2021年01月26日

旅するだし茶づけ @だし茶づけ暫 SHIBARAKU


shibaraku1.jpeg

先日、幸せのパンケーキを求めて泉の広場界隈を歩いた時に、何やらおいしそうなお店がたくさん・・・そういえば泉の広場ってリニューアルしてグルメエリアできたのだったなぁと思いながら眺めていたら、こちらに目が吸い寄せられて、「おいしそう~。今度食べに来なくちゃ」となりまして、それから時を経ずして参上いたしました。


だし茶づけ 暫 SHIBARAKU
大阪市北区小松原町梅田地下街4-2号
ホワイティうめだイーストモール
tel: 06-6364-2244


shibaraku5.jpg


心斎橋パルコにも店舗があるようですが、伺ったのはホワイティ梅田店の方です。
というか、泉の広場がホワイティうめだだと初めて知った・・・昔は「ウメチカ 泉の広場」って言ってたよね~?

永谷園のだし茶づけ専門店(厳密には飲食店を展開するグループ会社「麦の穂」の新業態)。
永谷園のお茶づけ海苔のロゴマーク 歌舞伎の隈取ののれんが迎えてくれます。


「紅鮭とイクラ茶づけ」「海鮮天茶づけ」「炙り明太子茶づけ」などナド、単品のだし茶づけはどれもおいしそうだし、好きなお茶づけを選ぶことができる「お好み二膳セット」にもとても惹かれましたが、実はワタクシ、これをいただくと決めていました。


shibaraku2.jpeg

旅するだし茶づけ

日替りのおかず6品と、毎月変わる旅先のおかず3品。
今月の旅先は北海道で、数の子松前漬け・かにみそきゅうり・焼ししゃも(手前の3品)でした。

やさしいお味のおだしはそのままでも飲めそう。
薬味は永谷園のお茶漬け海苔に使われている海苔とあられ。そして粉末のわさびがかけ放題(笑)。

水分量や甘みなどお茶づけに最適なお米を研究して、様々なおかずとの相性を考えたというお米は福井県産のあきさかり。
とてもおいしくて、おひつのごはんは三膳分ということですが、少しずついろんなおかずをのせていただいたので5回くらいおかわり。
もちろん完食です(^^ゞ



shibaraku6.jpeg shibaraku4.jpeg

旅先が変わったらまた伺いたいと思いますが、自分で盛り付けるとビジュアル的にアレなので、次回は出来上がっただし茶づけをいただこうかしら。



おいしくてサラサラ食べられるけれどお米食べ過ぎてしまうのがキケン のごくらく地獄度 (total 2207 vs 2209 )



posted by スキップ at 22:34
"旅するだし茶づけ @だし茶づけ暫 SHIBARAKU"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。