2009年06月08日

鹿賀丈史のシラノ


s-shirano.jpg

ワイルドホーンが、前作「ジキル&ハイド」の鹿賀丈史に惚れ込んでタイトルロールに指名したという「シラノ」。ブロードウェイに先駆けて、日本初演のミュージカルです。


ミュージカル「シラノ」
台本・作詞:レスリー・ブリカッス
音楽:フランク・ワイルドホーン
演出:山田和也
翻訳:松岡和子
訳詞:竜真知子
出演:鹿賀丈史 朝海ひかる 中河内雅貴 戸井勝海 光枝明彦 鈴木綜馬 ほか


6月7日(日) 1:00pm 梅田芸術劇場メインホール  1階4列上手


ストーリー: 17世紀半ばのパリに実在した、優れた詩人にして勇猛果敢な剣士 シラノ・ド・ベルジュラック(鹿賀丈史)。従姉妹のロクサーヌ(朝海ひかる)に恋をしますが、並外れて大きな鼻を持つ彼には打ち明けることができないまま、若くてハンサムなクリスチャン(中河内雅貴)と彼女の仲をとりもつことになります。口下手なクリスチャンはシラノに教えられた愛の言葉でロクサーヌの心を射止め結婚します。仏西戦争の前線に赴いたシラノは、危険を顧みず、クリスチャンの名前で書いた愛の手紙を毎日ロクサーヌへと送ります・・・。

新作ミュージカルということで、新しい切り口を期待しましたが、演出も音楽も舞台装置なども結構オーソドックスな、いかにもミュージカルという印象(・・・という程ミュージカルは観ていないのですが)。
とはいうものの、「うわ、眠いかも」と思ったところに登場したガスコンの兵士達の合唱にピッ目と目が覚めたように、アンサンブルのコーラスはすばらしいし、プロローグの劇場の場面はともかく、原作に忠実なストーリー展開は、シラノの孤独や苦悩を十分焙り出していました。
鹿賀丈史は、見事な押し出しでいかにも主役の存在感を放ち、どこか人を食ったような雰囲気がシラノによくハマッていました。が、タイトルロールだから当然といえば当然なのですが、シラノだけが際立って突出しているような印象を受けました。良くも悪くも“鹿賀丈史のシラノ”でした。それと、「ここで聴きたい」と思うところで声がのびないばかりか、セリフもロレツが回っていないように聞こえる場面が気になりました。お疲れだったのでしょうか、それともあの鼻のせいかしら。

朝海ひかるを舞台で観るのは、宝塚のサヨナラ公演以来だったので、もうすっかりレディになっているのにオドロキ。凛として美しく華もあってステキなヒロインぶりでした。端々に見せる茶目っ気がロクサーヌのキャラクターにも合っていましたが、歌はもっと聴かせてほしいところです。

涙しぼられるからと言っていいお芝居という訳ではないけれど、以前見た栗田芳宏演出・市川右近主演の「シラノ・ド・ベルジュラック」、そして、緒形拳のひとり芝居「白野」のどちらも大泣きしましたし、シラノの“心意気”にとても感じ入っていましたので、正直のところ泣かない自分が不思議というか、納得いかない気分でした。だって全然涙出なかったんだもん。それはやはり、あの最期の修道院の場面に負うところが大きいなぁ。
カーテンコールで鹿賀さんは、「すばらしい作品ですので、また近いうちにお目にかかれると思います」と、すでに再演決定を匂わせるような発言をしていらっしゃいましたが、再演するなら演出はもうひと頑張りしていただきたいと思います。

そのカーテンコール。鳴り止まぬ拍手に、ついに鹿賀さん、ペットボトルとガムテープ持って登場。「これから荷造りしなきゃならないので」ですって。

s-IMG_1414.jpgこれは最期の場面でハラハラ落ちてきた枯葉をカーテンコールの時にアンサンブルの人たちが何度もほおり上げたものが私たちの足元に落ちてきたものです。
出演者の皆さんの晴れやかな笑顔を見ていると、とてもよいカンパニーだったことがよくわかって、小さな不満もどこへやら。



グッズはいろんなものが売り切れ続出。人気あるのね~の地獄度 ふらふら (total 497 わーい(嬉しい顔) vs 498 ふらふら)

posted by スキップ at 23:40
"鹿賀丈史のシラノ"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。