2021年02月06日

君の最後を俺が奪おう 雪組 「シルクロード」


silkroad.jpeg

「シルクロード」は望海風斗さんと“同期”の生田大和先生が初めて手がけたショー作品。
生田-望海コンビのショーはこれが最初で最後ということになりますね。
作曲家の菅野よう子さんが楽曲提供されたことでも話題となりました。
シルクロードを舞台に繰り広げられるエキゾチックなムードたっぷりのショーです。


宝塚歌劇 雪組公演
かんぽ生命 ドリームシアター
レビュー・アラベスク 「シルクロード~盗賊と宝石~」
作・演出: 生田大和
作曲・編曲: 太田健  高橋恵  菅野よう子
振付: 羽山紀代美  御織ゆみ乃  川崎悦子  桜気涼介  百花沙里
装置: 二村周作  衣装: 有村淳


出演者(一樹千尋さん以外)、観劇日は「fff フォルティッシッシモ-歓喜に歌え!-」と同じ(こちら


盗賊(望海風斗)が一粒の青いダイヤモンドを手に入れますが、それはインドの女神シータの失われた片目といわれる呪われた宝石ホープ・ダイヤモンド(真彩希帆)でした。遙か古より持ち主を変えて彷徨ってきた宝石の記憶を辿って、中東からインド、上海へと時空を超えてシルクロードを旅する物語仕立てのショー。

お芝居の演出家さんがショーを初演出、そのショーはストーリー仕立て、というと上田久美子先生の「BADDY」(2018年 月組)が記憶に新しいところですが、生田先生の作品は、あれほど挑戦的でもなければすごく目新しいこともなくて、宝塚のオーソドックスなショーという印象でした。
ただ、望海さん・・・もっと言うなら望海さん真彩さんのコンビ・・・への愛とリスペクトに満ちていることは、特に組ファンという訳ではない私の目にもよくわかります。


続きがあります
posted by スキップ at 17:25| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

あなたと歌えれば奇跡のシンフォニー 雪組 「fff フォルティッシッシモ - 歓喜に歌え!ー」


fffsilkroad.jpg

雪組トップコンビ 望海風斗さん、真彩希帆さんのサヨナラ公演。
昨年の公演中止を経て、半年遅れで開幕となりました。
宝塚が誇る歌うまスター 望海風斗さんが最後に演じるのは、「楽聖」ベートーヴェン!


宝塚歌劇 雪組公演
かんぽ生命 ドリームシアター
ミュージカル・シンフォニア 「fff フォルティッシッシモ -歓喜に歌え!-」
作・演出: 上田久美子
作曲・編曲: 甲斐正人
振付: 前田清実  AYAKO  
装置: 大橋泰弘   衣装: 有村淳
映像: 上田大樹  
出演: 望海風斗  真彩希帆  彩風咲奈  奏乃はると  彩凪翔  
真那春人  久城あす  煌羽レオ  朝美絢  愛すみれ  朝月希和  
真地佑果  綾凰華  星南のぞみ  諏訪さき  野々花ひまり  
彩みちる  縣 千  彩海せら  有栖妃華  夢白あや/一樹千尋 ほか

2021年1月7日(木) 1:00pm 宝塚大劇場 1階8列下手/
1月10日(日) 11;00am 1階15列下手/1月14日(木) 3:30pm 1階25列上手/
1月21日(木) 3:30pm 2階9列センター/2月2日(火) 3:30pm 1階3列下手
(上演時間: 1時間35分)



fff(フォルティッシッシモ)はff(フォルティッシモ)のさらに上、“最大限に強く”という意の造語。
ベートーヴェンの親友で医師のゲルハルトがこの物語の中で名付けます。
物語の主役はルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。
楽聖とも称される偉大な作曲家の、しかしそれは単なる伝記ものではなく、フランス革命からナポレオンというヨーロッパ激動の時代を背景に、音楽家の命ともいえる聴力を失うなど様々な困難や絶望の中、彼がいかにして至上の喜びを歌う「第九」を完成させたのかを描いています。

音楽の道を突き進むベートーヴェンに、軍事のナポレオン、文学のゲーテという同時代に生きた3人3分野の天才を絡ませ、さらにはベートーヴェンだけに見える、聞こえる謎の女(真彩希帆)を登場させて重層的に展開する物語。

甘く切ないラブロマンスとは一線を画した物語で、謎の女という存在や、実際には会っていないベートーヴェンとナポレオンとの邂逅など、イマジナリーな部分も多く、随所に上田久美子先生のこだわりや細かいプロットが張り巡らされていて、とても演劇的な作品だと思います。
「難しい」という声も漏れ聞こえましたが、私は好き。サヨナラ感が少ないかなと思っていましたが、謎の女の“名前”にベートーヴェンが気づいてからの歓喜の歌に至る一気呵成感。
何より、望海風斗、真彩希帆という稀代の歌い手の、大劇場に響き渡る歌声を堪能できることが、この上ない“歓喜”でした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:44| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年01月29日

雪組「fff/シルクロード」 チケ取り顛末記


ただ今宝塚大劇場で絶賛上演中の宝塚歌劇雪組公演「fff/シルクロード」。
望海風斗さんという大人気トップスターのサヨナラ公演であり、相手役のこれまた人気トップ娘役真彩希帆さん、さらには彩凪翔さんはじめ6人の組子も退団、しかも上田久美子先生書き下ろし作品と、望海さんと”同期”の演出家・生田大和先生の初のショー作品と話題満載。
チケット発売前から「チケット取れるのかな」「観られるのかな」という不安感に煽られていました。

宝塚友の会だけでは取れないかもしれないという危機感から、普段はあまり利用しない各種貸切公演にも積極的に申込み。
自分のための備忘録的意味で、そんなチケ取り総括。


宝塚友の会    1 (S席)
阪急交通社貸切  1 (A席)
ローチケ貸切   1 (A席)
JCB貸切      ×
ぴあ貸切     ×
e+貸切      1 (S席)
その他       2 (S席) 



当たりやすいからとあえてA席を申し込む方もいらっしゃいますが、私は「申し込まないところにチャンスはない」と思っていますので、申込はいつも SS→S→A→B の順。
だから上記でA席が当選しているものについては第3希望ということになります。

宝塚友の会は1次は安定の落選で、2次はS席のみ申込可能最大枠12公演申し込んで1公演のみ当たりました。
友の会の先着順先行、一般発売にもチャレンジしましたが、両日とも早い時間からログインしていたにもかかわらず、購入段階でビジーになって全然入れなくなり惨敗
今後に課題を残しました。

阪急交通社貸切は宿泊プランは無理なので「大しておいしくもないランチいらないけどなぁ」と思いながら、”S席21列目以内”などにひかれて各種ランチつきプランはじめ両日(1/9・1/16)合わせて10コマくらい申し込んだ結果、ランチがついていないシンプルなチケットプランが1公演だけ当選(A席だけど)。

ぴあカード解約してしまってヒラ会員になったぴあはともかく、ゴールド ザ・プレミアカードであれだけカード使っているJCBが当たらないってどういうこと?

日程だけ先に発表されていて、公演も始まってから後出しじゃんけんみたいに抽選となったe+貸切はスマチケで最速申込したこともあって、「きっと当たるはず」と根拠のない自信がありまして、その通り当たりました(SS席はハズレたけど)。

その他の2は、某生徒さん会の友人が取次してくれた分と、別の生徒さん会に入ってらっしゃる方が仕事の都合で急に行けなくなりピンチヒッターで観たものです。


始まる前はチケット取れるか不安でいっぱいでしたが結局6公演捕獲は上出来。
しかしながら、先着順や一般発売など秒を争う闘いには課題を残すこととなりました。



すでに星組ロミジュリに突入したチケット戦線エンドレス の地獄度 (total 2209 vs 2212



posted by スキップ at 14:32| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

今日という日の思い出が皆さまの心に永遠に残り続けますように 月組 「Eternità」


eternita.jpg

昨年6月に宝塚ホテルとパレスホテル東京で開催予定だった珠城りょうさん最後のディナーショー。
「絶対行きたい!」と思っていましたが、延期された後、形を変えてバウホールでのライブとなりました。

タイトルの「Eternità」はイタリア語で「永遠」。
「今日という日の思い出が皆さまの心に永遠に残り続けますように」と珠城さん。
もちろん、忘れません。


宝塚歌劇 月組公演
珠城りょう 3Days Special LIVE 「Eternità」 
構成・演出: 三木章雄   
出演:珠城りょう   鳳月 杏 輝月ゆうま  佳城 葵  朝霧 真

2021年1月17日(日) 3:00pm 宝塚バウホール (配信視聴)
(上演時間: 1時間50分)



オープニングは耳をつけた白いうさぎのコスチュームで登場した珠城さん。
「アリスの恋人」(2011年)で珠城さんがマーチ・ラビットやった時、「うさぎ、デカッ!」と思ったことを懐かしく思い出しました。
「皆さま、現実に未練はありませんか?」とラビットに笑顔で促され、ショーのスタートです。


セットリスト
The Beginning
 A MAD TEA PARTY (アリスの恋人)
 カルーセル輪舞曲 (カルーセル輪舞曲) 全員
Early Years
 桎梏 (春の雪)
 私は誰? (アーサー王伝説)
 誰のために踊らされているのか (1789) 全員
 されど夢 (鳳凰伝) 珠城・佳城
 自由と抑制Ⅱ (激情) 珠城・輝月
 花のうた (月雲の皇子)
 穴穂の歌~木梨の歌 (月雲の皇子) 珠城・鳳月
 ジュリアーノと仲間たち (Bandito)
 Apasionado!! (Apasionado!!Ⅲ)全員
Glorious Days
 SINGIN’ IN THE RAIN  (雨に唄えば)
 プリンス・チャーミング (エドワード8世)
 ひとかけらの勇気 (THE SCARLET PIMPERNEL)
 栄光の日々 <炎の中へ と日替り> (THE SCARLET PIMPERNEL) 全員
 世界の王 (ロミオとジュリエット) 全員
 どうやって伝えよう (ロミオとジュリエット) 輝月
 心のひとオスカル (ベルサイユのばら) 鳳月
 CRYSTAL TAKARAZUKA (CRYSTAL TAKARAZUKA) 鳳月・輝月・佳城・朝霧
Precious Songs
 恋こそ我が命 (赤と黒)
 BESAME MUCHO (New Wave!-月-) 珠城・鳳月 ダンス
 愛すること生きることどうしてこんなに切ないの(激情)
 JUST SAY DANCE TONIGHT (PUCK)
Encore
 Clap Clap (Official髭男dism) 全員 
 ずっと一緒さ (山下達郎)



珠城りょうさんの13年間を振り返るラインナップ。
「下級生時代の作品や新人公演で演じた作品、トップになってからは主に小劇場で演じた作品を中心に選びました」という珠城さん。
新人公演は観ていなくても本公演の作品自体は観ているものがほとんどで、こうしてタイトル見ただけでも舞台の思い出が蘇ってきます。

バウホール初主演となった「月雲の皇子」(2013年)からは3曲。
しかも、ティコを演じた佳城葵さんとの台詞のやり取り、弟の穴穂皇子を演じた鳳月杏さんとのデュエットと、この作品への思い入れの深さ、そして今回のライブのメンバー全員この作品に出演していて、その繋がりの強さも感じます。

「いつも殺していただいた」とティコの佳城さんが鳳月さんにおっしゃっていましたが、千秋楽には「いつも殺してごめんね」という手紙をいただいたそうです。これに対して「覚えてないしコワイ~」と応える鳳月さん(笑)。


2曲終わった時点のメンバー紹介(自己紹介)
朝霧真: 自称 珠城さんのボディガード 朝霧真です。
佳城葵: 自称 珠城さんのペット 佳城葵です。何でもなれますよ、たまきさんがこれがいいっていやつ。
輝月ゆうま: 自称とは言いません。珠城さんの心の相手役 輝月ゆうまです。言い始めて7年目です。
鳳月杏: 自称と言っておきます。珠城さんの相手役 鳳月杏です。あなたは心の相手役でしょ、あたしは普通に相手役、とマウントとるちなつさん(笑)。

みんな珠城さんのことが大好きで、珠城さんもみんなのことをとても愛して信頼していて、という雰囲気がライブの間じゅうずっと絶えることなく伝わってきました。


続きがあります
posted by スキップ at 19:07| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

ノゾミパラダイス! 「Memories of 望海風斗」


memoriesofFN.jpg

雪組観劇前には宝塚歌劇の殿堂で特別企画展「Memories of 望海風斗」を見てきました。
宙組「アナスタシア」千秋楽の日(12/14)に大劇場ロビーに初掲出されたこのポスター。
見惚れましたよね。


殿堂に到着したのは10:30ごろだったのですが、その時点で公演時間にかからずにシアターを見ることができる回(①~⑤と⑬)は整理券配布終了していました。⑤は私の前の人で終了で惜しい💦と思いましたが。仕方がないので⑥12:30の回のをもらってシアターはまた次の機会に持ち越し。
宝塚ホテルでランチした後、戻って展示だけ見ることにしました。

dendo.JPG


この公演で退団する雪組トップスター望海風斗さんの初舞台から現在に至るまでの軌跡を、舞台写真や映像、衣装、小道具などの展示を通して振り返るという企画。
まぁ、見応えありました。ファンの人なら何時間でも見ていられそうです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:28| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

それでも・・・ 宙組 「アナスタシア」 Act Ⅱ


anastasia3.jpg.jpeg

↑ これ、一幕前と幕間でデザイン変わっていました。
最初は雪降りしきる冬のロシアで、こちらは春のパリ。
そう、第二幕は舞台をパリに移して開幕です。


宝塚歌劇 宙組公演 三井住友カード ミュージカル
「アナスタシア」
ANASTASIA THE MUSICAL
脚本:TERRENCE McNALLY
音楽:STEPHEN FLAHERTY
作詞:LYNN AHRENS
潤色・演出: 稲葉太地



Act Ⅰはこちら


Paris Holds The Key (To Your Heart)  パリは鍵を握ってる
パリの街で、ディミトリ、アーニャ、ヴラドの3人と街の男女の群舞。
チャールストン風のダンスが明るくて楽しい。
センターに集まったみんなが足を左右に振りながら舞台いっぱいに広がっていくところが好き(伝わりにくいw)。
真風ディミトリが紺色スーツにハット、ポケットに手をつっこんでダンディそのもの。
作品全体を通して衣装も素敵なのですが、この場面のアーニャのたまご色のワンピースだけが残念な感じだったなー。
 
橋の名前を聞かれたアーニャが「パリで最も美しい橋。アレクサンドル三世橋は皇帝アレクサンドル三世に因んで名づけられた」とガイドブック見ながら答えるのが、 一幕のマリア皇太后との会話を思い出して切ない。


Close The Door  扉を閉ざして
アナスタシアの偽物(からの手紙)に辟易しつつも「もしかしたら」と諦めきれないマリア皇太后が心情を歌います。
部屋の写真立てには皇帝一家の集合写真と、マリア皇太后と少女アナスタシアの写真。一家が回想で登場します。

和希そらこと、ソラピがついに登場!第一声から、すでにキビキビとした大人っぽい女声で、ただものじゃないオーラ。すっしーさんマリアとのコンビも良い感じに。

リリー(和希そら)もこの場で本格的に登場。
違和感なく女性になっているそらくんすごい。
テキパキ仕事ができて気が強そうなリリーという女性を見事に描出しています。


続きがあります
posted by スキップ at 17:16| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする