2022年07月30日

七月大歌舞伎 夜の部


shochikuza2022072.jpg


松竹座 七月大歌舞伎 夜の部はかぶりつきで堪能。
松竹座の1列って、やっぱりとても舞台が近い。
ご体調が悪くて初日から休演されていた仁左衛門さんも7月14日から復帰されて、めでたやなの観劇となりました。


関西・歌舞伎を愛する会 第三十回
七月大歌舞伎 夜の部
2022年7月18日(月) 4:30pm 松竹座 1階1列センター


一、堀川波の鼓
作:近松門左衛門
脚色:村井富男   演出:大場正昭
出演:片岡仁左衛門  片岡孝太郎  中村勘九郎  中村壱太郎
片岡千之助  中村寿治郎  片岡松十郎  中村亀鶴  中村扇雀 ほか
(上演時間: 1時間25分)



物語:主の小倉彦九郎(仁左衛門)が殿の参勤交代に従い隔年の江戸詰めを余儀なくされる中、妻お種(扇雀)は夫を恋しく思いながら家を守り、養子とした実の弟 文六(千之助)に鼓を習わせていました。ある夜、お種は文六の鼓の師匠である宮地源右衛門(勘九郎)とふとしたきっかけで関係を結んでしまいます。噂が広く知れ渡ってしまい、お種の妹お藤(壱太郎)が何とかしようと腐心する中、彦九郎の妹おゆら(孝太郎)が証拠の小袖を持って彦九郎に真実を告げます。お種は自ら命を絶ち、彦九郎は愛おしい妻に羽織を着せかけて忍び泣くのでした。


初見でした。
すっごい昼メロみたいな話だな(実際には昼メロってちゃんと観たことないのだけど)と思いながら観ていたのですが、不義はすなわち死に結び付く時代のこと、悲しい結末が待っているのだろうなと思っていたら、その通りになってしまいました。

冒頭からおのろけ全開で彦九郎を心から愛おしく思っているように感じられるお種が、お酒の勢いもあったとはいえ、宮地源右衛門とあんなことになってしまうのは、人間の心の複雑さを見る思いでした。その前にやってきた磯部床右衛門(亀鶴)には毅然とした態度をとっていたところを見ると、源右衛門には最初から好感は持っていたとも思えますが。


続きがあります
posted by スキップ at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2022年07月20日

七月大歌舞伎 昼の部


shochikuza2022.jpg


松竹座の七月大歌舞伎。
コロナ禍以降、2年ぶりに昨年は7月3日から18日までと短い期間の上演でしたが、今年は7月3から24日までと1週間長くなりました。
船乗り込みも再開されて、少しずつではありますが大阪の夏が戻りつつあります。


関西・歌舞伎を愛する会 第三十回
七月大歌舞伎 昼の部
2022年7月9日(土) 12:00pm 松竹座 3階1列下手



一、八重桐廓噺 嫗山姥
作:近松門左衛門
出演:片岡孝太郎  中村壱太郎  中村虎之介  
片岡千之助  中村亀鶴  松本幸四郎 ほか
(上演時間: 55分)



物語:かつては人気傾城で今は傾城の恋文の代筆をして歩く荻野屋八重桐(孝太郎)は、通りがかった館の前でかつての夫・坂田蔵人時行の歌を耳にし、腰元お歌(亀鶴)に取り入って中に入れてもらいます。そこには煙草売りに身をやつした時行(幸四郎)がいました。親の敵討ちのために家を出たのだと明かす時行に、八重桐はその敵は時行の妹・白菊(壱太郎)が討ったと伝えます。これを恥じた時行が切腹すると、その魂が八重桐の体内に宿り、大力無双の身体となって、沢瀉姫を奪いに来た太田十郎(虎之介)たちを蹴散らすのでした。


「初めて観る演目だ」と思いながら観ていて、「仇討ちは白菊さんが既に討っている」と揶揄されて、いきなり切腹する幸四郎さん坂田蔵人時行の両側で「しぇ~っ」と驚く八重桐、白菊とともに私も座席で「ひょえ~っ」と驚きながら、「あれ?前にもこんなふうに驚いたことある」と思い当たりました。
帰宅してから自分のブログ検索してみたら、2012年御園座の中村勘九郎襲名披露興行で観ていました(こちら)。
10年前かぁ。いや~、ブログ書いておくものですね(^^ゞ


続きがあります
posted by スキップ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2022年06月29日

3年ぶり! 「船乗り込み」が帰ってきた


funanorikomi1.jpeg


大阪松竹座 七月大歌舞伎恒例で大阪の夏の風物詩の一つでもある「船乗り込み」。
コロナ禍の下、一昨年、昨年と中止となり、本日 令和4年6月29日 3年ぶりに開催されました。

感染対策として、一般の乗船はもちろん、観覧も公式には中止(それでもたいくさんの方がご覧になっていました)、関係者のみが限られたエリアで応援するという形でしたが、七月大歌舞伎を主催する「関西・歌舞伎を愛する会」の友人の誘っていただいて、応援隊の一員として参加することができました。


朝からぐんぐん気温が上昇するあっつい日でしたが、風が結構吹いていましたので、そこまで暑さは感じず。
12時40分ごろ、役者さんたちを乗せた船が目の前にやってきた時には楽しさにテンション上がり、暑さのことなんてすっかり忘れていました。
応援隊は写真撮影禁止でしたので画像はありませんが、YouTube 松竹チャンネルでライブ配信されましたのでこちらでご覧になることができます。

最初に現れた船には、鴈治郎さんを真ん中に扇雀さん、孝太郎さん、後列に亀鶴さん、松之助さん、寿治郎さんが乗船。
二隻目は、幸四郎さんの左右に勘九郎さん、七之助さん、後列は隼人さん、虎之介さん、千之助さんという若手チームでした。
沿岸の私たちは声援やかけ声はできないものの、用意された手袋を着用して紙吹雪、紙テープ、クラッカー、そしてもちろん目一杯の拍手で盛り上げました。

戎橋のところでとまって、演目・役名の口上に合わせて一人ずつ立ち上がってご挨拶。
「祇園恋づくし」で幸四郎さんが立ち上がると負けじと鴈治郎さんも立ち上がって、二隻の船のあちらとこちらでやり合うユーモラスなやり取りも。
幸四郎さんは橋の上や、船上の他の役者さんをご自身のスマホで撮影されたりもしていらっしゃいました。

最後は両岸からバズーカの白い紙吹雪が盛大に舞い上がってとても綺麗でした。



funanorikomi4.jpeg

配布された応援グッズ。
団扇や役者さんもつけていたマスク、撒ききれなかった紙吹雪など。
下に敷いているのは演目や役者さんのお名前の入った、関西・歌舞伎を愛する会のバンダナ。
これをどこかにつけて目印としました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2022年06月23日

祝2周年 「歌舞伎家話 配信開始2周年スペシャル」


15kabukiyawa.JPG


緊急事態宣言下で歌舞伎公演が全く止まっていた2020年5月に第1回目の配信がスタートした歌舞伎家話(こちら)。

もう2年にもなるのかとも思い、昨年5月にはいのうえひでのりさん、古田新太さんをゲストに迎えて1周年記念が配信された(こちら)のがつい昨日のことのように感じるのにもう1年経ったのかといつもながら時の流れの速さに唖然とする思い。

ということで、今回は歌舞伎家話 配信開始2周年スペシャル。
豪華ゲストは天海祐希さんです。


これは、2020年5月にスタートした歌舞伎俳優らによるオンライントークショー「歌舞伎家話」が、配信2周年を迎えることを記念して開催されるトークショー。第1回に出演した幸四郎がホストとなり、天海をゲストに迎えてトークする。


歌舞伎夜話特別編 「歌舞伎家話」 第15回 配信開始2周年SP
出演: ホスト 松本幸四郎   ゲスト 天海祐希

2022年6月16日(木) 8:00pm 配信視聴
(配信時間: 90分)



今回、幸四郎さん、天海さんは画面越しではなく、松羽目の前のステージのようなところに間隔を置いて並んで座る形(間にはもちろんアクリル板)。進行の戸部和久さんも向かって左端に着席されていて、3人顔合わせ。
2年という年月の経過は、私たちの日常にも少しずつ”元の形”をもたらしつつありますが、第1回目から視聴している歌舞伎家話にも、と何だか感慨深かったです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2022年05月25日

7年ぶり 南座「歌舞伎鑑賞教室」


2022kanshokyoshitsu.jpg


歌舞伎の魅力をより多くのお客様に知っていただこうと平成5(1993)年に始まった南座の歌舞伎鑑賞教室。
このフライヤーを見て、「あれ?何だか久しぶり」と思ったのですが、何と7年ぶりの開催だとか。

茂山逸平くんの解説に、千壽さん、吉太朗くんの「吉野山」だなんて、そりゃ観たいでしょ、と張り切ってチケット取りました。


南座 歌舞伎鑑賞教室
2022年5月15日(日) 1:00pm 南座 1階3列センター



一、歌舞伎のいろは
出演:茂山逸平
   片岡千太郎  片岡佑次郎  片岡富史弥  鈴木実
(上演時間: 40分)



茂山逸平さんが狂言の冠者の姿で舞台に現れて相変わらずよいお声で「これはこのあたりに住まいいたす者でござる」と狂言の名乗り。
「今度歌舞伎の解説とやらをすることになったが、歌舞伎のことはあまりよく知らない。そうだ!四条の南座で歌舞伎鑑賞教室なるものが開かれておるらしいので、拙者も行って学んで来よう」というようなことを言って一旦引っ込みます。

再び登場した逸平くんはお着物も紋付き袴にお召し替えされていて、いつもの話し口調。
ここから解説が始まります。
狂言もチラリと聴くことができて、始まりから何だかお得感満載(そもそも全席3,500円というチケット代が驚くほど安い)。

自分は狂言師だから、とまずは能舞台と松羽目について解説。
そして、能と狂言の始まりについて簡単に説明した後、出雲阿国から始まった歌舞伎がどのようにして今の男性だけで演じる形になったのかというお話に至りました。

片岡富史弥さんが加わって、まずは普通のおっさん(笑)がどのようにして女性になるか、の実演。
富史弥さん、拵えも顔もせず、素のままなのですが、肩を落として肩甲骨を狭めて足に手ぬぐい挟んで・・・と女形をしたら劇的に変わって、会場一瞬どよめきました。
教わったとおりにやってみた逸平くんはなかなか女性には見えなかったけれど(^^ゞ

片岡佑次郎さんが登場して見得の実演や、ツケや太鼓の音が何を表しているか、といった鑑賞教室お約束の解説もありつつ、今回特に楽しかったのは、歌舞伎と狂言の女形を対比して見せてくれたこと。


続きがあります
posted by スキップ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2022年05月11日

「三月大歌舞伎」 第三部


kabukiza202203.jpg


3月にはもう1本歌舞伎を観ました。
こちら。


三月大歌舞伎 第三部
2022年3月8日(火) 6:30pm 歌舞伎座 1階1列下手



一、信州川中島合戦 輝虎配膳
作:近松門左衛門
出演:中村芝翫  中村雀右衛門  松本幸四郎  片岡孝太郎  中村魁春 ほか
(上演時間:43分)



戦国時代。武田信玄の好敵手・長尾輝虎こと後の上杉謙信の物語。
武田の軍師 山本勘助を味方にしようと計略した輝虎(芝翫)は、家老の直江山城守(幸四郎)の妻 唐衣(孝太郎)が勘助の妹であることを利用し、勘助の母 越路(魁春)と妻 お勝(雀右衛門)を館に招待。小袖を進呈したり、自らお膳を供しますが・・・。


タイトルロールは輝虎ですが、2人の女形- 越路お勝のお芝居です。
これまで何度か観ていますが、初めて観た時の竹三郎さんの越路、秀太郎さんのお勝の印象がとても強く、特に秀太郎さんのお勝が絶品で、後に越路を演じられた時にも観ましたが、三つ子の魂何とやらで、私の中ではお勝=秀太郎さんで刷り込まれています。
音舌不自由のところを懸命に話す姿、越路を斬ろうとす輝虎を止めて侘びを述べながらつまびく琴の音色、すべて終わった後花道を引き上げる前に見せるほっとしたような笑顔・・・忘れられません。
調べたところ、2006年7月松竹座のの坂田藤十郎襲名披露興行だったらしく、その藤十郎さんも秀太郎さんももうこの世にいらっしゃらないなんて


続きがあります
posted by スキップ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする