2022年06月19日

天から降り注ぐ声 星組 「Gran Cantante!!」


grancantante1.jpeg


「Gran Cantante!!」は「素晴らしい歌い手」「素敵な歌手」という意味のスペイン語。
藤井大介先生が礼真琴さんを讃えてつけたタイトルなのだとか。
「今や押しも押されもしない完璧な実力で光り輝く礼真琴。歌えて踊れて芝居ができる、素晴らしいエンターテイナーです」とプログラムで絶賛されています。

そのタイトル通り、大劇場に響き渡り、まるで天から降り注いでくるような礼真琴さんの歌声。
まさしく礼真琴こそグランカンタンテでした。


宝塚歌劇 星組公演
レビュー・エスパーニャ 「Gran Cantante!!」
作・演出:藤井大介
作曲・編曲:青木朝子  手島恭子   音楽指揮:佐々田愛一郎
振付:羽山紀代美  御織ゆみ乃  若央りさ  平澤智  百花沙里
装置:新宮有紀   衣装:加藤真美


出演者、観劇日時は「めぐり会いは再び next generation」と同じ(こちら


スペインの伝統的な祭りをテーマに、スペインにまつわる名曲の数々とスパニッシュダンスで綴るレビュー作品。
中詰はスペインを舞台にした宝塚の名作の主題歌をメドレーという、懐かしさがこみ上げてくる場面も。
第108期生の初舞台お披露目公演でもあります。


オープニングは白い衣装の3人の道化(美稀千種・大輝真琴・華雪りら)がタンバリンや太鼓などを鳴らしながら銀橋を渡って祭りの始まりを告げます。

幕が上がると大階段に0番に立つREY(礼真琴)。
左右に広がる電飾のついた布を左手一本で持ち、♪茜色の大地を焦がす歌・・・と高らかに歌って祭りの始まりです(いい声だ)。
その装置的な布が飛ぶと、ライトが点灯して、♪Gran Cantante Gran Cantante Gran Gran Cantante~ と主題歌とともに瀬央ゆりあさん筆頭に男役たちが隊列をなしてザッザッと大階段を降りてきます。さらには舞空瞳さんを頂点にした娘役たちもざかざか降りてきて、このプロローグだけでテンション爆上がり。

礼真琴さんが銀橋で歌い、瀬央さんはじめ男役たちは大階段と舞台でムレータを振り回す群舞。
白い衣装に紫のムレータが映えて綺麗。宙組「NEVER SAY GOODBYE」のフィナーレで観たばかりでしたので、さほど新鮮味はありませんでしたが、ジェンヌさんたちってみんなムレータ綺麗に回せるのね、と感心したり。


★サン・ホセの祭り
プロローグの衣装のまま残った綺城ひか理さん、天華えまさんと花輪を持った娘役たちが明るく歌い踊る場面。


★セビーリャの春祭り
ブルーと白の太いストライプのスーツに派手なストール、たてがみのような髪型をした瀬央ゆりあさん(雄馬カバーロという設定)が「NINJIN娘」を歌いながら銀橋を渡り、舞台ではひろ香祐さんはじめ24人(24頭か?)カバーロたちが踊ります。目が忙しい。
続いて有沙瞳さん筆頭にオレンジ色のカワイイコスチュームで人参の形の鞭を持ったNINJIN娘が現れてカバーロたちを誘惑するダンス。
歌はひろ香祐さんと小桜ほのかさん。


続きがあります
posted by スキップ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2022年06月18日

大切な 大好きな あなたへと続く道 星組 「めぐり会いは再び next generation」


nextgeneration.jpg


今日 6月18日は宝塚歌劇星組「めぐり会いは再び next generation/Gran Cantante!!」東京宝塚劇場公演初日。
宝塚大劇場公演は、4月30日から5月19日まで中止となってしまいましたが、東京では1公演も欠けることなく駆け抜けられますように。
そして千秋楽には、強く明るく高らかに「星組パッショ~ン!!」が響き渡ることを楽しみにしています。


宝塚歌劇 星組公演
ミュージカル・エトワール 「めぐり会いは再び next generation-真夜中の依頼人(ミッドナイト・ガールフレンド)-」
作・演出:小柳菜穂子
作曲・編曲:青木朝子   オリジナル作曲:𠮷田優子
音楽指揮:佐々田愛一郎
振付:御織ゆみ乃  若央りさ  AYAKO
擬闘:栗原直樹   装置:稲生英介   
映像:上田大樹   衣装:有村淳

出演:礼 真琴  舞空 瞳  美稀千種  白妙なつ  天寿光希  音波みのり  
大輝真琴  輝咲玲央  ひろ香 祐  瀬央ゆりあ  朝水りょう  綺城ひか理  
有沙 瞳  天華えま  華雪りら  小桜ほのか  極美 慎  天飛華音  
咲城けい  奏碧タケル  水乃ゆり  瑠璃花夏  詩 ちづる  稀惺かずと  
大希 颯/万里柚美  美穂圭子 ほか

2022年4月23日(土) 1:00pm 宝塚大劇場 1階18列センター/
4月24日(日) 3:30pm 2階7列センター/
5月21日(土) 3:30pm 1階5列センター/
5月22日(日) 3:30pm 1階22列上手/
5月24日(火) 3:30pm 1階12列下手/
5月29日(日) 3:30pm 2階3列上手/
5月30日(月) 1:00pm (配信視聴)


中止期間中のチケット4枚が消えてなおこれ。
何回観るつもりだったのかっていう・・・💦


物語の舞台はとある王国の王都マルクト。
オルゴン伯爵の次男で末っ子のルーチェ・ド・オルゴン(礼真琴)は、大学卒業後も定職に就かず、友人レグルス(瀬央ゆりあ)が親から受け継いだ探偵事務所の居候兼手伝いをして暮らしていました。ガールフレンドのアンジェリーク(舞空瞳)とは10年以上の付き合いですが、お互い意地を張ってけんかばかり。そんなある日、探偵事務所にアージュマンド(瑠璃花夏)という女性が現れ、王家に代々伝わる秘宝“一角獣の聖杯”を守るために、爵位を持つルーチェに王家の花婿選びに潜入して、秘宝を狙う怪盗ダアトをつきとめてほしいと依頼します・・・。


2011年に柚希礼音さん主演の星組で上演された「めぐり会いは再び」。
好評を受けて2012年に続編の「めぐり会いは再び 2nd ~Star Bride~」が上演され、その 2nd に登場した、ヒロイン・シルヴィアの弟(当時14歳!)のルーチェの10年後を描いた物語。
全く新たなお話なので前2作を観ていなくてももちろん楽しめますが、物語のあちこちに前作へのオマージュが散りばめられ、小ネタもたっぷり、オルゴン家の執事ユリウス(天寿光希)、ルーチェの兄マリオの妻・レオニード(音波みのり)など、3作ずっと登場する役(しかも同じ演者)もあって、前作観ていたら何倍も楽しい作品になっています。


前2作の感想はこちら:
「めぐり会いは再び』-My only shinin’ star-」 (2011年)
「めぐり会いは再び 2nd ~Star Bride~」 (2012年)


続きがあります
posted by スキップ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2022年06月11日

"月組の”暁千星 集大成 月組 「ブエノスアイレスの風」


buenosaires.jpg


暁千星さん、初の東上作品。
そしてこれが、”月組の”暁千星としてラストステージです。


宝塚歌劇 月組公演 
「ブエノスアイレスの風」 -光と影の狭間を吹き抜けてゆく・・・ー
作・演出:正塚 晴彦  
作曲・編曲:高橋城  高橋恵
振付:上島雪夫  伊賀裕子  御織ゆみ乃  
装置:大橋泰弘   衣装:加藤真美
出演:暁 千星  凛城きら  夏月 都  晴音アキ  蓮つかさ  風間柚乃  
天紫珠李  礼華はる  結愛かれん  彩海せら  羽音みか  花妃舞音 ほか

2022年5月18日(水) 3:00pm シアター・ドラマシティ 18列下手/
5月26日(木)11:00am 2列(最前列)センター
(上演時間:2時間35分/休憩 25分)



物語の舞台は1900年代半ばのアルゼンチン・ブエノスアイレス。
反政府ゲリラのリーダーで政治犯として囚われていたニコラス(暁千星)は特赦により7年振りに釈放されます。長く続いた軍事政権が倒れ、民主制となった祖国で職を求めたニコラスは街のタンゴ酒場でダンスの才能を買われ、酒場の踊り手であるイサベラ(天紫珠李)のパートナーとして雇われることになりました。そこへかつてのゲリラ仲間で親友だったリカルド(風間柚乃)が現れ・・・。


1998年に紫吹淳さん主演の月組で初演、2008年に柚希礼音さん主演の星組で再演された作品。
どちらもリアルタイムでは観ていなくて、柚希さん主演版を柚希さんトップ時代に映像で観たことがあります。なのでストーリーは履修済み。

「反政府活動家とかスパイとかがやたら出てきて、政治や戦争がらみの内容が多く、台詞が多くて歌や踊りが極端に少なく、ミュージカルというよりストプレ風味」そして「ワタシ的に当たりハズレが大きい」
というのが私の正塚作品の印象。ちなみに正塚作品の my ベストは「カナリア」(2011年・花組)

この作品もほぼそのセオリー通りで、違っているのはタンゴメインで踊りが多いことぐらいかな。
歌はニコラスと酒場の歌い手フローラ(晴音アキ)しかソロがないという徹底ぶり。
それでも、当たりかハズレか、となるとこれは「当たりの正塚作品」でした。


続きがあります
posted by スキップ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2022年06月09日

星を継ぐ者


ひとつ前の記事「宝塚歌劇星組 ミュージック・パフォーマンス ten∞ten TIME」 でオープニング曲だった「星を継ぐ者」。
この曲についての思い入れそ少し。

この曲は2005年に上演された「龍星」という作品で主演の安蘭けいさん(当時星組二番手)のために児玉明子先生がつくった曲で、なかなかトップになれなくて悶々としていたとうこさんを励まし、いつか星組のトップにという思いを込めたとも聞いたことがあります。

♪お~なじ~心で~ 生~まれ〜続ける~ い~つか 星を継ごう~ というフレーズがとても印象的な曲です。


私が初めてこの曲を聴いたのは2009年。
星組トップスターとなった安蘭けいさんの退団公演東京千秋楽のライブ中継を映画館で観た時でした。
サヨナラショーで、赤い薔薇の花束を持って、銀橋を渡りながら1本、また1本と客席に投げるとうこさん。
舞台には黒燕尾の男役、白いドレスの娘役 組子全員が並び、その中で一人、涙をこらえてこの曲を熱唱する柚希礼音さん。
私はそれまでとうこさんの舞台をそれほどたくさん観てきた訳ではありませんが、この場面で号泣したのを今でも覚えています。

次に印象的だったのは2015年。
これも星組トップスターとして退団が決まっていた柚希礼音さんのディナーショー。
紅ゆずるさんがこの曲を歌ったのですが、前の曲を歌った柚希さんがホリゾントにはけていく時、すれ違いざまに後ろ姿のまま右手をポンと紅さんの肩に置いて、それから笑顔で歌い出した紅さん。
当時、星組の次期トップスターは目されていた紅さんではなく、北翔海莉さんと決まっていただけに、この場面は何かと話題になりました。

2019年にはその紅ゆずるさんのディナーショーで天寿光希さんと輝咲玲央さんがこの曲を歌いました(私は未見)。
そして今回、2022年のミュージック・パフォーマンスでは天寿光希さん、有沙瞳さん、夕陽真輝さん、天飛華音さん、綾音美蘭さんの5人で。
 
さらには、2005年の「龍星」はまだ宝塚入団前の現星組トップスター 礼真琴さんが客席で観ていたというエピソードもあります。
まさに「星を継ぐ者」たちによって歌い継がれてきた曲ではないでしょうか。

退団前に最初で最後となるミュージック・パフォーマンスで、最初に歌う曲にこの曲を選んだ天寿さんの、星組への思いが溢れ出ているようです。




posted by スキップ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2022年06月07日

スーパーテンテンタイム! 星組 ミュージック・パフォーマンス「ten∞ten TIME」


tententime.jpg


紅5が活動していたころ(多分今も正式に解散した訳ではない)、 KURENAI GREENこと天寿光希さんが一番好きだった不肖スキップ。
メンバーが次々と退団していく中、ただ一人残った天寿さんは、このまま劇団に残って組長とか専科になっていくのではないかとも考えていました。

その天寿さんの退団と、番手ではないスターとしては異例のミュージック・パフォーマンスの開催が発表された時は、寂しいやらうれしいやら。
絶対観たい!と意気込んだもののチケ取りはあえなく撃沈(ほんと、あの平日10時の電話だけで受け付けるシステム何とかしてほしい)となっていたところ、配信されることになって、ほんと、天寿さんってば厚遇されているなぁと改めて思いました。
劇団も天寿さんの貢献度、よく評価しているということですね。


宝塚歌劇星組 ミュージック・パフォーマンス 「ten∞ten TIME」
構成・演出:指田珠子
音楽:青木朝子   振付:御織ゆみ乃
美術:國包洋子   衣装:加藤真美
出演:天寿光希/有沙 瞳  夕陽 真輝  天飛華音  綾音美蘭

2022年6月6日(月) 7:45pm 宝塚ホテル 宝寿の間(配信視聴)
(上演時間: 1時間30分)



星組の若手メンバーを引き連れてのミュージック・パフォーマンス。
この日がラストということもあって、すっかり完成された様子。
天寿さんの下級生への温かい心遣いや日ごろの優しさもあってか、4人のメンバーものびのび。
パフォーマンスはもちろん、トークもとびきり楽しい時間でした。


セットリスト
treasure TIME  星を継ぐ者 (龍星) 
         夢を見れば (エンター・ザ・レビュー)
takarazuka TIME ソウル・オブ・シバ (ソウル・オブ・シバ)
         七つの海 七つの空 (エル・アルコン)
         Round Table (ランスロット)
         夢を売る男 (オーシャンズ11)
         モロイ兄弟 (オーシャンズ11)
         炎の中へ (スカーレット・ピンパーネル)
         My sweet life (かもめ)
         歴史は作られる (鎌足)
         龍神 (龍の宮物語)
         ブエノスアイレスで私は死のう (Éclair Brillant) 
           天寿・天飛 タンゴ/夕陽 歌
tatinomiya TIME 限界突破×サバイバー (VERDAD!)
ten∞ten TIME  AVANZER!!ーいざ進めー (VERDAD!) 天寿・有沙以外3人
         エメ (ロミオとジュリエット)  天寿・有沙デュエット
         あの子はあなたを愛している (ロミオとジュリエット) 有沙
         娘よ (ロミオとジュリエット)
         青い星の上で (夢は世界を翔けめぐる) 天寿以外
         ten∞ten TIME   
Encore      すみれの花咲くころ インストルメンタル 黒燕尾ソロボレロ



オープニングは「星を継ぐ者」・・・というだけで胸がいっぱいですでに涙目。
この曲のことを語ると長くなりますので、後日別記事でアップしたいと思います。
2曲目の「エンター・ザ・レビュー」は天寿さんが91期生として初舞台を踏んだ作品。

ここまで終わったところでメンバー自己紹介。
最後だから意外な一面を、みたいなテーマだったかな。


続きがあります
posted by スキップ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2022年05月22日

スターバスケット 5組コンプリート!


starbasket.jpeg


4月30日から公演中止となっていた宝塚歌劇星組公演が5月20日から再開されて、嬉々として通っております。
本日は、公演メニューのスターバスケットも無事おいしくいただきました。

昨年の花組公演から始まったスターバスケット、これで5組コンプリートです。


スターバスケット 
・ドッグ(あたたかくないのでホットドッグではない)
・スープ
・フライドポテト
・スティック野菜 2種のディップソース
・デザート

という構成。
ドッグに各組トップスターゆかりの食材を盛り込んであり、スープとデザート、ディップソースも都度変わります。
そして、それを包むペーパーが各組カラーになっています。

以下はいただいた順です。



starbasketflower.jpeg

スターバスケット~FLOWER~  2021年11月

・鮪のカツと柚子風味の玉子サンド
・柚子胡椒風味のクラムチャウダー
・ヨーグルト
・2種のカレー風味のディップソース

最初にいただいたこれがおいしかったので、これから全組コンプリートするぞ!と決心しました。



starbasketmoon.jpeg

スターバスケット~MOON~  2022年1月

・牛肉と炒め玉ねぎのすき焼き風ドッグ
・かぶとベーコンのミネストローネ
・コーヒーゼリーとティラミス

おいしかったけれど、寒い時期だったので、パンの冷たさがより染みてちょっと残念。
この時だけデザートが凝っていました。



starbasketcosmos.jpeg

スターバスケット~COSMOS~  2022年3月

・明太風味のちくわサラダドッグ
・魚介風味のトマトスープ
・ヨーグルト

宙組は公演期間が2週間ぐらいしかなくて、やっと行けた日に内容もよく調べないまま、
「何だか練り物みたいな歯ごたえだなぁ」と思いながら食べて、後でちくわだったと知りました。

熊本県で食されているちくわサラダ(ちくわにポテトサラダを挟んで揚げたもの)に明太子のソースをかけたもの。
おいしかったです。これが一番インパクト強かったかな。



starbasketsnow.jpeg

スターバスケット~SNOW~  2022年4月

・じゃこカツの生姜風味ドッグ
・キャベツとベーコンのスープ
・みかんヨーグルト

じゃこカツとみかんが愛媛名物ですね。
左手前は一緒にいただいた公演デザートの三色団子。



starbasketstar.jpeg

スターバスケット~STAR~  2022年5月

・甘辛チキンとアリゴのドッグ
・山菜のミネストローネ
・ベリーとヨーグルト

コチュジャンベースのソースを絡めたチキンに、トッピングにはアリゴ(じゃがいもとチーズ)のソースで韓国風ですって。
ことちゃんの出身は東京だけど?


毎公演楽しみにいただきました。
ごちそうさまでした。

次の花組公演ではまた新たなメニューが登場するのかしら。



全組コンプリートしてちゃんと画像も残していた自分エライ(自画自賛) のごくらく度 (total 2304 vs 2308 )


posted by スキップ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする