2022年01月15日

サイレント・コメディへのオマージュ 「SLAPSTICKS」


slapsticks.JPG


ケラリーノ・サンドロヴィッチさんの戯曲の中から選りすぐりの名作を才気溢れる演出家たちが異なる味わいで新たに創り上げる連続上演シリーズ KERA CROSS。
「フローズン・ビーチ」(2019年)「グッドバイ」(2020年)「カメレオンズ・リップ」(2021年)と続いて第四弾はロロの三浦直之さん演出で「SLAPSTICKS」。

1993年にナイロン100℃で初演された作品ですが、オダギリショーさんがビリーを演じた2003年版が鮮烈な印象。
中年期のビリーは山崎一さん、ロスコー・アーバックルは古田新太さん・・・今思い返しても豪華キャストだったなぁ。

タイトルの「SLAPSTICKS」は、この作品にも登場するマック・セネットが無声映画時代に作りあげたサイレント・コメディ・・ドタバタ喜劇というスタイルのこと。


KERA CROSS 第四弾 「SLAPSTICKS」
作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出:三浦直之
音楽:松本淳一   振付:北尾 亘   美術:中村友美
照明:阿部典夫   衣裳:神田百実   映像:松澤延拓
出演:木村達成  桜井玲香  小西遼生  壮 一帆  金田 哲
元木聖也  黒沢ともよ  マギー  亀島一徳  篠崎大悟  
島田桃子  望月綾乃  森本 華

2022年1月9日(日) 12:00pm サンケイホールブリーゼ 
1階B列(最前列)センター
(上演時間: 2時間55分/休憩 20分)



1939年のアメリカ。
ビリー・ハーロック(小西遼生)は、伝説のコメディアン ロスコー・アーバックル(金田 哲)の映画をリバイバル上映してもらおうと、配給会社に勤めるデニー(元木聖也)を説得していました。サイレント・コメディーなど過去の遺物と興味を示さないデニーに、1920年代のハリウッドでの思い出を熱く語り始めるビリー。
1920年 コメディアン志望のビリー(木村達成)は “喜劇の神様” マック・セネット(マギー)の撮影所に助監督として入社しました。
ある夜、フィルムの編集作業中だったビリーのところへ人気コメディ女優のメーベル・ノーマンド(壮 一帆)が現れます。どこか様子がおかしい彼女を庇うセネットに口止めされ預けられたコカインを誤って吸い込んでしまったビリーは、サイレント映画の伴奏ピアニストだった初恋の女性アリス・ターナー(桜井玲香)の夢を見ました。
一方、上昇志向の強い若手女優のヴァージニア・ラップ(黒沢ともよ)は、ホテルのロビーでアーバックルに声をかけたことがきっかけで彼の部屋で開かれるパーティに招待されますが、そこで事件が起こります・・・。


物語は1939年と1920年を行き来して展開しますが、メインはサイレント映画からトーキーへと転換期を迎えた1920年のハリウッド。
主だった登場人物は実在の人物で、アーバックルの事件やメーベル・ノーマンドのコカイン中毒、マック・セネットとの恋人関係なども史実のようです。
ケラさんの言を借りると「半分捏造の評伝劇とは言え、残り半分は実話」だそうです。

小学生の時にお父様とチャップリンの「モダンタイムス」を観て感激して「将来なりたいのは喜劇映画の監督」と卒業文集に書いたほど熱心なサイレント・コメディ・ファンというケラさんの、サイレント・コメディとそのつくり手へのオマージュともいえる作品。


続きがあります
posted by スキップ at 23:05| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2022年01月12日

60年の時を結ぶ物語 「彼女を笑う人がいても」


kanojowo.JPG


昭和35年6月17日 主要新聞7社が「暴力を排し 議会主義を守れ」と題して掲載した共同宣言。
物語の最初と最後にスクリーンに映し出されるこの共同宣言が、降りしきる雨のように津々と心にのしかかる舞台でした。


「彼女を笑う人がいても」
作:瀬戸山美咲
演出:栗山民也
美術:松井るみ   照明:服部基   
映像:上田大樹   衣装:前田文子
出演:瀬戸康史  木下晴香  渡邊圭祐  近藤公園
阿岐之将一  魏涼子  吉見一豊  大鷹明良

2021年12月30日(木) 12:00pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階C列(最前列) 上手
(上演時間: 1時間45分)



物語:東日本大震災後も故郷東北に帰れない避難家族の長期取材を続けてきた高木伊知哉(瀬戸康史)は、連載の中止と広告部門への不本意な異動を下命され、新聞記者を続けるべきか迷う中、タクシー運転手だった祖父高木吾郎(瀬戸康史二役)もかつて新聞記者だったことを知り、その取材ノートを読み返します。そこには、1960年安保闘争に加わった学生達の声、死亡した女子学生の真実を探る日々がつづられていました。60年以上の時を経て、2人の姿は重なっていきます・・・。


2021年の今と1960年安保闘争の時代。
暗転はなく、終始緊張感を失わずシームレスに2つの時代を行き来して展開する物語。
どちらの時代でも記者は報道の真実と正義を追求し続けますが、必ずしもその思いが結実する訳ではなく、それは60年前も今も少しも変わっていない現実が切ない。


冒頭、スクリーンにモノクロで映し出される建物を「国会議事堂かな?」と思いながら見ていて、その場所を無数の傘の群れが取り囲んでいることに気づきます。そこに重なる共同宣言のナレーション。

60年安保デモで東大生の樺美智子さんが亡くなったことはおぼろげに知っていました。
「彼女を笑う人がいても」というこの舞台のタイトルは、樺さんが高校時代に書いた「最後に」という詩の一節からとられたものだとか。
   誰かが私を笑っている
   向うでも こっちでも
   私をあざ笑っている
   でもかまわないさ
   私は自分の道を行く

この舞台に彼女は登場しません。高木吾郎の取材で浮かび上がる周りの人たちの言葉のみで語られます。


続きがあります
posted by スキップ at 18:58| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2022年01月08日

「THE BEE」 がいつまでも成立する世界


thebee.jpg


2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件に触発された野田秀樹さんが、ロンドンで現地演劇人とワークショップ壮を積み重ねて書き下ろし、2006年にロンドンで初演された英語戯曲。翌2007年、日本語版が東京で初演され、2012年の再演を経て、今回キャストを総入れ替えして9年ぶりの再々演となりました。

2012年の再演版で初めて観たのですが、あの時の衝撃は今も鮮やかに心に刻まれています。


NODA・MAP番外公演 「THE BEE」
原作: 筒井康隆~「毟りあい」より~
共同脚本:野田秀樹 & Colin Teevan
日本語脚本・演出:野田秀樹
美術:堀尾幸男   照明:服部基   映像:奥秀太郎  
出演:阿部サダヲ  長澤まさみ  河内大和  川平慈英

2021年12月24日(金) 6:30pm ナレッジシアター F列センター/
12月25日(土) 6:30pm I列上手
(上演時間: 70分)



2012年版の感想はこちら


物語: 妻子の待つ家に帰宅しようとしていたサラリーマンの井戸(阿部サダヲ)は、自宅の周りに警察の警戒線が張られ、無数のメディアが集まっていたことから、脱獄した殺人犯・小古呂(川平慈英)が妻子を人質に自宅に立て籠もっていることを知ります。小古呂が会いたがっている妻(長澤まさみ)に説得を頼みに行ったものの断られ、逆上した井戸はその妻と息子(川平慈英)を人質として逆襲に出ます・・・。



thebee4.jpeg thebee5.jpeg

舞台模型
幕間がなく、終演後だけロビーの端っこにひっそり飾られていたので気づかない人も多いようでした。2012年版ではこの模型と同じ茶色い紙でしたが、今回の舞台では真っ白の紙が使われていました。


70分という短さとはいえ、とても濃密で緊迫した時間の連続なので観終わった後はぐったり、しかも物語としてのあと味はかなり悪い・・・。
けれども、その演劇としてのチカラが圧倒的で私たちの心を捉えて放さない作品です。
一つにはそれが訴えるテーマで、もう一つは演劇的手法として。


暴力による報復からは暴力しか生まれないという「暴力の連鎖」というテーマの普遍性。
前回の上演から9年、初演から数えると15年経った今も、世界は、人類は、それをまだ繰り返し続けています。
今回のプログラムに掲載された内田洋一さんのインタビューで野田さんが最後に結んだ言葉
「この作品が今でも通用するということはつまり世界が不幸だということなんですよ・・・『THE BEE』がいつまでも成立してしまう。初演から15年経っても」が心に突き刺さります。


続きがあります
posted by スキップ at 23:06| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2022年01月05日

熱狂する大衆 「アルトゥロ・ウイの興隆」


arturoui.JPG


「ヒトラーが独裁者として上り詰めていく過程をシカゴのギャングの世界に置き換えて描いた問題作」、原作はプレヒト、演出は白井晃さん、主役のアルトゥロを演じるのは草彅剛さん・・・昨年1月にKAATで初演された時にとても興味があったのですが、関西公演がなくて断念。
1年10ヵ月という短期のスパンで再演ですがうれしいことに京都公演があって、張り切って行ってまいりました。


「アルトゥロ・ウイの興隆」
作:ベルトルト・ブレヒト
演出:白井晃
音楽・演奏:オーサカ=モノレール   振付:Ruu
美術:二村周作  衣装:伊藤佐智子  照明:齋藤茂男  映像:栗山聡之
出演:草彅 剛  松尾 諭  渡部豪太  中山祐一朗  細見大輔  粟野史浩
関秀人  有川マコト  深沢敦  七瀬なつみ  春海四方  小川ゲン  古木将也 
ワタナベケイスケ  チョウヨンホ  林浩太郎  神保悟志  小林勝也  榎木孝明   
Nami Monroe  FUMI  suzuyaka

2021年12月23日(木) 12:00pm ロームシアター京都 メインホール 
1階12列センター  (上演時間: 3時間/休憩 20分)



二段になった高さのある舞台が組まれていて、上段にドラムセットなどの楽器が配置され、ここがバンドの定位置。
開演時間になると真っ赤なスーツに身を包んだオーサカ=モノレールのメンバーが現れて大音量で演奏し、ヴォーカルの中田亮さんが歌い始めます、ゲロッパを(James Brown の Sex Machine ね)。

「ギャングが暗躍するショー仕立ての音楽劇
というフライヤーに書かれた一節をすっかり見逃しており(休憩時間に見た)、いきなりガンガンのゲロッパで始まって、客席もノリノリで前の列の人なんて頭上で大きく手拍子しているし、まるでライブ会場のようなノリにビビる💦

舞台手前では美脚の女性ダンサー3人が踊り、役者さんたちが次々登場する中、「アルトゥロ・ウイ!」という中田亮さんの声で上段下手にマントを羽織ったアルトゥロ・ウイこと草彅剛さんが現れて、そのマントを脱ぎ捨て、赤いスーツで歌い踊り始めます。すっごい求心力とオーラに圧倒されながらも、「ずーっとこの調子かいな」と不安に思っていたところ、ちゃんとお芝居は始まりました。
とはいうものの、全編を通して James Brown の曲がリズムを刻み、バンドが演奏し、歌い、踊るという構成です。


物語の舞台は禁酒法時代の不況下のアメリカ・シカゴ。
アルトゥロ・ウイ(草彅剛)は、のし上がるチャンスを狙ってるギャングのボス。
不況でカリフラワーが売れ残り苦境に立つ八百屋組合のメンバーが、その穴埋めをすべく市から港湾工事代と称して金を引き出そうと画策し、自他ともに認める清廉潔白の長老市議会議員ドッグズバロー(榎木孝明)に海運会社の株を安価で融通して買収します。
その情報をつかんだアルトゥロはドッグズバローを強請り、買収事件のもみ消しと引き換えに政界への発言権を手に入れます。のし上がるためには恐喝も放火も殺人も、手段を選ばないアルトゥロ・ウイ。人々は彼のそんな裏の顔は知らないまま熱狂し支持していきます・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 23:39| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年12月22日

3年半ぶり!ナイロン100℃  「イモンドの勝負」


imondenoshobu.JPG


KERA・MAPやケムリ研究室など、ケラさんの演出作品は間隔あけることなく観ているような気がしていましたが、劇団の本公演としては「睾丸」以来3年ぶりだとか。
私は「睾丸」は観ることができませんでしたので、その前の作品「百年の秘密」(2018年)以来、3年半ぶりでした。


ナイロン100℃ 47th SESSION 「イモンドの勝負」
作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
美術: BOKETA   照明: 関口裕二
音響: 水越佳一   音楽: 鈴木光介
映像: 上田大樹・大鹿奈穂   衣裳:前田文子   振付:HIDALI
出演」 大倉孝二  みのすけ  犬山イヌコ  三宅弘城  峯村リエ  
松永玲子  長田奈麻  廣川三憲  喜安浩平  吉増裕士  猪俣三四郎  
赤堀雅秋  山内圭哉  池谷のぶえ

2021年12月19日(日) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 1階D列下手
(上演時間: 3時間20分/休憩 15分)



国際的な競技大会が近々予定されている町に住むスズキタモツ(大倉孝二)38歳は、保険金目当ての母(峯村リエ)とその愛人(赤堀雅秋)に殺されそうになりますが、難を逃れてエリザベス(犬山イヌコ)とユゲ(池谷のぶえ)が院長・副院長を勤める孤児院へ。
一方、良い探偵(山内圭哉)は、政府高官のイシダイラ(吉増裕士)をひたすら尾行しています。そんな町に巨大円盤がやってきて、有力な選手たちが拉致される事件が発生し・・・。

といった言葉ではとても語り切れないストーリー。
前記事の唐十郎作品とはまた別の意味であらすじ書くの至難(^^ゞ


ズレたり、かみ合わない会話だったり、いかにもなギャグにあっはっはと声出して笑ったり、クスッとしのび笑いだったり、笑いを散りばめながら、ケラさんらしいシニカルな目線や風刺が効いたシュールなナンセンスコメディ(とばかりは言えないけれども)。
不条理も、ちょっぴりグロもあります。

人々があまり関心もなく、「近々よ」とだけ口々に言う”国際大会”
保険金目当ての殺人
助成金目的の施設
怪しげな薬を処方する病院
格差社会
・・・

笑いの影に見え隠れする現代社会の投影。
ケラさん、さすがです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:33| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年12月21日

唐十郎への道のりは険し 「泥人魚」


doroningyo.JPG


苦手感漂う唐十郎作品ではありますが、唐十郎・作、金守珍・演出という同じ組合せでの前作「唐版 風の又三郎」(2019年)が、すべて理解したとは言えないまでもとてもよかったこともあって、この作品も観るつもりでチケットを取っていました。
が、
何となく(本当に”何となく”としか言いようがないこの気持ち)12月は東京に行く気が失せてしまって、チケットを手放してしまいました。
ら、
何と、ライブ配信が発表されまして、しかもWOWOWオンデマンドでも観られるという太っ腹。
喜んで拝見いたしました。


COCOON PRODUCTION 2021 「泥人魚」
作: 唐十郎 
演出: 金守珍
音楽: 大貫誉  美術: 大塚聡  照明: 泉次雄  衣装: 伊藤佐智子
映像: 大鹿奈穂  石原澄礼  振付: 広崎うらん  殺陣: 佐藤正行
出演: 宮沢りえ  磯村勇斗  愛希れいか  岡田義徳  
大鶴美仁音  石井愃一  金守珍  六平直政  風間杜夫 ほか

2021年12月15日(水)6:30pm 配信視聴
(上演時間: 2時間10分/休憩 10分)



港の町を去って、今は都会の片隅にあるブリキ店で暮らす蛍一(磯村勇斗)。店主の静雄(風間杜夫)は、まだらボケの詩人だ。陽が落ちると急にダンディな夜の詩人と化す。ある時店に現れたのは、詩人を「先生」と呼ぶ男、しらない二郎(岡田義徳)。二郎は詩人静雄の元門下生であり、蛍一とは、長崎の諫早漁港で共に働いた仲だった。干拓事業の賛否に揺れる漁港では、湾を分断する「ギロチン堤防」が内側の調整池の水を腐らせ不漁が続き、池の埋め立てに反対だった仲間の漁師が、次々と土建屋に鞍替えしていく。そんな現実に絶望した蛍一は、港の町を去ったのだ。一方の二郎は、実は港に派遣された「さぐり屋」だった。依頼主は、月の裏側を熟知しているとのたまう女、月影小夜子(愛希れいか)。二郎の裏切りを蛍一がなじっていると、蛍一を探して、やすみ(宮沢りえ)という女が現れる。少女時代、ガンさんという漁師に海で助けられ、その養女となった娘だ。「ヒトか魚か分からぬコ」と呼ばれるやすみは、ある約束を果たしに来たと言う。「人の海の貯水池で、言ったとおりの人魚になれ」と。蛍一の前で見せた片方の足には、一条のきらめくものがはりついていて──。

(↑ 自分ではとてもあらすじ書けそうになかったので公式サイトから)


唐十郎さんが「諫早湾の干拓事業による地元関係者の苦悩を元に書いた作品」ということですが、難解でした。
難解というより理解できなかったというのが正直なところ。
いや、理解するというより感じる作品なのかな。
「風の又三郎」で唐さんに少し近づけたと思っていたのですが、やっぱり唐十郎への道のりは険しかったです(^^ゞ


続きがあります
posted by スキップ at 22:00| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする