2021年07月01日

六月大歌舞伎 第三部


kabukiza202106.jpeg

歌舞伎座 六月大歌舞伎 第三部は、染五郎くんが初めて女形を演じるこちらから。


六月大歌舞伎 第三部 
2021年6月15日(火) 6:00pm 歌舞伎座 1階6列下手


一、銘作左小刀 「京人形」
出演: 松本白鸚  市川染五郎  大谷廣太郎  
中村玉太郎  松本錦吾  市川高麗蔵 ほか
(上演時間: 32分)



左甚五郎(白鸚)は廓で見初めた小車太夫のことが忘れらず、太夫に生き写しの人形を彫って家の中に飾っています。ある日、人形相手に酒宴を始めると、不思議なことに人形(染五郎)が動き出します。ところが、精魂込めた甚五郎の魂が宿っているため、仕草は男性そのもの。そこで甚五郎が廓で拾った太夫の鏡を人形の懐に入れてみると、たちまち女性らしい仕草となり、喜んだ甚五郎は人形を相手に踊り出します・・・。


この演目はわりとよく観ていて、京人形の精は最近だと菊之助くん、七之助くん、壱太郎くんなど若い綺麗どころがやる役ことが多い印象。
若かりし頃の染五郎くんのお父様も踊っていらっしゃいましたね・・・と思って後で筋書読んだら、白鸚さんが左甚五郎を勤めるのは平成4年の四国こんぴら歌舞伎以来29年ぶり三度目で、その時の京人形の精が幸四郎(当時染五郎)さんだったそうです。29年前って・・・(遠い目)。

人形が出来上がった喜びに浮かれているのが言葉や態度の端々に表れているような甚五郎がまずかわいい。
人形と一杯やりたいからと女房おとく(高麗蔵)に今日は仲居になってくれと頼んでお大尽様のように人形と酒宴を始めます。
そんなわがままもはいはいと聞いて、ちゃんと仲居さんのように振る舞うおとくさん、何ていい奥さんなのでしょう。

人形とのやわらかな連れ舞いも、大工たち相手の大工道具を使っての立ち回りも、緩急自在に見せてくれるところ、さすが白鸚さんです。


続きがあります
posted by スキップ at 21:00| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年06月30日

六月大歌舞伎 「桜姫東文章」 下の巻


202106kabukiza.jpg

「桜姫東文章」  4月に上の巻を観た後は、「ぜーったい下の巻も観なければ」と鼻息荒くしていたものの、こんな状況下、どうしようかとかなり迷いましたが、一世一代とは銘打っていませんが、お二人にとってこの演目は多分これが最後の上演、私が観るのもこれが最初で最後、と悔いの残らぬよう思い切って観に行きました。


六月大歌舞伎 第二部 
「桜姫東文章」 下の巻
序幕 岩淵庵室の場/二幕目 山の宿町権助住居の場/大詰 浅草雷門の場
作: 鶴屋南北
補綴: 郡司正勝
出演: 片岡仁左衛門  中村錦之助  片岡孝太郎  中村福之助  
片岡千之助  嵐橘三郎  上村吉2弥  中村歌六  坂東玉三郎 ほか

2021年6月15日(火) 2:10pm 歌舞伎座 1階2列センター
(上演時間:2時間30分/幕間 15分)


上の巻の感想はこちら


桜姫を追い求めながらも別れ別れになった清玄(仁左衛門)が病み衰え、弟子の残月(歌六)と桜姫の局であった長浦(吉弥)の庵室に身を寄せているところから下の巻は始まります。残月と長浦は金欲しさに清玄を殺し、墓穴掘りとなった権助(仁左衛門二役)に後始末を依頼します。そこへ女郎として売りに出された桜姫(玉三郎)が連れて来られ、権助と再会するのでした。そんな中、雷が落ちた衝撃から清玄は息を吹き返し・・・。
 
青蜥蜴の毒、殺し、幽霊、人魂、仇討ちといかにも鶴屋南北らしいこれでもかの展開で、蘇った清玄が再び死ぬあたりは「東海道四谷怪談」を思い起こしたりもしました。
荒唐無稽な筋立てですが、面白いのはもちろん、絵空事で終わらせないのは、やはり仁左衛門さん、玉三郎さんがお役に命を吹き込んでいることに尽きます。


続きがあります
posted by スキップ at 17:37| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年06月05日

受け継がれる魂 「夏祭浪花鑑」 


cocoon_natsumatsuri2021.jpg

勘九郎さんが初役で団七を勤めたのはまだ勘太郎時代の2011年3月。
勘三郎さん休演のための急な代役で、東日本大震災が起こった月の公演で、千穐楽でさえ空席の目立つ博多座でした。
あれから10年。
役者として一回りも二回りも大きくなって、勘三郎さんの魂を受け継ぎ、中村屋を背負い、力漲る団七がそこに立っていました。


渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾 「夏祭浪花鑑」 
演出・美術: 串田和美
補綴: 竹柴徳太朗   照明: 齋藤茂男
作調: 田中傳左衛門  上田秀一郎
映像: 栗山聡之   立師: 中村いてう
出演: 中村勘九郎  中村七之助  尾上松也  中村虎之介  
中村長三郎  中村鶴松  中村歌女之丞  笹野高史  片岡亀蔵 ほか

2021年5月16日(日) 5:00pm シアターコクーン 1階C列(5列目)上手
(上演時間: 2時間15分)



覚悟の団七 「夏祭浪花鑑」(2011年)
覚悟の団七 再び


勘九郎さんが10年ぶりの団七なら、コクーン歌舞伎としても「夏祭浪花鑑」は13年ぶり。
そんなに?と時の流れに驚くばかりです。
当初5月6日初日の予定だったものが緊急事態宣言のもと、5月11日までの公演が中止、5月12日開幕となりました。
「LUXE」とともに5月16日のチケットを取っていて、宣言が発出されていない神奈川県の横浜アリーナはともかく、こちらはダメかも・・と一旦は覚悟していましたので、無事開幕して観られるとなった時は本当にうれしかったです。

とはいえ、コロナ禍の状況下という数々の制約を乗り越えて工夫をこらしての上演です。
脚本を削り、演出を変更し、幕間もなくして2時間15分の上演。
平場席もなければ役者さんたちが客席通路を行き交う演出も一切ありません。
それでも、この演目のおもしろさ、すばらしさが全く損なわれておらず、上演時間が短くなったせいばかりとは言い切れない疾走感があって、演出の串田さんはじめスタッフ、役者さんたちの熱い思いが迸るような舞台でした。


cocoonkabuki2021.jpeg


続きがあります
posted by スキップ at 17:34| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年05月21日

祝1周年&10th Anniversary 「歌舞伎家話」 第十回


kabukiyawa10.JPG

歌舞伎座休演中の昨年5月29日 第1回が配信された「歌舞伎家話」(こちら)。
1年経ってもあまり状況が変わっていないのが何とも切ないですが、歌舞伎座をはじめ他の劇場は再開していること(大阪はまだだけど)、ワクチン接種がやっと何とか始まったことが進歩といえるでしょうか。

・・・ということはさておき、歌舞伎家話は今回が10回目で1周年記念ということで、劇団☆新感線のいのうえひでのりさん、古田新太さんをゲストに迎えての特別編。リアルタイムで楽しく視聴しました。


歌舞伎夜話特別編 「歌舞伎家話」 第十回
出演: 松本幸四郎  尾上松也
ゲスト: いのうえひでのり  古田新太

2021年5月22日(金) 9:00pm 配信視聴
(配信時間: 80分)



今回は幸四郎さんが、いつもよりおとなしめ(?)でいろんな話題を振ったり進行役を務めていらっしゃいました。
コクーン歌舞伎出演中の松也くんが少し遅れて登場で、その間に「尾上松也はどうですか?」といのうえさん、古田さんに振って、欠席裁判(笑)。
いつも髪が立ってる(寝ぐせで)とか富樫の台詞間違えたとか言いたい放題でした。
富樫の台詞については、松也くんが「僕は富樫の台詞間違えたことは一度もありません」と後できっぱり訂正して、幸四郎さんも「あ、僕か」とあっさり承認ww

松也くんが登場した時、「コクーン歌舞伎観たよ」とおっしゃっていたいのうえさん。
「祈りのような舞台だったね」とおっしゃっていたのが印象的でした。
幸四郎さんは元より、松也くんも「メタルマクベス」で新感線の公演に出演されたていますので、新感線や歌舞伎NEXTのお話が中心で、知っている話も多かったですが、楽しかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:32| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年05月03日

四月大歌舞伎 「桜姫東文章」 上の巻


sakurahime202104.jpg

清玄と釣鐘権助を片岡仁左衛門さん、白菊丸と桜姫を坂東玉三郎さんが演じての共演は昭和60年(1985)以来36年ぶりだとか。
こちらのポスターは昭和57年(1982)2月南座公演のために撮影された写真をもとに復刻版として制作されたもの。もちろんその公演は観ていませんが、今では伝説となったこの写真はずいぶん前にネット上で見たことがあって「ほぇ~っ」となったことを覚えています。

まさか、その、仁左玉の、桜姫を、この目で、観られる日が、来ようとは!


四月大歌舞伎 第三部
「桜姫東文章 上の巻」

発端  江の島稚児ヶ淵の場
序幕  新清水の場 桜谷草庵の場
二幕目 稲瀬川の場 三囲の場
作: 四世鶴屋南北
補綴: 郡司正勝
出演: 片岡仁左衛門  中村鴈治郎  中村錦之助  中村福之助  
片岡千之助  片岡松之助  上村吉弥  中村歌六  坂東玉三郎 ほか

2021年4月22日(木) 5:45pm 歌舞伎座 1階3列センター
(上演時間: 2時間14分/幕間 15分)



物語: 長谷寺の僧・清玄(仁左衛門)は、稚児の白菊丸(玉三郎)と道ならぬ恋の果て心中をしたものの自分だけが命を取りとめます。それから17年。高僧となった清玄阿闍梨は、満開の桜の下、清玄は17歳の吉田家息女 桜姫(玉三郎)と出会います。生まれつき開かない桜姫の左手が清玄の十念によって開くと、香箱の蓋がぽろりと落ちました。これは17年前、白菊丸が入水の折に左手に握りしめていた清玄の名が記された香箱の蓋でした。
御家没落のため出家を心に決めている桜姫は、1年前強盗に入った釣鐘権助(仁左衛門)に犯されましたが、彼を忘れられず、その子どもまで生んでいました。その釣鐘権助と運命の糸に操られるように再会した桜姫は自ら彼に身を委ね、その密会が明るみに出ると、香箱の蓋の名前から清玄が不義の相手という濡れ衣を着せられることに・・・。


「桜姫東文章」という作品自体は、それをモチーフとしたものを含めて何本か観ましたが、一番印象に残っているのはシアター・コクーンで観た「桜姫 現代劇ver. 清玄阿闍梨改始於南米版」(2019年)。
何てったって、勘三郎さんが演じた「権助」はチンピラみたいな派手なシャツ着た「ゴンザレス」だったのよ。あの時、開演前、舞台上に自分のバッグを落とすという事件もあったなぁ(^^ゞ


続きがあります
posted by スキップ at 23:34| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

四月大歌舞伎 第一部


kabukiza202104.jpg

まずは仁左玉の「桜姫東文章」ありきで、「何?一部は高麗屋さんの勧進帳ですって?!観るー!」となり、「二部はま、いっか」(コラッ!)となって、「ん?一部と三部の間に東宝で星組のロミジュリ観られるやん」で、モリモリとなった7ヵ月ぶりの東京遠征。
久しぶりの歌舞伎座、堪能いたしました。


四月大歌舞伎 第一部
2021年4月22日(木) 11:00am 歌舞伎座 1階2列センター


一、猿翁十種の内 小鍛冶
作: 木村富子
出演: 市川猿之助  市川中車  中村壱太郎  市川笑三郎  
市川笑也  市川猿三郎  市川猿弥  市川左團次
(上演時間: 48分)



名刀「小狐丸」誕生の奇譚を描く舞踊劇。
能の「小鍛冶」を題材に初世猿翁さんが初演された「猿翁十種」のひとつということですが、今回初見でした。
国立文楽劇場の4月文楽公演でもかかっていましたが観に行けず(千穐楽チケット取っていたのに中止になった💦)。


当代随一の刀匠 三條小鍛冶宗近(中車)のもとへ、帝からの勅使 橘道成(左團次)が訪れ、御剣を献上するように命じます。宗近は、神仏のご加護を得ようと氏神の稲荷明神に祈りを捧げるところへ、忽然と童子(猿之助)が現れ、宗近を励まし、自らが剣の相槌を務めると約束して山に消えていきました。
宗近がいよいよ鍛冶場に入り刀を打つ準備を始めると、狐の姿をした稲荷明神の御神体が現れます。「相槌を務める」と約束した童子は実はご神体の仮の姿だったのでした・・・。

猿之助さんの童子実は稲荷明神、中車さんの宗近、左團次さんの道成、壱太郎さんの巫女、笑三郎さん、笑也さん、猿弥さん、猿三郎さんの弟子、後見には寿猿さん、猿四郎さん、左升さんと澤瀉屋さん勢揃い+高島屋さん、成駒屋さんという布陣。
24年ぶりの上演で猿之助さん、中車さんともに今回が初役だそうです。


続きがあります
posted by スキップ at 17:02| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする