2021年10月18日

家族であることの幸せと痛み 「Le Fils 息子」


lefils.JPG

フランスの劇作家 フロリアン・ゼレールの「家族三部作」第二弾。
2018年にパリで初演され、世界13ヵ国で上演された作品。
岡本健一・圭人の親子共演も話題の舞台です。


「Le Fils 息子」
作: フロリアン・ゼレール
翻訳: 齋藤敦子
演出: ラディスラス・ショラー
美術: エドゥアール・ローグ   照明: 北澤真   衣装: 十川ヒロコ
出演: 岡本圭人  若村麻由美  伊勢佳世  浜田信也  木山廉彬  岡本健一

2021年10月14日(木)6:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階D列(2列目)下手  (上演時間: 2時間10分)



第一弾「Le Pe`re 父」の感想はこちら


物語: 17歳のニコラ(岡本圭人)は両親の離婚で心を病み、不登校となって自傷行為を繰り返しています。一緒に住む母 アンヌ(若村麻由美)から窮状を訴えられた父のピエール(岡本健一)は、再婚相手ソフィア(伊勢佳世)と生まれたばかりの息子とともに暮らす家に二コラを引き取り、彼を立ち直らせようとしますが・・・。


何とも心が痛く、苦く切ない物語でした。

両親の離婚に傷つき、居場所も生きる意欲も失ったニコラ。
自分でもよくわからない苦しみを抱え、それを持て余し、苛立ち、いまにも崩れそうな脆さを見せています。
その苦しみの本質が何かを見抜けないまま手をつくし、空回りする周りの大人たち。

二コラの変化に戸惑い、父と暮らしたいという希望を受け容れて、孤独を押し殺して二コラをピエールに託すアンヌ。
新しい妻と暮らす家に彼の部屋を整え、転校させ、服を買ってやり、友達と会ったり外出することを勧めるピエール。
危うさと狂暴性を垣間見せる二コラに内心怯えながらも努めて普通に接しようとするソフィア。

誰もが二コラにとってよかれと思うことを精一杯やっているのに、二コラの心に入りこむことも、救うこともできないもどかしさ切実さを目の当たりにして、その現実の厳しさに言葉をなくす思いです。

「きっと何もかもうまくいくさ」
自分の人生観をかざして楽観するピエールとは裏腹に、それらの”思いやり”にますます追い詰められ、時に反発し、自傷行為を再発させる二コラ。
母と暮らす家、父とソフィアの家、精神病棟と場所を変えて身を置きながらも、自分の居場所を見つけることができなった二コラ。
多分それは自分自身の中にさえも。


続きがあります
posted by スキップ at 22:00| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年10月13日

あなた以外に誰を男と呼べばええの 「近松心中物語」


chikamatsushinju.JPG


近松門左衛門の「冥途の飛脚」をベースにした秋元松代さんの名作「近松心中物語」。
蜷川幸雄さんの演出で1,000回以上も上演された作品ですが、何といっても太地喜和子さんの梅川が忘れられない鮮烈な印象。2018年にはいのうえひでのりさん演出でシス・カンパニー版が上演されました(梅川は宮沢りえさん →こちら)。


今回この戯曲に挑むのはKAAT芸術監督の長塚圭史さん。
KAATの今期のシーズンテーマを「冒(ぼう)」と掲げていることもあって、蜷川さんが約80人の出演者でつくられた作品を19人でやろうという冒険もされるのだとか。


KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
「近松心中物語」
作: 秋元松代
演出: 長塚圭史
音楽: スチャダラパー
美術: 石原敬   照明: 齋藤茂男   衣裳: 宮本宣子
振付: 平原慎太郎   所作指導: 花柳寿楽
出演: 田中哲司  松田龍平  笹本玲奈  石橋静河
綾田俊樹  朝海ひかる  山口雅義  石倉三郎 ほか

2021年10月10日(日) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
1階D列(2列目)センター
(上演時間: 2時間20分)



劇場に入ると、客席に向かって傾斜のついた八百屋舞台以外は何もない空間。ホリゾント下手にぽつんと街灯のようなものがあかりを灯しています。
そこに遊行僧が現れて鉦を鳴らし、それがスチャダラパーのラップへと転調して、人々が三々五々登場して、九重太夫がゆったり歩いてきて・・・と見とれているうちに、いつの間にか上手下手に段差のついた壁面が複数できていて、そこが役者さんたちの出入り口にもなっています。
場面ごとに現れるシンプルな舞台装置は黒衣さんが動かす形。
ただ一つの例外は大詰めの雪の心中の場面。
両側の壁も取り払われて、雪景色の場面そのものが上からすっぽり降りてきます。まるで、死へと向かう二人を天上から迎えに来るよう。
そしてすべてが終わった後には冒頭と同じようにまたあの街灯がポツリと立っていて、遊行僧の鉦。
蜷川演出版で象徴的な猥雑さとは対極をなしたような長塚圭史さんの美意識極めれりといった演出でした。
ホリゾントからハの字型に左右に廓の戸口灯りを並べた光景も幻想的で綺麗だったな。


続きがあります
posted by スキップ at 23:40| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年10月01日

「マタ・ハリ」再び


matahari2021.JPG matahari20212.JPG


「REON JACK 4」の東啓介さんとの共演で記憶がよみがえったこちらの作品。
ラスト3公演が急遽中止になってしまって、楽しみにしていた初演オリジナルキャスト(柚希礼音マタ・加藤和樹ラドゥー・東啓介アルマン)の大千穐楽が観られなかったという、少しばかり切なさの残る公演となりました。

2018年に初演された舞台の再演。
マタ・ハリ役が柚希礼音と愛希れいかさんのダブルキャストとなったほか、ラドゥーには田代万里生さんが加わり加藤和樹さんとダブルキャスト、アルマンは三浦涼介さんが加わって東啓介さんとダブルキャストとなりました。
アンナの春風ひとみさん、ビッシングの宮尾俊太郎もともに新キャストです。


matahari20210718.JPG.jpeg

私が唯一観た回はこんなキャストでした。


ミュージカル 「マタ・ハリ」
脚本: アイヴァン・メンチェル
作曲: フランク・ワイルドホーン
歌詞: ジャック・マーフィー
オリジナル編曲・オーケストレーション: ジェイソン・ホーランド
美術: 堀尾幸男   照明: 日下靖順   衣装: 十川ヒロコ
訳詞・翻訳・演出: 石丸さち子
出演: 柚希礼音  田代万里生  三浦涼介  春風ひとみ  
宮尾俊太郎  鍛冶直人  工藤広夢  飯野めぐみ  ほか

2021年7月18日(日) 5:00pm 梅田芸術劇場メインホール 
1階13列 下手  (上演時間: 3時間/休憩 20分)



ストーリーはもちろん、演出、舞台美術なども初演を踏襲しているようでしたので、あらすじや全体の感想は2018年観劇時のこちらで。

そうそう、照明の印象が少し変わったかなと思ったのですが、プログラム調べたら初演の照明はリック・フィッシャーさんで今回は日下靖順さんでした。この違いに気づいた(気づいたというのか?)自分、エライ(自画自賛)。
舞台美術の中では実は照明が一番好きでいつも注目しているのです。


2ヵ月半も前に観た舞台なので細かいことは忘れてしまっているのですが新キャストの印象を少し。

ラドゥー:田代万里生さん
最初にキャスティングを知った時、いかにも好青年でお育ちのよいプリンスといった印象の万里生くんがラドゥー?と意外な気がしました。
ラドゥーには少し線が細すぎるのでは?とも思ったのですが、このラドゥーが存外にハマっていたのはうれしい驚きでした。

粘着質で激しい感情を心の奥底に滾らせながら表面上はクールというラドゥーが、あの端正な佇まいだからこそ一層際立ちます。
最初にマタを訪ねる楽屋の場面、アルマンとの場面(多分心中は嫉妬に燃えている)、マタがアルマンの消息を訪ねてラドゥーの自宅を訪れる場面と、場面が進むごとに嫌らしさと異常さがどんどん増していく感じ(褒めています)。
マタに惹かれている気持ちをキッパリ切り捨てて、裁判でマタを冷酷に追い詰めるところもよかったです。

そして、わかっていたことだけど歌がすばらしくうまい。本当にうまい(大事なことだから2回言いました)。
特に「一万の命」とラストのソロ曲「戦いが終わっても」は圧巻でした。

「一万の命」はアルマンが「人生と闘え」を歌った後に続く曲ですが、自分の人生を大切にしようとするアルマンと、集団の命を救うためには個を切り捨てることもいとわないラドゥーの対比がとても鮮やか。
そして2人がマタをめぐってぶつかり合う「2人の男」のドラマチックさ。


続きがあります
posted by スキップ at 22:34| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年09月11日

砂に埋もれた尊厳 「砂の女」


sunanoonna1.JPG


ケラリーノ・サンドロヴィッチさんと緒川たまきさんの演劇ユニット ケムリ研究室。
2020年の始動第1作「ベイジルタウンの女神」(大好き!)に続いての第2弾。


ケムリ研究室no.2 「砂の女」
原作: 安部公房
上演台本・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
音楽・演奏:上野洋子   振付: 小野寺修二
美術: 加藤ちか   照明: 関口裕二   
映像: 上田大樹  大鹿奈穂   衣装: 伊藤佐智子
出演: 緒川たまき  仲村トオル  
オクイシュージ  武谷公雄  吉増裕士  廣川三憲
(声とシルエット:  町田マリー)

2021年9月9日(木) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階E列(3列目)センター
(上演時間: 2時間50分/休憩 15分)



物語:3日間の休暇を取って昆虫採集に出かけた数学教師の男(仲村トオル)が、村人の勧めで女(緒川たまき)が一人暮らす砂穴の家に一晩の宿を借ります。 翌朝、崖からその家に下りるための縄梯子が取り払われ、男は電気も水道もない「砂の女」の家に軟禁されることになります。砂を掻き出す人手が必要な村人たちの企みでした。男は何度も脱出を図りますが失敗と絶望の日々が続き、ある日千載一遇の機会がやってきますが・・・。

原作は安部公房氏が1962年に発表した長編小説で代表作と言われる作品ですが、未読です(・・・というか安部公房苦手でほとんど読んだことがない)。
原作を読んでいませんので、どこまで原作に忠実なのか、どのあたりが潤色されているのかわからないのですが、後で調べたところストーリーはほぼ原作通りのようです。

ミステリーかつホラーの様相も持つ非現実的で不条理な物語の中に、電信柱の交番や、男の同僚教師たちの会話など、ナンセンスな笑いを挟み込むのがケラさん流かな。
ただ、彼らの無責任な野次馬根性や悪意のない残酷さには、ケラさん独特のシニカルな目線も感じられます。

そうそう、二幕冒頭の「雨だー!」「雨なんか降ってませんよ」のシーンが巻き戻しみたいに何度も繰り返されるのも笑っちゃったな。


続きがあります
posted by スキップ at 18:36| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年09月01日

ちょっとビターな大人のファンタジー 「ウェンディ&ピーターパン」


wendy&peterpan.JPG


「ジョナサン・マンビィが『ピーターパン』を演出」と聞いて「ほぅ?」と思いました。
これまで観たマンビィ氏の演出作品といえば、「るつぼ」(2016年)も「民衆の敵」(2018年)も、苦しくなるくらい重い内容の社会派ドラマという印象が強かったから。
佐藤健くんと石原さとみちゃんの「ロミオ&ジュリエット」(2012年)もありましたが。懐かしい。

ジェームス・マシュー・バリー原作の「ピーターパン」をイギリスの若手作家 エラ・ヒクソンがウェンディの視点から翻案して、2013年にジョナサン・マンビィの演出により英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーで初演した作品。今回が日本初演です。


DISCOVER WORLD THEATRE vol.11
「ウェンディ&ピーターパン」
作: エラ・ヒクソン(J.M.バリー原作より翻案)   翻訳: 目黒条
演出: ジョナサン・マンビィ
美術・衣裳: コリン・リッチモンド
音楽: かみむら周平   照明: 勝柴次朗
音響:井上正弘   映像:上田大樹
振付:黒田育世  広崎うらん
出演: 黒木華  中島裕翔  平埜生成  前原滉  富田望生  
山崎紘菜  下川恭平  玉置孝匡  石田ひかり  堤真一 ほか

2021年8月20日(金) 1:00pm オーチャードホール 1階2列(最前列)センター
(上演時間: 2時間50分/休憩 20分)



物語の舞台は1908年のロンドン。
ダーリング家は、ウェンディ(黒木華)と弟たち・・・ジョン(平埜生成)、マイケル(前原滉)、そして体の弱いトム(下川恭平)が子供部屋で戦争ごっこをして楽しく遊び、両親のダーリング夫妻(堤真一、石田ひかり)が温かく見守る幸せな家族でした。ところがトムが高熱を出し、皆が寝静まった夜に子供部屋の窓からピーター(中島裕翔)がやってきてトムを連れ去ってしまいます。
それから1年後、夫妻の仲もギスギスしたダーリング家の子供部屋に再びピーターパンが現れます。ウェンディはジョンとマイケルを叩き起こし、トムを探すためにピーターとともにネバーランドへと旅立つのでした・・・。


物語の流れはよく知られた「ピーターパン」そのもので、無邪気で楽しいことが大好きな少年、だけど子供だからこその身勝手さや残酷さも持っている、というピーターのイメージもそのまま。
ですが、以前観たブロードウェイミュージカル「ピーターパン」(ホリプロのアレです)が、子どもが観ても楽しいファミリーミュージカルだったのに対して、こちらはいささかビター。
「大人楽しめる」というより、「大人楽しめる」舞台という印象です。
ちなみに、ワタクシ、この作品、ずっとミュージカルだと勘違いしておりまして(会場もオーチャードホールだし)、観ている途中で「あ、ストプレ?!」と気づいた次第であります💦


最も強く印象に残ったのは、「女性の自立」という視点。
最初の子供部屋のシーンで弟たちの戦争ごっこにウェンデイが「私も入れて」というと「ダメ!女は戦争ごっこに入れないんだ」と拒否されるところに始まって、随所に当時の女性の立場を描写する言動があります。
そんな中、ウェンディが、ミセス・ダーリングが、そしてティンクがタイガー・リリーが、女の子は、女性は、こうあるべきという世界から飛び出し、もがきながらも自分を縛りつけていたものから解き放たれて前へ踏み出していく姿が描かれています。
「女の子だって負けないわ」と、ウェンディが反発するティンクを説得し、とタイガー・リリーと3人で力を合わせて海賊たちに立ち向かうシーンの鮮やかさ。
ラストのミセス・ダーリングが自分の仕事を見つけてきたと家族に語る場面もこの作品のテーマを象徴しているよう。

ただ、ラストは、何年も経って迎えに来たピーターに「ずっと待ってたけどもう大人になってしまったから一緒に行けない。飛び方も忘れたわ」とウェンディが告げるブロードウェイミュージカル版の切なさが好きでした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:59| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年08月22日

なければそこにつくればいい! 劇団☆新感線 「月影花之丞大逆転」


tsukikagehananojo.jpg


「密にならない、短い上演時間で、観たお客様が元気になる作品を」と、見た人は幸せになると言われている新幹線のドクター・イエローから着想を得て、Yellow/新感線、発車です。

ネタもので笑いに包まれているけれど、演劇への愛とリスペクトに満ちた舞台。
今の状況下、中島かずきさん、いのうえひでのりさんの強い思いが込められているよう。
「さあ行きましょう!すべての道は舞台に通ずる。
進めばそこに劇場が待っている。なければそこにつくればいい!」
月影先生のラストの台詞に泣いちゃった😭


今年4月に観た舞台です。
大千穐楽も観る予定で「千穐楽観てからまとめてアップしよう」と思っていたのに緊急事態宣言で4月25日から5月10日の大楽までの公演が中止になってしまって、感想もそのままになっていました。
昨日、WOWOWでオンエアされているのをチラリと見かけて、そういえば・・・と思い出した次第。


劇団☆新感線41周年春興行 Yellow/新感線 「月影花之丞大逆転」
脚本: 中島かずき 
演出: いのうえひでのり
美術: 池田ともゆき   照明: 原田 保   衣裳: 竹田団吾
音楽: 岡崎 司   作詞: 森雪之丞   振付: 川崎悦子
殺陣指導: 田尻茂一  川原正嗣   アクション監督: 川原正嗣
映像: 上田大樹   歌唱指導: 右近健一
出演: 古田新太  阿部サダヲ   浜中文一  西野七瀬  
河野まさと   村木よし子  山本カナコ  中谷さとみ  
保坂エマ  村木仁/木野花 
映像出演: 賀来賢人  磯野慎吾  吉田メタル  川原正嗣
ナレーション: 橋本さとし
  
2021年4月18日(日) 1:00pm オリックス劇場 1階8列センター
(上演時間: 2時間)



物語の舞台は演劇界の超座長・月影花之丞(木野花)率いる劇団月影花之丞。
ベテランの塾頭剛太郎<じゅくとうごうたろう>(古田新太)、ワケありの元トップ女優・水林星美<みずばやしほしみ>(西野七瀬)、大口契約ほしさに稽古に参加する保険外交員の東影郎<ひがしかげろう>(阿部サダヲ)といった劇団員たちが稽古に励んでいました。そこへ、インターポール極東支部捜査官のモスコウィッツ北見(浜中文一)が、 劇団員の塾頭が国際的な殺し屋“イレイザー”という秘密情報をキャッチして潜入捜査のため入団。やがて明らかになる暗殺計画・・・。

といったあらすじはあるのですが、ま、それはどうでもいい感じかな(どうでもよくない)。
様々な事情を持つ劇団員たちのあれこれと、劇中劇というか、劇団が上演する(稽古している)お芝居とが交錯して展開する中で、国内外の演劇やミュージカル、アニメなどのパロディてんこ盛り。大ネタ小ネタつぎ込んでおバカ芝居を突き詰めた感じなのに、終わってみれば、演劇、舞台、役者、そして私たち観客へのエールに胸熱という、まさに中島&いのうえマジック。


続きがあります
posted by スキップ at 23:21| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする