2023年01月10日

矢野顕子さとがえるコンサート2022


satogaeru2022.jpeg


毎年年末のお楽しみ さとがえるコンサート。
2020年の東京1会場だけ開催を経て昨年から完全復活。
今年もナマで楽しむことができました。


矢野顕子 さとがえるコンサート2022
featuring 小原礼 佐橋佳幸 林立夫

出演: 矢野顕子 (vo, pf, key)
小原礼 (b)  佐橋佳幸 (g)  林立夫 (ds)

2022年12月13日(火) 7:00pm サンケイホールブリーゼ 1階E列センター
(演奏時間: 2時間10分)



矢野顕子さんのヴォーカル&ピアノ、小原礼さんのベース、佐橋佳幸さんのギター、林立夫さんのドラムという鉄壁の「ザ・矢野顕子バンド」も今回でもう5年目。
小原さんや林さんとはデビューのころからのお付き合いだし、佐橋さんとも長年積み重ねたものがあってのことではあるのですが。バンドとして完成されていてすっかり気心が知れた感が、音楽や息の合ったやり取りに滲み出ていて、もちろん客席の私たちもそれが伝わって安心して彼らのサウンドにどっぷり身を委ねている感があって、とても居心地のよい時間でした。
もちろん、超ハイクオリティなのですが、温かみとやさしさに満ちていて、音楽って本当にいいなと心から思えるライブでした。


SET LIST
1. BAKABON
2. 春先小紅
3. わたしのバス (Version2)
4. 変わるし
5. 魚肉ソーセージと人
6. 小さい秋みつけた
7. 透き通る世界
8. H.O.S.
9. LOVE LIFE
10. The Weight
11. 湖のふもとでねこと暮らしてる
12. ドラゴンはのぼる
13. 音楽はおくりもの
14. すばらしい日々
15. ひとつだけ
Encore
16. クリームシチュー
17. ラーメンたべたい



時間が経って忘れている部分があって、実はこれ ↑、ネットで拾った東京 NHKホールのセットリストなのですが、大阪では「小さい秋みつけた」やってたかなぁとちょっと不安・・・あまり聴いた記憶がないのだけども。「津軽海峡冬景色」だったかなぁ・・・いや、あれは2021年か←
8曲目の「H.O.S.」も全くわからなくて。岡崎体育さんのカバーが1曲入っていたと記憶していますので「Hospital」かな?


「透き通る世界」は、宇宙飛行士の野口聡一さんが宇宙滞在期間に書いた14の詞に矢野さんが作曲をして、2023年3月にリリースされるアルバム「君に会いたいんだ、とても」からの曲。
始めて聴く曲でしたが、ロケットに搭乗して空気が抜かれる(?)時に感じる死の恐怖からステーションで仲間と合流するまでのストーリーになっていて、それが矢野さんの緊張感あるピアノ演奏とのびやかなヴォーカルで表現されて、宇宙の広がりを感じる曲となっていました。

このアルバムからは、昨夏、ビルボードライブ大阪の矢野顕子トリオで”世界初演”として披露された「ドラゴンはのぼる」も演奏されました。
トリオの時とはアレンジも違って曲の雰囲気も違って聞こえるの、音楽って本当におもしろい。

懐かしい「 LOVE LIFE」で泣きそうになった後、矢野さんが若いころよく聴いて歌ったという The Band の「The Weight」は、矢野さん以外の3人がそれぞれ歌詞(訳詞)をつけて自分で歌うというゴキゲンなスタイル。私も若いころよく聴いた曲で、耳馴染みのある歌詞で、小原さん、佐橋さん、林さんのヴォーカルが聴けるなんてサイコーじゃない?

「音楽はおくりもの」でまたまた泣きそうになって、その後、奥田民生さんの「すばらしい日々」でガツーンとやられた感じ。
この曲は矢野さんお気に入りの曲でこれまでのライブでも幾度となく聴いたこがありますが、今回のアレンジとピアノ演奏の迫力が凄まじくて、まるで鍵盤を叩きつけるような激しさ、カッコよさで、演奏終わった後、矢野さんが思わず「ちょっと休憩したい」とおっしゃったくらい。本当にすばらしかったです。

アンコールの2曲はどちらも寒い夜にぴったりのあったかい曲。
おなかならぬ心がいっぱいに満たされて、いろいろあった1年だけれど、こうしていい音楽を聴いて幸せな気分で終えられることに感謝した夜でした。



2023年も、1年をあっこちゃんの音楽で締めくくることができますように のごくらく度 (total 2355 vs 2356 )


posted by スキップ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする

2022年08月31日

3人で音楽をつくり続けていることは奇跡 「矢野顕子トリオ featuring ウィル・リー&クリス・パーカー」


akikoyanotrio7.jpeg


毎年夏のお楽しみのライヴ。
2012年にこのトリオがビルボードライブ大阪に初登場して以来、毎年欠かさず聴きに行っていましたが、コロナ禍の影響で2020年、2021年と中止になって、3年ぶりの開催でした。

楽しみに待ってたよ~♪


AKIKO YANO TRIO featuring Will Lee & Chris Parker
矢野顕子トリオ featuring ウィル・リー&クリス・パーカー

出演: 矢野顕子 Akiko Yano (Vocals, Piano)
ウィル・リー Will Lee (Bass)
クリス・パーカー Chris Parker (Drums)

2022年8月15日(月) 2nd stage 9:00pm ビルボードライブ大阪



3年ぶり?そうでしたか?という感じで、まるで去年の夏の続きのように、ひょいとステージに現れるウィルとクリス、そしてあっこちゃん。
今年も Will Lee のプラチナブロンドの前髪は、変わらずふわりと風に吹きあがっていました。

3年ぶりでしかも今回のツアー初日ということもあってか、皆さんノリノリ。
セットリストも厳選された曲揃いで神がかっている印象で、これまでのトリオのライブの中でも屈指のすばらしさでした。


SET LIST
1. ラーメンたべたい
2. David
3. Just the Two of Us
4. ゴジラのテーマ~モスラの歌
5. ドラゴンはのぼる
6. 音楽はおくりもの
7. 津軽海峡・冬景色
8. ひとつだけ
Encore
9. Gasoline and Matches
10. 在広東少年




続きがあります
posted by スキップ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする

2022年06月01日

”音楽はおくりもの”を実感 「やのとあがつま Japan Tour 2022」


yanotoagatsuma20220517.JPG


矢野顕子さんと上妻宏光さんのユニット やのとあがつま。
2015年に「二重奏」というプレミアライブ(当時は「やのつま」と名乗っていらっしゃいました→こちら)を聴いて以来大好き。

2020年3月、正式に「やのとあがつま」としてファーストアルバム「Asteroid and Butterfly」がリリースされて、5月にライブツアーが予定されていましたが、コロナ禍の中、会場を変更して8月に延期されましたが結局矢野さんが来日できず中止。
「今年こそは」と意気込んだ2021年は秋田と大阪が中止になってしまい、東京公演をライブ視聴(こちら)。

今年やっと、3年越しで念願のステージをナマで楽しむことができました。


やのとあがつま Japan Tour 2022 - Asteroid and Butterfly -
出演: ピアノ・キーボード・ヴォーカル:矢野顕子
三味線・ヴォーカル:上妻宏光
シンセサイザー:深澤秀行

2022年5月17日(火) 7:00pm 住友生命いずみホール 1階H列センター
(演奏時間: 1時間45分) 



住友生命いずみホールは久しぶりでしたが、正面上にパイプオルガンのあるクラシック主体のとても音響がよいホールで、特に上妻さんの三味線との親和性がすばらしく、「これまでて最高!」というくらい聴き惚れました。
もちろん矢野さんのピアノもよく響き、ピアノと三味線の絶妙な融合、そしてすばらしいヴォーカルを体ごと浴びた感じです。


セットリスト
1.おてもやん
2.弥三郎節 
3.いけるかも
4.こきりこ節
5.(新曲)紅花・・・(?)
6.ROSE GARDEN
7.(新曲)犬は鳴く猫は引っかく(?)
8.津軽じょんがら節 ★
9.淡海節 ★ 
10.音楽はおくりもの
11.???(奄美の民謡)
12.津軽じょんがら節 (やのとあがつまバージョン)
13.斎太郎節
Encore
14.おはら節 
15.ふなまち唄 PART Ⅲ


★ 上妻宏光ソロ



新曲(またアルバム出すのかな?)のタイトルがわからなかったのと、オープニングの3曲、ラストの「斎太郎節」、そしてアンコール2曲以外はかなり曲順があやふやなセトリです💦


続きがあります
posted by スキップ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする

2022年04月25日

音楽は平和の象徴 「さだまさし アコースティック・コンサート2022」


sadamasashi.JPG
sadamasashi1.JPG


ずいぶん若いころ、友人の影響でさだまさしさんの曲をよく聴いていました。
「風見鶏」「私花集」「夢供養」といったアルバムのころで、「飛梅」「晩鐘」「つゆのあとさき」「檸檬」「まほろば」・・・今でも歌詞を覚えている好きな曲がたくさんありました。

「さだまさしさんのコンサートが楽しい」とよく聞いていて、かねてより一度行ってみたいなぁと思っていたら堺にいらっしゃるということで初参戦・・・と思っていたのですが、先日別件で古いプログラム類を整理していて、「さだまさしコンサート」のパンフレットを発見👀
「1980年1月17日 フェスティバルホール」のチケットも挟み込んでいました。すっかり記憶から抜け落ちていましたが、アルバム聴いていたころに行ったのね~。


さだまさし アコースティック・コンサート2022
出演: さだまさし (vo, vi, g)
倉田信雄 (key)  木村誠 (ds)  田代耕一郎 (g)  

2022年4月21日(木) 6:00pm フェニーチェ堺 大ホール 1階15列上手
(演奏時間: 2時間20分)



さだまさしさん ソロで4525回目のコンサートだそうです。
通常のコンサートがどういう編成なのかわかりませんが、今回はアコースティック・コンサートということで、さださんが歌いながらヴァイオリンやギターを弾くほかは、ピアノ、ドラム、ギターというシンプルな編成でした。

噂どおり、MCが長い(笑)。
大体2曲歌って長いMC、また2曲歌って長いMC・・・という感じ。


SET LIST
1. 北の国から
2. 案山子
3. 無縁坂
4. 精霊流し
5. 交響楽
6. 殺風景
7. ジャカランダの丘
8. 秋桜
9. 道化師のソネット
10. キーウから遠く離れて(new album「孤悲」より)
11. 残したい花について
12. 主人公
13. ひと粒の麦〜Moment〜
Encore
14. いのちの理由



「最近の曲 知らないしなぁ」と不安に思っていたのですが、「北の国から」に始まって、14曲中10曲は知っている曲でなかなか初心者にやさしいセトリでした。
「無縁坂」「精霊流し」といったグレープ時代の曲も、さださんの生ヴァイオリンで聴くことができてうれしかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする

2021年12月16日

矢野顕子 さとがえるコンサート2021 ~音楽はおくりもの~


satogaeru2021.JPG

2020年は東京1ヵ所のみの開催で配信視聴したさとがえるコンサート。
2018年のコンサートで矢野さんが「来年もここに戻ってくると必ずしも言える訳ではありません」とおっしゃった時、ブログにアップしたワタシの感想:

生きるってそういうこと。
矢野さんが戻ってきても私が行けない場合もあるし、もしかしたら世界が大変なことになってることだってあるかもしれない。
だからこそこの一瞬一瞬、一曲、一音が愛おしく大切に思える時間。今年も幸せな時間をありがとう。

これ、まさしく去年の状況だったよねーと改めて思いました。

今年は満を持して全国ツアー 間もなく完走。
ナマの音楽を浴びることのできる幸せ。


矢野顕子 さとがえるコンサート2021 ~音楽はおくりもの~-
出演: 矢野顕子 (vo, pf, key)
小原礼 (b)  佐橋佳幸 (g)  林立夫 (ds)

2021年12月13日(月) 7:00pm サンケイホールブリーゼ 1階B列上手
(演奏時間: 2時間10分)



このバンドでのさとがえるは4年目。
もうすっかり安定(もちろんハイクオリティに)の域で、矢野さんによると「ザ・矢野顕子バンド」だそうですが、リアルユニットのようです。小原さんや林さんとはデビューのころからずっと、佐橋さんとも長年積み重ねたものがあってのことではあるのですが。
あっこちゃんのしなやかなヴォーカルに呼応する佐橋さんのギター、小原さんのベース、そして林さんのドラム。
極上の時間とはまさにこのことです。
のびのびと歌いたい曲を歌いたいようにやる矢野さんをよく理解してくれているバンドメンバーが自由に、そして最高のグルーヴ感で応じてくれる感じがいつもながら最高。

あっこちゃん、昨年配信で聴いた「さとがえるコンサート2020」の時、高音が出にくそうな部分があって心配だったのですが、この日はパワー全開。
とてものびやかでしなやかで力強いヴォーカルを響かせてくれました。

今回席が上手で佐橋さんの前(しかも2列目)だったので、いつも以上にギターに注目👀
テクニカルなことはよくわからないのですが、ギター何本も変えて、とても細やかな指づかいで演奏されていて、ソフトな声で歌ってくれて、演奏以外の時にはやわらかな笑顔で、何て素敵な人なんだと改めて思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:50| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2021年09月29日

「REON JACK 4」 日替わりゲスト編


reonjack4tm.jpeg


reonjack4a.jpg.jpeg


「REON JACK 4」 日替わりゲスト
東京の甲斐翔真さんと北九州の佐藤隆紀さんは観られませんでしたが、夢咲ねねさんの回は配信で、大阪公演の3 guestsなナマでコンプリートです。
いや~、どのゲスト回もとびきり楽しかったです。

本編の感想はこちら



ゲストコーナーは基本的に、ゲストがソロで1曲歌って、2曲目は柚希さんとコラボ、そしてトークという構成。

夢咲ねねさん:
「オーシャンズ11」のテスのナンバー「楽園を出た二人」を歌って登場。
本編のアンコールで柚希さんが同じく「オーシャンズ11」の「愛した日々に偽りはない」を歌うのですが、お互いにそのことを知らず曲を選んだそうで、このあたりにも柚希さんとねねちゃんの絆の深さを感じます。

2曲目は「パッショネイト宝塚!」のデュエットダンス。
「どれくらい踊れる?」とねねちゃんに聞いたところから始まったというデュエダン。
大好きだったショーであのデュエダンをまた観ることができるなんて。
花柄の衣装も揃えていて、もうあのころのままの雰囲気。柚希さん、ねねちゃん相手だとひと際オトコマエになりますよね。

トークでは、台湾公演や全ツで日本各地を巡っておいしいものを食べた話、ねねちゃんはデュエダンのお稽古で柚希さんの稽古着とスカートの色を合わせるようにしていたけれども、柚希さんは稽古中何度も着替えるので難しかった、なんていう楽しい思い出話も。

柚希さんの宝塚時代のどの作品が好きかというアンケートを客席ペンライトで
・オーシャンズ11
・ナポレオン
・愛するには短すぎる
の3択でしたが、結果は「ナポレオン」でした。
うーん、もちろん「ナポレオン」も大好きですが、私は「オーシャンズ11」かな。


続きがあります
posted by スキップ at 23:04| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする