2024年04月07日

「ゲキ×シネ ポスター&衣裳展」であの頃のトキメキを思い出す


gekicine1.jpg


星組マチソワの間はお向かいの日比谷シャンテで開催中のこちらへ。


「ゲキ×シネ ポスター&衣裳展」
日比谷シャンテ 3F 特設会場


ゲキ×シネ20周年を記念して、第1作「髑髏城の七人〜アカドクロ」から最新作「天號星」まで
全27作のポスターと「天號星」の衣装を展示するという企画展です。

冒頭の画像は入口のボード。
右側のモニターにゲキ×シネの動画が次々映し出されていたのですが、何気なくスマホ向けたのに大好きなライの大好きな表情が写り込んでいて、この瞬間を捉えた自分とiPhoneをほめたい。



gekicine6.jpg

gekicine7.jpg

gekicine8.jpg

ポスター27枚 
やっぱり全部撮りますよね←

「アカドクロ」公開がもう20年も前かと遠い目にもなるというものですが、一つひとつ、たくさん心を動かされた思い出のある作品ばかりです。

・舞台中継などを含めて舞台を映像化したもの元々苦手(ライブ中継除く)
・ゲキ×シネ独自の編集やエフェクトがこれまた苦手
・物理的に時間がない

などの理由から、舞台は全部観ているものの、ここ数年はご無沙汰気味のゲキ×シネですが、ポスターを見ていたら公開を心待ちにしていたあの頃のトキメキがフラッシュバックしたのでした。



gekicine9.jpg

27枚のポスターの中では、やはり「朧の森に棲む鬼」がピカイチに好きだなぁと。
鬼リピした舞台が甦ります。
実はこのポスター染五郎さん(現 幸四郎さん)サイン入りのものを持っていますとプチ自慢(≧▽≦)
サインといえば、松竹座での大千穐楽の幕間、罰ゲームの古田新太さんにサインいただいたのもよい思い出。



gekicine10.jpg

展示された小道具の「朧」の文字にも反応😆


gekicine12.jpg


gekicine11.jpg

新感線の小道具は細部まで本当に凝っていて、つい見入ってしまいます。



gekicine4.jpg


gekicine3.jpg


gekicine5.jpg

4月5日公開の最新作「天號星」
左から、早乙女太一さん、古田新太さん、早乙女友貴さんの衣装を展示。
舞台版とはまた雰囲気が変わったポスターもカッコいいです。



tohoenter.jpg

お向かいTOHO entertainment STORE に芳雄氏とイチロさんのサインが飾られていました。
ついでと言っては失礼ながら写真に収めましたの。



gekicine2.jpg



最後に観たゲキ×シネはいつだったかと調べてみたら「蒼の乱」(2015年)でした ごめんなさい💦 の地獄度 (total 2258 vs 2262 )

posted by スキップ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2024年03月28日

初見参! SkyシアターMBS


skytheatermbs1.jpg


本日は「中村仲蔵 〜歌舞伎王国 下剋上異聞~」を観に行ってきました。
この作品は、SkyシアターMBS のオープニングシリーズ。

昨日(3月27日)にオープンしたばかりの劇場はどこもぴかぴか✨でした。


SkyシアターMBS
大阪市北区梅田3-2-2 JPタワー大阪6F


skytheatermbs2.jpg

大阪駅前のJPタワー(旧大阪中央郵便局があった場所)の6階にあります。
大阪駅の神戸方面寄りの一番端に「西口」というこのビルのためにつくったと思われる新しい出口ができていて、改札口から直結でした。

帰りは地下ルートを通ってみたのですが、ハービスENT の前にこれもまた新しくできた通路に出ました。

JPタワーのオープンは7月ということで、テナントもまだ営業しておらず、ビルに入ってからのアクセスはエレベーター3基のみ。
ビルがオープンしたらエスカレーターも稼働するようです。



skytheatermbs4.jpg

入口はこんな感じ



skytheatermbs3.jpg

冒頭の画像はロビーを下から撮ったものでこちらは2階からロビーを見下ろしたところ
大阪駅ビューの窓が大きくて明るい雰囲気。
カフェコーナーのあるロビーは思ったより狭めで、グッズ販売もここでやっていますので開演前は結構混雑していました。



skytheatermbs5.jpg

1階の座席
千鳥配置の座席はG列から段差があって、後方は結構段差が大きいので視界良好です。
座席のピッチや横幅は前宣伝ほどには広くない感じ。


skytheatermbs6.jpg

2階からの眺め
1階のN列かO列の上あたりになる感じで思ったより舞台が近く見えました。

シアターBRAVA! のアップグレード版といった印象です。
ただし、音響は段違いにこちらの方がGood


座席数 1289席。
1030席の森ノ宮ピロティホールより少し大きい感じでしょうか。
これからこの場所で、どんな作品たちに出会えるのか、本当に楽しみです。



春と一緒に新しい劇場がやってきた! のごくらく度 (total 2257 vs 2260 )


posted by スキップ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2023年12月31日

2023 Best Nine on Instagram


こちらも年末恒例 Instagramのベストナインです。
2023年に187枚の画像を投稿して20.8K いいね!をいただいたスキップ's best nine がこちら。


bestnine2023.jpg


全体的に青い

昨年はほぼ真性ヅカヲタ認定されましたが、今年は歌舞伎の画像も2枚ランクイン。
“たまーに歌舞伎も観るヅカヲタ” という本来の姿に戻りました😅

たくさん食べたおいしいものたちが今年も入っていないのはちとザンネン。

Instagram は見るのも投稿するのも大好き。
ブログまでにはなかなか手が回らない観劇感想もとの都度postして、後で読み返して「そうそう!」と思ったりしています。


今年もたくさんのいいね❣️や温かいコメントをありがとうございました。
来年もよろしくお付き合いくださいませ。


ベストナイン2023

1 阪急梅田駅サイネージ (1/5)
2 星組「ディミトリ/JAGUAR BEAT」(東京宝塚劇場 1/14)
3 柚希礼音ディナーショー  (ホテル阪急インターナショナル 8/11)
4 宙組「カジノ・ロワイヤル」初日(宝塚大劇場 3/11)
5 宝塚歌劇の殿堂 花組(7/10)
6 星組「1789 -バスティーユの恋人たち-」大劇場千秋楽(宝塚大劇場 7/2)
7 花組「うたかたの恋/ENCHANTEMENT」(宝塚大劇場 1/2)
8 俳優祭(国立劇場 9/29)
9 松竹座船乗り込み(道頓堀川 6/29)



2024年もたくさん楽しい画像postできますように のごくらく度 (total 2436 vs 2434 )

posted by スキップ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2023年 エンタメモリー総括 


昨年に続いて今年も、感想を書けていない舞台がたくさんあって、総括する前にそれを書けよ、という感じですが、やはりこれをやっておかないと次の年へと踏み出せない気がしますので、不本意ではありますが現時点で今年のエンタメモリーを総括したいと思います。

コロナを巡る状況は少し落ち着いてきて、かつてのように一公演まるまる中止ということはなくなりましたが、それでも突然の”公演中止”が散見されました。
それに加えて、宝塚でも歌舞伎の世界でも、人の命にかかわる事案が起こって、私たち観る側にとっても重く厳しい年となってしまいました。
そのような状況の中、熱い思いで懸命に舞台に取り組み、いつも全力で最高のパフォーマンスを見せてくれた出演者はじめスタッフ、舞台関係者の皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。


そんな2023年 スキップのエンタメモリー総括。

観劇はじめライブ、配信含めた今年のエンタメ総数は163本。
昨年2022年は156本、2021年が155本でしたのでほぼ同じくらいの数かなぁと思いきや・・・今年は宝塚歌劇を中心にチケット取っていながら中止となって観ることができなかった公演がなんと18公演ありまして、それを合わせると181本ととんでもない数になっているところでした💦

そしてこれもやはり例年同様、リピートが多く47本(宝塚歌劇40・その他7)ありましたので、純粋な数は116公演。
友人から”刹那的”とよく言われますが、「観たいものは観たい時、観られる時に観ておかなければ」という飢餓感がいつもあるのは元より、昨年も書きましたが、宝塚については「いつ中止になるかわからない」という危機感から、本公演、別箱公演にかかわらず公演期間の序盤・中盤・終盤と分散してそれぞれチケット取るのがデフォルトになっています。



163本の内訳は
                配信/リピート  
歌舞伎・伝統芸能    25本  (1/0)
演劇・ミュージカル   46本  ( 0/6)
宝塚歌劇        82本  (3/40)
音楽           2本  ( 0/0)  
映画           3本 ( 0/0)
その他          5本  (0/1)    
計           163本  (2/47)


一昨年から爆増した宝塚歌劇は爆増のまま維持・・・きっとこれからもこのペースでいくでしょう(^_^;)
やはりリピート回数がとても多く、純粋な公演数は42公演で演劇・ミュージカルより少なくなっています。
今年は姫路、小倉と2回平成中村座に行ったこともあって、歌舞伎が少し増えています。
遠征は東京が13回、名古屋1回、博多2回、小倉1回。九州に年3回も行くななんて!



5回以上行った劇場は

宝塚大劇場       28回 
宝塚バウホール     9回
東京宝塚劇場      6回
シアター・ドラマシティ 15回
梅田芸術劇場       11回
兵庫県立芸術文化センター中ホール 9回
森ノ宮ピロティホール       6回
COOL JAPAN PARK OSAKA  5回
南座          5回


宝塚関係の劇場の多さよ。
ドラマシティや梅田芸術劇場でも宝塚の公演よく観ました。
この他に宝塚ホテルに4回行っていますが、すべて宝塚がらみでした。



宝塚歌劇の組別の観劇数は

花組   9回
月組   15回
雪組    13回
星組    30回
宙組   14回
その他   1回

今年は宝塚大劇場公演1作品だけだったにもかかわらず、星組の多さは相変わらずで、他の組は平均的に観ている感じ。
その他の1回は宝塚音楽学校の文化祭です。昨年から観ていて、若い人たちのがんばりがとてもすばらしく、文化祭で顔を覚えた人たちが本公演の舞台に立つ姿はいつも胸熱です。



2023年のチケット代集計は

2023entermemory.jpg


年間合計 1,447,700 円でした。
観劇本数同様、昨年とほぼ横ばい(というか微増)です。



そして 2023年のマイベストスリー


続きがあります
posted by スキップ at 12:39| Comment(4) | TrackBack(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2023年09月12日

月組愛に満ち満ちた時間 「第4回 Suu's Room」


suusroom092.jpg


宝塚ホテル支配人 憧花ゆりのさんの Suu's Room
今回はゲストに初めてヅカOGを迎えるということで、行く気マンマン。
・・・だったのに発売日を見逃していて翌日に電話をして何とかチケット取れましたが、ほどなく完売になるという人気ぶりでした。


第4回 Suu's Room
すーさんとゲストのおしゃべりタイム
~お月様の輝く夜に~

出演:憧花ゆりの   ゲスト:光月るう
 
2023年9月8日(金)宝塚ホテル 宝寿の間
18:30-19:45 ディナー
19:45-21:00 トーク



月組カラーの黄色・・・というか綺麗なたまご色のドレスをお召しのすーさん。
そのすーさんの紹介で会場後ろのドアから登場されたるうさんも同じたまご色のパンツスーツ。
るうさん初舞台作品「LUCKY STAR!」主題歌が流れる中、自ら歌って(「香寿たつきさんの歌が流れてるのに」とすーさんに言われてた(≧▽≦))客席練り歩いてステージにいらっしゃいました。


86期と88期。生粋の月組っ子のお二人。
すーさんから組長を受け継いだのがるうさんで、組長としての苦労話はもちろん、お互いのこと、作品のこと、お稽古のこと・・・月組愛に満ち満ちた、とても楽しいトークが繰り広げられました。


🌙組長として

通常の公演は
1.集合日
2.お稽古
3.自主稽古
4.通し稽古
5.オーケストラ打合せ
6.舞台稽古
7.初日
8.公演
9.新人公演
10.千穐楽

という流れで、組長のお仕事はこの他に
・冠婚葬祭の連絡
・組の決まりごとの管理
・組費の管理
・スタッフ連絡
・代表挨拶
・休演者や災害時の対応
・お稽古見学、アドバス
などがあるそうです。自分の役を深めながらの重責なので本当に大変そう💦

るうさんは副組長1作で組長に就任することとなった時にすーさんから「自分を大事にしいや」とだけ言われたそうです。
これについてすーさんは「組子の気持ちを汲み取っていく中で自分を見失う瞬間があって、そうなってほしくないと思っていました」とおっしゃっていました。
るうさんは「すーさんは自分に課していらして、すーさんを見ていた時の方が苦しかった。早く楽にしてあげたいと思っていた」そうです。


続きがあります
posted by スキップ at 17:55| Comment(2) | TrackBack(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2023年08月20日

衣裳だけでもカッコイイ! 「薔薇とサムライ2 海賊女王の帰還」衣裳展


barasamu2costume1.jpg


8月9日に上京した際にこちらも見ました(ついでと言っては失礼ながら(^▽^;)


ゲキ✕シネ公開記念
劇団☆新感線「薔薇とサムライ2-海賊女王の帰還」衣裳展


日比谷シャンテ 3階特設会場

新感線の衣裳展は以前にも見たことがありますが(竹田団吾さんだったかな)、一つの作品に特化したものは初めて。
いつもながら本当に細部に至るまで緻密かつゴージャス。
天海祐希さんアンヌ女王はもちろん、メインの役ほとんどの衣裳が展示されていました。


barasamu2costume2.jpeg.jpg

これを着ていた天海さんの姿がアリアリと目に浮かびます。



barasamu2costume3.jpg


barasamu2costume5.jpg

どの衣裳もとてもよく似合っていましたし、カッコイイことこの上ない。
それにしても、これが実物大と思うとやっぱり天海さんデカいなw



続きがあります
posted by スキップ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする