2021年04月24日

舞台という儚く尊いキセキ 2021


今年またこのエントリをあげなければならないなんて💦

昨年2月末に怒涛の公演中止が始まった時、池谷のぶえさんの「舞台というものが無事に上演できることは、当たり前ではなく奇跡的なことなのだと改めて感じます。」というツイートを引用させていただいて、チケット取っていたのに観劇できなくなった公演を粛々と書き留めました(こちら)。
昨年は年末までに63公演(!)観ることができませんでした。

もうあんな思いはしたくないと思っていた2021年。
4月25日から5月11日まで緊急事態宣言が発出され、今日は次々と公演中止が発表されました。昨年同様、主催者や出演者からの中止のお知らせとお詫びであふれるtwitterやインスタグラムが切ない。

私は演劇や舞台を愛する者ですが、もちろん演劇だけが特別と思っている訳ではなくて、スポーツを愛する人、音楽を愛する人、すべての人が忸怩たる思いを抱えていることは想像に難くありません。
それでも、まだ50%以下の客席収容を守って万全の感染対策を施し、幕間のロビーも静まり返っていた歌舞伎座を目の当たりにしてきたばかりですので、あんなにきちんとできていて、今まで一度もクラスター出してもいないのに、という思いは拭いきれません。

何より、お稽古を積み重ねて舞台をつくり上げてきた出演者、スタッフ、関係者の皆さまのお気持ちを思うと心が痛く、今日も星組「ロミオとジュリエット」の東京宝塚劇場初日映像を見返して泣いてしまいました。


チケットを取っていて中止となった公演 2021年

<2021年4月24日 午後11時現在>
・4月文楽公演 (国立文楽劇場)・・・吉田簑助さん最後の日をお見送りするはずでした
・宝塚歌劇宙組 「夢千鳥」 (宝塚バウホール)
・宝塚歌劇花組 「アウグストゥス/Cool Beast!!」 (宝塚大劇場) 2回
・宝塚歌劇宙組 「Hotel Svizra House」 (梅田芸術劇場)
・カメレオンズ・リップ (サンケイホールブリーゼ)
・エリザベート・ガラ・コンサート ライブ中継 (TOHOシネマズなんば) 
                 → 配信に変更可能
・月影花之丞大逆転 (オリックス劇場) 大楽


今回の宣言前に
・IF/THEN (シアター・ドラマシティ) 2回


4月26日追記
・やのとあがつま (住友生命いずみホール)



どうかこの状況が1日も早く収束して、バッハ氏来日とかに関係なく宣言が解除され、5月12日には明るい笑顔で舞台が戻ってくることを心から願ってやみません。

池谷のぶえさんの昨年のツイートを再度引用させていただきます。
「舞台という儚く尊い時間と空間を、お客様、関係者の皆さま、共演者の皆さまと一緒に、また穏やかに共有し合える日々が少しでも早く訪れるよう祈ります。」


posted by スキップ at 23:04| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2021年04月03日

ちえねねトウコ on ボクらの時代 The Deep


bokuranojidai.JPG.jpeg

フジTVで毎週日曜日にオンエアされているトーク番組「ボクらの時代」。
私も大好きで毎週録画にしていて、興味あるメンバーの時だけ見ています。

その「ボクらの時代」がオンラインイベントとなり記念すべき第1回が本日生配信。
メンバーは、安蘭けいさん・柚希礼音さん・夢咲ねねさん。
そりゃもちろん見るってものでしょう。
ちえねねトークならぬ、ちえねねとうこです。


ボクらの時代 The Deep #1
出演: 安蘭けい  柚希礼音  夢咲ねね

2021年4月3日(土) 2:00pm 配信視聴
(配信時間: 2時間)



宝塚時代はもちろん、女優としてそれぞれ活躍している今やプライベートのお話など盛りだくさん。
知っているエピソードも初めて聞くお話もとても楽しく、何度も「あははと声に出して笑ってしまいました。

当初90分の予定が2時間超を大幅に時間延長。
トーク全体を通して、安蘭けいさんの仕切りのうまさと愛ある鋭いツッコミが際立っていました。

安蘭けいさん 77期  柚希礼音さん 85期  夢咲ねねさん 89期
学年差はありますが、ともに星組で過ごしてきた3人。
私も特によく観ていた時代なのでなつかしさもたっぷり。

全部書き残したいくらいですが、以下は印象に残った会話のメモ


◆出会い

とうこさんと柚希さんの出会いは柚希さん初舞台の「ノバボサノバ」(1999年 雪組)。
当時のとうこさんはもう「白シャツ着たスターだった」そうです。
宝塚で8期違うってそんな感じですよね。

「新人公演も2回やらせていただきましたが、衣装はお借りできませんでした」と柚希さん。
でもゴルチエのシワ加工の衣装だけは着ないといけなくて、シワ加工だから助かったのだそう。
そこでとうこさんがつくった五七五
「シワ加工 ちえが履いたら ぴたパンツ」

これ、前にも聞きましたが、何度聞いてもやっぱり笑ってしまいます。
トップになって10㎏痩せたという柚希さん。退団するころにはその10㎏がきちんと戻ったそうです(笑)。

ねねちゃんはとうこさんが「赤と黒」をやった時に組替えでやってきて、「顔の小ささと首の長さ、背中のやわらかさ」がとても印象に残ったそうです。それって今も変わらずねねちゃんそのものですね。
それからしばらくねねちゃんの脚の長さトーク。


続きがあります
posted by スキップ at 21:13| Comment(2) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

2020年 エンタメモリー総括


本当にいろいろあった2020年も残りわずかとなりました。
今年がこんな年になるなんて、去年の今ごろ、お気楽にエンタメモリー総括書いていた時には思ってもみませんでした。
そんな2020年 空白の時間もありましたが、たくさんの感動に出会えたこと、本当に感謝しています。


観劇はじめライブ、トークショー、そし「配信」も含めて今年のエンタメ総数は111本。
リピートが22本ありますので、純粋な数となると89公演。
昨年はそれぞれ、147本、124公演でしたので、70~75%といったところ。
3月から6月にかけての”空白”の時期を考えると、よくこれだけ観られたなという感じです。

配信視聴は29本。89公演中29本ということで3割強です。
4月、5月、6月はナマの舞台は観ていなくて配信のみ。7月も6本中舞台は1本のみで5本が配信でした。
本当にあの頃は配信に助けられたなぁ。


内訳は
               配信 リピート  
歌舞伎・伝統芸能    35本 (19  2)
演劇・ミュージカル   31本 ( 5  4)
宝塚歌劇        39本 ( 1  16)
音楽           3本 ( 2   )     
映画           0本
その他          3本 (2   )        
計           111本 (29 22)


「宝塚ばかり観ていた」という感触だったのですが、こうしてみると3つのジャンルはまずまず均等。
「歌舞伎・伝統芸能」の配信の多さが目立ちます。
トークショーやオンラインのトークイベント等は「その他」にジャンル分けしていますが、歌舞伎家話や座談会などは歌舞伎役者さんが「舞台を待ってくださっているお客様に何かお届けできないか」という思いで始められたという認識で「歌舞伎・伝統芸能」のジャンルに入れています。
三月歌舞伎座の舞台の無料配信なども含めて、本当にありがたかったです。

宝塚歌劇もたくさん配信されましたが、私自身が基本的にあまり配信を好まず、どうしても無理という場合以外は劇場か、せめて映画館のライブビューイングを選んだこともあって、配信視聴は少なめです。


宝塚歌劇についてはちょっと興味があって組別の観劇数もチェックしてみたところ

花組   3回
月組   7回
雪組   6回
星組  13回
宙組   9回
専科   1回

今年は変則でしたので組によって公演日数にバラつきがあったとはいえ、組の好みが如実に表れていますな(^^ゞ



そして今年のチケット代がこちら。

2020sokatsu.jpg

年間合計 779,190円でした。
昨年が1,411,360円でしたので、ザクッと半減といったところでしょうか。

チケットを取っていながら中止等で観られなかった公演は62公演。
チケット代の払い戻し総額は55万円強でした。



続きがあります
posted by スキップ at 21:27| Comment(2) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

紅降臨 「紅ゆずるトークショー」


yuzuruktalkshow.jpg2021年4月に上演予定の「アンタッチャブル・ビューティー ~浪花探偵狂騒曲~」のプレイベントとなる紅ゆずるさんのトークショー。
昼夜2回のうち夜の部のビデオメッセージゲストが私のツボ過ぎて情報知るなり「行く!」となりました。
Web松竹先行、一般ともチケットは瞬殺で相変わらずの人気ぶりです。


紅ゆずる トークショー in 大阪松竹座
出演: 紅ゆずる
進行: 古川圭子(毎日放送アナウンサー)
ビデオメッセージ出演: 松本幸四郎  柚希礼音  山本耕史
2020年10月10日(土) 6:00pm 大阪松竹座 1階6列センター
(上演時間: 1時間30分)



開演とともに舞台スクリーンにレーザーで、「紅」 「降臨」の文字。
大ゼリに乗った紅さんのシルエットが浮かび上がり、片手を腰にモデル立して盆で回りながら登場という派手なオープニング。
これはご自分で考えた演出だと後のトークでおっしゃっていました。
「トークショーなのにいったいどうしたの?という演出ですが、せっかくの松竹座だし、やりたいと言ったらやりましょうかと言ってくれて・・・松竹座の人、ほんといい人!」と。

黒地にアールデコっぽいペイズリーのような柄の入ったロングワンピース。
スカートの部分は段々になっていてかわいい。黒のピンヒールでした。
昼の部とは衣装が違っていて、ご本人曰く「衣替え」とのこと。
「ナマ紅のスカート姿どう?」とおっしゃっていましたが、スラリとした長身によくお似合いでした。
ただ今伸ばし中という髪はハーフアップ。
「私はずっと光を浴びていなかった影の女。今日は光合成したいと思います」という紅さん。スポットライトを浴びて輝くばかりの美しさでした。

司会の古川アナウンサーは個人的に紅さんのFCに入っていたくらいのガチヲタ。
ちちんぷいぷいの中で「青い星の上で」を紹介された時も話題になった方です。


キーワードトーク

箱に入った紙を引いて、書いてあるキーワードをテーマにトーク。
出てきたワードは、「大阪弁」「髪型」「歴女」「イヤリング」「粉もん」でした。
「歴女」では何度も屯所跡に行ったほど新選組大好きという話になって、宝塚時代「新選組やるか」という話もあったけれど、新選組ファンがどれだけ熱烈か知っているのでそれはご辞退したとおっしゃっていました。

トップ時代かな?
もし実現してたら近藤 土方 山南 沖田 斎藤…星組でどんな配役だったかと妄想膨らみました。

これまでピアスは一度もしたことがない紅さん。
「イヤリング」では、「最近イヤリングとイヤカルス」とイヤカフに心踊らせてます・・・だからと言って送ってと催促してる訳じゃないですよ・・・別に送ってくださってもいいですけど」(笑)

ビデオメッセージは一人ずつ映写されるとその人について紅さんがコメントする形。
どの人の時も本当にうれしそうに微笑みながら見ていらっしゃった姿が印象的でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:18| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

柚希さんのバースディをケーキでお祝い


onlinebirthday.JPG6月11日にお誕生日を迎えた柚希礼音さん。
毎年お誕生日にはファンクラブでイベントが催されていたのですが、これまで毎年参加していたという訳ではありませんが、今年はさすがに開催自体無理だなぁと思っていたところ、こんなお知らせが


柚希礼音 ONLINE Birthday Party
2020年6月14日(日) 2:00pm LINE LIVE配信 (約70分)



わぉ!となりまして、即チケット購入、今日をとても楽しみにしていました。

「ちえちゃんにはバースディケーキをご用意しています。一緒にケーキでのお祝い気分を味わいたい!という方はご自身用のケーキをご用意くだだい」と事前に告知されていましたので、午前中に張り切って地元のパティスリーにケーキ買いに行って、30分前からスタンバイ(^^ゞ



最初に乾杯ならぬみんなでケーキ
柚希さんは大好きというチーズケーキ。
スタッフさんが用意された「REON」というネームプレートが乗ったチーズケーキはしろたえのらしく、
「しろたえの」「しろたえのチーズケーキ!」と何度も言って喜ぶ柚希さん可愛すぎw

FCイベントということで、詳細のレポは控えますが、盛だくさんでとても楽しかったです。
「ボディガード」はじめ舞台の話の数々
天霧真世さん、涼紫央さん、CHIHARUさん、陽月華さん、夢咲ねねさんからのビデオメッセージ
「LEMONADE」、「REON/GO ON!」の舞台映像(どちらも映像化されていないのでとてもレア)
さらには「青い星の上で」のお話・・・ここでもとても貴重な動画を見せていただきました。


「青い星の上で」は配信開始された朝、一番先に礼真琴くんから「感無量です」とメッセージが届いたことは先日のインスタライブでもおっしゃっていましたが、公演でこの曲を歌われた稔幸さんや小池修一郎先生などたくさんの方から反応があったとか。
小池先生は「誇りに思う」とおっしゃってくださったというお話を伺って、胸がいっぱいになってまた涙。

たくさん笑ってちょっと泣いて、メッセージたくさん送って、とても楽しく幸せな気分に満ちたバースディパーティでした




onlinebirthday2.JPG.jpeg


お祝いのケーキはこちらで

POIRE (ポアール
大阪市阿倍野区帝塚山1-6-16)
tel:06-6623-1101


おいしそうなケーキばかり並ぶ中からこの2つをチョイス

・シトロン ~瀬戸内レモンの香り~
   瀬戸内レモンのケーキ ヨーグルトムースとパッションフルーツのジュレ
・リチ
   香り高いライチムースに甘酸っぱいフランボワーズジュレ コク深いガトーショコラの組合わせ


onlinebirthday4.JPG.jpeg  onlinebirthday3.JPG.jpeg


ポアールといえばこれでしょ、のプチシューはもちろん必須
そして泡でひとり乾杯であります




柚希さん、スタッフの皆さま、ステキな企画をありがとうございました のごくらく度 (total 2107 vs 2112


posted by スキップ at 23:09| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

ついに50万円突破


refund.jpg


2月29日の「シリーズ舞台芸術としての伝統芸能 文楽」に始まって、公演の中止とチケットの払い戻しが延々と続いています(一番先のものは7月5日の「未練の幽霊と怪物」)。
中止となった公演は右サイドバーの「2020 エンタメモリー」の一番下、「公演中止等で観られなかった舞台」で記事とリンクさせていますが、現時点で54公演となりました。

あまりにも数が多く、払い戻しの手続きや返金方法も多様なので、ある時点からExcelでリストにして管理しているのですが、返金額もついに50万円を突破。
私ってば小金持ちじゃん、とは思いますが、当然のことながらちっともうれしくない。
(いやしかし、「観劇好き」でなければもっとお金が貯まっていたはず?とは思うよね。)

チケットを取る時って複雑な過程でも嬉々としてやってきたのに、払い戻しの手続きってどうしてこんなに面倒に感じるのでしょう。


舞台を観ることがもちろん一番の楽しみですが、ドキドキして時報聞きながら10:00きっかりにサイトにアクセスしたり、「〇月〇日までにエントリー」とカレンダーに書き込んだり、抽選結果に一喜一憂したり、取れたチケットが神席でめちゃ幸せな気分になったり・・・「チケットを取る」プロセスも含めてエンターテインメントだなぁと改めて感じる今日このごろであります。



大変でもあり楽しみでもあった「チケ取り」の喜びも奪われている の地獄度 (total 2090 vs 2098 )


posted by スキップ at 23:16| Comment(2) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする