2021年05月06日

爆誕!望海風斗トート 「エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート スペシャル ver.」


elisagalaspver1 (2).JPGelisagalaspver2.JPG

「エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート」の掉尾を飾る4公演は宝塚の本公演では実現しなかった望海風斗さんがトートを演じるスペシャルバージョン。
しかも、シシィはACT 1が夢咲ねねさん、ACT 2はこれが初役の明日海りおさん、ルドルフに七海ひろきさん、ゾフィには純矢ちとせさん、さらには大月さゆさん、美翔かずきさんと「89期バージョン」にもなっていて、情報公開された時から話題沸騰でした。

上演は中止になってしまったけれど、4公演中3公演無観客ライブ配信という厚遇。
初回だけ観るつもりだったのですが、あまりにすばらしかったので千穐楽も観ちゃいました。


エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート 
スペシャル ver.」

脚本・歌詞: ミヒャエル・クンツェ
音楽:    シルヴェスター・リーヴァイ
オリジナル・プロダクション: ウィーン劇場教会
構成・演出・訳詞: 小池修一郎
演出: 小柳奈穂子
音楽監督: 𠮷田優子   編曲: 甲斐正人
指揮: 西野淳
出演: 望海風斗  夢咲ねね  明日海りお  鳳真由  
宇月颯  澄輝さやと  七海ひろき  純矢ちとせ  
悠真倫  芽吹幸奈  桜庭しおん  大月さゆ ほか

2021年5月3日(月) 5:00pm/5月5日(水) 1:00pm 配信視聴
(配信時間: 2時間50分/休憩 25分)千穐楽はご挨拶含め3時間10分



フルコスチューム '16 宙組バージョンの感想はこちら


まずは望海風斗さんトートに登場からガツーンとヤラレタ感じでした。
「またの名を死」というルキーニ(宇月颯)の言葉に続いて現れたトート閣下。
シルバーメッシュの黒髪ロングヘア、右のおでこから頬にかけて梵字のようなタトゥー、冷たい顔した死神メイクと、フルコスチュームバージョンではないので扮装なしとすっかり油断していた画面の前の私たちを驚愕&狂喜させてくれました。

♪ 天使の歌は喜び 悪魔の歌は苦しみ 人が歌うその歌は 私を燃やす愛
人の命を奪って 弄ぶのさ冷たく ただ一つの過ちは 皇后への愛だ~

「私を燃やす愛」の歌い出しから一気にトートワールドへ。
歌唱力には折り紙つきの望海さんですが、本当に声がよく出ていてわが家のテレビを通してでもびんびん響く歌声。
音程はもちろんブレないし、感情を乗せて緩急自在に歌う姿は圧巻。
「愛と死の輪舞」はどこか一路真輝さんを感じさせる雰囲気があって、そういえばこの曲は宝塚初演にあたり一路さんのために新しくつくられた曲だったなと思い出したり。
「最後のダンス」の高音シャウト部分は先日観た朝夏まなとトートほどインパクトはありませんでしたが、迫力の歌唱で、高低音の音域の広さを再認識しました。「闇が広がる」も迫力たっぷりだったな。

続きがあります
posted by スキップ at 18:27| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

まぁ様トート降臨 「エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート '16 宙組 ver.」


elisagala2021.jpg

1996年に宝塚歌劇団雪組が日本初演した「エリザベート」。
その25周年を記念したガラ・コンサート。

アニヴァーサリーバージョン:
  歴代出演者が共演する「25周年バージョン」
  上演当時のメンバーを中心に織りなす「花・月・雪・星・宙バージョン」
  夢の競演「スペシャルバージョン」
フルコスチュームバージョン: 「'14 花組 ver.」「'16 宙組 ver.」

という展開です。
公式サイトはこちら


梅田芸術劇場の「アニヴァーサリー25周年バージョン」が観たかった(姿月あさとさんのトート大好きだし、安蘭けいさんの少年ルドルフが観られるなんて)のですが、チケット取れず(涙)。フツーにチケット買えて平和だった2016年や2012年のガラ・コンサートが懐かしいわ(遠い目)。


2016年 ガラ・コンサート モニュメントバージョン
2016年 ガラ・コンサート フルコスチュームバージョン
2012年 ガラ・コンサート ドリームバージョン


東京の2公演をライブビューイングで、と思っていたのにそのLVさえも中止になり(大阪は映画館休業しているので)、ホームシアターで鑑賞となりました。

フルコスチュームバージョンは「'16 宙組 ver.」をチョイス。
現役時代に観た時に、明日海トートより朝夏トートの方が好みだったことと、蘭乃・花乃・実咲のシシィならそりゃダントツ実咲凛音でしょう、という理由です。


「エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート 
'16 宙組 ver.」

脚本・歌詞: ミヒャエル・クンツェ
音楽:    シルヴェスター・リーヴァイ
オリジナル・プロダクション: ウィーン劇場教会
構成・演出・訳詞: 小池修一郎
演出: 小柳奈穂子
音楽監督: 𠮷田優子   編曲: 甲斐正人
指揮: 西野淳
出演: 朝夏まなと  実咲凜音  北翔海莉  望海風斗  蒼羽りく  
純矢ちとせ  悠真倫  芽吹幸奈  矢吹世奈  大月さゆ ほか

2021年5月1日(土) 12:00pm 配信視聴
(配信時間: 2時間50分/休憩 25分)



衣装をつけ、メイクもして物語の最初から最後まで展開する形式は前回と同じ。
いくつかの場面や台詞、群舞など割愛されている部分もありますが、ほぼ本編を丸々観ているような感覚で、何とも贅沢です。


続きがあります
posted by スキップ at 21:41| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年04月29日

永遠に観続けられる 星組 「ロミオとジュリエット」


romeo&juliettetokyo.jpg

4月22日 東京宝塚劇場での観劇をもって私の「ロミオとジュリエット」ナマ観劇は幕となりました。
最後に最前列センターで、フィナーレではスターさんたちの目線もたくさんいただいて、この上なく幸せでした。
あとは5月23日 千秋楽のライブ中継を残すのみ。今は緊急事態宣言下で休演中ですが、5月12日にはどうか無事に再開できますように。満員の観客の前で千秋楽の幕が開くことを心から祈っています。

・・・と書いていたら、5月2日(日)と5月9日(日) 2回の無観客ライブ配信が発表されました。
無観客で演じる生徒さんたちの気持ちを思うと切ないけれど、今私にできる応援はこれしかないので、もちろん!両方!観るわよ!!


宝塚歌劇 星組公演
三井住友VISAカード ミュージカル 「ロミオとジュリエット」
Roméo & Juliette
Le spectacle musical de GÉRARD PRESGURVIC
D’après l’œuvre de WILLIAM SHAKESPEARE
原作:ウィリアム・シェイクスピア
作: ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出: 小池修一郎   演出: 稲葉太地
以下、出演者、スタッフは前回アップしたものと同じ。

2021年3月18日(木) 3:30pm(B) 宝塚大劇場 1階13列上手/
3月25日(木) 11:00am(B) 2階3列下手/3:30pm(B) 1階4列センター
3月28日(土) 3:30pm(A) 1階9列上手/
3月29日(月) 1:00pm(A) 2階9列上手/
4月22日(木) 1:30pm(B) 東京宝塚劇場  1階2列センター
(上演時間: 3時間5分/休憩 35分)



宝塚の初日千秋楽含めて2月に4回、3月に5回、4月に1回 計10回観ました。
A日程5回、B日程5回と、特に意図したわけではありませんがバランスよく拝見。
時間とチケットがあるならまだまだ何回でも観たい、というか、永遠に観続けることができます。


すべてはここから始まった 星組「ロミオとジュリエット」
初日x2 千秋楽x2 コンプリート 星組 「ロミオとジュリエット」


観るたびに新鮮な発見も感動もあって、挙げていけばキリがないくらい書くことはたくさんあるのですが(^^ゞ キャストごとにまとめて、場面の感想も交じえつつ書いていきたいと思います(とてつもなく長いです)。


ロミオ: 礼真琴
名曲に彩られた「ロミオとジュリエット」ですが、中でも「エメ」と「僕は怖い」は、ワタシ、2010年に日本初演を観てからずーっと柚希礼音さんの声で聴くのがイチバンでした。
宝塚歌劇でもこの後、音月桂さん、龍真咲さん、明日海りおさんと錚々たるメンバーがロミオ役でこれらの楽曲を歌ってきましたし(礼真琴さんの2013年新人公演も観た)、外部の城田優さん、山崎育三郎さん、古川雄大さんでも観ましたが、「エメ」と「僕は怖い」はいつも柚希さんの声で脳内変換されてきました。
ところが今回、礼真琴さんの歌声が初めてそれを塗り替えてくれた・・・もちろん、2010年梅芸の初演のあの「ロミオとジュリエット」は今でも私の中で別格の宝物であることに変わりありませんが、今回、「礼真琴(と舞空瞳)のエメ」「礼真琴の僕が怖い」として聴くことができました。これは私にとって画期的なことでした。それくらい礼真琴さんの“ロミオの”歌唱はすばらしかったです。「僕は怖い」(リプライズ)なんて一生聴いていられるくらい好き。


続きがあります
posted by スキップ at 22:07| Comment(2) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年04月28日

祝20周年 東京宝塚劇場


tokyotakarazukatheater1.jpeg

2001年1月1日にリニューアルオープンした東京宝塚劇場は今年20周年。
おめでとうございます
1934年1月1日開場の旧・東京宝塚劇場から数えると87年なのだとか。

宝塚歌劇は原則宝塚大劇場で観る私は、こちらの劇場は柚希礼音さんトップ時代に何度か観劇したことがあるくらいで、ラストは2015年5月10日。
柚希さんラストデイをお見送りした1/12,000人としてでした。


tokyotakarazukatheater9.jpeg


特設サイト(こちら)にもこの劇場がオープンした2001年以来すべての公演ポスターが掲載されていますが、劇場ロビーでは公演している組ごとに展示されて、今は星組。
稔幸さんトップ時代の2001年「ベルサイユのばら」(柚希さんが新人公演でアンドレを演じた公演)から現在公演中の「ロミオとジュリエット」まで、いや~、これはテンションあがりました。
休憩時間ほぼずっとこの前に張り付いて、劇場ロビーで照明の加減や人が多くてうまく撮れないのにもかかわらず、写真撮りまくりです。


tokyotakarazukatheater3.jpeg

柚希礼音さん(左上)と礼真琴さん(右中)のロミオが並んでいるなんて、
胸熱ではありませんか。




tokyotakarazukatheater4.jpegtokyotakarazukatheater5.jpegtokyotakarazukatheater6.jpeg

2009年「太王四神記Ⅱ」(左の一番下)から
2015年「黒豹の如く/Dear Diamond!!」(右の一番上)まで
柚希さんトップ時代はどの公演も本当にたくさんの思い出があります。



tokyotakarazukatheater7.jpeg tokyotakarazukatheater8.jpeg

ここからはことちゃんの時代へ。
礼真琴さんはまだ東京宝塚劇場では2公演(「眩耀の谷/Ray」「ロミオとジュリエット」)しか出演していませんが(そして今休演中)、これからこの星組の、宝塚の歴史にたくさんのすばらしい公演を加えていただけることを信じています。




もう少し時間をかけてゆっくり見たかったよぅ のごくらく地獄度 (total 2239 vs 2242 )


posted by スキップ at 18:21| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年04月13日

生まれ変わってもまた宝塚で出会いましょう 「望海風斗ラストデイ」ライブ中継


nozomifutolastday.jpg

宝塚歌劇団雪組トップスター 望海風斗さんラストデイ。
望海さん・真彩さんのトップコンビも、ほかの退団者も雪組の皆さまも、やり切った達成感に満ちた笑顔があふれる千秋楽となりました。


宝塚歌劇雪組 東京宝塚大劇場公演
「fff フォルティッシッシモ-歓喜に歌え!-/シルクロード ~盗賊と宝石~」 千秋楽ライブ中継
2021年4月11日(日) 1:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン1
(上映時間: 5時間30分 <カーテンコール含む>)




宝塚大劇場公演の感想:
「fff フォルティッシッシモ-歓喜に歌え!-」
「シルクロード~盗賊と宝石~」
宝塚大劇場公演千秋楽ライブ中継


2月8日に宝塚大劇場公演千秋楽ライブ中継を観て以来、ほぼ2ヵ月ぶりでした。
作品やサヨナラショーの感想、セットリストは宝塚大劇場公演時に書きましたので繰り返しませんが、東京公演期間中にさらに熟成されたことに加え、ラストデイのパワーが熱量を高め、望海さんはもとより雪組一丸となって渾身の舞台を見せてくれました。


「fff」で運命の女に「ペンじゃなくてパン!」と机に置かれた時に、「パンじゃなくてペン!」と投げつけていたのは千秋楽のアドリブだった模様。

「シルクロード」
盗賊さんが連行される場面では「これからも雪組をよろしくお願いします」と言って2人で「フォーエバー宝塚を歌ってはけていかれました。
彩凪翔さんちょっと噛んじゃって、カーテンコールの時に「最後に噛んじゃいましたね」とおっしゃっていました。

望海さん 「客席のみんなー」 雪組生 「全国のみんなー」は宝塚大劇場の時と同じで、銀橋に出た望海さん 「雪組~!!」と。


ラスト近くの銀橋渡りでセンターに立った彩凪翔さんが歌いながらまるでその光景を目に焼き付けようとしているかのように、劇場中を何とも愛おしそうに、切なさのまじった表情で見渡していらっしゃったのがとても印象的でした。そしてラストは ♪じゃ・あ・ね ですから・・・泣くってものです。

その彩凪さん、最後のご挨拶では、「心が折れそうになった時も支えてくださったのはお客様、夢をもらったのは私の方です」「ファンの皆さまとかけがえのない時間を過ごすことができて幸せでした」とおっしゃっていて、ファンの方たちはたまらないだろうなとウルウル。

真彩希帆さんのご挨拶にも感動。
雪組の上級生、下級生、同期に感謝を述べた後、望海さんへの心からの謝辞。「私は望海さんのお隣だったから自分以上の力を出してここまでがんばることができました。同じ景色を共有させていただいた時間はおばあちゃんになっても決して忘れません」と。
これからについても「希望を持って大きな帆を張って」と、自分の名前と望海風斗さんの名前をさり気なく入れていて、クレバーな人だなと思いました。

オーラスの緞帳前では、望海さんに「大好きです」と公開告白し、「舞台は生き物」と言って「ナマモノかな?」と望海さんにツッコまれ、寂しくなってきちゃった」と突然泣き始めたかと思うと、望海さんに「私も大好きです」と言われて、大きなブーケを頭の上まで上げて顔を隠して照れるという、何というか最後まで「真彩希帆」でした。

そんな真彩さんのことを望海さんは、「一緒に走り続けてくれた相手役に出会った」「サナギが蝶になるように大きく羽ばたいてくれてありがとう」と最大の賛辞を贈っていらっしゃいました。


「私は嘘が苦手、格好をつけるのも苦手、そんな私が男役をやってこられたのはうそを本当にしたかったからです。本物の夢をお届けしたかった」とご挨拶された望海さん。ファンは本当に本物の夢を望海さんから受け取ったと思います。
「18年間宝塚におりますと、たくさんの幸せを感じることができました。ですが、今日が最高に幸せで、あの日見た夢の世界よりもはるかに夢のよう」と本当に幸せそうな笑顔で語る望海さん。
「今日ここに全員そろって千秋楽を迎えられましたこと、うれしく感謝の気持ちでいっぱいです」
「離れていても心はしっかりとつながることはできるのだと、皆様がこの1年で教えてくださいました」とファンへのメッセージも。

こんな状況下、入りや出のパレードもなく、ご本人はもとより、ファンの方たちにとっても寂しいサヨナラ公演となりましたが、劇団も望海さんもその中でできることを最大限ファンに届けてくれたのではないかしら。

「咲ちゃん」「ひらめー」と次期トップコンビを呼び出して、恐縮する2人を前に「この2人と雪組をよろしくお願いします」と紹介。
「一緒に舞台に立てないのが本当に残念だけど、客席から応援するよ」「咲ちゃんの雪組にいられないのが悔しい」「もしかしたらどこかにまじって立っているかもしれない」と(笑)。

「この瞬間がずっと続けば本当に幸せ」とおっしゃっていた望海さん。
「皆さん 生まれ変わってもまた宝塚で出会いましょう!」ということばに万感の思いがこもっているようでした。



別れはいつも寂しいけれど晴れやか のごくらく地獄度 (total 2233 vs 2236 )



 
posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

来るんですか 来ないんですか 月組 「ダル・レークの恋」


dallake.jpg

去るものあれば来るものありではないけれど、珠城りょうさん去りし後の月組トップコンビに決定した月城かなとさん&海乃美月さん主演公演。この公演上演中はまだ発表前でしたが、もちろん決まっていたでしょうから、プレ・プレお披露目公演といったところでしょうか。

菊田一夫さんが書き下ろし、春日野八千代さん演出・主演で1959年に初演された作品。
月組は3つのグループに分かれての公演(「幽霊刑事」と「美園さくらミュージック・サロン」とこれ)でしたが、月城さんによくぞこの演目持ってきたなと、プロデューサーに感心することしきり。


宝塚歌劇月組公演
グランド・ミュージカル 「ダル・レークの恋」
作: 菊田一夫
監修: 酒井澄夫
潤色・演出: 谷貴矢
作曲・編曲: 太田健  青木朝子  西村耕次  入江薫  鞍富真一
振付: 羽山紀代美  御織ゆみ乃  若央りさ  港ゆりか  百花沙里
殺陣: 清家三彦   装置: 國包洋子   衣装: 加藤真美
出演: 月城かなと  海乃美月  夏月 都  千海華蘭  楓 ゆき  
夢奈瑠音  蓮つかさ  佳城葵  蘭 尚樹  風間柚乃  彩音星凪  
礼華はる  きよら羽龍  詩ちづる/梨花ますみ ほか

2021年3月20日(土) 11:30am シアター・ドラマシティ 9列上手
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



物語の舞台はカースト制度の色濃い時代のインド最北部カシミール。
ベナレス領主マハ・ラジア チャンドラ・クマール(千海華蘭)の孫娘カマラ(海乃美月)は避暑に訪れたダル湖で騎兵大尉ラッチマン(月城かなと)と恋に落ちますが、農民出身のラッチマンとの身分の違いにより周囲に反対され、祖母インディラ(梨花ますみ)の命令もあってラッチマンに心ならずも別れを告げます。そんな折、ラッチマンがヨーロッパで結婚詐欺・宝石泥棒などを働いた犯罪者ラジエンドラだという嫌疑がかかり、クマール一族に呼び出されたラッチマンは、「自分がラジエンドラだ」と認めます。ラッチマンの逮捕で彼とカマラとの交際が明るみに出れば一族の名誉が傷つくと恐れたインディラは、ラッチマンを逃がす代わりにこの国を出て、自分たちとの関係を一切口外しないよう要求します。ラッチマンはその代償として、最後にカマラとの一夜を要求、一族のためその条件を受け容れたカマラをダル湖へと連れて行きます・・・。


身分違いの恋、心と裏腹の愛想づかし、父と息子の確執、実は・・などんでん返し、といかにも古典的なメロドラマ-と感じるのは、今、私が観ているからで、62年前の初演のころは“古典的”ではなかったのかな?
「霧深きエルベのほとり」でも感じたのですが、丁寧な言葉づかいというか時代がかった口調が独特で、これが菊田一夫作品なんだなという感じ。

サイドストーリーとして出てくる、カマラの妹 リタ(きよら羽龍)とペペル(風間柚乃)の恋。
「いや、ラッチマンよりペペルの方がよっぽど胡散臭いやん。姉妹揃ってオトコを見る目ないのね」思ったらその通りだった訳ですが、リタが騙される危機を救うのがラッチマンで、ペペルこそラジエンドラで、ラッチマンはベンガルの領主マハ・ラジアの息子だったという展開は、よくできているというかでき過ぎというか。ラッチマンのスーパーヒーローぶりが際立っています。

しかしながら、“身分違い”という障壁がなくなり、カマラが手のひらを返したように「愛しています」とラッチマンに告白してめでたしめでたしのハッピーエンドとはならず、深く傷ついたラッチマンの心は戻らず、カマラを拒絶して去っていく・・・多分本心はまだカマラを愛しているのだろうけれど彼の誇りがそれを許さないのであろう、という苦い結末は好みでした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:09| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする