2022年12月30日

2022年 エンタメモリー総括


7月以降に観た舞台の感想がほとんど書けていない中、総括どころではないのですが、これをやっておかないと次の年へと踏み出せない気がしますので、甚だ不本意ながら現時点で今年のエンタメモリーを総括したいと思います。

コロナを巡るエンタメ界の状況は一進一退という様相で、当初のように”公演自粛”という形こそなくなったものの、一人でも体調不良者が出ると公演中止となってしまうケースが多く見られるようになりました。
そのような状況の中、「八月納涼歌舞伎」や、宝塚歌劇星組の全国ツアー公演「モンテクリスト伯/Gran Cantante!!」、そしてまさにタイトルを地で行く「ショウ・マスト・ゴー・オン」のように、代役を立てて何としても舞台を継続するという、役者さんはじめ関係者の皆さまの思いに何度も胸が熱くなった年でもありました。


そんな2022年 スキップのエンタメモリー総括。

観劇はじめライブ、配信含めた今年のエンタメ総数は156本。
昨年2021年が155本でしたのでほぼ同数となりました。
そしてこれもやはり昨年同様、リピートが多く47本ありましたほぼ宝塚なのだけれども😅)ので、純粋な数は109公演。
「観たいものは今観ておかなければ」という危機感や飢餓感のようなものが常に働くのも昨年、一昨年と同じで、特に宝塚歌劇の公演は本公演、別箱公演に限らず公演期間の最初の方、中頃、終盤と分散して複数回チケットを取る、というのがデフォルトとなりました。

配信視聴は8本。
元々舞台作品を映像で観るのが苦手なこと、配信と映画館のライブビューイングと両方ある場合は迷わずLVを選ぶということもあって、昨年の17本からほぼ半減。配信でしか観られないものしか観なくなりました。


156本の内訳は
                配信/リピート  
歌舞伎・伝統芸能    20本  (1/0)
演劇・ミュージカル   45本  ( 1/5)
宝塚歌劇        80本  (6/41)
音楽           4本  ( 0/0)  
映画           3本 ( 0/1)
その他          4本 (0/0)    
計           156本  (8/47)


昨年爆増した宝塚歌劇は爆増のまま維持(^^ゞ
とはいえ、やはりリピート回数がとても多く、純粋な公演数は39公演で演劇・ミュージカルより少なくなっています。
関西の歌舞伎公演が減少し、ほぼ東京でしか観られない中、上京を極力控えてる現状では致し方ないというところも昨年同様かな。
ちなみに、今年の上京は6回(他に名古屋遠征が1回)。昨年より1回多く東京へ参上しました。


宝塚歌劇の組別の観劇数は

花組   10回
月組   14回
雪組    16回
星組    28回
宙組   11回
その他   1回

相変わらず星組の多さよ(笑)。
2022年の星組は宝塚大劇場・東京宝塚劇場の本公演2回の他に御園座、別箱、全国ツアー公演、バウホール、さらには宝塚ホテルでのミュージックパフォーマンスと追いかける方にとってもなかなか忙しい1年でした(別に追いかけなくてもよろしい)。
その他の1回は宝塚音楽学校の文化祭です。初めてナマで観ましたが、本公演とはまた違った緊張感も楽しさもあって、もしチケットが取れたら来年もぜひ観に行きたいところです。


2022年のチケット代集計は

2022entermemories.JPG


年間合計 1,330,800 円でした。
観劇本数横ばいですが、チケット代合計は昨年の1,416,430円から若干減少しています。



続きがあります
posted by スキップ at 22:49| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2022年11月10日

熱量とボリューム 「展覧会 岡本太郎」


okamototaro1.jpg


岡本太郎さん(1911-1996)の回顧展。

今も大阪のアイコン的存在の「太陽の塔」をはじめ、いくつかの作品を断片的に見たことはありますが、こうしてまとめて拝見するのは初めてでした。
パリ留学留学時代の1925年の作品から始まって、1995年の未完の作品「雷人」まで、水彩や油絵はもちろん、彫刻やブロンズ、陶器など、没後開催された回顧展の中で最大規模なのだそうです。圧巻のコレクションで見応えたっぷり。
全作品写真撮影OKという太っ腹。音声ガイドは阿部サダヲさんでした。

今年2月に開館してずっと行きたいと思っていた大阪中之島美術館もこれがデビューでした。


展覧会 岡本太郎
2022年9月29日(木) 大阪中之島美術館



okamototaro3.jpeg okamototaro4.jpeg

前のめりの太陽の塔 カワイイ



okamototaro2.jpeg

会場に入るとこれがドーン!



okamototaro11.jpeg

「自画像」 
鉛筆で描かれた1950年の作品



続きがあります
posted by スキップ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2022年10月11日

6日で6本 + 4日で5本


この3連休は毎日どこかの劇場に足を運んでいましたが、今週、来週、関西では魅力的な舞台公演が重なっていて、私のスケジュールも大変なことになっています←

それは3連休の前から始まっていて、

10/5 「日本怪談歌舞伎」 (松竹座)
10/6 「蒼穹の昴」  (宝塚大劇場)
10/7 「ヘンリー八世」 (シアター・ドラマシティ)
10/8 「天の敵 」(サンケイホールブリーゼ)
10/9 「グレート・ギャツビー」 ライブ中継( TOHOシネマズなんば)
10/10 「阿修羅のごとく 」(兵庫県立芸術文化センター)

毎日楽しい観劇ライフですが、input が多すぎて output が全く追いつきません💦
それでなくてもまだ書けていない舞台の感想たくさん溜まってるのに・・・。

さらには、
10/12-15の4日間も

NODA・MAP「Q」x2回・「薔薇とサムライ2」・「夜の女たち」・宝塚歌劇花組「フィレンツェに燃える」と続きまして・・・あれ?4日間なのに5本って??←
これでも取れ過ぎた「Q」と「薔薇サム」1本ずつ手放したのですけれど💦



10月全体では19本 どう考えても頭おかしいでしょう の地獄度 (total 2341 vs 2347 )


posted by スキップ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2022年08月10日

すーさんとゲストのお喋りアフタヌーンティー


suusroom2.jpeg

元宝塚歌劇団月組組長で、現在は大学で音楽を学ぶ傍ら、宝塚ホテル支配人としてご活躍のすーさんこと憧花ゆりのさん。
そのすーさんがゲストを招いて、アフタヌーンティーとともに楽しむトークセッション。
退団後初めての”お茶会”という位置づけで、コロナ禍以降、ジェンヌさんのお茶会はすっかりなくなってしまって寂しい思いをしている中、とても楽しみにしていました。


Suu's Room
~すーさんとゲストのお喋りアフタヌーンティー~
The 1st Tea Time
「歌劇とホテルで夢のつづきを」
出演:憧花ゆりの   ゲスト:松澤壱子

2022年8月7日(日) 1:00pm 宝塚ホテル 宝寿の間
(お茶会時間:2時間15分)



suusroom1.jpg


鮮やかな黄色いワンピースで登場した憧花ゆりのさん。
この日のテーマにちなんで、セザール・リッツ氏が1898年にオープンしたホテル・リッツから始まる「ホテル」についての解説をスクリーンの映像とともに。

ゲストの松澤壱子さんはホテルジャーナリスト。
すーさんは2020年に宝塚ホテルの支配人に就任して、現役のころとは比べものにならないくらいたくさんの取材を受けたそうですが、その中で最も印象に残ったインタビュアーが松澤さんで、衝撃を受け、ぜひ今回のゲストにとお願いしたそうです。

最初の1時間 すーさんと松澤さんのトーク。
その後アフタヌーンティーがサーブされて、その間にすーさん、松澤さんへのご質問を募って(テーブルに質問用紙が置いてありました)、30分後ぐらいからまたお二人が出ていらして質問箱から抽出した質問に答える、という形。
さらに、帰り際は、テーブル列ごとの規制退場だったのですが、一人ずつステージの前を通って、すーさん、松澤さんと短いご挨拶もできるというおまけつきでした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2022年05月02日

舞台という儚く尊いキセキ 2022


2020年、2021年とアップしてきたこのエントリー、今年こそは中止になる公演なんてありませんようにという願いもむなしく、年初からオミクロン株が猛威をふるい、中止の公演も続出しました。
公演に向けて稽古を重ね、細心の注意を払い、準備をして舞台をつくり上げてきた出演者ならびに関係者の方々のお気持ちを思うと本当に心が痛みます。

そして、少し落ち着いてきたのかなと思っていたここへ来て、宝塚歌劇星組公演が、4月30日から公演中止となっています。
108期生の一生に一度の初舞台公演でもあり、1日でも早く再開されることを心から願っています。


3年続けてになりますが、2020年の池谷のぶえさんのツイートを再度引用させていただきます。

「舞台という儚く尊い時間と空間を、お客様、関係者の皆さま、共演者の皆さまと一緒に、また穏やかに共有し合える日々が少しでも早く訪れるよう祈ります。」



チケットを取っていて中止となった公演 2022年

宝塚歌劇雪組 「ODYSSEY-The Age of Discovery-」 
        (1/18 東京国際フォーラム ホールC)
宝塚歌劇宙組 「NEVER SAY GOODBYE」(2/10・2/13・2/17 宝塚大劇場)3回
宝塚歌劇星組 「ザ・ジェントル・ライアー」 (2/13 宝塚バウホール)
宝塚歌劇星組 「めぐり会いは再び/グラン・カンタンテ」
        (5/1・5/3・5/5・5/8 宝塚大劇場)4回
宝塚歌劇宙組 「カルト・ワイン」 (7/6 シアター・ドラマシティ)
ガイズ&ドールズ (7/7 帝国劇場)
宝塚歌劇月組 「グレート・ギャツビー」 (7/17・8/11・8/14 宝塚大劇場) 3回
宝塚歌劇雪組 「心中・恋の大和路」 (7/28 シアター・ドラマシティ)
宝塚歌劇月組 「グレート・ギャツビー」新人公演 (8/8 宝塚大劇場)



posted by スキップ at 21:52| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2021年12月30日

2021年 エンタメモリー総括


毎年感じてはいるのですが、今年は本当に目まぐるしく時が過ぎ去って、あっという間の1年でした。
世界中がコロナ禍の中、わが愛するエンタメ界も大打撃を受け、公演中止や延期が相次いだ2020年と比べて、少しずつ日常が戻り、明るい兆しも見え始めたように感じる2021年・・・とはいえ、初日を迎えた公演に「どうか最後まで無事に上演できますように」と祈るような日々は相変わらずです。

そんな私の2021年エンタメモリー総括。

観劇はじめライブ、配信含めた今年のエンタメ総数は155本。
ただしリピートがとっても多くて51本ありますので、純粋な公演数は104公演。
中止や休演が相次いだ昨年が111本 89公演、一昨年は147本 124公演でしたので、本数だけ見ればコロナ禍前に戻った感じでしょうか。

「観たいものは今観ておかなければ」という危機感や飢餓感のようなものが常に働いて、観られる機会を拾っていったという感触です。
また、後で述べますが、宝塚歌劇の観劇数が爆増しているのですが、これは作品がよかったのはもちろん、緊急事態宣言下で空席が目立つ客席に心を痛め、少しでも協力したいとチケット救済依頼等にはできる範囲で応えていった結果、予定より観劇数が増えたという経緯もあります。

配信視聴は17本。
昨年の4月から7月にかけて、ナマの舞台が観られず配信が本当にありがたいと思っていましたが、元々舞台作品を映像で観るのが苦手なので、ナマの舞台が観られるなら配信はできるだけ避けたい、配信と映画館のライブビューイングがある場合は可能な限りLVを選んできました。


内訳は
                 配信/リピート  
歌舞伎・伝統芸能    19本   ( 2/0)
演劇・ミュージカル   44本  ( 1/4)
宝塚歌劇        83本  (11/47)
音楽           7本  ( 2/3)  
映画           0本
その他          2本  ( 1/0)    
計           155本  (17/54)


上述しましたが、宝塚歌劇爆増。
とはいえ、リピート回数がとても多いので、純粋な公演数は36公演で演劇・ミュージカルより少なくなっています。
歌舞伎・伝統芸能が少なくなってしまうのは、関西の歌舞伎公演が減少し、ほぼ東京でしか観られない中、上京を極力控えてる現状では致し方ないところかなとも思います。

ちなみに、今年の上京は5回(他に博多座遠征が1回)。
昨年1回だけだったことを思うとこれでもずい分戻ってきました。


宝塚歌劇の組別の観劇数は

花組   9回
月組   18回
雪組   15回
星組   28回
宙組   7回
専科   1回
その他  5回

星組の多さよ(笑)。
星組は今年の大劇場公演2公演とも東京宝塚劇場でも観たくらいで、「星組好きだー!礼真琴大好きだー!」を実感した1年でした。
その他にはエリザガラコンなどが入っています。


そんな2021年のチケット代集計

2021enterteinmentmemory.JPG


年間合計 1,416,430円 でした。

これも昨年 779,190円、2019年が1,411,360円でしたので、ほぼ元の水準に戻った感じです。


チケットを取っていながら中止等で観られなかった公演は13公演。
これは昨年の62公演からグッと減りました。
中では、宝塚歌劇宙組バウホール公演「夢千鳥」が公演途中で中止になって、「もう1日前のチケット取ってたら観られたのに~」というのが一番悔しかったです。もちろん主演の和希そらさんはじめ出演者、スタッフの皆さまの悔しさの比ではありませんが。


5回以上行った劇場は

宝塚大劇場            41回 
兵庫県立芸術文化センター中ホール 11回
シアター・ドラマシティ      10回
梅田芸術劇場            9回
歌舞伎座              8回
TOHOシネマズなんば        6回
宝塚バウホール           5回
オリックス劇場           5回


そりゃ宝塚大劇場多いですよね(^^ゞ
TOHOシネマズなんばの6回も全部宝塚歌劇千秋楽のライブ中継です。
5月23日の星組「ロミオとジュリエット」千秋楽は大阪も兵庫も映画館クローズとなっていて、でもどうしても配信ではなくLVで観たくて、はるばる奈良県のTOHOシネマズ橿原まで観に行ったのも、今となってはよい思い出です。



さて、2021年のマイベストスリー


続きがあります
posted by スキップ at 23:15| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする