2023年05月04日

三白眼の菅原道真 月組 「応天の門」


ohtennomon.jpg
              ©宝塚歌劇団

4月30日に無事大千穐楽を迎えた月組公演。
お芝居は月刊コミックバンチに今も連載中の灰原薬さんの「応天の門」。
学問の神様と称される菅原道真と、平安の色男・在原業平が手を携え、都で起こる怪事件を次々と解決していく様を描く歴史サスペンスです。


宝塚歌劇 月組公演
平安朝クライム 「応天の門」-若き日の菅原道真の事-
原作:灰原 薬「応天の門」
脚本・演出:田渕大輔  
作曲・編曲:青木朝子  植田浩徳   編曲:多田里紗
音楽指揮:上垣 聡
振付:御織ゆみ乃  山村友五郎  桜木涼介
擬闘:栗原直樹   装置:大橋泰弘   衣装:薄井香菜
出演:月城かなと  海乃美月  鳳月 杏  光月るう  白雪さち花  千海華蘭
春海ゆう  夢奈瑠音  蓮 つかさ  佳城 葵  朝霧 真  英 かおと  彩 みちる
風間柚乃  天紫珠李  彩音星凪  礼華はる  結愛かれん  彩海せら  
蘭世惠翔  一乃 凜  大楠てら  瑠皇りあ  花妃舞音/梨花ますみ ほか

2023年2月4日(土) 1:00pm 宝塚大劇場 1階29列上手/
3月2日(木) 3:30pm 1階14列センター/
3月5日(日) 3:30pm 1階14列下手/
4月30日(日) 1:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン8(ライブ中継)
(上演時間: 1時間30分)

 

13歳の清和帝(千海華蘭)の時代の平安初期。
藤原良房(光月るう)とその養嗣子・基経(風間柚乃)が朝廷の権力を掌握しつつある中、京の都では、月の子(ね)の日に「百鬼夜行」が通りを闊歩し、その姿を見た者を取り殺すという怪事件が頻発していました。幼き頃から秀才との誉れ高き文章生・菅原道真(月城かなと)は、ひょんなことから知り合った検非違使の長・在原業平(鳳月杏)にその才気を見込まれ、この怪事件の捜査に協力することになります。唐渡りの品を扱う店主・昭姫(海乃美月)たちの協力を得て道真は次第に事件の真相に近づいていきますが、その背景には、鬼や物の怪の仕業を装い暗躍する権力者たちの欲望が渦巻いていました・・・。


原作のコミックのことは全く存じあげなかったのですが、この公演に合わせた無料キャンペーンで3巻まで読むことができて、大体の登場人物や人間関係は把握した上で観ました。


百鬼夜行の真相を究明するという主筋に、菅原道真の亡き兄・吉祥丸への思い、その兄と藤原基経との関わり、在原業平と高子の叶わぬ恋、藤原良房・良相兄弟の権力争いと確執、良相の娘・多美子の入内に渦巻く陰謀・・・とあれこれ盛り込み過ぎじゃない?というのが初見の印象。
原作ありの作品にありがちで、原作に出てくる数々のエピソードはどうしても入れたくなるのでしょう。

ミステリーという面では藤原基経が最初からくっきりとした”悪役”として立っているので、百鬼夜行の正体はそんなものかというのは大体想像がつきますが、原作が連載中ということもあってか犯人を徹底的に糾弾する勧善懲悪とはいかず、「戦いはまだこれからも・・・つづく」的な終わり方なのもすっきりしない印象ではあります。

それでもエピソードを寄せ集めたダイジェストみたいにはなっていなくて、さすがの月組の芝居力でおもしろく見せてくれました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2023年04月17日

星組 「Le Rouge et le Noir ~赤と黒~」 ジュリアンを取り巻く人々編


lerougeetlenoir5.jpg


「Le Rouge et le Noir ~赤と黒~」
まだまだ語り切れない思いはありつつ、ジュリアンを取り巻く人々について。


宝塚歌劇 星組公演
「Le Rouge et le Noir ~赤と黒~」
D'après l'œuvre de Stendhal «Le Rouge et le Noir, l'Opéra Rock»
Produced by Sam Smadja - SB Productions
原作:スタンダール
作曲:ウィリアム・ルソー&ソレル
作詞:ザジ&ヴァンサン・バギアン
脚本:アレクサンドル・ボンシュタイン
潤色・演出:谷 貴矢  



本編&ジュリアンについてはこちら



ジェロニモ:暁千星
ストーリーテラーとパリの人気歌手という二つの顔を持つジェロニモ。
物語はジェロニモで始まり、ジェロニモで終わるという、キーパーソンです。

礼さんに負けず劣らず、”新しい暁千星”を見せてくれました。
オープニングでは客席をいじって会場を温め、時に物語の外で俯瞰して人々を眺め、またある時は”歌手ジェロニモ”として物語の中で息づく・・・
上着を着替えるだけで自在に物語を行き来していました。物語の中ではジュリアンをからかうように楽しそうに絡んでいますが、彼の一番の理解者であったように思います。
スケール感を増した歌唱はのびやか。歌唱力ぐんぐん上昇してどこまでいくのでしょう。
礼さんとの並びもハーモニーもとてもよくて、今後のことありに期待しかありません。
長い手足を活かしたダイナミックなダンスも見応えたっぷり。

長いといえば、ヴァルノ邸のパーティで「ブルジョアはなんて素晴らしい」を歌う時、テーブルに片足かけるの、けしからんほど足長でしたね。
物語のはじめの方で2階部分で椅子に座ってお水を飲む姿も話題になりました。

冒頭で客席に「あなた私をご存知ですか?」と聞いて「ありちゃん」と言われた回があって、「ありちゃんって、誰ですか💦」とちょっと焦って中の人が顔を出していたの、かわいかったです。


ルイーズ:有沙 瞳
町長の貞淑で信心深い妻。
身分や地位、財産といった”幸せ”のために愛のない結婚をしたということを自覚しつつも今の暮らしにそれなりに満足していたのに、ジュリアンから直球の告白を受けてその愛を受け容れるという女性。
不貞が発覚した途端、保身のためにジュリアンを遠ざけることや後半の「背信」含めて(ヴァルノ夫妻にそそのかされたとはいえ)、ともすれば観る者の反感を買いそうな役どころを絶妙な塩梅で見せてくれた魅力的なルイーズでした。
地毛で薄化粧なのに肌がとても綺麗で美しく、匂い立つような色気があって。
定評のある歌ももちろんすばらしかったです。


マチルド:詩ちづる
パリの有力貴族の令嬢でたくさんのお婿さん候補に辟易している少し気難しいお嬢様。
二幕冒頭はマチルドの「退屈」という歌で始まるのですが、これがまぁとても鮮やかですばらしかったです。
初舞台のころから注目されていて抜擢もされてきた詩さんですが、これほど一つの場面でセンター取るのは初めてながら実に堂々としていて、一気に花開いたという感じです。
赤いミニのドレスにリボンで編み上げた靴、カーリーな髪を高い位置でツインテールにしてしかも後ろの分け目はジグザクという凝った髪型もとてもキュート。
これ以降はずっと黒いドレス(結婚式もヴェールだけ白でドレスは黒のまま)でした。

マチルドは気位が高いけれど聡明な女性。
ジュリアンは、ルイーズとは情=愛で、マチルドとは知=精神で結ばれていたのではないかと思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2023年04月16日

光を知らなければ 怒りに身を委ねて生きてゆけたのに  星組 「Le Rouge et le Noir ~赤と黒~」


lerougeetlenoir.jpg


宝塚歌劇 星組公演
「Le Rouge et le Noir ~赤と黒~」
D'après l'œuvre de Stendhal «Le Rouge et le Noir, l'Opéra Rock»
Produced by Sam Smadja - SB Productions
原作:スタンダール
作曲:ウィリアム・ルソー&ソレル
作詞:ザジ&ヴァンサン・バギアン
脚本:アレクサンドル・ボンシュタイン
潤色・演出:谷 貴矢  
音楽監督・編曲:太田 健   編曲:多田里紗
振付:御織ゆみ乃  若央りさ  港ゆりか
装置:國包洋子   衣装:加藤真美 
照明:笠原俊幸   映像:溝上水緒
出演:礼 真琴  暁 千星  白妙なつ  ひろ香 祐  有沙 瞳
小桜ほのか  朱紫令真  希沙 薫  碧海さりお  夕陽真輝
瑠璃花夏  詩 ちづる  鳳花るりな  星影なな  彩夏こいき
凰陽さや華  和波 煌  乙妃優寿  絢咲羽蘭 馳 琉輝/
英真なおき  紫門ゆりや

2023年3月23日(木) 4:30pm シアター・ドラマシティ 13列下手/
3月26日(日) 11:00am 10列上手/3月27日(月) 1:00pm 16列下手/
3月29日(水) 11:00am 2列下手/4:00pm 20列センター/
4月9日(日) 11:00am 日本青年館ホール 1階P列下手/
4:00pm 1階D列センター
(上演時間: 2時間40分/休憩 25分)



物語の舞台はナポレオンが没し、王政復古となったフランス。
フランス東南部の小都市ヴェリエールに貧しい大工の息子として生まれたジュリアン・ソレル(礼真琴)は、美しく聡明で強い自負心を持った青年でした。ナポレオンを崇拝し、いつかは立身出世して富と名声を手に入れるという野望を抱いていたジュリアンは、町長のレナール(紫門ゆりや)の子どもたちの家庭教師となり、そこで美しいレナール夫人(有沙瞳)と出会い恋に落ちます。しかし、ジュリアンに恋していた女中のエリザ(瑠璃花夏)がレナールと競い合う貧民収容所の所長ヴァルノ(ひろ香祐)に密告したことによってレナール家を追われます。
パリへ出て貴族のラ・モール侯爵(英真なおき)の秘書となって有能な仕事ぶりが認められ重用されていたジュリアンにかつてヴァルノ邸で知り合った歌手のジェロニモ(暁千星)は侯爵家の令嬢 マチルド(詩ちづる)と恋のゲームをしてはどうかと勧めます。恋の駆け引きから本気で愛し合うようになったジュリアンとマチルド。反対していたラ・モール侯爵もついに二人の仲を認め、結婚式を迎えますが・・・。


lerougeetlenoir2.jpg

プログラム裏面の「赤と黒」も素敵


スタンダールの名作を、「1789」「ロックオペラ モーツァルト」などを手がけたフランスのプロデューサー アルベール・コーエンがロックオペラに仕立てて2016年にパリで初演されたフレンチロック・ミュージカルの日本初演。

最初に観た時からかなり衝撃でした。
この感じは同じフレンチロック・ミュージカル「ロミオとジュリエット」の日本初演(2010年 宝塚歌劇星組)を初めて観た時と同じ感覚。
ジェロニモが登場してイントロダクションからの出演者全員で「心の声」の合唱となり、最後にジュリアンが現れて歌い始めると、大げさでなく背中がゾクゾクして、「この作品好き~」と思いました。

さらにそれを決定づけたのが「ラテン語で聖書を暗唱する歌」(後で「知識ごそが武器」というタイトルを知る)。
ラモール家の家庭教師が大工の息子と知って侮るヴァルノに対して、ジュリアンが、ルイーズが手にした聖書のどこでもラテン語で暗唱すると言って歌い出す曲。
覇気のない暗い目をして、少し猫背で陰鬱なジュリアンが一瞬で覚醒して爆発する感じ。
第一声で椅子から転げ落ちそうになるくらい衝撃を受けて電流が走りました(二度目)。


スタンダールの原作はずい分前に読んだことがあって、柴田侑宏先生脚本の宝塚歌劇の舞台も何度か観たことがありますが(直近は2020年の月組御園座公演)、正直のところ物語そのものはそれほど好きとは言えず、ジュリアンにもそこまで共感することはありませんでした。

ところが

知っているはずの物語なのにまるで初めて観るような世界観。

楽曲も
脚本も演出も
衣装も美術も照明も大好き
もちろん出演者も皆すばらしい

かなり挑戦的な作品という印象もあって、礼真琴さんにとっても星組にとっても、そして宝塚歌劇にとっても、エポックメイキングな作品となるのではないでしょうか。


続きがあります
posted by スキップ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2023年03月21日

海の向こうに見えたものは 雪組 「海辺のストルーエンセ」


struence1.JPG


雪組のもう一方の別箱は朝美絢さん主演のミュージカル・フォレルスケット。
18世紀 デンマークに実在した医師 ヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセの物語です。

”フォレルスケット”ってあまり聞き慣れない言葉だなぁと思っていたら、「誰かを好きになった時に感じるとても幸せなあの感じ」というノルウェイ語で、北欧独特の他言語ではひと言で言い表せない感情を表現した繊細な言葉なのだそうです。


宝塚歌劇 雪組公演
ミュージカル・フォレルスケット 「海辺のストルーエンセ」
作・演出:指田珠子  
作曲・編曲:青木朝子  多田里紗
振付:KAZUMI-BOY  AYAKO   港ゆりか   擬闘:栗原直樹
装置:國包洋子   衣装:加藤真美
出演:朝美 絢  奏乃はると  真那春人  愛すみれ  白峰ゆり
妃華ゆきの  叶ゆうり  諏訪さき  縣 千  日和春磨
一禾あお  壮海はるま  音彩 唯 ほか

2023年3月1日(水) 11:30 シアター・ドラマシティ 22列下手/
3月2日(木) 11:00 16列センター
(上演時間:2時間30分/休憩 25分)



18世紀中ごろ、デンマーク領ドイツの小さな街アルトナで、啓蒙思想に傾倒し保守的な医療現場を改革しようと奮闘していたの町医者ヨハン・ストルーエンセ(朝美絢)は、ある日、デンマーク王宮を追い出されたものの、再び王に仕える足がかりを探している元侍従長ブランド(諏訪さき)と元側近のランツァウ伯爵(真那春人)から、王の病を治してほしいと持ちかけられます。酒に溺れ、享楽に浸り、時として暴力も振るう若き王クリスチャン7世(縣千)、無能な王を放任し国政を牛耳るベルンストッフ(奏乃はると)をはじめとする宮廷官僚達、我が息子を王位に就かせようとするクリスチャンの継母ユリアーネ(愛すみれ)とその一派、そしてイギリスから嫁いで異国に慣れず、王と不仲の王妃カロリーネ(音彩唯)と、宮廷は「病」に満ちていました。治療の成果を出し、国王の信頼も得て国政の中枢へと昇りつめていくヨハンですが、次第に孤独な王妃に心惹かれていき・・・。


struence2.jpeg


夜明け前のような深く蒼い海辺の景色と波の音で始まる舞台。
宮廷もので衣装は華やか。音楽はフレンチミュージカルっぽくて、「ロミオとジュリエット」の舞踏会のダンスを思わせるシーンも。


冒頭はヨハン、クリスチャン、カロリーネが出会う前のそれぞれの物語が描かれます。
換気やタオルを毎回替えるといった、今では当たり前とされることにこだわって勤務先の病院をクビになり、美貌と賢さを武器に貴族相手の診療で評判を取っているヨハン。
放蕩の限りを尽くした挙句亡くなった父王と、わが子を王にと目論む継母のもとで、幼少時から愛情を知らず、家臣に厳しく躾けれて育ったクリスチャン。
イギリス王の妹として明るく何不自由なく育ち、いつか女王になったら軍隊に入ると屈託なく笑うカロリーネ。


子ども時代のクリスチャンは見ていてとても痛々しいのですが、あんな子ども時代を過ごしたらそりゃ暴君にも育つよなぁと納得できるのに対して、まるで別人のように笑顔の欠片も見せず心を閉ざしたカロリーネの今はもっと痛々しい。
そんなカロリーネだから、自由な心を持つヨハンに最初は反発しても、やがて心惹かれていくのは当然の成り行きのように思えます。


続きがあります
posted by スキップ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2023年03月19日

死ぬこともそう悪くないわ 雪組 「BONNIE & CLYDE」


bonny&clyde1.JPG


雪組新トップコンビ プレお披露目公演。
挑むのは1930年代のアメリカに実在したギャングカップルを描くフランク・ワイルドホーンによるブロードウェイ・ミュージカルです。


宝塚歌劇 雪組公演
Musical 「BONNIE & CLYDE」
Book by IVAN MENCHELL
Lyrics by DON BLACK
Music by FRANK WILDHORN
潤色・演出:大野拓史   
音楽監督・編曲:高橋 恵   音楽指揮:御﨑 恵
振付:平澤 智   擬闘:清家三彦
装置:木戸真梨乃   衣装:大津美希
出演:彩風咲奈  夢白あや  透真かずき  久城あす  杏野このみ
和希そら  野々花ひまり  希良々うみ  眞ノ宮るい  星加梨杏  
有栖妃華  咲城けい  愛陽みち  華世 京  夢翔みわ ほか

2023年2月26日(日) 11:00am 御園座 1階3列センター/
4:00pm 1階10列上手
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



bonny&clyde4.jpeg



1930年代、世界恐慌下のアメリカ テキサス。
窃盗罪で投獄されながら兄のバック(和希そら)とともに脱獄を果たしたクライド(彩風咲奈)は、女優を夢見るウェイトレスのボニー(夢白あや)と出会い、運命的な恋に落ちます。妻ブランチ(野々花ひまり)の説得で自首したバックが裁判で釈放が決まった一方、脱獄後も強盗を繰り返して再び投獄されたクライドは懲役16年を言い渡されます。イーストハム刑務所で他の囚人から性的暴行を受け、見て見ぬふりをする刑務官にも絶望したクライドは、ボニーの手助けで再び脱獄します。先行きの見えない日々に鬱屈した想いを抱えていた2人は街を飛び出し、盗んだ車で銀行強盗を繰り返すようになります。”金も夢もない希望の国アメリカ”で自由気ままに生きるクライドとボニーは、同じく鬱屈とした時代を生きる大衆にヒーローのように受け止められます。しかし、そんな2人も、次第に警察に追い詰められ・・・。


ボニーとクライドを描いた映画「俺たちに明日はない」はアメリカ映画にかぶれていた高校生時代に観たことがあります。が、二人が一斉射撃されるラストシーン以外はほぼ記憶にありません。
2012年に田代万里生さん・濱田めぐみさん主演で上演されたこの作品の日本初演は観ていません(ブランチは白羽ゆりさんだったのね)。
宝塚歌劇の「凍てついた明日」も観ておらず、舞台作品として観るのは今回初めてでした。


物語の冒頭は、1934年アメリカ ルイジアナ州ビエンビルで車に乗ったクライドとボニーに銃弾が雨アラレと降り注ぐシーン。
そこから2人の子ども時代の回想シーンへと移り、大人になった2人の出会いから強盗を繰り返すようになった流れ、そして最後は冒頭の場面へと「ラストドライブ」へ出発するシーンで終わるという構成。

楽曲はどれもよくて、聴きごたえたっぷり。
宝塚歌劇のオリジナル作品ではなく海外ミュージカルということで、主演男役ばかりでなくヒロインにもほぼ対等に歌があるばかりでなく、娘役2人(ボニーとブランチ)の大ナンバー「愛する人は選べない」があるのもとてもよかったです。
メロディはもちろん歌詞もよくて、プログラムに訳詞の記載がありませんでしたが、大野先生なのなか?

続きがあります
posted by スキップ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2023年03月16日

歌劇の殿堂で真風さんにお別れを 「Memories of SUZUHO MAKAZE」


memoriesofsm1.JPG


宝塚歌劇団 宙組トップスター 真風涼帆さんの退団公演「カジノ・ロワイヤル ~我が名はボンド~」が宝塚大劇場にて絶賛上演中ですが、この公演に合わせて宝塚歌劇の殿堂で開催されている特別企画展「Memories of SUZUHO MAKAZE」を見てきました。

真風涼帆さんの初舞台からトップスター就任後の現在に至るまでの軌跡を、衣装や舞台写真、小道具、映像などの展示を通して振り返るというもの。見応えたっぷりでした。


宝塚歌劇の殿堂 特別企画展
「Memories of SUZUHO MAKAZE」



memoriesofsm3.jpeg

入るとすぐこれ
テンション上がります。



memoriesofsm2.jpeg

コロナ禍前はここで、シャンシャン持って撮影もできたんだけどな。



memoriesofsm4.jpeg

真風さんの初舞台公演であり、昨年ご自身の主演で再演された
「Never Say Goodbye」の画像が目に飛び込んできます。
初舞台の時のロケットの衣装とツーショット。


memoriesofsm5.jpeg

そしてパネルコーナーにはその衣装を着た初舞台生の真風さんが。



memoriesofsm6.jpeg

こちらのスライドショーは1日40カット x 6パターン 計240カットあるそうです。
全部見たくなってコマル。


続きがあります
posted by スキップ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする