2021年10月17日

風間柚乃 ワンマンショー 月組 「LOVE AND ALL THAT JAZZ」


loveandallthatjazz.jpg


月組期待の若手スター 風間柚乃さん バウホール初主演作。
100期生としては今年2月に「PRINCE OF ROSES」で主演した花組の聖乃あすかさんに次いで二番目のバウ主演です。


宝塚歌劇 月組公演
バウ・ミュージカル 
「LOVE AND ALL THAT JAZZ」・・・ベルリンの冬、モントリオールの春・・・
作・演出: 谷 正純
作曲・編曲: 𠮷﨑憲治  植田浩徳
振付: 尚すみれ  御織ゆみ乃  
装置: 新宮有紀   衣装: 加藤真美
出演: 風間柚乃  きよら羽龍  千海華蘭  佳城 葵  朝霧 真  
蘭 尚樹  桃歌 雪  彩音星凪  礼華はる  一星 慧  大楠てら
/汝鳥 伶  紫門ゆりや ほか

2021年10月12日(火) 3:00pm 宝塚バウホール 5列センター
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分



物語の舞台は第二次世界大戦 ナチス政権下のドイツ・ベルリン。
かつてジャズの生演奏でヨーロッパ中にその名を轟かせたキャバレー「レベル」では、ジャズピアニストでもあるルーカス(風間柚乃)が父から受け継いだ店を一人護り続けていました。そんなある日、ルーカスは店へ逃げ込んできたユダヤ人の娘レナーテ(きよら羽龍)を匿ったことから、ジャズの演奏すら禁止される祖国の現状に反発し、レナーテと共に自由に生きられる国へ旅立つことを決意します。二人を執拗に追い詰めるのは、かつて同じ音楽院で学んだ友人でもあるナチス親衛隊ゾマー少尉(礼華はる)。偽造屋からナチス親衛隊の中佐夫妻の身分証を入手し、仲間のミュージシャンが集うパリ、そしてレナーテの祖父が住むカナダを目指しますが・・・。


「ナチス政権下で退廃音楽として禁止されたジャズを愛し、ユダヤ人の娘を護る為に命を懸けて戦ったドイツ人ジャズピアニストを主人公に、時代を覆う閉塞感に敢然と立ち向かう若者の姿を、ジャズの名曲に乗せて描くミュージカル作品」と記された公演概要から、重くシリアスなドラマを予想していましたが、華やかなジャズの場面も挿入されて、思ったより明るく軽やか・・・逆に言えばいささか拍子抜けな感じです。実話に基づいた物語ということですが、どこか絵空事っぽいおとぎ話のような印象を受けました。

ナチス親衛隊の中佐夫妻の偽の身分証を手に入れて、その人物を装ってナチスの列車に乗り込むというのは、ナチスの内部事情を全く知らない青年にしてはでき過ぎだし、それを見抜けないコールマン大佐もどうなん?と思ってしまいます。
当時のアメリカやカナダにとって、ドイツ=敵国で、それがナチスであろうとなかろうと関係なくドイツ人であるというだけで収容所に入れられることが描かれているのは興味深かったですが、お国がらなのか事実そんな雰囲気だったのか、収容所内が明るく綺麗で皆服装もきちんとしていて、戦時下の悲惨さや陰鬱な雰囲気は感じられませんでした。

そうそう、収容所で、ナチス親衛隊の偽の身分証が仇となって自分自身のことを信じてもらえず、取り調べから帰ってきたルーカスにフリードリヒが即「脱走だな」と言い、二人を迎えたツヴァイクも顔を見るなり「脱走ですね」と言うの、笑っちゃいました。

ドイツの、ナチス政権下の、戦時下の、とはあまりシリアスに意識せずに、ジャズを愛する青年の自由を求める物語ととらえるのがよさそうです。
タイトル通り、ジャズの名曲がふんだんに散りばめられ、「A列車で行こう」「ムーンライトセレナーデ」「シング・シング・シング」など耳慣れた曲を華やかに歌い踊るシーンは心浮き立ちます。


続きがあります
posted by スキップ at 17:21| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年10月16日

今という二度と戻らない時間 星組 「柳生忍法帖」新人公演


hoshishinko20211012.JPG hoshishinko2021.JPG.jpeg


昨年、「減耀の谷」の東京新人公演が中止となって以来、星組にとっては1年8ヵ月ぶりの新人公演。
舞台も客席も熱い思いが溢れるようでした。
新人公演出演が初めてという人や日本物は初めてという下級生もいて、とても貴重な学びの場となったことと思います。


宝塚歌劇 星組 「柳生忍法帖」 新人公演
原作: 山田風太郎 「柳生忍法帖」
脚本・演出・新人公演担当:: 大野拓史
出演: 天飛華音  瑠璃花夏  碧海さりお  夕陽真輝  颯香凛  澄華あまね  
咲城けい  御剣海  水乃ゆり  奏碧タケル  星咲希  稀惺かずと  大希颯 ほか

2021年10月12日(火) 宝塚大劇場 1階13列センター
(上演時間: 1時間45分)



本公演の感想はこちら
    


今回は、本公演脚本・演出の大野拓史先生が新人公演も担当。
特に変更点はなく、本公演そのままの展開でした。

台詞のタイミングがかぶってしまったり、思わぬハプニングがあったり、新人公演らしさも見受けられる中、若者たちの懸命さと熱さが伝わる舞台でした。


天飛華音 (柳生十兵衛/本役:礼真琴)
野性味という面では本役の礼真琴さんよりむしろ適役では?と思えるかのんくん。
口跡よく力強い台詞と歌唱。歌や台詞以外にも殺陣や所作と決まりごとが多い日本物ですが、立派でした。
そしてやはり、センターに立つのが似合う華のあるスターであることを実証。
ソロの歌唱で少しかすれることがあって、練習しすぎかな?と思ったのですが、稽古中にのどを潰してしまったと終演後のインタビューでおっしゃっていたそうです。いや、そんなこととは全然感じられないくらいすばらしい歌唱でした。
礼真琴さんからは「絶対できる。大丈夫!」と声をかけられたのだとか。
そういえばことちゃんも、「Étoile de TAKARAZUKA」新人公演(2013年)で柚希礼音さんのダンスソロ「Scorpius」を踊った時、舞台稽古だっかであまりにできなくて号泣してしまって、柚希さんに「大丈夫や!」と励まされたのでしたね。そうやって星組の伝統は受け継がれていくのね。
ラストの銀橋ソロでは感極まって涙も浮かべていたかのんくんに思わずもらい泣き。


続きがあります
posted by スキップ at 22:50| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年10月15日

いやでござる 星組「柳生忍法帖」


yagyuninpocho1.jpg


山田風太郎氏の「柳生忍法帖」を星組で上演することが発表されて原作を読んだのが今年の4月。
おもしろかったけれど、血がドバドバ流れるし、女たちはすぐ全裸にさせられるし、ラブムード皆無だし、敵役は残虐非道だし、芦名銅伯 108歳だし・・・あまりのエログロに、「柳生十兵衛やるにしてもどうしてこの作品を選んだのか」「これをどうやってすみれコードに抵触せずにタカラヅカの舞台に乗せるのか」と思ったものでした。
大野先生ガンバレー!


宝塚歌劇 星組公演
宝塚剣豪秘録 「柳生忍法帖」
原作: 山田風太郎 「柳生忍法帖」
脚本・演出: 大野拓史   
作曲・編曲: 太田健  高橋恵  多田里紗   音楽指揮: 西野淳
振付: 若央りさ  山村友五郎  平澤智   殺陣: 清家三彦
装置: 新宮有紀   衣装: 河底美由紀
出演: 礼 真琴  舞空 瞳  愛月ひかる  美稀千種  白妙なつ  
天寿光希  音波みのり  大輝真琴  輝咲玲央  漣 レイラ  ひろ香 祐  
瀬央ゆりあ  朝水りょう  綺城ひか理  有沙 瞳  天華えま  小桜ほのか  
極美 慎  碧海さりお  天飛華音  都 優奈  水乃ゆり  瑠璃花夏 ほか

2021年9月18日(土) 1:00pm 宝塚大劇場 1階18列上手
9月19日(日) 3:30pm 1階5列センター
9月28日(火) 3:30pm 1階14列センター
10月3日(日) 3:30pm 1階5列上手
10月7日(木) 3:30pm 1階18列上手
(上演時間: 1時間35分)



江戸時代 三代将軍・徳川家光の寛永年間の物語。
会津藩主・加藤明成(輝咲玲央)のあまりの暴政に家老・堀主水(美稀千種)は一族を率いて藩を退転します。明成は漆戸虹七郎(瀬央ゆりあ)以下の会津七本槍を差し向け、堀主水一族を断罪し、幕府公認の縁切寺・東慶寺に匿われた堀一族の女たちをも武力をもって攫おうします。しかしそれは、男の都合に振り回された生涯を送り、女の最後の避難場所として東慶寺を庇護してきた天樹院(豊臣秀頼の妻・千姫/白妙なつ)には許しがたい事でした。女の手で誅を下さねばならぬと心定めた天樹院は、沢庵和尚(天寿光希)に敵討ちを誓う女たちの指南役を連れてくるよう依頼します。その人こそ、として、将軍家剣術指南役 柳生宗矩(朝水りょう)の嫡男ながら城勤めを嫌い、剣術修行に明け暮れる隻眼の天才剣士 柳生十兵衛(礼真琴)でした。十兵衛と堀の女たちが、七本槍と死闘を繰り広げながら向かった会津に待ち受けるのは、藩を牛耳る謎の男・芦名銅伯(愛月ひかる)と銅伯の娘で明成の側室ゆら(舞空瞳)でした・・・。


yagyuninpocho2.jpg



「これ、原作読んでいない人、大丈夫なの?」
初日(9/18)観終わった最初の感想がこれでした。

配役が発表された時、原作のサイドストーリーの役まで役名があって、「そんなにたくさん登場人物出して、1時間半に納め切れるのかいな」と危惧したことが現実になった感じ。
さらには、原作では”犬”の天丸・風丸・地丸を人間にして、その姉との悲話など原作にはないエピソードも加えられたものだから(瑠璃花夏ちゃん天丸には毎回泣かされるけれど)、肝心の主筋の展開がとても速く説明不足は否めません。

堀主水が出奔する冒頭から東慶寺、そこから十兵衛が登場して殺陣をしながら主題歌を歌うプロローグまでの流れはとてもよくて期待が高まったのですが、その後失速しちゃったかなぁ。

芦名銅伯と天海大僧正が双子で、天海が死ななければ銅伯は死なず、銅伯が苦しめば天海も苦しむ、しかも天海大僧正は将軍家にとって大切な天台相承(てんだいそうじょう)を控えていて、今この世を去らせることは絶対できない、と沢庵が切羽詰まるというところは、原作でも少しわかり難いロジックで展開するのですが、舞台でもやっぱりわかりにくかったです(笑)。
銅伯の部屋の鏡に天海大僧正が映し出されるところは映像を使っているのですが、あまり効果なかったような・・・というか作品全体を通して映像はわりとショボめ←

十兵衛やゆら、銅伯の衣装はいい感じです。
傾奇者という雰囲気の七本槍の衣装は好みが分かれるかもしれませんが、私は好きでした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:13| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年09月19日

フルスロットルで駆け抜けたい 雪組 「CITY HUNTER 」新人公演


cityhuntershinko .JPG cityhuntershinko 3.JPG.jpeg


雪組「CITY HUNTER」は幸運なことに新人公演も観ることができました。
初舞台生のロケットと各組新人公演は私の涙腺沸点ポイント。
どれほどの努力を重ねてこの場所までたどり着いたのだろうと思うと、舞台に立つ一人ひとりが愛おしいいです。


宝塚歌劇 雪組 「CITY HUNTER」 新人公演
作: 北条 司 「シティーハンター」
脚本・演出: 齋藤吉正
新人公演担当: 指田珠子
出演: 縣 千  音彩唯  彩海せら  一禾あお  星加梨杏  眞ノ宮るい  
希良々うみ  夢白あや  壮海はるま  華世京  華純沙那  ほか

2021年8月31日(火) 6:00pm 宝塚大劇場 1階21列上手
(上演時間: 1時間45分)



終演後のご挨拶で縣千さんも「『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』の東京新人公演が中止になって以来」とおっしゃっていた雪組の新人公演。
原作ものとはいえオリジナル脚本で役も多く、明るいタッチの作品なので皆さん楽しそうにのびのびと演じていらっしゃいました。
本公演(こちら)と演出や台詞の変更はほぼなかった模様です。

ふんだんに使用された映像は、主要キャストでは主役の二人(獠と香)だけを新人公演用に撮りなおして、他は映像なし。
ラストでアルマ王女がTV画面に映るところも本人が舞台中央でスタンドマイクで話していました。



縣千 (冴羽獠/本役:彩風咲奈)
本公演でも海坊主という重要な役を好演している縣千さん。
冴羽獠は似合うだろうなという大方の予想どおり、よくハマってカッコいい。
縣さんに限りませんが、髪型やメイクの雰囲気は原作のしばりがあるのか、つくり込んでいる本役の方たちのまんま。
なので、ビジュアルは時折「え?咲ちゃん?」と思うところがありましたが、お芝居はちゃんと「縣千の冴羽獠」になっていました。
「冴子ちゃんの犬になります」と犬の鳴きまねするところではリアル犬になっていて、「縣、モプシーwww」と客席からは笑い声が起きていました。
銃を構える姿もピタリと決まり、何と言っても華ががあり、舞台映えして真ん中に立つのが本当によく似合います。
あまりお得意でないとされる歌もよくがんばっていました。
ラスト 花道はけながら「次は東京で!」って言ったのも洒落てたな。


続きがあります
posted by スキップ at 22:53| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年09月13日

73の炎 雪組 「Fire Fever!」


fifefever.jpeg


組カラーはグリーンの雪組ですが、全編を通して「炎の赤」のイメージ。
目玉の「71人ロケット」は「71の炎」とサブタイトルがついていますが、ロケットに出ていない2人も含めて、73人全員が炎のように燃える熱いショーでした。


宝塚歌劇 雪組公演
ショー オルケスタ 「Fire Fever!」
作・演出: 稲葉太地
作曲・編曲: 太田 健  高橋 恵
振付: 御織ゆみ乃  若央りさ  平澤 智  百花沙里  三井 聡
装置: 國包洋子   衣装: 河底美由紀


出演者(夏美ようさん以外)、観劇日は「CITY HUNTER」と同じ(こちら


奏乃はるとさんのソロで始まるオープニング。
真紅の衣装の朝美絢さんがセンターで踊る中、ゴールドの衣装の彩風咲奈さんが登場して主題歌を歌います。

強めの主題歌が印象的ですが、♪ファイヤー フィーバー(ドゴドン!)と聴いた時に、「」「パッショネイトじゃん!!」と思いました。
大好きな星組のショー「パッショネイト宝塚!」(2014年)の主題歌 ♪パッショネイト(ドゴドン!)とドゴドン!が全く同じ。
2015年の花組公演「宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)」でも♪ファンタージア(ドゴドン!)だったなぁ。
3作とも稲葉太地先生の作品。ドゴドンお気に入りですね。

ここから怒涛の総踊り。
彩風さんと朝月希和さんだけが黒とゴールドを基調とした羽根飾りのついた衣装で、後は赤一色。よりトップコンビが際立つ色の演出です。
朝月さんが銀橋渡りながら歌う主題歌も強い感じで娘役にしては珍しい歌唱だと思いました。
このプロローグのラストにトップコンビの短めのデュエットダンスがあって、リフトも披露されていました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:55| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年09月12日

Get wild and tough 雪組 「CITY HUNTER」


cityhunter.jpg


雪組新トップコンビ 彩風咲奈さん&朝月希和さんのお披露目公演。
人気コミックの初舞台化作品と熱いショーの二本立てです。

1985年に「週刊少年ジャンプ」で連載が始まった北条司氏原作の「シティーハンター」
累計発行部数5,000万部を超える大人気コミックで、TVアニメはもちろん、アニメ映画やフランスで実写版映画化もされている作品です。
・・・とはいうものの、私は原作もアニメも映画も知らず、全くの初見。
唯一知っているのは、TM NETWORKが歌う「Get Wild」だけでした(TVアニメのエンディング曲だったらしい)。


宝塚歌劇 雪組公演
ミュージカル 「CITY HUNTER」 -盗まれたXYZ-
原作: 北条 司 「シティーハンター」
脚本・演出: 齋藤吉正
作曲・編曲: 青木朝子  宮崎朝子(SHISHAMO)
振付: AYAKO  港ゆりか   擬闘: 清家三彦
装置: 稲生英介   衣装: 加藤真美
出演: 彩風咲奈  朝月希和  朝美 絢  綾 凰華  縣 千  奏乃はると  
沙月愛奈  千風カレン  透真かずき  真那春人  久城あす  星南のぞみ  
諏訪さき  野々花ひまり  彩みちる  希良々うみ  眞ノ宮るい  星加梨杏  
彩海せら  有栖妃華  夢白あや/夏美よう ほか

2021年8月7日(土) 1:00pm 宝塚大劇場 1階20列上手/
8月22日(日) 3:30pm 1階8列センター/9月5日(日) 11:00am 2階15列上手
/9月7日(火) 3:30pm 2階1列センター
(上演時間: 1時間35分)



物語の舞台は1989年の東京・新宿。
仕事を請け負うのは、美女からの依頼か、依頼人の想いに“心が震えた時”のみというスイーパー(始末屋)の“シティーハンター”こと冴羽獠(彩風咲奈)のもとへ、警視庁の敏腕刑事 野上冴子(彩みちる)が、クーデターで亡命したグジャマラ王国のアルマ王女(夢白あや)の指名によりボディガードを引き受けるよう依頼されます。王女が17歳と知って渋る獠ですが、女優の宇都宮乙(千風カレン)から暴力団がらみのいざこざに巻き込まれた息子 小林豊(彩海せら)を助けてほしいという依頼は、息子を思う母心に打たれ引き受けます。そんな獠とパートナーの槇村香(朝月希和)の前に、獠のアメリカ時代のパートナー ミック・エンジェル(朝美絢)が現れ・・・。

この他にも、香の兄で獠の二代目パートナーでもあり、ある事件を追って死んだ槇村秀幸(綾凰華)、傭兵時代から獠と因縁がある海坊主こと伊集院隼人(縣千)とその恋人 美樹(星南のぞみ)、獠の育ての親で国際犯罪組織の首領 海原神(夏美よう)とその部下ジェネラル(真那春人)、新宿のチンピラの政(諏訪さき)、シティハンターに憧れるジャーナリストの冬野葉子(野々花ひまり)、冴子の父の警視総監(奏乃はると)がすすめる結婚相手の北尾警視正(眞ノ宮るい)、冴子の部下の織田隆治(星加梨杏)などナド・・・。
原作にある人、ない人?含めて登場人物がとても多く、いかにも80年代という感じの衣装の色合いもあって、舞台上は常にゴチャゴチャ(笑)。

ですが、ストーリー展開はわかりやすく、獠と海原、槇村兄妹、ミック、伊集院たちとの関係が原作を全く知らず、予習もしない私にも初見でスッキリ入ってきました。
この作品で初めて宝塚を観た、という原作ファンにもおおむね好評のようで、原作の世界観をうまく表現しているのではないかと思います。

舞台は冒頭、グジャマラ王国のクーデターの場面から始まりますが、それが獠が依頼を受けたもう一方の小林豊の案件とも、槇村秀幸が殺された事情とも絡みあって、伏線もすべて回収して最後に一気にスカッと収斂する作劇はお見事。

主題歌の他に、アニメで既成の2曲(「Get Wild」と「STILL LOVE HER」と「愛よ消えないで」)の入れ方が絶妙。
獠が宇都宮乙の話を聞いて依頼を受ける決意をした時、小さく流れ始めたイントロがだんだん大きくなって、獠が歌いながら銀橋に出てくる「Get Wild」。
♪It’s your pain or my pain or somebody’s pain  
It’s your dream or my dream or somebody’s dream 
と振りつきで歌う彩風さん、クールでカッコよすぎ。めちゃアガリます。
“Get wild and tough”って咲ちゃんのことはじゃないの?

そして、獠がミックとアメリカに行く香を見送る時の「STILL LOVE HER」。
♪歌を聞かせたかった 愛を届けたかった 想いが伝えられなかなった
という歌詞が獠 の心境ととてもシンクロしていて、ここでこの曲を使った齋藤先生優勝!
それを歌う彩風さんの表情がまたいいんだ。





続きがあります
posted by スキップ at 16:14| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする