2015年05月24日

たとえ一人になろうとも  ゲキ×シネ 「蒼の乱」


gekicineao.jpg


4月に観た
「阿修羅城の瞳 2003」とセット券を買っていたものです(数量限定で完売したらしい → こちら)。

「阿修羅城」の方は監督名はクレジットされていませんでしたが、こちらは中村浩紀さん。
ゲキ×シネへは「シレンとラギ」に続いての登板だそうです。


ゲキ×シネ 第13弾 「蒼の乱」
作: 中島かずき
演出: いのうえひでのり
監督: 中村浩紀
出演: 天海祐希  松山ケンイチ  早乙女太一  
梶原善  森奈みはる  粟根まこと  高田聖子  
橋本じゅん  平幹二朗 ほか

2015年5月22日(金) 6:45pm なんばパークスシネマ シアター9



「阿修羅城の瞳」が12年ぶりに観たものなら、この「蒼の乱」はちょうど昨年の今ごろ絶賛上演中で東京、大阪合わせて4回観た作品です。

12年ぶりの方は細かい部分を忘れていることもあって、結構そのまま受け入れられたのですが、こちらは舞台の記憶もまだ新しく、カットされている場面が気になったり、是非は別として技術が進んだことでかなり映像処理が施されていてとまどう場面もしばしば。
上映時間短くしてインターミッションをなくしたり、いろいろ方向性も変わったようですので、舞台の延長上にゲキ×シネがある、というこれまでの私の考えを改めるべきなのかもしれません。

ただ、これだけは。

ラストの坂東の大地に立つ蒼真の場面。
あれはやはり舞台が断然よかったです。
蒼が緑に溶け込んで、そこに雄々しく風が流れて
まさに小次郎が言った「空の風と草の海がひとつになって」という感じ。
あの場面の演出と舞台美術、照明は本当すばらしかったなぁと、映像を観て改めて思いました。


続きを読む
posted by スキップ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

アイシアイ・コロシアイ ゲキ×シネ 「阿修羅城の瞳 2003」

shurajo.jpg2003年に上演された劇団☆新感線の作品。

12年前に松竹座で観た舞台です。
私は舞台を映像化されたものを観るのがあまり好きではなく・・・というか、この作品に限らず、舞台作品をDVDなど映像だけで観て「これ観た」とか言うのはいかがなものか、と思っている方なので、この作品はDVDも持っていなくて、ゲキ☓シネは多分全国公開ではなかったと思われるので観ておらず、本当に12年ぶりに観たことになります。
(宮沢りえちゃんがつばきを演じた映画版を2005年に観ていますが、あれは何かとビミョーだったし・・ゴニョゴニョ

ゲキ×シネ 「阿修羅城の瞳 2003」
作: 中島かずき
演出: いのうえひでのり
出演: 市川染五郎  天海祐希  夏木マリ  高田聖子  橋本じゅん  小市慢太郎  
近藤芳正  伊原剛志 ほか

2015年4月17日(金) 8:00pm なんばパークスシネマ シアター11



ストーリー: 舞台は文化文政時代の江戸。
一見平和そうに見えるその裏で、人と鬼との激しい戦いが繰り広げられていました。
江戸の闇から魔を祓うために組織された特務機関「鬼御門(おにみかど)」。
病葉出門(わくらばいずも/市川染五郎)は、そこで“鬼殺し”と恐れられる魔事師でしたが、五年前のある事件を境にそれまでの一切を捨て、今では鶴屋南北一座に弟子入りしていました。 そんな彼の前に謎の女盗賊つばき(天海祐希)が現れ・・・。



12年ぶりに観てもとてもおもしろかったムード

あの頃の、血湧き肉踊るという感覚を思い出しました。
染五郎さんも天海祐希さんも若くてギラギラしているけれど、観ている私も若かったんだな、と。

そして、やはりこの頃の新感線が好きだったな、と改めて思いました。
映像や舞台装置など今の新感線からは考えられないくらい荒削りですが、それが却っていい味出していたり。
出門とつばきの因果、阿修羅転生への三位一体、戻橋・・・一つひとつが細かく構築され張り巡らされてビシビシ決まっていく快感。
中島かずきさん全盛期と言えるのではないかしら。続きを読む
posted by スキップ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

この大屋根の下で私たちは夢を見ました 「わが心の歌舞伎座」

wagakokoro.jpg建て替え工事のため、2010年4月30日の閉場式をもって姿を消した四代目の歌舞伎座。
その舞台と舞台裏に密着したドキュメント映画。

2011年1月に公開された作品で、当時観に行く気マンマンで前売券も買っていたのに観に行けず(これ)、その後もう一度同じようなことがあって、観ないままだったのですが、今回やっと観ることができました。


「わが心の歌舞伎座」
2011年1月15日公開
配給: 松竹株式会社
上映時間: 2時間47分
監督: 十河壯吉
出演: 市川猿之助  市川團十郎  尾上菊五郎  片岡仁左衛門  坂田藤十郎  
中村勘三郎  中村吉右衛門  中村芝翫  中村雀右衛門  中村富十郎  中村梅玉  
坂東玉三郎  松本幸四郎 ほか

2014年11月30日(日) 3:00pm なんばパークスシネマ スクリーン4



「この大屋根の下で私たちは夢を見ました」
という倍賞智恵子さんの最初のナレーションを聞いた時、
2010年4月の歌舞伎座さよなら公演 御名残四月大歌舞伎 第三部 「助六」で
通人を演じた中村勘三郎さんの
「寂しいけど、新しい歌舞伎座でもっともっと夢を見させてもらいましょうよね」
という言葉が、声が、ありありと蘇ってきて、思わず落涙。

4年半前のことなのにすごく昔に感じたり、ついこの間のように思えたり。
中村芝翫さんに始まって、團十郎さん、吉右衛門さん、梅玉さん・・・とそれぞれが歌舞伎座への思いのみならず歌舞伎そのものへの思いを語り、名舞台の数々を振り返りながら進みますが、
芝翫さん、團十郎さん、富十郎さん、そして勘三郎さん。
舞台映像のみの登場だった雀右衛門さんも加えると、登場された13人のうち5人が新しい歌舞伎座の舞台に立たれることなく鬼籍に入られたことを考えると言葉を失くす思いです。続きを読む
posted by スキップ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

クセになるおもしろさ 「ハングオーバー!」

私がお世話になっているネイルサロンでは施術中、大型モニターでDVDを流してくれます。
といっても、ネイルの色やデザインを選んだり、ネイリストさんとあれこれ話したりする時間の方が多いので真剣に見ているという訳ではありません。ラインナップの中から自分で「これが見たい」と選ぶこともできるのですが、私はいつもお任せしています。

そうすると自分なら絶対選ばないようなタイトルを見ることにもなるのですが、以前このブログにも書いた「ONE PIECE」のように思わず心に響くものがあったり。


で、「ハングオーバー!」です。

hang1.jpg hang2.jpg hang3.jpg


「ハングオーバー!」(原題: The Hangover)は、アメリカのコメディ映画シリーズでこれまでに3作が公開されています。
この3作をネイルサロン3回でコンプリートしました。


「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」(2009年)
「ハングオーバー!!  史上最悪の二日酔い、国境を越える」(2011年)
「ハングオーバー!!! 最後の反省会」(2013年)

監督・脚本: トッド・フィリップス
出演: ブラッドレイ・クーパー  エド・ヘルムズ  ザック・ガリフィアナキス  ジャスティン・バーサ  ケン・チョン ほか


ストーリーは基本パターンとして、男性ばかりの親友3人が、友人の結婚式前夜のパーティで泥酔して記憶を失い、朝起きた時には行方不明となってしまっていた友人を探す中、さまざまなトラブルに巻き込まれる、というものです。

これがねー。
毎回絶対絶命!というピンチに見舞われ、何とか切り抜けながら行方不明の友人に辿り着いていくのですが、「そんなバカな」とあきれながらも思わず笑っちゃうおもしろさで、クセになります。続きを読む
posted by スキップ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

時を止めることができたなら 「映画 中村勘三郎」

kanzaburomovie.jpg2012年12月5日に亡くなった中村勘三郎さん。
その勘三郎さんをフジTVが10年以上密着取材して記録した7,000時間にも及ぶ映像を厳選・再構築して制作され、2013年12月に公開されたドキュメンタリー映画。
亡くなった後の特番やワイドショーなどを直視できずいつまでも保存したままの私が果たして観ることができるのか不安でしたが、せっかく大阪で公開されることでもあり、一歩進まねばと意を決して観に行きました。

「映画 中村勘三郎」
監督: 松木創  
監修: 塚田圭一

2014年5月4日(日) 10:00am 第七藝術劇場
 

冒頭、出番を待つ団七の後ろ姿が映っただけで涙がじんわり溢れてきて、最初からこれでどうなることかと思いましたが、もちろん泣いたけど、涙流しながら時々笑ったりもして、何よりもスクリーンの中の勘三郎さんに引き込まれて、夢中で観ることができました。

その団七は2004年のニューヨーク公演の時のもので、映画はその2004年から時が流れていく形でその年々の勘三郎さんの姿が描き出されています。
勘三郎さんへのインタビューが何度か出てきますが、その中でもとりわけ印象的だったのは、「これから70歳まではがむしゃらにガンガンやりますよ。そして70歳になったら少し仕事を選んでね・・」とおっしゃっていた言葉。
ほんとなら今ごろはまだガンガンやっていた頃ですね。70歳どころか、60歳の勘三郎さんにも会えないなんて、考えてもみませんでした。勘三郎襲名の口上を聴いたのが2005年で、その10年後に勘三郎さんがこの世にいないなんて。

画面の右下に出るスーパーの文字が、2004年・2005年・・2008年と刻まれていき、「その年」が近づくにつれて、あの時に戻ってこのまま時を止めることができたらどんなにうれしいだろうと思いました。続きを読む
posted by スキップ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

ありの~ままの~ 姿見せるのよ~ 「アナと雪の女王」

ana.jpg映画はそんなにたくさん観る方ではありませんが、観るとすれば絶対オリジナル派。
吹替版を観ることは皆無に近い私ですが、この作品はそもそも観たいと思ったきっかけが松たか子さんの“世界が認めた歌声”を聴きたかったからなので、ちょっと迷ったのですが、やはり吹替版を選びました。

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
「アナと雪の女王」  (原題: Frozen)
監督: クリス・バック(英語版)/ジェニファー・リー
脚本: ジェニファー・リー   シェーン・モリス
原案: ハンス・クリスチャン・アンデルセン  「雪の女王」
音楽: クリストフ・ベック
声の出演: 神田沙也加/アナ  松たか子/エルサ  ピエール瀧/オラフ ほか

2014年3月29日(土) 2:00pm なんばパークスシネマ スクリーン7


ストーリー:  アレンデール王国の王家の姉妹・エルサとアナ。姉エルサには触ったものを凍らせてしまう力があり、幼い頃、 遊んでいてアナを傷つけてしまったエルサは、その力を誰にも見せないよう部屋に閉じこもり、自分を抑え孤独に生きる事を強いられます。
両親である王と王妃も亡くなり、20歳となったエルサが女王に即位する戴冠式で アナと口論になって感情を抑えられず、真夏の王国を冬の世界に変えてしまいます。雪と氷に閉ざされた王国を救うため、行方不明となったエルサを探すために雪山に入るアナはそこで山男のクリストフ(原慎一郎)、トナカイのスヴェン、そして雪だるまのオラフと出会います・・・。

本年度アカデミー賞で、長編アニメーション賞と主題歌賞の2冠に輝いた作品。
TVのスポットで♪ありの~ままに~ と何度も聴いた主題歌 Let It Go はじめ楽曲はもちろんすばらしく、緑あるれる夏の国が一瞬にして雪と氷に閉ざされていく場面など映像も美しく見応えありました。
特に、冒頭、子ども時代から、エルサの戴冠式に至る年月を駆け抜けるように過ぎていく10分間位が映像も含めてすばらしかったです。ちゃんと後で回収される伏線も張ってあって。続きを読む
posted by スキップ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | 更新情報をチェックする