2021年05月03日

四月大歌舞伎 第三部 「桜姫東文章」


sakurahime202104.jpg

清玄と釣鐘権助を片岡仁左衛門さん、白菊丸と桜姫を坂東玉三郎さんが演じての共演は昭和60年(1985)以来36年ぶりだとか。
こちらのポスターは昭和57年(1982)2月南座公演のために撮影された写真をもとに復刻版として制作されたもの。もちろんその公演は観ていませんが、今では伝説となったこの写真はずいぶん前にネット上で見たことがあって「ほぇ~っ」となったことを覚えています。

まさか、その、仁左玉の、桜姫を、この目で、観られる日が、来ようとは!


四月大歌舞伎 第三部
「桜姫東文章 上の巻」

作: 四世鶴屋南北
補綴: 郡司正勝
出演: 片岡仁左衛門  中村鴈治郎  中村錦之助  中村福之助  
片岡千之助  片岡松之助  上村吉弥  中村歌六  坂東玉三郎 ほか

2021年4月22日(木) 5:45pm 歌舞伎座 1階3列センター
(上演時間: 2時間14分/幕間 15分)



物語: 長谷寺の僧・清玄(仁左衛門)は、稚児の白菊丸(玉三郎)と道ならぬ恋の果て心中をしたものの自分だけが命を取りとめます。それから17年。高僧となった清玄阿闍梨は、満開の桜の下、清玄は17歳の吉田家息女 桜姫(玉三郎)と出会います。生まれつき開かない桜姫の左手が清玄の十念によって開くと、香箱の蓋がぽろりと落ちました。これは17年前、白菊丸が入水の折に左手に握りしめていた清玄の名が記された香箱の蓋でした。
御家没落のため出家を心に決めている桜姫は、1年前強盗に入った釣鐘権助(仁左衛門)に犯されましたが、彼を忘れられず、その子どもまで生んでいました。その釣鐘権助と運命の糸に操られるように再会した桜姫は自ら彼に身を委ね、その密会が明るみに出ると、香箱の蓋の名前から清玄が不義の相手という濡れ衣を着せられることに・・・。


「桜姫東文章」という作品自体は、それをモチーフとしたものを含めて何本か観ましたが、一番印象に残っているのはシアター・コクーンで観た「桜姫 現代劇ver. 清玄阿闍梨改始於南米版」(2019年)。
何てったって、勘三郎さんが演じた「権助」はチンピラみたいな派手なシャツ着た「ゴンザレス」だったのよ。あの時、開演前、舞台上に自分のバッグを落とすという事件もあったなぁ(^^ゞ


続きがあります
posted by スキップ at 23:34| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

四月大歌舞伎 第一部


kabukiza202104.jpg

まずは仁左玉の「桜姫東文章」ありきで、「何?一部は高麗屋さんの勧進帳ですって?!観るー!」となり、「二部はま、いっか」(コラッ!)となって、「ん?一部と三部の間に東宝で星組のロミジュリ観られるやん」で、モリモリとなった7ヵ月ぶりの東京遠征。
久しぶりの歌舞伎座、堪能いたしました。


四月大歌舞伎 第一部
2021年4月22日(木) 11:00am 歌舞伎座 1階2列センター


一、猿翁十種の内 小鍛冶
作: 木村富子
出演: 市川猿之助  市川中車  中村壱太郎  市川笑三郎  
市川笑也  市川猿三郎  市川猿弥  市川左團次
(上演時間: 48分)



名刀「小狐丸」誕生の奇譚を描く舞踊劇。
能の「小鍛冶」を題材に初世猿翁さんが初演された「猿翁十種」のひとつということですが、今回初見でした。
国立文楽劇場の4月文楽公演でもかかっていましたが観に行けず(千穐楽チケット取っていたのに中止になった💦)。


当代随一の刀匠 三條小鍛冶宗近(中車)のもとへ、帝からの勅使 橘道成(左團次)が訪れ、御剣を献上するように命じます。宗近は、神仏のご加護を得ようと氏神の稲荷明神に祈りを捧げるところへ、忽然と童子(猿之助)が現れ、宗近を励まし、自らが剣の相槌を務めると約束して山に消えていきました。
宗近がいよいよ鍛冶場に入り刀を打つ準備を始めると、狐の姿をした稲荷明神の御神体が現れます。「相槌を務める」と約束した童子は実はご神体の仮の姿だったのでした・・・。

猿之助さんの童子実は稲荷明神、中車さんの宗近、左團次さんの道成、壱太郎さんの巫女、笑三郎さん、笑也さん、猿弥さん、猿三郎さんの弟子、後見には寿猿さん、猿四郎さん、左升さんと澤瀉屋さん勢揃い+高島屋さん、成駒屋さんという布陣。
24年ぶりの上演で猿之助さん、中車さんともに今回が初役だそうです。


続きがあります
posted by スキップ at 17:02| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

春はハナガタ 「三月花形歌舞伎」


minamizahanagata202103.jpg

南座の三月花形歌舞伎は本当に超花形。
座長格の中村壱太郎くんが30歳。尾上右近くん、中村米吉くんが28歳、中村橋之助くんは25歳、さらには福之助くん 23歳、歌之助くん 19歳というアンダーサーティの若手ばかりで南座で16日間の興行が打てたこと、今の時期ならではとも言えますが、役者さんたちにとってはこの上ない経験となったのでは・・・「感無量」という千穐楽の尾上右近くんの言葉が物語っています。

Aプロ、Bプロ、さらにそれぞれ偶数日、奇数日で役替り。
全部観られたらいいのですが、そういう訳にもいかず、まず源九郎狐(右近/橋之助)は尾上右近くん一択でAプロ、トーク「歌舞伎の魅力」(米吉/橋之助)は米吉くんがいいなぁと考えたら行ける日が初日しかありませんでした(^^ゞ


三月花形歌舞伎
2021年3月6日(土) 12:00 南座2列下手



minamizahanagata202103-5.jpg.jpeg

1席おきに空席を設けた南座。空席にはこんな華やかな桜が。
応援の意味もこめて、奮発して一等席にしたのですが、花横は4席空けて10番11番のみ着席。1列も空席でしたので、最前列での観劇となりました。



一、 歌舞伎の魅力
出演: 中村米吉
(上演時間: 25分)


「春の京都の南座で 歌舞伎の魅力語らんと まかり出でたる中村米吉~」という義太夫に乗って花道から登場した中村米吉くん春らしい薄くスモーキーな色合いの和装です。
初日最初の回ということで些か緊張していたのでしょうか。いつもの立て板に水のごときトークというほどではないにしても、相変わらずトークはお得意のご様子です。

まずは義太夫の紹介から、と「義太夫はわかりやすく言えば『音楽付きのナレーション』とおっしゃっていました。何かやってみて、と言われた義太夫さん「今日は初日だ緊張するな~」とひと節。「そんな僕の気持ち、義太夫にしなくてもいいですっ!」とツッコむ米吉くん。その後、義太夫さんは自分で退場のセリフを語りながら引っ込まれましたが、義太夫さんが自分で語りながら退場するというアイデアを出したのは米吉くんだそうです。
ツケ打ちさんも実演付きで紹介。
定式幕が開くと、「義経線本桜」の登場人物と人間関係が書かれた大きなパネルがあって、それにそってこれから上演される「吉野山」「川連法眼館」はもとより、その前段にあたる「鳥居前」についても解説。
さらには、忠信のカツラや静御前の衣装、義経から忠信に授けられた甲冑や静御前に渡された初音の鼓なども紹介。
「この静の衣装は僕のです。この後出てくる壱太郎さんのとはまた違います。忠信も橋之助くんのです」とおっしゃっていました。
確かに、こうして続けて見てみると同じ赤姫の着物なのに全然違っていました。

スッポンや揚幕についても説明して、「揚幕は上がる時に音がして、向こうから誰か役者が出てきますので、皆さん、振り返ってみて下さい」とおっしゃっていましたが、ここは「ハハーン。源九郎狐の出を惑わそうとしているな」とおばちゃんはわかっちゃいましたよ。


minamizahanagata202103-3.jpg.jpeg minamizahanagata202103-4.jpg.jpeg

ラストは花道の出てきて、SNSで盛り上げようということで、「#南座で歌舞伎 とタグつけてたくさんSNSに上げてくだいね」と撮影タイム。
そんなの聞いてないし、開演前に電源切っていたので焦りました💦
みなみーながファンからの質問を持って登場したのですが、写真撮るのに夢中でどんな内容だったか全く頭の中に残っていません。
ちなみに、米吉くん、今回の花形メンバーの中で唯一Instagramをやっていなかったので3月から始めたのだそうですが、ストリーズにも頻繁に投稿して、今や一番活用しているのでは?


続きがあります
posted by スキップ at 16:32| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

2年越し! 「シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.3 人形浄瑠璃 文楽」


rohmbunraku (6).jpg

ロームシアター京都の「伝統芸能の継承と創造を目指すシリーズ」第三弾。
昨年2月上演予定で楽しみにしていたのですが、直前になって中止。
ディスカッションで勘十郎さんと木ノ下さんが「舞台稽古終わって帰ろうというところで中止が決まった。2人で深夜の楽屋口で泣きましたね」とおっしゃっていました。

思えば、その後に続く数々の公演の怒涛の上演中止の、これが最初でした。
「当たり前のことが当たり前じゃない」という言葉に振り回されたような1年が過ぎ、こうして同じ2月に、同じメンバー同じ演目で上演されるなんて、まるで奇跡のようです。


ロームシアター京都開館5周年記念事業
シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.3 人形浄瑠璃 文楽
スーパーバイザー: 木ノ下裕一
2021年2月28日(日) 1:00pm ロームシアター京都 メインホール 
1階3列センター



当初サウスホールで開催予定でしたが、感染対策のため会場がメインホールに変更となりました。
サウスホールのチケットの座席番号そのままでメインホールに座り、隣に人がいるのが気になる人のために、後方に1席おきに座れる自由席エリアを設けて、どちらに座ってもよいというご配慮。ロームシアターの先行でチケットを取っていましたので、この件について劇場から直接お電話もいただいてご丁寧に説明してくださいました。
このごろの劇場が大抵そうであるように、最前列は空けられていました。


「端模様夢路門松」(つめもようゆめじのかどまつ)
作・演出: 桐竹勘十郎 
太夫: 竹本碩太夫   
三味線: 鶴澤清介  鶴澤清公  鶴澤清允
人形遣い: 桐竹勘十郎(門松)  吉田勘市  桐竹紋吉  吉田簑一郎  
桐竹紋臣  吉田玉翔  吉田玉誉  吉田簑太郎  桐竹勘次郎  吉田玉彦 ほか
(上演時間: 65分)



各演目の前には木ノ下裕一さんが登場して見どころを解説。
この演目の時は桐竹勘十郎さんもご一緒に登場されました。黒衣姿の勘十郎さん、新鮮で何だかキュートでした。

桐竹勘十郎さんが35年以上前、吉田簑太郎時代に作られた新作。
三人遣いの人形に憧れる “つめ人形”(端役としてひとりで遣う人形)の門松が、三人遣いのスター人形になれないか、あれこれ思案を巡らせるお話。バックステージもので、人形浄瑠璃の舞台裏で繰り広げられる人形たちの悲喜こもごもの中にいろんな古典作品のパロディが散りばめられています。
つめ人形達がたくさん登場。狐や犬や猿や馬といった道具部屋在住の動物たち、さらにはや畑の作物まで出てきて、とても可愛く楽しかったです。
勘十郎さんのお人形への愛があふれた演目。


続きがあります
posted by スキップ at 22:57| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年01月30日

覚悟の団七 再び


3年ぶりとなる「コクーン歌舞伎」の上演が発表されました。

渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾『夏祭浪花鑑』


勘九郎くんの団七と聞いて、一気にいろんな思いがあふれてきました。

私が初めて「夏祭浪花鑑」を観たのは2002年11月。
扇町公園で開催された、大阪で初めての平成中村座でした。
団七九郎兵衛を演じるのはもちろん中村勘三郎さん。
開け放たれた舞台奥から団七と徳兵衛が全速力で緑の公園のはるか彼方まで駆け出して行き、また舞台へと戻ってきた時の高揚感。

以来、何度も観た演目ですが、あの時のあの団七を忘れることは決してありません。


2011年3月。
博多座「桜壽博多座大歌舞伎」で上演予定だった「夏祭浪花鑑」ですが、勘三郎さんの休演によって、勘九郎(当時 勘太郎)くんが初役で代役を勤めることとなりました。
その記者会見で目に涙をためて、「命を削ってでもやる」と決意を口にした勘太郎くんを見て、こちらも涙。
初日に・・・と思いましたが、平日で無理ということで、何とか千穐楽に参上しました。

2011年3月といえば、東日本大震災が起こった月。
勘三郎さんの休演に自粛ムードが追い打ちをかけたこともあってか、客席は中村屋さんの公演として信じられないくらい空席が目立っていました。

その時の感想がこちら 「覚悟の団七」

父の代わりを勤め、団七九郎兵衛という役をやり抜く覚悟を持って臨んだ1ヵ月の公演。
千穐楽にも入魂のすばらしい団七を見せてくれた勘九郎くんでしたが、とても痩せていて一段と大人びた印象でした。
このひと月が彼にとっていかにハードでどれほどのプレッシャーと闘ってきたかを物語っているよう。

あの時以来、勘九郎くんが団七を演じることはありませんでした。


あれから10年。

ついにその時がやってきたのか・・・と。
きっとあの時以上の「覚悟」を持って、団七を演じることを決意したのだと思うと、幕が開くと一刻も早く駆けつけて、目一杯の拍手を贈りたい気持ちでいっぱいです。


「当たり前の日常は決して当たり前ではない」
「舞台が無事に上演できることは、当たり前ではなく奇跡のようなこと」
10年前にも感じたであろうことを改めて強く思う2021年。

勘九郎くんはどんな団七を見せてくれるでしょう。




コクーン歌舞伎が無事に上演されること、ちゃんとこの目で見届けられることを心から祈っています。


posted by スキップ at 17:37| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

An “Update” is coming soon 「図夢歌舞伎 弥次喜多」


zoomyajikita.jpg

The end of the world and a new beginning.
An “Update” is coming soon.

世界の終わりと 新たな始まり
更新の日は近い


真っ黒の画面に映し出されるセンテンス。
「『狭き門より入れ』だー!」と思いました。


図夢歌舞伎 「弥次喜多」
原作: 前川知大 「狭き門より入れ」
監督・脚本・演出: 市川猿之助
構成: 杉原邦生
脚本: 戸部和久
監督: 藤森圭太郎
出演: 松本幸四郎  市川猿之助  市川中車  市川染五郎  市川團子  
市川猿弥  市川笑三郎  市川寿猿  市川弘太郎(声の出演)

2021年1月16日(土) 配信視聴
(上演時間: 1時間51分)



定式幕が開くと口上人形(声:市川弘太郎)が登場して、これまでの「東海道中膝栗毛」をザクッと振り返り、その後の弥次さん、喜多さんについて語ります。
歌舞伎座の裏方として働いていた2人ですが、要領よく上司にもおべっかを使って気に入られ出世した弥次さん(幸四郎)は、経営再建担当として喜多さん(猿之助)や他の人たちをリストラします。喜多さんは弥次さんのお父さんが経営する万屋(よろずや:今のコンビニエンスストア)「家族商店」で店長として働くようになります。江戸では謎のウイルスが流行して不況となり、歌舞伎座をクビになった弥次さんも実家のコンビニに帰ってきます。店には同じようにリストラされた時枝(中車)や不況で家が没落し荒んだ様子の梵太郎(染五郎)、政之助(團子)なども集まっています。弥次さんの友人で7年前に死んだはずの葉刈(猿弥)や謎の女 彼方岸子(笑三郎)が現れ・・・。


昨年6月に松本幸四郎さんが立ち上げた「図夢歌舞伎」第二弾。
2016年から昨年まで、4回にわたって毎年歌舞伎座 八月納涼歌舞伎で上演されてきた「東海道中膝栗毛」シリーズ最新作「弥次喜多」。市川猿之助さんが現代劇初出演となった「狭き門より入れ」(2009年)-懐かしい-を原作に、弥次喜多シリーズの世界観で再構成した作品ということで、これまでのシリーズとはかなりテイストの異なるものとなっていました。


思っていた以上に「狭き門より入れ」だった、というのが観終わった最初の感想。

江戸とこの世ならざる世界とが交錯しながら展開する物語。
冒頭に書いた「更新の日は近い」のビラもそうですし、「葉刈」「時枝」といった役名も、こぶとりじいさんのお話もまんま出てきました。

「世界は1/3の犠牲で成り立っている」
「人を傷つける善行と、誰も傷つけない悪事」
「世界が欲しがっているのは願いじゃなくて祈り」
といった作品のキーコンセプトとなるような台詞もそのまま使われていました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:06| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする