: 1時間45分)



本公演の感想はこちら
    


今回は、本公演脚本・演出の大野拓史先生が新人公演も担当。
特に変更点はなく、本公演そのままの展開でした。

台詞のタイミングがかぶってしまったり、思わぬハプニングがあったり、新人公演らしさも見受けられる中、若者たちの懸命さと熱さが伝わる舞台でした。


天飛華音 (柳生十兵衛/本役:礼真琴)
野性味という面では本役の礼真琴さんよりむしろ適役では?と思えるかのんくん。
口跡よく力強い台詞と歌唱。歌や台詞以外にも殺陣や所作と決まりごとが多い日本物ですが、立派でした。
そしてやはり、センターに立つのが似合う華のあるスターであることを実証。
ソロの歌唱で少しかすれることがあって、練習しすぎかな?と思ったのですが、稽古中にのどを潰してしまったと終演後のインタビューでおっしゃっていたそうです。いや、そんなこととは全然感じられないくらいすばらしい歌唱でした。
礼真琴さんからは「絶対できる。大丈夫!」と声をかけられたのだとか。
そういえばことちゃんも、「Étoile de TAKARAZUKA」新人公演(2013年)で柚希礼音さんのダンスソロ「Scorpius」を踊った時、舞台稽古だっかであまりにできなくて号泣してしまって、柚希さんに「大丈夫や!」と励まされたのでしたね。そうやって星組の伝統は受け継がれていくのね。
ラストの銀橋ソロでは感極まって涙も浮かべていたかのんくんに思わずもらい泣き。


続きがあります
posted by スキップ at 22:50| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年10月15日

いやでござる 星組「柳生忍法帖」


yagyuninpocho1.jpg


山田風太郎氏の「柳生忍法帖」を星組で上演することが発表されて原作を読んだのが今年の4月。
おもしろかったけれど、血がドバドバ流れるし、女たちはすぐ全裸にさせられるし、ラブムード皆無だし、敵役は残虐非道だし、芦名銅伯 108歳だし・・・あまりのエログロに、「柳生十兵衛やるにしてもどうしてこの作品を選んだのか」「これをどうやってすみれコードに抵触せずにタカラヅカの舞台に乗せるのか」と思ったものでした。
大野先生ガンバレー!


宝塚歌劇 星組公演
宝塚剣豪秘録 「柳生忍法帖」
原作: 山田風太郎 「柳生忍法帖」
脚本・演出: 大野拓史   
作曲・編曲: 太田健  高橋恵  多田里紗   音楽指揮: 西野淳
振付: 若央りさ  山村友五郎  平澤智   殺陣: 清家三彦
装置: 新宮有紀   衣装: 河底美由紀
出演: 礼 真琴  舞空 瞳  愛月ひかる  美稀千種  白妙なつ  
天寿光希  音波みのり  大輝真琴  輝咲玲央  漣 レイラ  ひろ香 祐  
瀬央ゆりあ  朝水りょう  綺城ひか理  有沙 瞳  天華えま  小桜ほのか  
極美 慎  碧海さりお  天飛華音  都 優奈  水乃ゆり  瑠璃花夏 ほか

2021年9月18日(土) 1:00pm 宝塚大劇場 1階18列上手
9月19日(日) 3:30pm 1階5列センター
9月28日(火) 3:30pm 1階14列センター
10月3日(日) 3:30pm 1階5列上手
10月7日(木) 3:30pm 1階18列上手
(上演時間: 1時間35分)



江戸時代 三代将軍・徳川家光の寛永年間の物語。
会津藩主・加藤明成(輝咲玲央)のあまりの暴政に家老・堀主水(美稀千種)は一族を率いて藩を退転します。明成は漆戸虹七郎(瀬央ゆりあ)以下の会津七本槍を差し向け、堀主水一族を断罪し、幕府公認の縁切寺・東慶寺に匿われた堀一族の女たちをも武力をもって攫おうします。しかしそれは、男の都合に振り回された生涯を送り、女の最後の避難場所として東慶寺を庇護してきた天樹院(豊臣秀頼の妻・千姫/白妙なつ)には許しがたい事でした。女の手で誅を下さねばならぬと心定めた天樹院は、沢庵和尚(天寿光希)に敵討ちを誓う女たちの指南役を連れてくるよう依頼します。その人こそ、として、将軍家剣術指南役 柳生宗矩(朝水りょう)の嫡男ながら城勤めを嫌い、剣術修行に明け暮れる隻眼の天才剣士 柳生十兵衛(礼真琴)でした。十兵衛と堀の女たちが、七本槍と死闘を繰り広げながら向かった会津に待ち受けるのは、藩を牛耳る謎の男・芦名銅伯(愛月ひかる)と銅伯の娘で明成の側室ゆら(舞空瞳)でした・・・。


yagyuninpocho2.jpg



「これ、原作読んでいない人、大丈夫なの?」
初日(9/18)観終わった最初の感想がこれでした。

配役が発表された時、原作のサイドストーリーの役まで役名があって、「そんなにたくさん登場人物出して、1時間半に納め切れるのかいな」と危惧したことが現実になった感じ。
さらには、原作では”犬”の天丸・風丸・地丸を人間にして、その姉との悲話など原作にはないエピソードも加えられたものだから(瑠璃花夏ちゃん天丸には毎回泣かされるけれど)、肝心の主筋の展開がとても速く説明不足は否めません。

堀主水が出奔する冒頭から東慶寺、そこから十兵衛が登場して殺陣をしながら主題歌を歌うプロローグまでの流れはとてもよくて期待が高まったのですが、その後失速しちゃったかなぁ。

芦名銅伯と天海大僧正が双子で、天海が死ななければ銅伯は死なず、銅伯が苦しめば天海も苦しむ、しかも天海大僧正は将軍家にとって大切な天台相承(てんだいそうじょう)を控えていて、今この世を去らせることは絶対できない、と沢庵が切羽詰まるというところは、原作でも少しわかり難いロジックで展開するのですが、舞台でもやっぱりわかりにくかったです(笑)。
銅伯の部屋の鏡に天海大僧正が映し出されるところは映像を使っているのですが、あまり効果なかったような・・・というか作品全体を通して映像はわりとショボめ←

十兵衛やゆら、銅伯の衣装はいい感じです。
傾奇者という雰囲気の七本槍の衣装は好みが分かれるかもしれませんが、私は好きでした。
愛月さん筆頭に、いわゆる”路線”といわれる男役がすべて(天飛華音さん以外)主役の礼さんの敵となっているのもあまりないおもしろい構図です。
その代わり娘役たちはみんな十兵衛さまの味方だけれども(^^ゞ


続きがあります
posted by スキップ at 23:13| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする