2021年03月24日

フルさくらワールド🌸 「美園 さくら ミュージック・サロン  FROM SAKURA」


fromsakura.jpg

昨日はお友だちに誘っていただいて、美園さくらさんのミュージック・サロンに行ってきました。
ショーはもちろん、ホテルのディナーというのが本当に久しぶりで、とても楽しみにしていました。


宝塚ホテル開業記念イベント
美園 さくら ミュージック・サロン 「FROM SAKURA」
構成・演出: 齋藤吉正
音楽: 青木朝子   振付: 百花沙里   衣装:大津美希 
出演: 美園さくら  暁 千星  瑠皇りあ  毬矢ソナタ

2021年3月23日(火) 18:30-19:45 ディナー  
19:45-21:00 ショー 宝塚ホテル 1階「宝寿」



宝塚ホテルでこれまで予定されていたランチやディナーを伴うショーは食事がことごとく中止となって、これが新宝塚ホテルがオープンして最初のランチ/ディナーショーになるのではないかしら。
いつもよりテーブル数を減らし、食事の間は隣の人との間にアクリルパーティションが設置され、パンやカトラリーは白いナフキンに覆われて・・・と厳重な対策のもと、こうして開催されたことはとてもうれしく、会場も華やいだ雰囲気でした。


オープニングはポスターと同じコスチュームで登場。
スタイルいい~、脚ほっそーい!
ちょっぴり不思議ちゃんなトークを展開しつつ、美声を響かせて名曲の数々を聴かせてくれました。


fromsakura3.jpg.jpeg

ステージはこんな感じ。
照明によって色が変わる桜が綺麗でした。
時にはパネルの真ん中に三日月が輝くことも。


fromsakura2.jpg.jpeg

各テーブル6名でゆったり。
全部で180席くらいでしょうか。



セットリスト
Chapter 1 優美 
1. Cry Me A River (Arkadia)
2. Arkadia (Arkadia)
3. マルグリットのように (Arkadia)
Chapter 2 理知 
4. ニューヨーク、ニューヨーク (ON THE TOWN)
5. YOU ARE MY LUCKY STAR (雨に唄えば)
6. SINGIN' IN THE RAIN (雨に唄えば)
Chapter 3 思い出
7 私の居場所 (I AM FROM AUSTRIA)
8. スポーツ万歳 (I AM FROM AUSTRIA)
9. I AM FROM AUSTRIA (I AM FROM AUSTRIA)
10. A-EN MOON RISE (A-EN)/暁千星
Chapter 4 GOMAKASIATA 
11. Catch You Catch Me
12. ごらんなさい ごらんなさい (ベルサイユのばら)/暁・瑠皇・毬矢
Chapter 5 真心
13. 愛は誓い (FALSTAFF)
14. 許されぬ愛 (1789)with 暁
15. 神様の裁き (1789)
16. 男たるもの (夢現無双)/瑠皇・毬矢
Chapter 6 冷静
17. 私が踊る時 (エリザベート)with 暁
18. 私だけに (エリザベート)
Chapter 7 感謝 
19. I Have Dreamed
20. SAKURAメドレー (全員)
Encore 
21. Amazing Grace



続きがあります
posted by スキップ at 17:50| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

すべてはここから始まった 星組 「ロミオとジュリエット」


romeo&juliette2021.jpg

2010年に宝塚歌劇星組が日本初演したフレンチミュージカル。

あの時

愛と死に彩られたロミオとジュリエットの物語をここに始めよう
憎しみと暴力があふれる街 ヴェローナで

という英真なおきさんのナレーションに続いて、ヴェローナ大公とともにモンタギュー、キャピュレット それぞれの一族が登場して ♪ここはヴェローナ いとしいヴェローナ 愛する代わりに 憎しみが満ちる~ 
と哀愁漂うメロディを唄いエネルギッシュに踊る場面を最初に観た時、背中がゾクゾクして全身に電流が走ったような衝撃を今も忘れることができません。

いても立ってもたまらず翌月博多座まで観に行き、「トウコさんの次のトップ」くらいに思っていたロミオ役の柚希礼音さんに急激にハマり、それまで比較的ゆる~く観ていた宝塚歌劇を熱意を持って観るようになったきっかけの作品です。
「ここから始まった」感ハンパない。


そして

礼真琴さんを明確に認識したのもこの作品。

「あの“愛”の子、かわいいし、ダンス上手いね~」
「まだ研2なんだって」
「男役なんだってー」


あれから11年。
ことちゃんはロミオとなって大劇場に息づいていました。


宝塚歌劇 星組公演
三井住友VISAカード ミュージカル 「ロミオとジュリエット」
Roméo & Juliette
Le spectacle musical de GÉRARD PRESGURVIC
D’après l’œuvre de WILLIAM SHAKESPEARE
原作:ウィリアム・シェイクスピア
作: ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出: 小池修一郎   演出: 稲葉太地
音楽監督・編曲: 太田健   編曲: 青木朝子
振付: 御織ゆみ乃  KAZUMI-BOY  桜木涼介  KAORIalive  鈴懸三由岐
装置: 大橋泰弘   衣装: 有村淳
出演: 礼 真琴  舞空 瞳  愛月ひかる  美稀千種  白妙なつ  
天寿光希  音波みのり  輝咲玲央  夢妃杏瑠  漣レイラ  
瀬央ゆりあ  綺城ひか理  有沙 瞳  天華えま  遥斗勇帆  
極美 慎  希沙 薫  碧海さりお/英真なおき ほか

2021年2月14日(日) 1:00pm(A) 宝塚大劇場 1階7列下手/
2月18日(木) 3:30pm(A) 1階19列上手/
2月23日(火) 1:00pm(A) 1階15列センター/
2月25日(木) 11:00am(B) 1階21列上手
(上演時間: 3時間5分/休憩 35分)


2月14日の初日から約10日間で4回観ました。
3月前半は他の観劇予定が重なっていて小休止中(笑)。また後半たくさん観ます←


2010年 星組、2011年 雪組、2012年 月組、2013年 星組と、役替り含めてすべて観ました。
2013年星組は礼真琴さんがロミオを演じた新人公演も観劇。
その間には2011年の外部ミュージカル版初演、2012年 フランスオリジナル来日版も。
最後に観たのが2013年8月25日。
星組公演 東京宝塚劇場の大千秋楽でした。



初日の幕が上がって、愛と死がゆったりと踊り、バーンと場面が変わってヴェローナの街となり、あのイントロが流れた途端、つーっと涙が流れました。自分でも不思議な感覚。心が、初めて観た時の衝撃を思い出したのかな。ワタシ、本当にこの作品待ってた・・・と。

フィナーレを除いて、楽曲はもちろん、演出や振付も基本的に初演からのものをほぼ踏襲しているようです。
役替りの他に、100期以下の生徒2チームに分けて、約25名減員しての公演ですが、元々スタートが人数の少ない別箱公演だったこともあり、また、群舞で少人数を感じさせない振付の工夫もあって、「少ない」と感じることはなかったです。
というより、ヴェローナ市街の場面や仮面舞踏会なんて、あちこちでいろんなダンスやリフトやっていてむしろ目が足りないくらい。
「世界の王」での客席降りがないのはこの状況下で仕方ないとはいえちょっぴり残念だったなー。

続きがあります
posted by スキップ at 22:56| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

いかにもブロードウェイミュージカル 花組 「NICE WORK IF YOU CAN GET IT」


nicework.jpg

ブロードウェイミュージカルを!?花組で?!と最初に聞いた時は驚きましたが、歌もダンスもみんな熱演。明るく楽しく華やかなロマンチック・コメディでした。


宝塚歌劇花組公演
ブロードウェイ・ミュージカル「NICE WORK IF YOU CAN GET IT」
Music and Lyrics by George and Ira Gershwin
Book by Joe DiPietro
潤色・演出:原田諒
翻訳: 伊藤美代子
音楽監督・編曲: 玉麻尚一
振付: 麻咲梨乃  本間憲一  当銀大輔
装置: 松井るみ   衣装: 有村淳
出演: 柚香光  華優希  瀬戸かずや  永久輝せあ  鞠花ゆめ  
和海しょう  飛龍つかさ  音くり寿/汝鳥伶  五峰亜季 ほか

2021年2月3日(水) 4:30pm 梅田芸術劇場メインホール 1階16列下手/
2月7日(日) 11:30am 1階11列センター
(上演時間: 3時間10分/休憩 25分)



物語の舞台は1927年 禁酒法時代のニューヨーク。
苦労知らずのプレイボーイ ジミー・ウィンター(柚香光)は、四度目の結婚を明日に控えてSpeak Easyで独身最後の夜を楽しんでいました。酔っ払った彼は酒場の裏でボーイッシュでチャーミングなビリー(華優希)と出会います。ビリーの正体は、酒の密輸を企てるギャングの一味でした。ジミーからロングアイランドに絶対使わない別荘があると聞いたビリーは、仲間のクッキー(瀬戸かずや)、デューク(飛龍つかさ)とともにその別荘に酒を隠します。そこへ、ジミーが婚約者のアイリーン(永久輝せあ)とともにやってきて・・・。

2012年にブロードウェイで初演されたミュージカル。
作品のタイトルとなっている「NICE WORK IF YOU CAN GET IT」をはじめ、「'S Wonderful」「Someone To Watch Over Me」「Do, Do, Do」「Rhapsody in Blue」などナド、ガーシュイン兄弟の聴き慣れた曲が次々出てきて、まるでガーシュイン名曲カタログのようなミュージカルナンバー。
群舞やタップダンス場面も多く、衣装も装置も明るく華やか。

あのアイリーンのバスルームの場面、超楽しい。
振付:麻咲梨乃さんとなっていましたので、宝塚版独自の場面なのかな。
お風呂でぷくぷく動いていた泡がバブルガールズで次々バスタブから出てきたのにはわぁ~♪となりました。その後のアイリーンの歌い踊りながらのナマ着換え(といっても裸からタオル巻いてドレスへ)も楽しかったです。

“ボーイ・ミーツ・ガール”のラブコメディで、すったもんだの挙げ句にみんながハッピーエンドの大団円を迎えるという、いかにも古きよき時代のブロードウェイミュージカルといった趣き。
それを柚香さんはじめ花組メンバーが適役適所でカッコよく可愛く歌い踊り演じて、楽しくないはずがない。

「禁酒法時代」「ロングアイランド」「スピークイージー」といった共通ワードを持ちながら、雪組の「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」とのテイストの違いに驚きますが、それがアメリカという国であったり、タカラヅカでもあるのだなぁ、と。


続きがあります
posted by スキップ at 16:25| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

流れるネヴァ河 春は近い 宙組 「アナスタシア」東京公演千秋楽 ライブ中継


anastasialv20210221.jpg

宙組「アナスタシア」が無事千秋楽を迎えました。
先日の雪組大劇場公演もそうでしたが、この状況下、全公演完走して千秋楽を迎えられることは本当にすばらしい。
昨年12月14日に宝塚大劇場千秋楽を観劇して以来、5週間ぶりの「アナスタシア」は相変わらず素敵な世界を見せてくれました。


宝塚歌劇 宙組東京宝塚劇場公演
「アナスタシア」 千秋楽 ライブ中継
2021年2月21日(日) 1:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン6
(上映時間: 3時間30分)



宝塚大劇場で6回観た感想: Act Ⅰ  Act Ⅱ



大劇場の初日(11/7)から完成度の高さを見せてくれましたが、東京でさらにブラッシュアップされて、カンパニーとしてのまとまりもより一層増した充実の舞台でした。

一番変わったと感じたのは真風涼帆さんのディミトリでしょうか。
たとえば最初にアーニャが訪ねて来た時、「頭おかしいよ~」とヴラドに言うあたりがより芝居っ気たっぷりになっていました。ここ以外にもこの手の台詞全般的にそうだったな。真風さん、いつもクールでポーカーフェイスのイメージなので、こんなに抑揚つけた演技もするんだ、という驚きがありました。

芹香斗亜さんの歌唱もより深くなった印象。
グレブが歌う The Neva Flows の ♪流れるネヴァ河 春は近い~ のところで2回とも泣きそうになりました。

その芹香グレブのアドリブコーナー
「千秋楽」と墨書きされた白い紙を出して両手に広げてニコニコしながらスキップで横移動、からの「タンタタタンッ!」と拍手切り。その紙をアーニャに差し出して、アーニャが戸惑っていると、「今日は・・今日ぐらいは」と懇願。アーニャが持つと「もっとピッと張って」と持ち方を指導して、さらには「タンタタタンッ」も強要していました。
最後は後ろに控える指導して、さらには後ろに控えるボリシェヴィキの女性に「これ、そこら中に貼っておきなさい」と渡していました。そのボリシェヴィキさん、グレブと同じように「千秋楽」の紙を広げて横ステップで退出。
栞菜ひまりさんかな?おちゃめ(^^ゞ
この後、一転してシリアスに戻るグレブさんとアーニャさん、ほんといつも感心します。

パリ間近に着いた時の桜木みなとさんヴラド。
「前にパリに来た時はまだ私はこんなにちっちゃくて・・」と抱き上げて、「ほら、おめでとうって言ってるよ」と真風ディミトリに。ディミトリはちっちゃなヴラドの両手をつかんでぐるぐる回した後、思い切り放り投げて見送る・・・さっぱりした表情のディミトリと対照的に啞然とするヴラド。

ヴラドといえば、和希そらさんリリーと再会していちゃつくシーンで、「あなたのキスを待ってるんだけど」とリリーに言われていましたが、宝塚大劇場で観た時にはあんな台詞なかったような・・・。東京から加えられたのか、それとも大千秋楽だけだったのかしら。


そういえば、フィナーレ男役群舞で芹香斗亜さんが全方向に両手投げキッスしていましたが、あれは千秋楽スペシャルですね


大劇場の感想にも書きましたが、きっとこれから何度も再演されることになるであろう作品。
その初演が今の宙組で、真風涼帆・星風まどかコンビで本当によかった。そしてそれを最後まで見届けることができて幸せでした。



続きがあります
posted by スキップ at 16:06| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

王冠へとつづく道 花組 「PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-」


princeofroses.jpg

宝塚歌劇団花組の聖乃あすかさん バウホール初主演作。
100期生のトップを切ってのバウ主演もなるほどと思わせるセンターに立つ華。
挑むは薔薇戦争です。


宝塚歌劇 花組公演
バウ・ミュージカル 「PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-」
作・演出: 竹田悠一郎
作曲・編曲: 太田健  瓜生明希葉  多田里紗
振付: 御織ゆみ乃  平澤智   殺陣: 清家三彦
装置: 國包洋子   衣装: 加藤真美
出演: 聖乃あすか  高翔みず希  冴月瑠那  華雅りりか  羽立光来  優波慧  
春妃うらら  一之瀬航季  芹尚英  希波らいと  美羽愛  星空美咲/万里柚美 ほか

2021年2月2日(火) 11:30am 宝塚バウホール 3列下手
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



物語の舞台は15世紀のングランド。
ランカスター家(赤薔薇)とヨーク家(白薔薇)が激しく王位を争った薔薇戦争の時代。
ランカスター家の血を引くヘンリー・テューダー(後のヘンリー7世/聖乃あすか)が若くしてヨーク家のエドワード4世(羽立光来)に国を追われながらも、イングランドに残った母の思いや、自分についてきた仲間たちに支えられ、王座奪還のため宿敵・グロスター公(後のリチャード3世/優波慧)に挑んでいく姿を描きます。


ヘンリー・テューダーといえば私にとって、「リチャード3世」の最後に出てくる“若いブロンドのイケメン正義のヒーロー”というイメージですが、そこに至るまでは前半生は謎に包まれた人物とされていて、そのあたりをフィクションを交えて描いた作品です。

ヘンリー・テューダーが叔父のジャスパー・テューダーに連れられ、ヘンリー6世(=ランカスター)と謁見して認められる場面から始まり、それも束の間、エドワード4世(=ヨーク)が国王に返り咲き、ヘンリーは隣国ブルターニュへと亡命して、以降はロンドンとブルターニュの2ヵ所で並行して物語が進みます。
ロンドンではグロスター公が権謀術数と暴虐の限りをつくして王座へとのし上がって行き、ブルターニュで機会を伺うヘンリーの前には、フランス国王の使いを名乗る謎の女性イザベル(星空美咲)が現れ・・・という展開。


続きがあります
posted by スキップ at 23:00| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

いつの日か一緒に笑い合える日が来ることを 雪組 「fff/シルクロード」千秋楽 ライブ中継


fffLV .jpg

望海風斗さん宝塚大劇場ラストデイ。
配信もありまたが、だいもんのあの歌声は映画館の大音量で聴きたいと、ライブビューイングを選びました。


宝塚歌劇 雪組宝塚大劇場公演
「fff フォルティッシッシモ-歓喜に歌え!-/シルクロード ~盗賊と宝石~」 
千秋楽ライブ中継

2021年2月8日(月) 1:00pm TOHOシネマズなんば スクリーン1
(上映時間: 5時間5分 <カーテンコール含む>)



舞台を観た感想:
「fff フォルティッシッシモ-歓喜に歌え!-」
「シルクロード~盗賊と宝石~」


舞台の詳細感想は上記に書きましたので、今回は千秋楽スペシャルな部分だけ。
「fff」は、ナポレオン、ゲーテ、そしてベートーヴェンが順番に登場してスポットを浴びる場面からウルウル。
舞台が暗いのか、背景が映らなかったり、ここが観たい!というターンがなかったりというジレンマはありましたが、やはり映像ならではの表情のアップでより物語に深く入り込めることとなりました。何度観ても新しい発見があるのもすばらしい。上田久美子先生、やはりタダモノではありません。
望海さん、真彩さんのすばらしい歌声も映画館のドルビーサウンドで存分に堪能。

ベートーヴェンと謎の女のシーン
「ペンじゃなくてパン」を言われたベートーヴェン、3回フェイントかけてからパン投げていました。
その後の謎の女さん、「コーヒー」と言われて一度無視して、ちょっと自分で笑っちゃっていましたね。

「シルクロード」
盗賊さんが連行される場面は、
「いやだ!行かない!」と座り込む望海さん。
彩凪さん 「清く 正しく 美しく~」 とやおら歌い出す
望海さん 「教えを~ 今に~」 と歌いながら立ち上がる
二人 「たか~ら~づ~か~」 と歌いながら客席に顔を向けてはける

ここ、カーテンコールで望海さんが彩凪さんに「私たち、慎重なんでね。何回もね、練習してね」とおっしゃっていました。

中詰は
望海さん 「客席のみんなー」
雪組生 「全国のみんなー」
銀橋に出た望海さん 「せん!しゅう!らく~!」 
でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする