2022年04月09日

ただいま この腐った街 パリ! 花組 「冬霞の巴里」


fuyugasumi1.jpg


花組次期トップスター最有力候補の一人と目されている永久輝せあさん 満を持しての初東上公演。
作・演出は星組「龍の宮物語」(2019年)で鮮烈なデビューを飾った指田珠子先生。 
古代ギリシアの作家アイスキュロスの悲劇三部作「オレステイア」をモチーフにした復讐劇です。


宝塚歌劇 花組公演 
Fantasmagorie 「冬霞の巴里」
作・演出:指田珠子  
作曲・編曲:青木朝子 
振付:御織ゆみ乃  平澤智   擬闘:栗原直樹
装置:木戸真梨乃   衣装:有村淳
出演:永久輝せあ  美風舞良  和海しょう  春妃うらら  紅羽真希  
飛龍つかさ  峰果とわ  聖乃あすか  侑輝大弥  希波らいと  
愛蘭みこ  星空美咲/一樹千尋  紫門ゆりや ほか

2022年3月26日(土) 11:30am シアター・ドラマシティ 25列センター/
3月30日(水) 11:30am 13列センター
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



物語: 19世紀末パリ。ベル・エポックと呼ばれる都市文化華やかな時代。
汚職と貧困が蔓延し、一部の民衆の間には無政府主義の思想が浸透していました。
そんなパリの街へ、オクターヴ(永久輝せあ)が姉のアンブル(星空美咲)と共に帰って来ます。二人の目的は、幼い頃、資産家の父オーギュスト(和海しょう)を殺害した母クロエ(紫門ゆりや)叔父ギョーム(飛龍つかさ)への復讐でした。
父の死後、母は叔父と再婚。姉弟は田舎の寄宿学校を卒業した後、オクターヴは新聞記者に、アンブルは歌手となり、パリへ戻って怪しげな下宿に移り住みます。下宿で、素性の分からない男ヴァランタン(聖乃あすか)やジャコブ爺(一樹千尋)と知り合うオクターヴ。やがて姉弟の企みは、異父弟ミッシェル(希波らいと)、その許嫁エルミーヌ(美蘭みこ)も巻き込んで・・・。


fuyugasumi4.jpeg


「復讐の女神達エリーニュスが見下ろすガラス屋根の下、復讐劇の幕が上がる! 」
と公演解説にあった通り、エリーニュスたちの登場から始まるのですが、白地に赤い血が散りばめられたような衣装もメイクもゴシック調。
その後に登場するパリの街の人々も、下宿屋の女将サラ・ルナール(美風舞良)はじめ半数ぐらいはゴシックメイク。
「へぇ 宝塚でこれ?!」とまずは度肝を抜かれました。

回想シーンや現実の中にもゆらりと登場するオーギュストも、基本的に白いスーツに赤い血が散りばめられていて、エリーニュスと同じ、つまり彼自身は復讐を望んでいて、オクターヴを駆り立てる存在なのかなと思いました。

最後に人々の一番後ろからスックと登場するオクターヴ
暗い三白眼の目で前を見据えて、放つ第一声

「ただいま この腐った街パリ」

このひと言でこの作品のイメージも、オクターヴの印象もすべて表していて凄い。
指田先生、「龍の宮物語」とはまた違った独特の世界観で惹き込まれます。
そしてそれを一声で表現する永久輝さん、すばらしい。

「Fantasmagorie」って初めて聞いたなと思って調べたところ、「18世紀末にフランスで発明された、幻灯機を用いた幽霊ショー」ですって。


続きがあります
posted by スキップ at 22:07| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2022年04月06日

二人で頬寄せあえば 恐れることは何もない 花組 「TOP HAT」


tophat.jpg


ハリウッド映画史上最高のダンスペアと称されるフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースが共演したハリウッド黄金期のミュージカル映画「TOP HAT」。
1935年公開に公開されたこの映画が2011年にイギリスで舞台化されて大ヒット。
2015年には朝夏まなとさん主演の宙組で日本初演された作品です。
フレッド・アステアを尊敬してやまない柚香光さん、待望の再演です。


宝塚歌劇花組公演 ミュージカル 「TOP HAT」
Music & Lyrics by Irving Berlin
Based on RKO’s Motion Picture
Book by Matthew White & Howard Jacques
脚本・演出:齋藤吉正
音楽監督・編曲:手島恭子   音楽指揮:橋本和則
振付:御織ゆみ乃  本間憲一  三井聡
装置:稲生英介   衣装監修:加藤真美   衣装:植村麻衣子
出演:柚香 光  星風まどか  水美舞斗  音 くり寿  航琉ひびき  
華雅りりか  羽立光来  帆純まひろ  一之瀬航季/輝月ゆうま ほか

2022年3月21日(月) 3:00pm 梅田芸術劇場メインホール 3階2列上手/
3月30日(水) 4:30pm 1階8列センター
(上演時間:3時間/休憩: 30分)



2015年 宙組版の感想はこちら


ストーリー: 英国人プロデューサーで友人のホレス(水美舞斗)の招きでロンドンの舞台に立つことになったブロードウェイの人気ミュージカルスター・ジェリー(柚香光)が滞在先のホテルで出逢ったモデル・デイル(星風まどか)に一目惚れ。
互いに想いを寄せあうようになりますが、デイルがジェリーのことを親友マッジ(音くり寿)の夫(ホレス)と勘違いしてしまい、激怒し悩んだ末、あてつけに自分のパトロンであるデザイナー・ベディーニ(帆純まひろ)と結婚してしまいます・・・。


tophat2.jpeg


いかにも古き良き時代のハリウッドといった趣きの他愛のないドタバタラブコメ。
観ている私たちにはわかっているデイルの勘違いがもとでいろいろありつつ、お決まりのハッピーエンドで、明るい気分になれるミュージカルです。
ストーリーを楽しむというより、これでもかと挿入されたダンスや歌、ショーシーンは見応えたっぷり。
Irving Berlinの音楽はもちろんすばらしくて、生オケで、オーバーチュアも送り出し音楽もついている贅沢さ。
役者さんは皆さん適役好演。
シルクハットにタキシードがこの上なく似合う柚香光さんがいかにも楽しそうにのびのび踊っている姿が、ハッピーオーラそのものでした。


続きがあります
posted by スキップ at 21:18| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2022年03月23日

さぁ 涙をふき 顔をあげて 歩くんだ 宙組 「NEVER SAY GOODBYE」


neversaygoodbye1.jpg


2月5日に初日を迎える予定だった公演。
関係者のコロナウイルス感染の影響で延期となり、2月28日にやっと開幕。
宝塚大劇場では2週間だけの公演となってしまいましたが、とても完成度が高く、迫力たっぷりの熱い舞台が繰り広げられました。


宝塚歌劇 宙組公演
ミュージカル 「NEVER SAY GOODBYE」-ある愛の軌跡-
作・演出:小池修一郎
作曲:フランク・ワイルドホーン  
音楽監督・編曲:太田健   編曲:青木朝子
音楽指揮:西野淳
振付:御織ゆみ乃  若央りさ  島崎徹  桜木涼介  KAORIalive  鈴懸三由岐
装置:大橋泰弘   衣装:有村淳
出演:真風涼帆  潤 花  芹香斗亜  寿つかさ  松風 輝  春瀬央季
桜木みなと  瀬戸花まり  紫藤りゅう  留依蒔世  瑠風 輝  
若翔りつ  優希しおん  天彩峰里  鷹翔千空  水音志保  
風色日向  亜音有星  奈央麗斗/夏美よう ほか

2022年3月1日(火) 1:00pm 宝塚大劇場 1階4列センター/
3月10日(木) 11:00am 2階1列センター
(上演時間: 3時間5分/休憩 35分)



1936年 アメリカ・ハリウッドで出会ったポーランド人の写真家ジョルジュ(真風涼帆)とアメリカ人劇作家キャサリン(潤花)。
ナチス政権下のベルリンオリンピックに対抗してバルセロナで開催される人民オリンピックを取材に訪れたジョルジュはキャサリンと運命的に再会、二人は恋に落ちますが、折しも勃発したスペイン内戦に巻き込まれていきます・・・。

2006年に宙組トップコンビ 和央ようか・花總まりのサヨナラ公演として小池修一郎先生が書き下ろし、宝塚歌劇が初めてフランク・ワイルドホーン氏を音楽に招聘した作品でもあります。さらには、この作品で初舞台を踏んだ92期生の真風涼帆さんがトップスターとして堂々の主演・・・とエモーショナルな話題も満載の舞台。

初演は、映像でチラ見したくらいです。
ラストのジョルジュとキャサリンの別れのシーンで花總まりさんが流した一筋の涙が印象的でした。
ここでジョルジュが歌う主題歌「NEVER SAY GOODBYE」をはじめ「ONE HEART」「俺たちはカマラーダ」など数々の名曲はこれまで幾度となく聴いて耳覚えがあります。



neversaygoodbye2.jpeg

3/10に2階席から観た時、カメラマジックでこんな奇跡の1枚が撮れていました


neversaygoodbye3.jpeg

普通はこんな感じ。

ちなみに、公式サイトの公演案内のタイトルはすべて大文字表記ですが、ポスターやプログラム表紙、このオープニング幕などは全部 Head Capital になっています。
どちらかに統一してほしい~。



続きがあります
posted by スキップ at 17:56| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2022年03月16日

未来へ 「宝塚音楽学校 第108期生文化祭」


onko3.jpeg


本年4月23日に星組公演で初舞台を踏む宝塚音楽学校第108期生の卒業記念公演となる文化祭。
当初の予定より2週間遅れての開催となりました。若さ溢れる熱い舞台を繰り広げてくれました。
音校文化祭を観劇するのは初めてでしたが、真摯に取り組む姿が胸を打ち、想像以上に充実した楽しい公演でした。


宝塚音楽学校 第108期生文化祭
総合演出:三木章雄
出演:宝塚音楽学校 第108期生 38名

2022年3月13日(日) 4:00pm 宝塚バウホール 2列(最前列)上手
(上演時間: 2時間40分/休憩 15分x2)



第1部 日本舞踊・クラシックヴォーカル・ポピュラーヴォーカル
第2部 演劇「オーロラの歌声」
第3文 ダンスコンサート

という3部構成。
一つの部が終わるたびに、プログラムの出演者と生徒の顔写真とを照らし合わせる作業に忙しい・・・周りの皆さんほぼ同じ作業(^^ゞ

2年間の集大成ともいえる舞台。
歌やダンス、それぞれ得意分野はあるにしても、若さとポテンシャル溢れる舞台は観ていて胸熱でした。
以下は印象に残った場面や生徒さんのメモ。
(  )内は3月14日の卒業式後に発表された芸名です。


onko2.jpeg

チケットがバウホールの緞帳とカラーコーディネートしてるみたい


第1部 
日本舞踊「清く正しく美しく」

全員黒紋付に緑の袴の正装で扇を持った素踊り。
上手下手にそれぞれ、ソロ1名+コーラス3名の歌手がつく構成。
ソロは2名とも娘役で岡原ゆづき(彩姫みみ)さんと北山花音(美渦せいか)さん。
美しくのびやかな歌声がオープニングにぴったりでした。

クラシック・ヴォーカル
「カタリ・カタリ」 岩崎杏珠(水月胡蝶)
「星は光りぬ」   糀屋美咲(志凪咲杜)
ここはどちらも男役。
光沢のある白いブラウスに黒のパンツというスタイル。
どちらも難しそうな曲でしたが原語(イタリア語)ですばらしいヴォーカルを聴かせてくれました。
このお二人はその後も歌の場面に何度も登場して大活躍でした。

ポピュラー・ヴォーカル
岩崎杏珠(水月胡蝶)さん、大塚あかり(瑠羽らいと)さん、佐々木結萌(華楽逸聖)さん、元木ひかる(珀亜れい)さんという男役4人の「アイ・ラブ・レビュー」から始まる宝塚メドレー。
ソロは同じ人が二度三度と登場して、歌うまメンバー選抜といった感じでした。
元木ひかる(珀亜れい)さんがどことなく壮一帆さんに似たシャープな面差しが印象的で、この期で私が一番最初にお顔を覚えた人となりました。
娘役では「愛の歌」をソロで歌った山本菜南子(花海凛)さんが美声を響かせていました。
いやしかし、全体的に歌うまさん多いなぁという印象です。

メドレーの中に「エクスカリバー」の「未来へ」があったのですが、彼女たち、本当に今、未来に向かって瞳を輝かせているなぁと思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 15:53| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2022年03月06日

星組 「王家に捧ぐ歌」 キャスト編


asongforkingdom4.jpeg


御園座界隈のお店は至るところに「王家に捧ぐ歌」のポスターが掲示されていてうれしくなっちゃったのですが、マチソワの間に食事に出て、御園座通りを歩いていたらからくり時計の下にも。
「ここにもことちゃんなこちゃんいる~」と写真撮っていたら急に「白浪五人男」始まってびっくり。
このポスターの上、隈取の画像が回転しているのわかるでしょうか。


asongforkingdom5.jpeg  asongforkingdom7.png

このからくり時計は旧御園座時代から何度も前を通ったことありますが、これに遭遇したのは初めてかもしれません。
ラッキーでした。



さて、星組「王家に捧ぐ歌」 キャストについて。
(本編の感想はこちら


礼真琴さんのラダメス。

「またことちゃんの歌声で塗り替えられた作品がひとつ増えた」というのが第一の感想。
これからは「世界に求む」も「月の満ちるころ」も、私の脳内では礼真琴の唄声で再生されることでしょう。

礼真琴さんの歌がうまいのは周知の事実ですが(本当にうまいっ)、歌の表現力のふり幅が大きい上に感情の乗せ方が際立っていて、だから、歌が、歌詞がストレートに心に響く感がハンパない。
台詞と歌の落差が少ないのも特徴で、それが今回のように全編歌で紡がれる物語にはいかんなく力量を発揮。
「歌劇」2月号の鼎談で、「歌で物語が繋がっていくので、ずっと音楽が流れていく中で、そこに感情を乗せて話していくという感覚が難しくて」という礼さんに対して木村信司先生が「得意技じゃん」と返していらっしゃいましたが、本当にそのとおり。
豊かな声量、のびやかな声、時には甘く、ときには激しく、硬軟も緩急も自在の歌唱にただ聴き惚れます。

もちろん演技もすばらしくて、武将としての誇りであったり晴れがましさだったり苦悩だったり、迷い、畏れ、細やかなに表情の変化を見せてくれました。
そしてアイーダを一途に愛する心。
♪あなたはそんな男を愛したのか からの、両手を広げて ♪愛してる アイーダー に逆らえるアイーダがこの世にいるでしょうか(いやいない)。

身体能力高く、キレッキレの殺陣も見せてくれて、ほんと、パーフェクトじゃない?(絶賛)見ようによってはダメ男にもなりかねないラダメスをここまで魅力的に演じた礼真琴さんに大拍手です。
地下牢の場面でアイーダを抱きしめながらすごく泣いていたのも印象的。
礼さん、泣き虫と言いながらこれまであまり演技中に涙を流すイメージがありませんでしたので。


続きがあります
posted by スキップ at 22:49| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2022年03月05日

神の采配 星組 「王家に捧ぐ歌」


asongforkingdom.jpg


宝塚歌劇としては2年ぶりの御園座公演。
ヴェルディのオペラ「アイーダ」をベースに2003年に星組 湖月わたるさん主演で初演され、2015年には宙組 朝夏まなとさん主演で再演された作品。

挑むのは、礼真琴率いる星組。
2月8日初日の予定だったのが新型コロナウイルス感染の影響で休演となり、2月17日ソワレから上演となりました。
当初予定の半分の日程となってしまいましたが、2月27日まで、出演者40人誰一人欠けることなく千穐楽を迎えられて、本当に本当によかった


宝塚歌劇 星組公演
グランド・ロマンス 「王家に捧ぐ歌」
-オペラ「アイーダ」より-
脚本・演出:木村信司
作曲・編曲:甲斐正人
振付:羽山紀代美  竹邑類  麻咲梨乃  百花沙里
装置:稲生英介   衣装:加藤真美
出演:礼 真琴  舞空 瞳  悠真 倫  白妙なつ  天寿光希
輝咲玲央  ひろ香 祐  音咲いつき  朝水りょう  有沙 瞳
天華えま  夕渚りょう  天希ほまれ  華雪りら  遥斗勇帆
極美 慎  碧海さりお  天飛華音  都 優奈  瑠璃花夏 ほか

2022年2月24日(木) 11:00am 御園座 2階4列センター/
4:00pm 1階2列(最前列)センター/2月26日(土) 4:00pm(配信視聴)
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



エジプトとエチオピアが敵対し争う古代エジプトの時代。
エジプトの若く勇敢な将軍 ラダメス(礼真琴)と、エジプト軍に捕らえられ奴隷となったエチオピアの王女アイーダ(舞空瞳)の悲恋を軸に、ラダメスを愛するエジプトの王女アムネリス(有沙瞳)、その父であるファラオ(悠真倫)、アイーダの父でエチオピア王アモナスロ(輝咲玲央)、兄ウバルド(極美慎)などを巻き込んで描く物語。


2003年の初演は観ていなくて(柚希礼音さん主演の新人公演は映像で観た)、2015年宙組は本公演はもちろん、前夜祭も観ました(こちらこちら)。


今回、発表された時何かとざわついた衣装や舞台装置は大きく変わりましたが、脚本や楽曲、振付には変更なかった模様。
物語の冒頭、ウバルドの「何にもわかっていないのは俺だった」から、折り重なるようにして亡くなっているラダメスとアイーダがせり上げってくると、胸がきゅっとなってすでに涙ぐむ有様です。

初演された2003年はアメリカのイラクへの軍事侵攻が始まった年で、反戦と平和への祈りを込めた脚本はそのことを踏まえた木村信司先生のオリジナルということですが、奇しくも今回、まさに私が観に行った2月24日 ロシアによるウクライナ侵攻が開始され、物語の世界と現実の世界がシンクロして、ラダメスが歌う「世界に求む」や、アイーダの♪戦いは 新たな 戦いを生むだけ~ がより一層心に響く事態に、今、この作品を上演することがまるで神の采配のよう。

・・・と思っていたら、礼真琴さんが千穐楽のご挨拶で「2年前のコロナ自粛期間中にこの曲(世界に求む)を聴いて、いつかタカラジェンヌ全員でこの曲を歌いたいと思っていたらこのようなご縁をいただき、これが運命、使命だと感じました」といった趣旨のことを話されていて、まさしく神の采配だったんだなぁと思いました。

もう一つ、”神の采配”を思わせるところがストーリーにも。
ラダメスはファラオから「エジプトの息子」と呼ばれる将来を嘱望され、仲間からも慕われる勇敢な将軍で、もしアイーダに出会いさえしなければ、アムネリスと結婚してファラオの跡を継ぎ、エジプトを治めるという人生が待っていたかもしれません。
けれど、「あの人に出会うまでは暗闇の中に生きて、戦いにさえ意味を見出せなかった」と歌っていましたので、アイーダに出会うことこそが神の采配に違いありません。
たとえそれが自らの死を招く結果となっても、あのまま暗闇の中を生きていくより幸せだったのかと。


続きがあります
posted by スキップ at 15:53| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする