2022年03月27日

観る前から敗北 「INTO THE WOODS-イントゥ・ザ・ウッズ-」


intothewoods1.jpg


スティーヴン・ソンドハイムが1986年に発表、翌年ブロードウェイで初演されトニー賞3部門受賞したミュージカル。
2014年には、メリル・ストリープやジョニー・デップなど豪華キャストでディズニーの実写映画化もされました。

日本でもこれまで4度上演されているそうですが、今回は新翻訳、新演出での上演。
そして何といっても話題を集めたのは、望海風斗さん宝塚歌劇団退団後初舞台(コンサート「SPERO」「エリザベートガラ」はあったけれど)。
情報公開されるや私の周りの熱いnozomistさんたち、グッと前のめりでした。


ミュージカル 「INTO THE WOODS-イントゥ・ザ・ウッズ-」
作詞・作曲:スティーヴン・ソンドハイム
脚本:ジェームズ・ラパイン
演出:熊林弘高
翻訳・訳詞:早船歌江子   音楽監督・指揮:小林恵子
美術:杉浦充   照明:笠原俊幸   衣装:原まさみ
出演:羽野晶紀  古川琴音  毬谷友子  湖月わたる  朝海ひかる  
廣瀬友祐  花王おさむ  福士誠治  あめくみちこ  鈴木玲奈  
渡辺大輔  福井貴一  渡辺大知  瀧内公美  望海風斗  麻実れい(声の出演) ほか

2022年2月11日(金) 1:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階10列下手
(上演時間: 3時間10分/休憩 20分)



むかしむかしの物語。
ある王国の村のパン屋夫婦(渡辺大知・瀧内公美)子どもが授かりません。というのも、魔女(望海風斗)の呪いがかけられていたから。
魔女は夫婦に、呪いを解いてほしければ森へ行き、①ミルキーな白い牛 ②血のような赤い頭巾 ③黄色いコーンの髪 ④きらめく金の靴 を3日後の真夜中の鐘が鳴るまでに取ってこいと言います。
森へ入ったパン屋夫妻が出会うのは、それぞれに充たされない人生の屈折を抱えたおとぎ話の主人公たち。赤ずきん(羽野晶紀)は思春期真っ只中、シンデレラ(古川琴音)は継母(鞠谷友子)や姉(湖月わたる・朝海ひかる)たちにいじめられながらも王国のフェスティバルへの出席を計画、『ジャックと豆の木』のジャック(福士誠治)は唯一の財産である雌牛を豆5粒と交換してしまったり。そして塔の上に住むラプンツェル(鈴木玲奈)は母である魔女の言いつけを守り、幽閉の孤独に耐えています・・・。


人は自分のため、家族のため、自分の大切な人のために必死に努力をして生きていますが、その影で知らない誰かの人生が犠牲になっている・・・お互いの犠牲亡くしては人間の世の中は成り立たない。本当の敵は誰もが自分だけの幸福を願うがゆえのジェラシー、妨害、嘘、策略、罠。
人が本質的、普遍的に持つ「人間の業」がテーマとなっています。

このテーマや作品が描き出す世界観は嫌いではありません。
子どもの頃に読んだ「赤ずきん」をはじめとする童話の主人公たちが「えっ!」というようなキャラクターだったりするのもおもしろく観ました。

ただ、この舞台については、”観る前の雑音”が多すぎた-これにつきます。


続きがあります
posted by スキップ at 21:24| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2022年03月19日

安心して住める星がひとつぐらいあるはず 「マーキュリー・ファー」


mercuryfur.jpeg


「生き延びよう」
「今の星で生きていけないなら別の星を探そう。優しくてあったかい星を探すんだ。宇宙に星はたくさんあるから、安心して住める星がひとつぐらいあるはずだ」

最後にダレンがエリオットに言ったこの言葉。
そこに重なる激しい爆撃音。
今思い出しても涙が出てきます(これ書きながらまた泣いている・・・)。


「マーキュリー・ファー Mercury Fur」
作:フィリップ・リドリー
演出:白井晃
翻訳: 小宮山智津子
美術: 松井るみ   照明:齋藤茂男  衣裳:太田雅公
出演:吉沢亮  北村匠海  加治将樹  宮崎秋  
小日向星一  山﨑光   水橋研二  大空ゆうひ

2022年2月26日(土) 12:00pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階C列下手
(上演時間: 2時間15分)



イギリスの劇作家 フィリップ・リドリーが2005年に書き下ろした作品。
2015年に白井晃さん演出で日本初演され、過酷な状況下で生きる兄弟を演じたのは、今をトキメク高橋一生さんと瀬戸康史さん。
今回、吉沢亮さん、北村匠海さんという人気者の共演ということも相まってチケット戦線がとんでもないことになり、世田谷パブリックシアターが転売と確認されたチケットの入場不可宣言まで出す事態となりました。


荒れ果てた廃墟のような暗い部屋にエリオット(吉沢亮)とダレン(北村匠海)兄弟がやってきて、何やら”パーティ”の準備をするため、部屋を片付け始めるところから物語は始まります。
兄のエリオットは足が悪く片足を引きずって歩き、弟のダレンは障害があるらしく言葉をうまく理解できないところがあるようです。
二人の会話から、少しずつわかってくることは

・ここは近未来の、ディストピアと化したロンドン
・街は暴力、略奪、殺人で荒廃し、幻覚作用のある「バタフライ」という薬物が蔓延している
・エリオットはバタフライを売って日銭を稼ぎ、ダレンはバタフライ常用者で記憶が混濁している

そこに一人、また一人と加わる登場人物たち
・この部屋に迷い込んできてバタフライ欲しさに準備を手伝い、ダレンと意気投合するナズ(小日向星一)
・トランスジェンダーでエリオットの恋人?のローラ(宮崎秋人)
・彼らのリーダー格のスピンクス(加治将樹)と彼が連れてきた「姫」と呼ばれる盲目の女性(大空ゆうひ)
・”パーティプレゼント”と呼ばれる、薬物中毒でほぼ意識が飛んでいる様子の少年(山﨑光)
・そしてこの日のパーティゲスト(水橋研二)


続きがあります
posted by スキップ at 22:40| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2022年03月17日

芝居x狂言 「サヨウナラバ」


sayounaraba1.jpg


古典芸能の人々とも交流が深いわかぎゑふさんが、古典と現代演劇とのセッションの場として、和の交流という意味で命名した「わ芝居」。
2017年に第一弾 上方落語とのコラボレーション「カラサワギ」を上演して今回が第二弾 狂言とのセッションです。
当初は2020年4月に上演予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で中止。
2年越しのリベンジ公演となりました。

芝居ver.と狂言ver.があったのですが、そりゃ両方観るってものでしょ。
どちらのバージョンも能舞台にきちんと正座された素敵なお着物をお召しのわかぎゑふさんのご挨拶から始まりました。


玉造小劇店 わ芝居~その弐 「サヨウナラバ」
脚本・演出:わかぎゑふ
舞台監督:武吉浩二  舞台美術:嵯峨真由美
照明:大川貴啓  衣裳:和工房ちどり
狂言制作:中嶋沙弥奈(童司カンパニー)
出演:
狂言ver. Cutting Edge KYOGEN
茂山千五郎  茂山茂  茂山宗彦  茂山逸平  茂山千之丞
芝居ver.
野田晋市  うえだひろし  松井千尋  吉實祥汰  澤田紗菜  美津乃あわ  
森崎正弘  谷畑聡  江戸川じゅん兵  是常祐美  武市佳久  わかぎゑふ
日替り狂言師(茂山逸平)

2022年2月27日(日) 
1:00pm 狂言ver. 山本能楽堂 1階B2列(最前列)センター/
5:00pm 芝居ver. 1階B2列(最前列)センター
(上演時間: 各2時間)



物語は昭和3年の大阪・船場から始まります。
老舗の天乃屋本家は主人が事故死、番頭は病死と不幸が続き、残ったのは跡取り娘で体の弱いシズ(是常祐美)ひとり。
「あんな病弱な娘には婿の来手がない。 本家がこのまま潰れたら世間様に顔が立たん」と分家筆頭の天乃屋新兵衛(谷畑聡)と親戚筆頭の春駒屋文左衛門(野田晋市)は、分家の手代の伊助(江戸川じゅん兵/茂山茂)に「一代だけや。シズが死んだら後は暖簾分けして店も持たせたる」と言い含めて結婚させます。
伊助と結婚したシズは体もすっかり丈夫になり、働き者の伊助のお陰で店は繁盛、雪という娘も生まれました。
時は経て10数年後。
分家の天乃屋新兵衛とお峰(美津乃あわ/茂山千五郎)夫妻の息子・金之助(武市佳久/茂山千之丞)が雪(澤田紗菜)とひと目で恋に落ちます。本家分家ともに歓迎ムードの中、母のお峰だけが断固反対。お峰が弟で弁護士の三枝孝治(うえだひろし/茂山逸平)に語った真実とは・・・。


狂言ver. → 芝居ver. の順で観たのですが、どちらもとてもおもしろかったです。
狂言ver. は出演者5名で上演時間も約1時間と、芝居ver. の半分。

芝居ver. には、伊助と同じ手代で、婿に入って後に五代目天野屋平右衛門となった伊助に屈折した思いを抱く信吉(森崎正弘)、その妻でかつて伊助と将来を約束した仲だったのに無理やり引き裂かれた遊女のお花(松井千尋)など、狂言ver. に出て来ない周りの人々も登場して、人の心の機微がより一層細やかに丁寧に描かれています。

ちなみに、あらすじに名前が出てこなかった茂山宗彦さんは天乃屋の主治医 高田裕斎役。白衣にナースキャップの変形のような、赤十字がついたものをかぶった拵えで「これはこの辺りに住まい致す薬師でござる」と狂言の冒頭に登場していました。芝居ver. でこの役を演じたのはわかぎゑふさん。


続きがあります
posted by スキップ at 14:31| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2022年02月16日

猿之助と愉快な仲間たち 朗読劇 「天切り松 闇がたり ~闇の花道~」


tenkirimatsu.jpg


本来は、昨年9月 春秋座で大学開学30周年記念・劇場20周年記念公演、猿之助と愉快な仲間たち 第一弾公演として市川猿之助さん、尾上右近さん、佐々木蔵之介さん、石橋正次さんほかのご出演で上演が予定されていながらコロナ禍で延期と発表された舞台です。

以前 Team申番外公演として、佐々木蔵之介さん、市川猿之助さん、佐藤隆太さんの3人で3回にわたって上演された朗読劇(調べたら2011年~2013年でした・・・遠い目)がとてもおもしろかったので、今回の情報が公開された時も「観たい!」とすぐ思いました。
が、大阪公演は2月13日1回限りで、この日は宝塚バウホールで星組「ザ・ジェントル・ライアー」→大劇場 宙組「NEVER SAY GOODBYE」をマチソワで入れていて「無理~」となったのですが、なんと、宝塚の公演がどちらも中止に。
それならば、とチケット探して観ることにしました。某譲渡サイトでかなりお安く譲っていただいたというおまけつきです。


PARCO PRODUCE
朗読劇 「天切り松 闇がたり ~闇の花道~」
原作:浅田次郎
脚本・構成:青木江梨花
演出:長部聡介
出演:市川猿之助  市川中車  中村壱太郎  石橋正次  石橋正高  
下川真矢  穴井豪  市川郁治郎  市川翔乃亮  市川猿

2022年2月13日(日) 1:00pm 森ノ宮ピロティホール K列上手
(上演時間: 2時間)



浅田次郎さん原作の「天切り松 闇がたり」シリーズは未読。
大正・昭和の帝都東京に名を馳せた義賊「目細の安吉」一家の活躍を描く物語で、今回はこのシリーズから三部構成で朗読劇として上演されました。

第一夜「闇の花道」
昭和のある年の瀬の夜更け、留置場の雑居房に現れた老人は大正昭和の東京にその名を鳴らした義賊 目細の安吉一家のひとり松蔵、二ツ名は「天切り松」。
彼は六尺四方にしか声音が届かないという「闇がたり」で「目細の安吉一家」の活躍を語り始めます。

大正6年 松蔵 9歳。
父・平蔵に連れられて抜弁天の大泥棒 安吉一家を訪ねた松蔵は、豪壮な屋敷に手下たちとともに住む安吉にその場で引き取られ一家の部屋住みとなります。
翌年、東京地検の辣腕検事おしろいこと白井検事が大親分 仕立屋銀次が放免されることを告げ、銀次を引退させて安吉が跡目を継ぐよう持ちかけます。拒絶する安吉。しかし、網走監獄を出て上野駅に降り立った銀次とそれを出迎える安吉を白井検事の策略が待ち受けていました・・・。

第二夜 「百万石の甍」
松蔵 14歳。
安吉一家の”黄不動の栄治”は建設会社 花清の大旦那の息子ながら妾腹のため花清出入りの棟梁に母親ごともらい受けられていました。
今さらながら実の父親が栄治を跡継ぎにと加賀百万石の前田侯爵を仲立ちに頼んできました。了見できない思いを栄治は「天切り」の技に昇華させ、前田侯爵邸を的にかけて天下のお宝「色絵雉子香炉」を狙います・・・。

第三夜 「白縫華魁・衣紋坂から」
松蔵の父 平蔵は酒と博打に溺れ、松蔵の姉 さよを13歳で吉原に売り渡します。
4年後、並木康太郎という少年と仲良くなった松蔵は、吉原左文字楼の息子である康太郎の手引きで初めて吉原に足を踏み入れます。その日は華魁道中の日で、その道中の最後を飾ったのは角海老楼きっての売れっ子華魁・白縫華魁となった17歳のさよでした。
何とか姉を苦界から救い出したい松蔵は寅弥に頼んで・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 23:41| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2022年02月15日

これが柚希礼音のレイチェル 「ボディガード」


bodyguard2022.jpeg.JPG


2020年3月 梅田芸術劇場で開幕した公演が5公演のみの上演で中止となり、4月に予定されていた東京公演は全公演中止。
柚希さんご本人のパフォーマンス的にも不本意だったと思われた公演から2年。

どれほどの努力を積み重ねて今年の舞台に立っているかと思うと、一幕終わりの「I HAVE NOTHING」で響き渡るハイトーンボイス聴いていて涙がこみ上げてきました。
これが柚希礼音のレイチェルです。


ミュージカル「ボディガード」
原作:ローレンス・カスダン
   (ワーナー・ブラザース映画「ボディガード」)
脚本:アレクサンダー・ディネラリス
訳詞:森雪之丞   翻訳:阿部のぞみ
編曲:クリス・イーガン
演出・振付:ジョシュア・ベルガッセ
ミュージカルスースーパーバイザー:リチャード・ビードル
音楽監督:小澤時史
美術:二村周作   照明:勝柴次朗   
衣装:十川ヒロコ  
出演: 柚希礼音  大谷亮平  AKANE LIV  入野自由  
猪塚健太  大山真志  内場勝則  青山航士  大河原爽介 ほか

2022年1月30日(日) 5:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階3列センター
(上演時間: 2時間25分/休憩 25分)



bodyguard2.jpeg


2020年版の感想はこちら


物語:グラミー賞受賞歌手でスーパースターのレイチェル・マロン(柚希礼音)は女優としてもオスカーを目指し精力的に活動をしていましたが、息子のフレッチャー(大河原爽介)、姉のニッキー(AKANE LIV)と暮らす彼女の周辺には、謎のストーカー(入野自由)の影がちらついています。マネージャーのビル(内場勝則)はこの状況を憂い、敏腕ボディガード フランク・ファーマー(大谷亮平)にレイチェルの身辺警護を依頼します。しかし、フランクの存在はオスカー賞レースのためによりレイチェルの露出を高めたい広報担当のサイ(猪塚健太)、古参ボディガードのトニー(大山真志)には煙たい存在であり、何より自分の思う通りの生活ペースを貫きたいレイチェル本人が反発します。
そんなある日、レイチェルはフランクの忠告を聞かず、サイが勧めるシークレット・ライブに出演しますが、興奮した観客がステージに押し寄せ、あわやのところをフランクに救われます。このことをきっかけに、レイチェルはフランクに深い感謝と信頼を覚え、二人の距離は急速に近づいていきます・・・。


「とにかく歌声が気になって気になって、歌詞やお芝居に集中できなかったというのが正直なところ」(2020年版の感想)
「たった一つ気がかりだったのは、柚希さんの高音の歌唱。力強い低音の地声とは裏腹に高音になると、弱々しいファルセットに。実はこれ、7月に『マタ・ハリ』を観た時にも感じて、『あれ?ちえちゃん、こんなに高音弱かったかな』と思ったものでした。もしかしたら来年の『ボディガード』を見据えて発声法改造中なのかもしれませんが」(2021年9月 REON JACK 4)

こんなふうに書いていたとおり、観るまでずっと不安で・・・というより観るのが怖くて、実は当初2回分取っていたチケットを1枚手放したくらいです。

2年前は喉を傷めていた、というより、このミュージカルのナンバーが柚希さんの音域に合っていないのだと思われ、それは多分今回も変わっていないのですが、別人のように張りのあるのびやかな歌声に感激ひとしお。


続きがあります
posted by スキップ at 23:09| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2022年01月29日

マーナとマイラの40年は 「ミネオラ・ツインズ」


mineolatwins.JPG


「いかにして私は運転を習ったのか」でピュリッツァー賞を受賞した現代アメリカ演劇を代表する劇作家の一人 ポーラ・ヴォーゲルが1996年に発表して初演された作品。
今回が日本初演です。

1950年代から1980年代の激動の時代を生きた、性格が正反対の一卵性双生児の姉妹と彼女たちを取り巻く人々の物語。
設定やストーリーがおもしろいのはもちろん、舞台ならではの演劇的楽しさに満ちた作品でした。


シス・カンパニー公演 
「ミネオラ・ツインズ」〜六場、四つの夢、(最低)六つのウィッグからなるコメディ〜
作:ポーラ・ヴォーゲル  訳:徐賀世子 
演出:藤田俊太郎
美術:種田陽平   照明:日下靖順   衣装デザイン:伊藤佐智子
映像:横山翼   ステージング:小野寺修二
出演:大原櫻子  八嶋智人  小泉今日子  王下貴司  斉藤悠

2022年1月18日(火) 6:00pm スパイラルホール 北ブロック2列センター
(上演時間: 90分)



ニューヨーク郊外の小さな町ミネオラに住む一卵性双生児のマーナとマイラ(大原櫻子二役)は、胸の大きさ以外は全く同じ容貌ながら性格は正反対。境界線をつくって部屋を二つに分け、互いを遠ざけながら生きてきました。

物語の始まりは1950年代。
核戦争の恐怖が忍び寄るアイゼンハワー政権下。
保守的で”良い子”の高校生マーナは結婚して誰もが羨む家庭を築きたいとジム(小泉今日子)と婚約中。一方、マイラは高校の男の子たちと奔放な“発展的”交際を繰り広げ、お堅いマーナはマイラの素行を諭すよう頼まれたジムがマイラの元へと向かいますが・・・。

時代は過ぎて1969年。
ベトナム戦争の泥沼にあえぐニクソン政権下。
マーナは、過激な反戦運動に身を投じて指名手配犯となったマイラに逃走資金を渡そうと、14歳の息子ケニー(八嶋智人)と銀行の列に並んでいました・・・。

そして1989年。
ジョージ(パパ)・ブッシュ政権下の世の中。
「言い返せ!やり返せ!」とラジオで強硬な発言をする攻撃的な右派コメンテーターとなったマーナのもとをマイラの息子ベン(八嶋智人)がマーナの著書を手に訪ねてきました。マイラはパートナーの女性サラ(小泉今日子)と暮らし、妊娠中絶のための施設を運営しているのでした・・・。


横長のセンターステージを南側と北側に二分された客席が対面して取り囲む形の舞台。
マーナとマイラの二面性、アメリカにおける保守とリベラルの分断を象徴しているかのよう。

舞台上にスタンドマイクのようなものが6本。
そこに乗せられているのはウィッグだと気づく間に大原櫻子さんがその中の一つをかぶって物語はスタートします。
マーナが袖に入ってすぐマイラが出てくるといった早替りはもちろん、櫻子ちゃんは舞台上でもウィッグをつけかえ、下着姿になって着替えたりもしてマーナとマイラを演じ分けます。

四角い大きな箱のような装置が2つあって、王下貴司さんと斉藤悠さんが滑らかに動かし、それがモーテルのベッドになったり銀行のカウンターになったりする演出とステージングがスタイリッシュかつ鮮やかで、舞台作品ならでは。これまでにもケラさんの作品などでよくお名前はお見かけしていましたが、「ステージング:小野寺修二」さん 改めて心に刻みました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:48| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする