2018年12月16日

芸術祭十月大歌舞伎 夜の部


kabukiza201810.jpgたとえ私のようなミーハーなファンでも、歌舞伎好きという限りは、贔屓の役者さんが出る出ないにかかわらず見逃してはならない・・・というより「万難排してでも絶対観るべき」興行が時折あって、十月大歌舞伎 夜の部 「助六」は間違いなくその一つだと思います。
後々語り継がれる興行になるのではないかな。


歌舞伎座百三十年
芸術祭十月大歌舞伎 夜の部
十八世 中村勘三郎七回忌追善

2018年10月24日(水) 4:30pm 歌舞伎座 1階4列上手



一、 宮島のだんまり
出演: 中村扇雀  中村錦之助  市川高麗蔵  中村歌昇  坂東巳之助  
中村種之助  中村隼人  片岡亀蔵  市村萬次郎   坂東彌十郎 ほか
(上演時間: 26分)


えーっと、これがですね・・・あまり記憶がない💦
ふわふわと夢の中を漂い、目を開けるたびに舞台上に人が増えているという(笑)。

昼夜通しで観ると必ず一つはこんな演目ができてしまう自分を戒めたい。
ごめんなさ~い。



二、義経千本桜 「吉野山」
出演: 中村勘九郎  坂東巳之助  坂東玉三郎 ほか
(上演時間: 50分)


冒頭に「今回の『助六』は後々語り継がれる」と書きましたが、この「吉野山」もそうなるのではないでしょうか。本当にすばらしかったです。
もともと好きな演目でよく拝見しますが、この十月の「吉野山」は忘れられないものとなりました。


軍記物でキリリメイクの勘九郎さんのカッコよさも、キレのある踊りのうまさも百も承知の上で観ても、忠信実は源九郎狐とてもよかった。
下座音楽に乗ってぴピタリピタリとキマる型にホレボレ
体幹がぶれることなく、体の中心軸ごとすーっと移動して、まるで雲の上で踊っているような軽やかさ。
戦物語の踊りも、兄の継信討ち死にの無念さ、悔しさがが伝わってくるよう。
柔らかさと力強さを兼ね備えて、しかも色っぽくて(私はかねがね、勘九郎さん好きだけどもうちょっと色気が出たらなぁと言っていたのを今回で撤回しますワ)、玉三郎さん静御前と二人並んだ立雛はため息が出るほどの美しさ。


それを受けて立つ玉三郎さんの揺るぎない美しさと品格。
玉三郎さんは舞台に立っているだけでとても存在感大きいのに、静の可憐な佇まい、かわいらしさ、義経と追って吉野の山中を行く不安な気持ちやいじらしさも存分で、こんな静なら義経も忠信も全力で守ろうというものです。ほんと、玉さま変幻自在だな。

巳之助さんの早見藤太もよくて、勘三郎さん三津五郎さんがそうだったように、勘九郎さんと巳之助さんの踊りももっともっと観たいと思いました。

最後の引っ込みの時、花道七三でふっと歌舞伎座の天井近くへ視線を向ける勘九郎さん。
その視線の先に、そこにいるはずの人の面影を追っているような、何ともいえない表情。
親を恋しく思う狐忠信と、勘三郎さんを思う勘九郎さんが重なって見えて、思わず落涙。



三、 助六曲輪初花桜  三浦屋格子先の場
出演: 片岡仁左衛門  中村七之助  中村勘九郎  坂東彌十郎  片岡亀蔵  
坂東巳之助  中村児太郎  片岡千之助  澤村宗之助  坂東竹三郎  
中村又五郎  中村歌六  片岡孝太郎  坂東玉三郎 ほか
(上演時間: 54分)


「一世一代」とは銘打っていませんが、これが最後ではないかと言われている仁左衛門さんの助六。
仁左衛門さんが初めて助六をおやりになった時、教わったのは勘三郎さんのお父様の十七世勘三郎さんで、まだ助六をやったことがなかった勘三郎さんが、「僕がやる時は教えてよ」と約束していた・・・と前ふり話聞くだけですでに胸熱。

これまで演じて来られた「助六」で、揚巻はすべて玉三郎さんでしたが、今回揚巻に抜擢されたのは七之助さん。勘九郎さんは白酒売(実は助六のお兄さん)、玉三郎さんは曽我満江(助六兄弟の母)。
仁左衛門さん、玉三郎さんの芸の継承への意志、勘三郎さんへの思い、中村屋兄弟への温かい心情があふれているような「助六」でした。


まずは仁左衛門さんの若々しさにびっくり。
黒羽二重に紫鉢巻、蛇の目傘片手に下駄の音も高らかに花道から颯爽と登場する姿に歌舞伎座全体の空気が揺れるようでした。
べらんめぇ調の啖呵もキマッて胸のすくようなカッコよさ。
口跡よく緩急のある台詞は明瞭で、立ち姿はもちろん所作の一つひとつ、立ち廻りまでもが美しい。
揚巻には男気を見せ、意休に詰め寄って「抜け抜け、抜けねぇかぁ~」と言い放ったり、門兵衛や朝顔仙平をやり込めたかと思えば、茶目っけたっぷりに「股くぐれぇ~」と大きく股を開いて立ちはだかってみせたり、満江の前では急に母に頭の上がらない息子に戻ったり、本当に表情豊かで人間味にあふれ、豪快さと品格、和やかさまでも兼ね備えた助六でした。

華やかで艶やか。意休への悪態の長科白も聴かせてくれた七之助さんの揚巻。
仁左衛門さん相手にきちんと「兄」を演じた勘九郎さんの白酒売。
歌六さんの意休、又五郎さんのくわんぺら門兵衛、巳之助さんの朝顔仙平、亀蔵さんの若衆艶之丞、児太郎さんの白玉、秀太郎さんの松葉屋女房・・・と賑々しい面々の一人ひとりが楽しくて、気合入れて観たせいもあってか、「あれ?助六ってこんなに楽しかったっけ?」と今さらながらこの演目のおもしろさを再確認・・・何となく「暫」同様、祝祭劇的なイメージを持っていました。

そういえば成田屋以外の「助六」を観るのは平成21年顔見世の仁左衛門さん以来です。
成田屋だと「助六由縁江戸桜」となるところ「助六曲輪初花桜」と外題を変えているのは忖度なのですってw


そんな中、ラスボスのように登場する玉三郎さんの満江。厳しくも温かい母の情を滲ませて。
仁左衛門さん、玉三郎さん、勘九郎さん、七之助さん 四人の場面は何だか胸にこみあげるものがありました。


8年前 歌舞伎座さよなら公演の「助六」(こちら)で勘三郎さん通人が團十郎さん助六を散々いじった後、花道で「歌舞伎座なくなって寂しいけど新しい歌舞伎座でもっともっと夢を見させてもらいましょうよね~」とおっしゃっていたことを思い出してウルウルしていたのに彌十郎さん通人が、捌け際に花道七三で、「吉野山」の勘九郎さん同様歌舞伎座の彼方を見上げてあんなこと言うんだものだから、涙止まらなくなりました。

「勘三郎さん、七回忌って何だよ、何でここにいないんだよ」という思いは拭いきれませんが、それと同時に、勘三郎さんが描いていた夢、勘三郎さんが私たちに見せようとしてくださっていた夢を、あなたの息子さんたちや、先輩や同輩や後輩の皆さんが、こんなにもすばらしく見せてくれていますよと、明るい気持ちにもなって、きっと勘三郎さんもこの劇場のどこかで、悔しがりながらも満足そうに笑っていらっしゃるだろうと思えた、本当によい追善でした。


kanzaburosan.jpg



それでもこの場所に勘三郎さんがいないのはとてもさびしい のごくらく地獄度 (total 1992 vs 1994 )


posted by スキップ at 17:30
"芸術祭十月大歌舞伎 夜の部"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。