2022年02月13日

奈良ホテル フォトレポ


narahotel1.jpeg


奈良ホテルは日本を代表するクラシックホテルの一つで私も大好きなホテルです。
今回時間に余裕があったので、館内を少し歩いてみました。
どこを切り取っても凛として端正な佇まい。ますます好きになりました。


奈良ホテル
奈良市高畑町1096
tel: 0742-26-3300



narahotel2.jpeg

建築家の辰野金吾氏の設計で、本館は1909年に建造されました。



narahotel3.jpeg

正面エントランス
奈良を訪問される皇族の方々がここを出られる画像をよく拝見します。



narahotel4.jpeg

フロントの大時計はこのホテルのシンボル的存在です。
金庫も現役で活躍中だとか。


続きがあります
posted by スキップ at 22:33| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2022年02月10日

十一面観音さまに魅入られる


naranationalmuseum.jpg


昨日、奈良公園を歩いていてこのポスターが目にとまり、あまりの美しさに魅入られるように博物館に吸い込まれました。


特別展 国宝 聖林寺十一面観音 ―三輪山信仰のみほとけ
奈良国立博物館


実は仏像にそれほど詳しい訳ではない不肖スキップ。
こちらの観音様は奈良県桜井市の聖林寺にいらっしゃって、天平彫刻の名作で日本を代表する仏像のひとつで「比類なき美しさ」と形容されていることも初めて知りました。


naranationalmuseum2.jpg.jpeg

入口のこのパネルだけでかなりテンション上がりました。
十一面観音菩薩立像が奈良国立博物館で展示されるのは、1998年の特別展「天平」以来24年ぶりなのだとか。

右側はこちらも国宝で、今は法隆寺にいらっしゃる地蔵菩薩様です。
どちらも江戸時代までは大神神社に祀られていたのだそうです。
かつての日本では神仏習合と言って、神道と仏教は融合した一つの信仰体系だったところ、明治新政府による神仏分離令で廃仏運動が起こりましたが、住職や周辺の人々によって近在の寺に移されて難を逃れた・・・ということを場内の映像コーナーで学びました。勉強になったわぁ。


naranationalmuseum5.jpeg

入ってすぐ音声ガイドの案内があって、天海姐さんの姿にまたテンション上がる(^^ゞ



続きがあります
posted by スキップ at 22:33| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2021年12月05日

真如堂で名残りの秋を愛でる


shinnyodo1.jpeg


本日は南座にて吉例顔見世興行観劇・・・の前に少し時間があったので、思い立ってこちらまで足をのばして、名残りの秋を愛でてまいりました。


真正極楽寺 真如堂
京都市左京区浄土寺真如町82
tel: 075-771-0915


もちろんピークは過ぎているのですが、息をのむほど鮮やかな紅葉がまだ残っていたり(冒頭の画像)、敷もみじに彩られた、この季節ならではの眺めをゆったり楽しみました。
タクシーの運転手さんは「まだまだ」とおっしゃっていたものの、河原町あたりはかなり人出が戻っているように感じましたが、このあたりはそれほど混み合うでもなく、静かに時が流れているよう。



shinnyodo5.jpeg

総門前の有名な紅葉 


続きがあります
posted by スキップ at 22:59| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2021年08月11日

AMANSPA でリフレッシュ


amanspa1.jpeg

ランチを楽しんだ後は、こちらもお楽しみのスパへ。


アマン・スパ

The Living Pavilion から宿泊棟が点在する小径を少し森の奥へ歩いたところにあります。
短い距離ですが、緑の中を歩くのはとても気持ちよかったです。


amanspa6.jpeg


こちらには温泉があって、スパの前にゆっくり体を温めることができます。


amanspa3.jpeg  


amanspa2.jpeg

内湯と露天風呂
どちらも誰もいなくて貸切状態
疲労回復や筋肉痛の改善、美肌効果もあると言われているアルカリ性単純泉だそうです。
温泉入るなんていつぶりでしょう。風に吹かれながらゆったりとお湯につかる露天風呂の気持ちよさよ。


続きがあります
posted by スキップ at 18:18| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2021年08月09日

祝生誕祭 @アマン京都


amankyoto1.jpeg

今日 8月9日は2005年にブログを始めた日。
16年が経過して17年目に突入しました。
毎年思いますが、ほんと、よく続いているものだと我ながら感心する一方、このブログを読んでくださっている皆さまの温かいお気持ちに感謝の気持ちでいっぱいです。


そして、8月9日といえば、リアルスキップの誕生日でもあります。
まだ台風の名残りが残る中、今年はこちらへ。


アマン京都
京都市北区大北山鷲峯町1番
tel: 0754961333


京都市の北部 金閣寺の近く(と言っても歩くにはかなりあるけど)にあります。

2019年11月にこの地にオープンした日本で2つめのアマン。
敷地は約2万4000㎡、総面積は約32万㎡の中に点在する客室は26室という贅沢さ。
自然の湧き水や滝、小径などもあって、大きな森、というかひとつの山のようです。
かつての土地の所有者は西陣織の織物商で、ここに織物美術館を創ることを夢見ていらっしゃったとか。


amankyoto2.jpeg



amankyoto3.jpeg



amankyoto4.jpeg


森のお散歩は宿泊者限定ということで、ランチのレストランからスパ棟までの間を移動しただけですが、雨に洗われた緑がまるで降ってくるように綺麗で、ここを歩くだけもとても気持ちがよかったです。

場所によって時間によって、緑の表情が変わるのもとても素敵で、いつまでもこの場所にいたいと思いました。



→ ランチレポにつづく

posted by スキップ at 23:14| Comment(2) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

観心寺で「桜嵐記」に思いを馳せる


kanshinji1.jpeg


宝塚歌劇月組公演「桜嵐記」を巡っては、訪ねてみたい場所がいくつかあるのですが、まずはこちらへ。
楠木家の菩提寺です。


観心寺
大阪府河内長野市寺元475
tel: :0721-62-2134


こちらのお寺はずいぶん前(多分高校生か大学生ぐらいの時かなぁ)に父に連れられて訪れたことがありますが、秋で紅葉が綺麗だったことと、山門前の茶店のわらびもちがとてもおいしかったことだけしか覚えていないという体たらくです。

楠木家の菩提寺であることは元より、南朝や楠木正成公、後醍醐天皇、後村上天皇のことも全く眼中になく、「昔はものを思はざりけり」をまた発動しております。



kanshinji2.jpeg

山門を入る前、駐車場のところに凛と立つ楠木正成公像



kanshinji3.jpeg

山門



kanshinji4.jpeg

山門を入ってすぐ右手にある後村上天皇御旧跡(旧惣持院跡)


続きがあります
posted by スキップ at 23:21| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする