2021年04月05日

桜コレクション2021


sakuracollection1.jpeg

お花を愛でながら宴会には全く興味ありませんが、桜を見るのは大好きな不肖スキップ。
昨年は桜のころはほぼ stay home で地元の公園にササッと行くぐらいしかできなくて寂しい思いをしました。

今年は、状況がすべて好転したという訳ではありませんが、何と言っても宝塚の花のみちを歩けたのがうれしかったな。
去年はこの時期、宝塚大劇場は完全クローズしていて、もちろん桜も見に行けませんでした。
今年こそ、と楽しみにしていましたが、ちょうど星組のロミジュリに通っていた時期でもあり、去年の分までたっぷり見た感じ。

ほかにはやっぱりご近所まわりしか行かなかったけれど、2021年の 堪能いたしました。


まずは地元の桜から
ということで冒頭の画像

4月3日(土)の朝でもう満開は少し過ぎてしまっていたのですがまだまだ綺麗でした。



sakuracollection2.jpeg


sakuracollection3.jpeg

四季を問わずお散歩するお気に入りの公園ですが、
桜の時期は特にここの近くに住んでいてよかったと思います。


続きがあります
posted by スキップ at 23:06| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2021年02月16日

ふりさけみれば春日なる三笠の山に

mikasayama.jpeg
奈良へ行ってきました。

前に行ったのは8月で、鹿さんたち、本当に暑そうにしていました。
半年経って季節は巡っても、世界の状況は少しも変わっていないのが切ない。

2月とはいえお天気のよい暖かな休日で、少し人出も多いようでしたが、まだまだのんびりゆったりした奈良。
8月に春日大社の御蓋山浮雲峰遥拝所へ伺いましたので(こちら)、全体のお姿を見たいと思い、お散歩がてらこちらへ。


神山御蓋山展望地


mikasayama1.jpeg

中央に神山御蓋山(三笠山)、左右に若草山と春日山(冒頭の画像)
「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」 という阿倍仲麻呂の歌が書かれている表示板そのままの光景です。



ukimido.jpeg

ukimido2.jpeg

浮見堂にも久しぶりに行きました。
別アングルからの2枚目の画像の手前は桜の木。
桜の季節にここから見る浮見堂は本当に綺麗なのですが、今年はお花見できるかなぁ。


bairin.jpeg

お花といえば、丸窓梅林は梅が咲き誇っていました。

bairin2.jpeg

鹿さんも紅梅の下でお花見(カメラ目線だけど(^^ゞ)
鹿さんたちも春を待ち望んでいるようでした。



私は奈良派 のごくらく度 (total 2215 vs 2217 )


posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

病即消滅 四大軽安 如来大慈悲 哀愍護念 南無阿弥陀仏


hozenji2.jpeg

本日は松竹座へ「坂東玉三郎初春特別舞踊公演」を観に行きました。
松竹座に行くのは、昨年10月10日の「紅ゆずるトークショー」以来でしたが、あの時は夜でササッと行って終演するとすぐ帰りましたので、お昼間の道頓堀界隈は、昨年の壽初春大歌舞伎以来。ほぼ1年ぶりです。

ということで、まずは法善寺の水掛不動さまにご挨拶に参上。
ずい分ご無沙汰してしまいました。
不動明王さまは私の守り神でもありますので、ミナミでよく遊んでいた若いころは、どんなに飲んだくれていても必ず水掛不動さまにご挨拶してから帰っていたのにな。


お不動様は相変わらず静かな佇まいでそこにいらっしゃいましたが、傍らにはこちらのお札が。


hozenji1.jpeg

病即消滅 四大軽安 如来大慈悲 哀愍護念 南無阿弥陀佛

病疫退散の護符。
大本山百萬遍の御朱印がありますので、知恩寺のものでしょうか。
コロナ消滅を祈念していただいていると思うと何だか心強い。


hozenji3.jpeg

水掛不動さまにはつららが。
大阪でも雪が舞い散るような厳しい寒さの中、お水をかけられ続けていらっしゃるのですものね。
私たちの思いとともにお水を受けとめてくださって本当にありがとうございます。



posted by スキップ at 22:19| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

堺ちょっぴりウォーク


sennorikyu1.jpeg

ランチとデザートでおなかいっぱいになった後は少しお散歩。
・・・といっても、フェニーチェ堺まで行く道すがらという感じですが。

まずは宿院まで戻って、千利休屋敷跡へ。
宿院駅のすぐそば、さかい利晶の杜の向かいにあります。
(利晶は千休と与謝野子)


sennorikyu2.jpeg

ビルの間にあって、この場所だけぽっかり時空の穴が開いたよう。
何年か前に来た時は柵があって中に入れなかったのですが、ずいぶん整備されて、ボランティアのガイドさんもいらっしゃいました。


sennorikyu3.jpeg sennorikyu4.jpeg

椿の炭を底に沈めたという椿の井戸もすぐそばまで寄って見ることができます。



それからフェニックス通りをテクテク歩いて堺東方面へ。
フェニーチェ堺の場所を確認して、まだ時間があったので堺市役所展望ロビーに行ってみました。

9月に仁徳天皇陵拝所に伺った際に全体像(つまり前方後円墳の姿ね)も見てみたいと思っていて、堺で一番高い?堺市役所21階の展望ロビーからは見えると聞いていたからです。





nintoku1.jpeg

これですよ。

全然前方後円墳のカタチ見えないじゃん!


nintoku2.jpeg.jpg

多分こういうポジションだと思うのですが、どんなに背伸びしても窓に張り付いても私には前方後円墳は見えませんでした💦



やっぱり全体見渡せるのはヘリクルーズしかないのかな の地獄度 (total 2175 vs 2175 )


posted by スキップ at 23:30| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

神聖な森 仁徳天皇陵


nintokutenno1.jpeg

先日、三国ヶ丘に行く所用がありまして、駅の改札を出たところにあった「仁徳天皇陵 」という案内板を見て、「え!?仁徳天皇陵って三国ヶ丘にあるの?」とオドロキ。
車で近くを通りかかったことは何度かありますが、電車で行ったことはありませんでした。
後で調べたところ、厳密にはJR阪和線の百舌鳥駅が一番最寄の駅らしい(私が降りたのは南海高野線の三国ヶ丘駅)。

せっかくなので時間もあるし行ってみましょ、ということになりました。



nintokutenno3.jpeg

歩き始めてすぐこの案内が現れてビビる💦
あと1,000メートルって・・・



nintokutenno5.jpeg

周遊路はずっとこんな感じ
お堀の向こうが御陵なのですが、ただの森にしか見えません。


それでも20分弱テクテク歩いて拝所(冒頭の画像)に着いた時はその凛とした佇まいに背筋も伸びる思い。
神聖で荘厳な雰囲気。ただの森なんて言ってごめんなさい🙇




nintokutenno4.jpeg


nintokutenno2.jpeg

さすがに宮内庁の管轄らしく、国旗がはためいていました。


「仁徳天皇陵」という言葉は「前方後円墳」とともに中学生の歴史の教科書にも出てきて馴染み深いですが、仁徳天皇がどういう時代のどういうお方かということまでは知らなくて、今回案内板いろいろ読んで勉強になりました。
知ってるつもりでも知らないこと、まだまだたくさんありますね(アゲイン)。



できることなら前方後円墳 全体像が見てみたい・・・JR百舌鳥駅南側の陸橋の上から見えるらしい 帰りに百舌鳥駅行ったのに・・・何でも下調べが肝心 の地獄度 (total 2153 vs 2153 )
posted by スキップ at 23:00| Comment(2) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

大阪城公園で森林浴


osakacastle1.jpeg

森ノ宮方面に出向いた仕事が思いがけず早く終わり、次の予定までに時間がありましたので、久しぶりに大阪城公園を散歩しました(スーツ着て、ヒール履いてですが何か)。

大阪城も久しぶりですが、森ノ宮側から大阪城公園に入るのはいつ以来だろう?というくらい。
新しい発見があったり、知らないお店ができていたりでなかなか新鮮でした。


osakacastle2.jpeg

今の状況下、しかも平日の午前中ということで人も少なく、緑あふれる中、森林浴気分でゆったり歩くことができました。



osakacastle3.jpeg

ここからのお堀の眺めが好き
遠くに高層ビルが見えて、いかにも大阪の真ん中にあるお城という感じ
桜の季節にはいつもここから写真を撮っていたのですが、今年は見られなかったな


続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする