2021年08月20日

雲の上の空はいつも青い


onthesky20210820.jpeg


8月12日に東京行きを断念したというエントリをアップしたばかりですが、その舌の根も乾かぬうちに今日 東京へ行ってきました。
もともと今月は、8月12日と20日の2回、上京を計画していて、8月12日をやめた時点では今日の上京も無理~と思っていました。

が、

状況は全く明るい兆しが見えず先行き不透明なまま、いくつかの舞台が中止になるのを目の当たりにし、この先、再び劇場が休業に追い込まれる可能性も現実味を帯びてきた今、「観たい」と思ってチケットを取り、劇場が開いて、それが上演されているのであれば、観ておくべき、と考えを改めました。
と言っても、昨夜まで逡巡した上で上京決行したのですが。
往復の移動も、いつでもキャンセルや変更ができるよう、すべて公式サイトで予約、購入しました。


10:00 伊丹発のANA便で羽田へ。
飛行機はほぼ満席でしたが、「誰も乗っていないの?」と思うくらい機内は声を発する人が一人もいなくてずっと静かでした。
羽田空港では、車椅子に乗った外国人のアスリートらしき方々を何人かお見かけしました。パラリンピック、始まるんだねー。

羽田から京急品川経由 JR山手線で渋谷へ。
13:00 オーチャードホールにて「ウェンディ&ピーターパン」観劇。
16:00 終演。開演前より格段に人流が増えた渋谷を逃げるように後にする。
16:30 東京メトロ銀座線で銀座着 → 歌舞伎座へ
食事やお茶で外をウロウロするのはあまりよろしくないということで、歌舞伎座3階「花籠」でアフタヌーンティー。これが、昼食・夕食+3時のおやつ兼用。
18:00 八月花形歌舞伎 第三部 観劇。歌舞伎座はやっぱり静かで整然としていて安心感あります。
20:25 終演。都営地下鉄浅草線で品川経由 21:01発 のぞみにて帰阪。

といった行程でした。

マスクは医療用サージカルマスクと不織布マスクの2枚重ね。消毒液見かけるたびに手を消毒し、お手洗いではこれでもかというくらい石鹸で手を洗う、マスクしていない人はもちろん、ウレタンマスクの人にも、マスクしてても大声で話しているグループにもできるだけ近づかない、飛行機や新幹線、劇場の座席で手を触れるところには持参した除菌ティッシュを使う・・・という感じかな。マスク2枚重ね以外は普段からやっていることではあります。


冒頭の画像は飛行機の窓から見えた今日の富士山。
翼と一緒に撮ろうとして、ギリギリ画面に収まりました。

雲の下の様々な営みを見下ろして、富士山はいつも凛と立っているし、空はいつも青い。



いろんな事情ありながら無事行って帰って来られたことに感謝。
今年はあと何回東京行けるかなぁ のごくらく地獄度 (total 2288 vs 2289 )


posted by スキップ at 23:57
"雲の上の空はいつも青い"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。