2021年01月05日

誰が歌う あの日の十二月 宙組 「アナスタシア」 Act Ⅰ


anastasia.jpg

あまりに好きすぎて書きたいことがあふれて、昨年観た舞台の中で唯一年内に感想を書き終えられなかった作品。
初日と千秋楽含めて6回観劇は昨年の最多リピートです。

1997年に公開されたアニメ映画「アナスタシア」に着想を得て2017年にブロードウェイで初演されたれたミュージカル。
ロシア革命で処刑されたロマノフ王朝の末娘アナスタシアが生きていたという「アナスタシア伝説」にもとづいたロマンティックな物語とすばらしい楽曲の数々・・・ブロードウェイミュージカルと宝塚歌劇の底力を改めて知った思い。

大劇場公演中にタイトルロールで絶対的ヒロインの星風まどかさんが専科異動という衝撃の人事が発表され、「え~っ!これが宙組のまどかちゃん最後なのっ?!まかまど見納めなの~っ!!」という意味でも忘れられない作品となりました。
1月8日から東京公演が開幕しますが、可能ならばたくさんの方に観ていただきたい作品です。


宝塚歌劇 宙組公演 三井住友カード ミュージカル
「アナスタシア」
ANASTASIA THE MUSICAL
脚本:TERRENCE McNALLY
音楽:STEPHEN FLAHERTY
作詞:LYNN AHRENS
潤色・演出: 稲葉太地
音楽監督・編曲: 太田健
編曲: 高橋恵
振付: 御織ゆみ乃  若央りさ  平澤智  百花沙里  三井聡
装置: 國包洋子  衣装: 河底美由紀  映像: 石田肇
出演: 真風涼帆  星風まどか  芹香斗亜  寿つかさ  美風舞良  
凛城きら  桜木みなと  和希そら  紫藤りゅう  留依蒔世  
遥羽らら  瑠風輝  優希しおん  天彩峰里  潤花  亜音有星 ほか

2020年11月7日(土) 1:00pm 宝塚大劇場 1階29列下手/
11月8日(日) 3:30pm 1階3列センター/11月15日(日) 11:00am 1階16列センター/
11月24日(火) 1:00pm 1階13列下手/12月4日(金) 1:00pm 1階15列センター/
12月14日(月) 1:00pm 1階11列上手
(上演時間: 3時間5分/休憩 35分)



物語の舞台は20世紀初頭のロシア。
1906年 サンクトペテルブルクの王宮でロシア帝国皇帝ニコライ二世(瑠風輝)の末娘アナスタシア(天彩峰里)がパリへ旅立とうとしている祖母 マリア皇太后(寿つかさ)からオルゴールを贈られる場面から始まって、1917年 美しく成長したアナスタシア(星風まどか)と両親、姉たちが舞踏会で踊る中、突然、銃声が響いてボリシェヴィキたちが乱入してくるロシア革命へと続きます。
そして、10年後。サンクトペテルブルクがレニングラードと名前を変えた1927年。
悪事に手を染めながら革命後の混乱を生き延びてきた詐欺師のディミトリ(真風涼帆)は、ボルシェビキの追跡から元貴族ヴラド(桜木みなと)を助け、ともに行動するようになります。皇族の末娘アナスタシアが生きていて、見つけたものにはマリア皇太后から莫大な報奨金が出るという噂にディミトリたちもアナスタシアに似た人物を探し出し報奨金を騙し取ろうと計画・・・そこへ過去の記憶を失ったアーニャ(星風まどか)がやって来ます。「パリで誰かが私を待っている。パリに行くための出国許可証が必要」というアーニャをディミトリたちはアナスタシアに仕立てようと考え・・・。


プロセニアムに縁どられた舞台。
本のページをめくるように物語が進んで、ラストは本が閉じられて fin. の文字。
この物語が本の中の世界、ファンタジーであることを感じさせてくれます。
ふんだんに使われている映像は、「そうそう、舞台で映像使うならこうでなくちゃ」という効果的な使い方。
ほぼ歌いっ放し。いずれも名曲揃いの楽曲に応える宙組生たちのソロもコーラスも歌唱のすばらしさ。
美しい衣装と適役好演。
すべてがピタリとハマって、とてもクオリティの高い舞台を見せていただきました。
唯一残念だったのは、宝塚歌劇の作品としては主要キャスト以外の役が少なかったことかな。


あれもこれもと書いていたらとりとめなくなってしまいましたので、せっかく素敵なナンバーの数々に彩られていることもあり、プログラムに掲載されている Musical List の曲順に楽曲と場面の感想などを綴りたいと思います。



anastasia2.jpg.jpeg


続きがあります
posted by スキップ at 23:19| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

これからも私たちと一緒に夢を見ませんか 月組 「WELCOME TO TAKARAZUKA/ピガール狂騒曲」 東京千秋楽ライブ中継


pigalle20210103.jpg

2021年エンタメはじめは映画館で宝塚歌劇のライブ中継。
箱根駅伝復路9区までテレビ観戦して「なんでワタシ配信にしなかったんだろ」(映画館の大画面で観るのが好きだからです、はい)と後ろ髪引かれながら出かけました・・・後で10区の大逆転知ってますます悔やんだよね。駒澤大学優勝おめでとう!

とはいうものの、ライブ中継はとても楽しくて、観ている間はそんなことすっかり忘れて見入っていたのでした。
「WELCOME TO TAKARAZUKA」は6場45分と短いながらとても洗練された日本物ショーで、その後にやってくる「ピガール狂騒曲」の多幸感。そして千秋楽ご挨拶の感動。よいエンタメはじめとなりました。


宝塚歌劇 月組東京宝塚劇場公演
「WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-/ピガール狂騒曲」 
千秋楽 ライブ中継

2021年1月3日(日) 1:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン3
(上映時間: 3時間30分)



宝塚大劇場にて観劇時の感想
WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-
ピガール狂騒曲
宝塚大劇場千秋楽ライブ中継


上記のとおり感想は大劇場観劇時にさんざん書きましたので、重複は控えるとして、東京公演で新たに追加された場面や新たに気づいたこと、アドリブなどについて。


WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-

🌙 越天楽
初舞台生の口上に代わって、舞音「越天楽」という場面が追加。
雅楽の「越天楽」をアレンジした曲で月城かなとさんによる舞踊です。
疫病退散の祈りが込められた舞ということで、拵えも雰囲気も歌舞伎の三番叟みたいな感じ。

日本物お得意の月城さん、シャープな美貌に赤い装束も映えます。
後から加えられた場面のため出演者を増やせない事情もあるのかと思いますが、ずっと一人でさながら舞踊会のよう。
三番叟のあのシャリーンシャリーンという鈴の音が大好きなのに、気持ちよくを聴きながら意識なくしてしまった私は・・・私は・・・。


🌙 松本悠里さん
雪の場面で赤い振袖の松本悠里さんがせり上がってくると大拍手。
場面終わりで暗転しても、次の場面が始まるまで鳴りやまない拍手が続いていました。
パレード前の最後の踊りにも惜しみない拍手が送られていました。
本当に本当にラストステージだったんだなぁ。


🌙月光
「月光」の場面のフォーメーションの美しさが映像ではうまく捉えられていなかったのが残念でした。
映像収録のカメラってすべて1階に設置だからなぁ。あの場面は2階から観るのが震えるほどよかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 17:45| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

轟悠 渾身のシラノ 星組 「シラノ・ド・ベルジュラック」


cyrano.jpgシラノの最期の言葉
「それは私のこころいきだ」が、「心意気」ではなく、「羽根飾り」に”こころいき”とルビをふったものであることを知ったのはこのお芝居を初めて観た2007年のこと(こちら)。
シラノ役や市川右近(現 右團次)さん。以来、緒形拳さん鹿賀丈史さんとシラノを観てきましたが、“類まれな醜い容姿を持つ”とされるシラノを主人公とした物語を、宝塚で観る日が来るなんて。
(1995年に「剣と恋と虹と」として上演されていたことを後で知りました・・・がその時は鼻の大きな醜男ではなかったらしい)。


宝塚歌劇 星組公演
ミュージカル 「シラノ・ド・ベルジュラック」
作: エドモン・ロスタン   翻訳: 辰野隆  鈴木信太郎
脚本・演出: 大野拓史
作曲・編曲: 玉麻尚一  高橋恵
振付: 平澤智   殺陣: 清家三彦
出演: 轟 悠/瀬央ゆりあ  小桜ほのか  美稀千種  
天寿光希  紫月音寧  漣レイラ  朝水りょう  
天希ほまれ  華雪りら  極美慎  碧海さりお ほか

2020年12月8日(火) 12:00pm シアター・ドラマシティ 25列センター/
12月9日(水) 4:00pm 12列上手/12月12日(土) 11:00am 9列センター
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



物語: 17世紀半ばのパリに実在した、優れた詩人にして勇猛果敢な剣士 シラノ・ド・ベルジュラック(轟悠)。いとこのロクサアヌ(小桜ほのか)のことをずっと思い続けていますが、並外れて大きな鼻という容姿にコンプレックスを持つ彼には打ち明けることができません。ガスコン青年隊に新しく入隊した若くてハンサムなクリスチャン(瀬央ゆりあ)とロクサアヌが互いに思い合っていることを知り、二人の仲をとりもつことになります。口下手なクリスチャンはシラノに教えられた愛の言葉でロクサアヌの心を射止め結婚しますが、ガスコン青年隊は仏西戦争の前線に赴くことになります。シラノは戦地からクリスチャンの名前で愛の手紙を毎日ロクサアヌへと送ります・・・。


原作に忠実な物語展開にタカラヅカらしい華やかさや笑いも随所に散りばめられて見応えありました。
最初のシラノとド・ヴァルヴェエル子爵との決闘の殺陣やガスコン青年隊とスペイン兵との戦闘のダンスは美しくも迫力たっぷり、ラグノオのお店の場面はマカロンなどスイーツがエプロン姿のパティシエたちがメルヘンチックで楽しい、と場面ごとの対比も鮮やか。
ロクサアヌの屋敷のバルコニーの下で、クリスチャンの代わりにシラノが愛の言葉を紡ぎ、二人が部屋へと去った後、一人残ったシラノが切々とロクサアヌへの思いを語る場面は台詞から歌と切り替わっていて、シラノの思いがあふれるような轟さんの歌唱が印象的。
切ない幕切れの後には華やかなフィナーレもついて、明るい気持ちで打ち出しとなりました。

バルコニーの場面の美しい月、戦場で迎える朝焼け、そして、最期の時を迎える夕焼け、と空の色の移り変わりも美しく印象的な舞台美術。
シラノの羽根飾りのついた帽子やマント、ロクサアヌの優雅なドレス、クリスチャンの軍服など衣装も豪華で時代感あって素敵でした。


続きがあります
posted by スキップ at 20:40| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

星組ぃ~ パッショーーン! 星組 「Ray -星の光線-」


ray2.jpeg光、光線、熱線を意味する“Ray”、そして礼真琴の礼でもあり“麗”がテーマでもあるショー。
今年2月から宝塚大劇場で礼真琴さん、舞空瞳さんトップお披露目公演として「眩耀の谷」とともに上演されましたが、東京公演は中止期間を経て7月31日に開幕、9月20日に千秋楽を迎えました。
それから2ヵ月後にこの公演がスタート。今年ほぼ1年「Ray」をやっていた訳で、礼真琴さんが千秋楽のご挨拶でおっしゃっていたように「Rayはずっと私たちとともに走り抜けてくれました」という公演となりました。

全国ツアー仕様で人数が少なくなり、場面の変更もあってリバイスされましたが、相変わらずスピーディで全員踊りまくり。
歌にダンスにひと際輝きを放つ“ショースター 礼真琴”を堪能できる、見応えある楽しいショーとなっていました、


宝塚歌劇 星組公演
Show Stars 「Ray -星の光線-」
作・演出: 中村一徳
作曲・編曲: 竹内一宏  甲斐正人  青木朝子  竹内聡
振付: 御織ゆみ乃  平澤智  KAZUMI-BOY  Bryant Baldwin  西川卓  珠洲春希



出演者、観劇日は「エル・アルコン-鷹-」と同じ(こちら
今年2月に観た感想はこちら



☆プロローグ
向こうを向いてる舞空さんを礼真琴さんが強引に抱き寄せる、という振りがありましたが、ここ、大劇場では瀬央ゆりあだった役まわりが綺城ひか理さんになっていました。綺城さんが舞空さんに話しかけて2人で笑い合っていると、ことちゃんが「お前は俺の女だゼ」みたいに自分の方に抱き寄せる、という一瞬のシーン。ことちゃんの漢度が増してさらに男っぽく強引でカッコよくなっていました。

側転は天飛華音さんと御剣海さん。そして3連続側転してラストは片手でキメる紫りらさん。

この後の礼真琴さん・舞空瞳さん2人が残ってのデュエット → 礼真琴さんソロに変更
新曲 「星のメッセージ」
明るいポップロック調の曲ですが
  会えない夜が続き 涙流したけど
  これからはそばにいるよ 離しはしない
という歌詞に、ここに至るまでの状況を思って胸熱。
からの、♪アイ シテル 君の許へ 星の光で綴る 愛のメッセージ
なんてステキな歌詞をあのイケボで聴ける耳が幸せ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:54| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

海へ還った鷹 星組 「エル・アルコン-鷹-」


elhalcon.jpg2007年に安蘭けいさん主演の星組で上演された「エル・アルコン-鷹-」
悪役フェチの不肖スキップ、ダークヒーロー ティリアン・パーシモンが大好物でして、それをこれまた大好きな礼真琴さんが演じるとあっては見逃す訳には参りません・・・とチケ取りに精を出した結果、11月20日初日から11月28日千秋楽まで8日間13公演中、ライブ配信含めて5日間5公演観るという次第に・・・観なかった日が3日だけってどーなん?(笑)


宝塚歌劇 星組公演
グランステージ 「エル・アルコン-鷹-」
~青池保子原作「エル・アルコン-鷹-」「七つの海七つの空」より~
原作:青池保子
脚本・演出: 齋藤吉正
作曲・編曲: 寺嶋民哉  青木朝子
振付: 御織ゆみ乃  若央りさ  百花沙里  
殺陣: 清家三彦
出演: 礼 真琴  舞空 瞳  愛月ひかる  白妙なつ  音波みのり  大輝真琴  
輝咲玲央  夢妃杏瑠  ひろ香祐  紫 り  音咲いつき  綺城ひか理  有沙瞳  
天華えま  桜庭舞  二條華  天飛華音  咲城けい  水乃ゆり/万里柚美 ほか

2020年11月20日(金) 3:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階8列センター/
11月23日(月) 4:30pm 2階4列上手/11月26日(木) 1:00pm 2階1列下手/
11月27日(金) 11:30pm 1階9列下手/11月28日(土) 1:00pm ライブ配信視聴
(上演時間: 1時間35分)

  

予習のつもりで観た2007年版DVDの感想はこちら
(天華えまさんエドウィンだけ配役予想当たってる)


物語の舞台は強大な勢力を誇るスペインに対してイギリス、フランスが覇権を争う熾烈な戦いを繰り広げていた16世紀後半のヨーロッパ。
イギリス海軍中佐ティリアン・パーシモン(礼真琴)は、いつの日かスペインの無敵艦隊を率いて世界の七つの海を制覇するという野望を抱き、イギリス海軍で名声を高める一方、スペイン側と通じ夢の実現に向け次々と策を練っていました。一方、ティリアンに陥れられ死刑となった大商人グレゴリーの息子ルミナス・レッド・ベネディクト(愛月ひかる)は父の復讐のため海賊となってティリアンを追います。また、ティリアンは、フランス貴族の称号を持つ女海賊ギルダ・ラバンヌ(舞空瞳)と激しい攻防を繰り広げながら、愛と憎しみの狭間で2人の想いは複雑に絡み合います・・・。


率直なところ、脚本・演出はあまりうまくできているとは思えない、というのは初演を観た時と同様。
長編漫画のダイジェストのようになっていて、ティリアンやレッドの心の声という名の説明台詞がやたら多くて若干興覚め。
映像使っている割には幕前が多くて、「ヨシマサ、しっかりしてくれよ」と思いましたが、思えば齋藤吉正先生、これが大劇場演出デビューだったのでしたね
出演者が35人と通常公演の半分程度の上に、盆や大セリも使わない演出は迫力にも欠けますが、これは“全ツ仕様”だから仕方のないことでした。


が、それを補って余りある礼真琴ティリアンの魅力炸裂。

まず、開演アナウンスの超低音ヴォイスにヤラレます。
初日に第一声聴いた時、「ティリアンやん!」と思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:51| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

もしもこの世界が劇場なら 月組 「ピガール狂騒曲」


pigalle01.jpeg

シェイクスピア喜劇の最高傑作と言われる「十二夜」の世界を、ベル・エポック(輝かしき時代)と謳われた古き良き時代のパリ・ピガールに置き換え、ミュージック・ホール ムーラン・ルージュを舞台に、その創設者で支配人の シャルル・ジドレール、作家のウィリー、画家のロートレックなど実在の人物をからませ、華やかなレビューシーンも織り交ぜて描いた明るく楽しい祝祭劇。

これ、何回でも観たくなるやつです。


宝塚歌劇 月組公演 
ミュージカル 「ピガール狂騒曲」 ~シェイクスピア原作「十二夜」より~
作・演出: 原田諒
作曲・編曲: 玉麻良一
振付: 羽山紀代美  麻咲梨乃  AYAKO  百花沙里  
装置: 松井るみ   衣装: 有村淳


出演(松本悠里さん以外)、観劇日時は「WELCOME TO TAKARAZUKA」と同じ (こちら
千秋楽ライブ中継レポはこちら
 

1900年 万国博覧会が開催された年のパリ。モンマルトルの丘の麓の歓楽街ピガールが物語の舞台。
母を亡くしたジャンヌ(珠城りょう)が借金取りのギャング一味から逃れるため髪を切り男装してジャックと名乗り、ミュージック・ホール ムーラン・ルージュに仕事を探しに来ます。支配人のシャルル(月城かなと)は経営不振を打開するため新作レビューを打ち、人気作家ウィリー(鳳月杏)の妻ガブリエル(美園さくら)を主役に据えようと考えており、ジャックにガブリエルの出演承諾を得ることができたら秘書として雇うと告げます。ウィリーのゴーストライターに嫌気がさし離婚を申し出たガブリエルは交渉に来たジャックにひと目ぼれし・・・。


ジャンヌが男装して女性であることを隠してムーラン・ルージュで働く
ジャンヌには瓜二つの兄がいる(双子ではなくて腹違いだけど)
という2点が「十二夜」からのプロットですが、思った以上に「ちゃんと十二夜」でした。
そして、主役とはいえこの男装する女性=ヒロインに、現在の5組トップの中でも最も男らしくてたくましい珠城りょうさんをもってくるというのが何と言ってもすごい(笑)。

♪もしもこの世界が劇場なら 人は誰もが道化役者 
という主題歌の歌詞が「この世は舞台 男も女も役者にすぎない」というシェイクスピアの言葉を思い起させます。シャルルが「恋はまことに影法師、いくら追っても逃げて行く・・・」とシェイクスピアの言葉を引用したりもして、原田先生のシェイクスピアへのリスペクトを感じます。

ムーラン・ルージュの主であるシャルルを通じて、舞台への愛を込めているところもとても好き。
バックステージものにもなっていて、華やかなレビューシーンはもとより、レッスン風景や化粧前なども描かれ、舞台好きの心をくすぐります。
レビューの場面で、舞台奥が鏡になって客席の私たちが映し出される演出は蜷川幸雄さんのシェイクスピア劇を思い出しました。

ジャンヌと兄のヴィクトールを演じ分けた珠城さんはもちろん、シャルル、ウィリー、ロートレックという3人のイケおじをはじめ、個性豊かで芝居巧者の月組の面々がイキイキと物語の中を闊歩して、やりすぎず程よく散りばめられるアドリブはとても楽しく、キャッチーな楽曲、センスよい衣装、素敵な舞台装置、そして多幸感に満ちたハッピーエンディングと何回観ても楽しくて幸せな気分になる舞台。
つまり、私はこの作品が大好き、ということです。 
唯一惜しむらくは、ガブリエル以外に娘役にこれといった役がないことかなぁ。


続きがあります
posted by スキップ at 22:35| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする