2021年05月04日

東北へのオマージュを込めて 「日本人のへそ」


nihonjinnoheso.JPG

「井上ひさしの劇作の原点がここに」とフライヤーに記されていました。
この前に観た「藪原検校」も初期の作品ですが、この作品が井上さんの劇作家としてのデビュー作(1969年)。

「東北へのオマージュを込めて 10年ぶりの上演」と続いていて、東日本大震災から10年という歳月に・・・私がこの作品を観たのは2011年4月でしたが・・・言葉では言い表せないような思いがこみ上げました。


こまつ座第135回公演 「日本人のへそ」
作: 井上ひさし
演出: 栗山民也
音楽: 宇野誠一郎   振付: 新海絵理子
美術: 妹尾河童   衣装: 前田文子
出演: 井上芳雄  小池栄子  朝海ひかる  久保酎吉  
土屋佑壱  前田一世  藤谷理子  木戸大聖  安福毅  
岩男海史  山﨑薫  大内唯  山西惇
ピアノ: 朴勝哲

2021年4月4日(日) 1:00pm 新歌舞伎座 1階4列センター
(上演時間: 3時間/休憩 15分)



二幕構成で、第一幕は吃音症の患者たちが、教授(山西惇)の指導のもと、治療法として音楽劇を上演するという設定。岩手の田舎で育った少女が集団就職で上京し、クリーニング店をはじめ職を転々とした後、浅草でストリッパー・ヘレン天津(小池栄子)となり、紆余曲折を経て代議士の愛人になるまでを描きます。
第二幕はこの劇を上演していた代議士の邸宅で殺人事件が起こり、その謎解きのミステリー仕立てからオドロキのどんでん返しが・・・。


10年前に観た舞台(こちら)でヘレン天津を演じた笹本玲奈ちゃんの全裸シーンは鮮烈に覚えているのに、最後のどんでん返しに次ぐどんでん返しを完璧に忘れていて、「どうなってるの?私の海馬?!」というのがまずは第一の感想(それか(^^ゞ)

とはいうものの、
むかしある所にカタナ国がありました そこの王様アイウエ王は王子を残して亡くなりました
そこで腹黒カキクケ公は王位に就こうと企みました ところが名僧サシスセ僧が・・・
という冒頭の役者さんたちの合唱(吃音者のための発声練習になっている)や、ヘレン天津が列車に乗って上京する場面で、教授の山西惇さんが遠野から上野まで、東北本線の駅名を順々に唱えていく長台詞は「あー、これこれ」と思いましたので、やはり“耳”に残る記憶は特別なものがあるのねと思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年04月25日

”今”に息づく 「藪原検校」


yabuharakengyo2021.jpg

1973年に初演された井上ひさしさんの初期の代表作のひとつ。
2007年 古田新太さん(蜷川幸雄さん演出)、2012年 野村萬斎さん(栗山民也さん演出)と観てきて、今回が3度目の観劇です。

「藪原検校を市川猿之助主演で」と聞いた時、あ~、もうぴったりなんじゃない?と思いました。
演出は今や猿之助さんの盟友のひとり 杉原邦生さん。


劇場20周年記念プレ公演 京都芸術劇場 春秋座 芸術監督プログラム
PARCO PRODUCE 2021 「藪原検校」
作: 井上ひさし
演出: 杉原邦生
音楽・演奏: 益田トッシュ
美術: 田中敏恵   照明: 原田保   衣装: 西原梨恵
振付・ステージング: 尾上菊之丞
出演: 市川猿之助  三宅 健  松雪泰子  髙橋 洋  佐藤 誓  
宮地雅子  松永玲子  立花香織  みのすけ   川平慈英

2021年3月21日(日) 1:00pm 春秋座 1階9列上手
(上演時間:3時間15分/休憩 20分)



江戸時代、東北の貧しい生まれの座頭・杉の市が悪事を重ね、金を積んで成り上がりながら、盲人の最高位である検校の地位につく直前にすべてが露見して破滅するというピカレスク譚。

PARCO劇場のある渋谷の路地裏を思わせるような、一面にスプレーで描いた落書きがある壁で囲まれた空間。
張り巡らされた黄色に黒文字で”KEEP OUT”と書かれたポリスラインテープ。
ギター片手に登場したミュージシャン(益田トッシュ)が奏でる音楽はエレクトリックポップ。

・・・何度も上演されてきた作品を新しい演出家がやる時、 “今”を採り入れるってわりとよくある手法だよなぁと思って観ていたのですが、ああ、この黄色いテープは、これまで観た2作にも出てきた、井上ひさしさんの戯曲に記述されているという、盲目の世界を囲むロープなのね!と思い至りました。
そういえば、「薄汚れた戸板に囲まれた空間」もそうだったなぁ、と。

物語の途中はそれらに気をとめることもなかったのですが、あの三段斬りのラストとともに聞こえてきた都会の雑踏の音にまたふと渋谷の路地裏が蘇り、演出の杉原邦生さんの確信犯ぶりにヤラレタ思いでした。
井上ひさしさんが40歳の時に書いたエネルギー溢れる問いかけを、38歳の杉原邦生きんが切れ味鋭く“今”に受け継いだ演出。

杉原さんの手腕の鮮やかさとともに、改めて感じ入ったのは井上戯曲の普遍性。
差別を糧として社会の底辺からのし上がった者が最後には民衆の見世物として処罰される残酷さ。
差別する側、される側、その構造も複雑になり形を変えてはいても、時代を超えてなお、差別がなくなることはないし、差別される側の情念や怒りの炎もくすぶり続けていると言われているようでした。


続きがあります
posted by スキップ at 16:29| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年04月20日

天の采配再び 「子午線の祀り」


shigosen2021.jpg

2017年に初演された作品。
あの時は世田谷パブリックシアターのみの公演で、チケットを手に入れて観ることができたものの、どうしてもその日に帰阪しなければならいのに上演時間が長くて最終の新幹線に間に合わず、私の3回しかない夜行バス乗車体験の中の1回という思い出の作品(^^ゞ

演出を凝縮し、出演者も31人から17人に減員し、上演時間を短くしての再演です。


「子午線の祀り」
作: 木下順二 
演出: 野村萬斎 
音楽: 武満徹  
美術: 松井るみ  照明: 服部基  北澤真   衣裳: 半田悦子
出演: 野村萬斎  成河  村田雄浩  若村麻由美  
河原崎國太郎  吉見一豊  星智也 ほか

2021年3月14日(日) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階C列下手
(上演時間 3時間10分/休憩 20分)



概要・あらすじは2017年観劇時の感想(こちら)で


「平家物語」に題材をとった木下順二さんの叙事詩劇。
月の引力による潮目の変化が源平の勝敗を決したことから構想された作品で、平知盛を主人公に源義経を対照させて、一ノ谷の戦いで源氏に敗れた平家が屋島を経て壇ノ浦で滅亡するまでの葛藤を、天の視点から壮大なスケールで描いた作品です。
その月の引力こそが天の采配であり、知盛の運命も義経の存在も、さらにはこれから先義経が辿ることになる悲劇も、この天の采配に導かれたものであることが感じられます。


shigosen20212.jpeg

ロビーのモニターに映った開演前の舞台。
劇場内はもちろん撮影禁止ですがこれはOKということでしたので。
初演とは舞台美術もずいぶん変わった印象でした。


冒頭の役者さんたちが客席通路を行く演出はこの状況下なのでもちろんなくて、舞台上に三々五々登場します。
「晴れた夜空を見上げると、無数の星々を散りばめた真っ暗な天球が、あなたを中心にドームのように広がっている・・・」というナレーションもそのままに始まる物語。
短くなった部分がどこ?と思うくらい、完成度が高く研ぎ澄まされた濃密な舞台でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:40| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年04月17日

もう二度と知らなかったことにして見過ごしたくない 「帰還不能点」


kikanfunoten.jpg

タイトルの「帰還不能点」は燃料の残量から計算して、離陸した空港に戻れなくなる限界点のことを指す航空用語。
そんな「引き返すことができない」地点、超えてしまったらもう前に進むしかない限界点は私たちの人生の中にもきっとあったはず。そしてそれがあるのは組織にとっても同じ。たとえば会社。たとえば国家。

物語のラスト。
もう一度「模擬内閣」を再現する9人。
この舞台の冒頭にやった時とは打って変わって活き活きとした表情で。
そのやり取りを観ていて、これが昭和16年(1941)の現実だったらどんなによかっただろうと思ったらぶわっと涙でました。


劇団チョコレートケーキ 第33回公演 「帰還不能点」
作: 古川健
演出: 日澤雄介
舞台美術: 長田佳代子   照明: 松本大介
出演: 岡本篤  今里真  東谷英人  粟野史浩  青木柳葉魚  
西尾友樹  浅井伸治  緒方晋  村上誠基  黒沢あすか
声: 近藤フク

2021年3月13日(土) 1:30pm AI・HALL B列(最前列)センター
(上演時間: 2時間5分)



物語の舞台は1950年の東京。
小料理屋に集まる9人の男たち・・・彼らは1940年に陸海軍や中央省庁、日銀など官民の若手エリートたちを集めて首相直属機関として設立された「総力戦研究所」の一期生でした。同期生であった山崎の三回忌に、その妻が営む店に集まって旧交を温める中、「アメリカと戦争して勝てるわけがなかった」と一人が発言したことから・・・。


冒頭に演じられた「模擬内閣」だけがリアルにその時代のもので、後は終戦して何年か経って、居酒屋に集まった9人が、いわば酒席の余興といった感じで和気あいあいと当時を懐かしみながら振り返る、という趣向だったのが、雰囲気も彼らの表情も一変し、その即興劇が大きく転換する瞬間がとても興味深かったです。
それまで「戦争は止められなかった」「自分たちにはどうしようもなかった」といった諦念に支配されていたのに、「開戦を防ぐために自分たちにできたことは本当になかったのか」と自問し始める彼ら。


続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

10を3で割るような会話はしないわよ 「マシーン日記」


machinenikki.jpeg

シアターコクーンの芸術監督に就任した松尾スズキさんが、今をときめく話題のクリエイターを自ら指名し、過去の松尾作品を“新演出”で甦らせるシリーズ第2弾(第1弾は昨年5月、ノゾエ征爾さん演出、瀬戸康史くん主演『母を逃がす』の予定でしたが全公演中止💦)

「マシーン日記」は、今回松尾さんが演出に指名した大根仁さんが「これがいい」と選んだ作品だとか。
1996年初演で再演を繰り返し、2013年には松尾作品初の海外公演となったパリ公演も開催された松尾スズキさんの代表作の一つです。
が、これまで観ておらず、今回初見でした。


COCOON PRODUCTION 2021
「マシーン日記」
作: 松尾スズキ
演出: 大根仁
音楽: 岩寺基晴  江島啓一  岡崎英美  草刈愛美(サカナクション)
美術: 石原敬   照明: 三澤裕史  映像:上田大樹 
出演: 横山裕  大倉孝二  森川葵  秋山菜津子

2021年3月7日(日) 1:00pm ロームシアター京都 メインホール 
1階10列(5列目)下手
(上演時間: 2時間50分/休憩 20分)



物語の舞台はアキトシ(大倉孝二)が経営する小さな町工場・ツジヨシ兄弟電業。
アキトシの弟 ミチオ(横山裕)は工場で働く少女サチコ(森川葵)をレイプしたことでアキトシにプレハブ小屋に監禁され、小屋と右足を鎖でつながれています。アキトシはサチオを妻にしてともに工場で働いていました。そんな中、工場に新しいパート従業員のケイコ(秋山菜津子)がやって来ます。ケイコはかつていじめられっ子だったサチコの中学時代の担任
体育教師でした。ケイコは数学的思考でものごとを考える極度の機械フェチで、壊れた携帯電話を直してもらったことをきっかけにミチオと結ばれ、「あんたのマシーンになる」と服従を誓います・・・。


私が今回チケットを取った一番の動機は「センターステージ」(そこ?)
コクーンでセンターステージ仕様の舞台でも地方だとそのまま普通の舞台ということが多々あるのですが、今回はロームシアターもセンターステージと明記してありましたので、「ロームでセンターステージ!?どんなん?」ととても興味があったのです。


machinenikki2.jpeg

かなり客席数の多いセンターステージでしたが(^^ゞこんな感じでした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:11| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年03月10日

そばにエエ男がおるのになぁ 「長い長い恋の物語」


longlonglovestory.jpg

物語も終盤にさしかかり、ソジンと桜子が出会って長い年月が過ぎ、ソジンの息子くんとその姪っ子ちゃんの会話
「日本はアメリカに恋してんねん」
「そばにエエ男がおるのになぁ」

ああ。
「長い長い恋の物語」はソジンと桜子の物語でもあると同時に、朝鮮人 韓国人と日本人が長い時を刻む物語でもあるのだなぁと、ここで気づきました。またゑふさんにヤラレたよ。


玉造小劇店配給芝居vol.28 「長い長い恋の物語」
脚本・演出: わかぎゑふ
舞台美術: 浦野正之  音楽: 坂本朗
韓国語指導:金哲義  趙清香
出演: コング桑田  野田晋市  うえだひろし  笑福亭銀瓶  
植木歩生子  長橋遼也  松井千尋  趙清香  吉實祥汰  わかぎゑふ

2021年2月20日(土) 2:00pm ウイングフィールド A列センター
(上演時間: 1時間30分)



物語の始まりは昭和初期 まだ第二次世界大戦が始まる前の大阪。
パク・ソジン(うえだひろし)は日本の大学に進学するために、日本に住んでいる兄(笑福亭銀瓶)を頼って来日します。
兄はソジンが大学に入るまでの準備期間として、土木建設会社での働き口を紹介し、日本人の名前を与え、今後、たとえ兄弟同士でも日本語で話すこと、日本人の前で朝鮮の話はしないこと、ニンニクは食べないこと・・・などの注意をします。
土木建設会社で働くようになったソジンは、社長(コング桑田)や上司(野田晋市)からひどい差別と暴力を受け、怪我をしたところを社長令嬢の桜子(植木歩生子)に助けられます。やがて桜子は親の決めた相手のもとへ嫁いでいきます。怪我の手当をしてもらっと時のハンカチを返そうとするソジンに「持ってて」という言葉を残して・・・。

ここから戦争を経て、2002年のFIFAワールドカップまで、60年くらいの歳月を90分間で一気に見せる物語。
第二次世界大戦、朝鮮戦争、日韓ワールドカップ、韓流ブームなど、大きな歴史の流れの中で描かれるのは市井の人々の暮らしと人生。

朝鮮国内の政変で実家が没落し、家も土地も没収されたソジンはそのまま土建会社で働き、社長に才覚を認められて重用され、朝鮮人の妻を迎えて子供にも恵まれ、“在日”として暮らします。
そんなある日。
ソジンの娘 ヨウコが小学校の友だちを家に連れてきた日に事件が起こり、学校から呼び出されて駆けつけたところにいたのは、その友だちの母親・・・桜子でした。


続きがあります
posted by スキップ at 15:04| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする