2021年07月10日

舞浜直行直帰


ambassadorhotel.jpeg

昨日は舞浜アンフィシアターへ宝塚歌劇星組「VERDAD!!」を観に行きました。
当初、この公演は観る予定はなかったのですが、7月2日に初日が開いていろいろな方のレポを読んでいるうちに「これは観ておかないと絶対後悔するやつ」となりまして、それからチケット探し始めたので、マチソワ2枚のチケットを手に入れ、乗り継ぎを調べ、新幹線を手配し終えたのが4日前という慌ただしさでした。


大体「舞浜」って・・・。

まだディズニーシーがなかったころ、東京ディズニーランドに一度だけ行ったことがあるのですが、どうやっていったかも忘れてしまったくらい大昔のことっていうくらい、ディズニーランドには興味もご縁もない不肖スキップ。
学生時代、カリフォルニアでホームステイしていたころはディズニーランドが大好きで、アナハイムに何度も行ったことを思うと、人って変わるのね、と我がことながら感慨深いです。


という感慨はさておき、今回も新幹線は結構やきもきさせてくれました。

今週、大雨で熱海はじめ各地で大変な被害が出て、新幹線も運休してしまったり、一抹の不安を抱えていたのですが、昨日朝の大阪はスカッと晴れて、「そうよ、私は晴れ女なのよ」と自信を取り戻しつつ新幹線に乗車しました。
ところが、掛川あたりまで来たところで急に列車が止まり、「昨日の大雨の影響で熱海駅付近で安全確認のため運転を見合わせます」とアナウンスが。
舞浜までの乗り継ぎと駅から劇場までのアクセス調べて、ぴったりの時間の新幹線を選んでいるので、少しでも遅れたらアウトなのですが、全く動く気配はなくて「詰んだー」と覚悟しました。
この電車に乗れればギリギリ開演に間に合う、という京葉線の時刻を調べて、他にアクセスないかと思案しているところで動き始めました。
すごく長く感じましたが15分くらいだったでしょうか。
その後も静岡でまた停まったり、ノロノロ運転になったりして、東京駅には予定の25分遅れで到着。

ここから京葉線ホームまで猛ダッシュ(聞きしに勝る遠さでした💦)。
標準乗り換え時間15分のところ、10時10分に東京駅について、10時18分発の電車に乗れまして、10時31分 舞浜駅着。
11:00開演に楽々間に合いました。


そして帰りですよ。


続きがあります
posted by スキップ at 22:42| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする

2021年06月16日

新幹線受難の日


昨日は2ヵ月ぶりで東京に行ってきました。
歌舞伎座に直行直帰して六月大歌舞伎 第二部・第三部を観て、その間もお隣の文明堂でお茶、という1日でしたので、「東京へ」というより「東銀座へ」という方が正しいかもしれません。

朝 8時10分ごろ 浜松-三河安城間で停電が発生したため新幹線運転見合わせの一報が入りました。
でもまぁ、私が乗車するのぞみは10時57分 新大阪発だし、それまでには回復するでしょ、とタカをくくっていたところ、その通りになりまして、定刻どおり品川駅に到着。


さて、帰りです。

歌舞伎座終演後、タクシーで東京駅まで行き、少し買物もして予定通り 午後8時21分発ののぞみに乗車。本日の予定も無事コンプリート・・・と思っていた矢先、品川駅を出たあたりで、「小田原駅で線路内に人が立ち入り、列車と接触したため熱海-新大阪間で上下線とも運転を見合わせています。そのため、この列車も次の新横浜駅でしばらく停車いたします」とアナウンスが入りました。


💣 💣 💣


新大阪駅から地下鉄経由で最終的に最寄り駅までの電車に乗るにはこの新幹線が最終ですので、この時点で天王寺からタクシーは確定。

新横浜駅で停車している間に「現場では警察と消防が来て現場検証中」「線路の安全確認中」と刻々と状況説明がありましたので、今どんな状況かわからないということはありませんでした。
が、「運転再開には相当な時間がかかる見込み」ということで

「社内販売のワゴン車が皆さまのお席に着くころには売り切れている可能性がありますので、どうぞ今のうちに新横浜駅の売店で飲物や食べ物をお買い求めください」といったアナウンスも。
私はこの時点でお弁当食べ終えていておかないっぱいでしたが、飲物は買いましょうとホームの売店へ。お茶を買った直後に売店は閉店。
食べ物もあまりなくて、カロリーメイトとか買っている方もいらっしゃいました。
「ホームの売店は午後9時で閉店しました。階段を降りた下の売店は午後9時30分まで開けておりますのでそちらで・・・」といったアナウンスも。
何かとご親切。

運転再開して新横浜駅を発車したのは午後9時40分ごろだったでしょうか。
この時点で56分遅れということでしたが、途中「前に列車が混んでいる」ということで(そりゃそうでしょ)、何度か停止したりノロノロ運転になったりで、結局新大阪駅には定刻の90分遅れで到着。

新横浜駅に停まっている間も運転再開してからもLINEやTwitterで心配してくれる友人たちとやり取りしたり、Instagramにこの日食べたものの画像をポストしたり、本を読んだり、ウトウトしたりで時間は過ぎ去り、それほど長く感じることはありませんでした・・・が当然のことながら心身ともに疲労感は残ります。

到着前に「乗り換えの在来線は終了しております。休憩用の列車をご用意いたしますので、そちらで翌朝までご休憩いただいてからお帰りください」というアナウンスありましたが、そんなのもちろんイヤに決まってるやん?

そういえば、以前大雪でやはり東京からの新幹線が大幅に遅れた時、在来線もう終わってる時間なのに特別に大阪駅まで走らせてくれたことを思い出しました。でも今はこんな状況ですし、乗客数も全然違うのでそういう訳にもいかないのでしょう。


新大阪駅で念のために「地下鉄も終わってますよね?」とお聞きしたところ、「終わってます」ということでしたのでタクシー乗場へ。
30人くらい行列ができていましたが、タクシーはたくさん停まっていましたので列はサクサク進み・・・と思っていたら、あと4人というところで滞留していたタクシーがすべてなくなってしまうという事態に💦
それからはポツリポツリとやってくるタクシーに一人またひとり乗車する感じでしたが、思ったほど時間はかかりませんでした。
私がタクシーに乗る時、振り返ったら後ろは長蛇の列・・・100人くらい並んでいたのではないかしら。早く並んで正解でした。

で、結局午前0時50分 自宅着。
ヘロヘロだったのでサクッとシャワー浴びて、即ベッドへ。
「人は現世でこそ幸せになるべき」という日蓮上人(というか猿之助さん)のお言葉を胸に眠りましょう・・・と思っていたら10秒くらいで爆睡していました




新幹線ちょっぴりお安いチケット買ったのにちょうどその分タクシー代に消えて、ほんと世の中うまくできてるワ の地獄度 (total 2261 vs 2263 )




posted by スキップ at 22:31| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする

2021年05月17日

ハマからシブヤへ


shibuya20210516.jpeg

昨日は今年二度目の上京。
こんな時期に観劇遠征なんてほんとごめんなさいという気持ちはもちろんありますが、自分ができる最大限の注意を払って対策もして、”ちょっと遠い劇場”へ行ってきました。
感覚としては緊急事態宣言発出直前の4月の上京(4月22日)の方が行くのをすごく迷いましたし覚悟が必要でした。


今回は、横浜アリーナで「LUXE」を観て、終演後渋谷に移動してコクーン歌舞伎「夏祭浪花鑑」を観ました。

緊急事態宣言が発出されていない神奈川県にある横浜アリーナはともかく、コクーンは無理かなと諦めていましたが、5月12日から上演されると発表された時は本当にうれしかったです。
とはいうものの、どちらの公演も、万一関係者に感染者が出たりした場合、いつ中止になってもおかしくない状態ですので、行く前はもちろん、当日も何度も公式サイトをチェックしたりも。
移動時間もギリギリだった前回に比べてスケジュールは比較的ゆったり。


コクーン歌舞伎のカーテンコールで勘九郎さんが「こんな時に観に来てくださって・・・特に渋谷、こわいでしょう?」とおっしゃっていましたが、確かに終演後(午後7時40分ぐらい)の渋谷は人も多く、街全体が騒めいている雰囲気で歩くのが少し怖かったです。ウレタンマスク率も高く、マスクしていない人たちも散見されました。

冒頭の画像はスクランブル交差点あたりから撮った渋谷スクランブルスクエア。
小雨に煙って、何だかゴッサム・シティチックな雰囲気でした。
下の方(渋谷駅前)にたくさん人がいるの、見えるかしら。

スクランブルスクエアの開業は2019年11月でしたが、まだ中に足を踏み入れたことはありません。
はてさて、いつになることやら(・・・いや別に行かんでもええけど(^^ゞ)



2公演ともすばらしくて観られたことに感謝・・・でも心置きなく楽しめるようになるのはまだまだ先かな のごくらく地獄度 (total 2250 vs 2251 )


posted by スキップ at 23:21| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする

2021年04月23日

7ヵ月ぶり トーキョー!


mtfuji20210422.jpeg

昨日は東京へ。
昨年9月24日に上京して以来、7ヵ月ぶりでした。
2019年までは毎月のように(時には月2回や3回も)東京のどこかしらに行っていたことを思うとわずか2年で隔世の感があります。

この日の予定を組んだのは少し前ですが、状況がどんどん悪化して、どうしようかと少し悩みましたが、緊急事態宣言が発出される直前のタイミングということは神様が行っていいと思し召していらっしゃるのよね、と勝手に解釈。今回観る予定の3本の舞台のチケットがいずれも超良席だということもあって(そこ?)、思い切って行ってきました。


昨年たった一度となった上京も予定ツメツメだったのですが、今回もこんな感じ。

7:39 新大阪発 (のぞみ210)  
日帰り上京の時にいつも乗っていた飛行機がコロナ減便の影響で欠航しているので新幹線にしました。
手配した時には全く気づいておらず、乗る時に表示見て「ノゾミフウト(望海風斗)号じゃん!」と気づいた次第。

10:20 東銀座着 
まずは木挽町広場で舞台写真購入(第三部前に通りかかった時は行列できていましたのでこの時買っておいて正解でした)。
ついでにランチ用によもぎ豆大福とラタトゥイユパン1個も購入。

11:00 歌舞伎座 四月大歌舞伎 第一部  
7ヵ月ぶりに歌舞伎座の前に立って、ちょっとウルッとしてしまいました。

13:19 歌舞伎座終演 
→ 脱兎のごとく飛び出して(規制退場ブッチしました。ごめんなさい🙇)、横断歩道渡りながら真ん中の車線にいるタクシーにアピールして乗車。

13:30 東京宝塚劇場 星組「ロミオとジュリエット」 
客電消灯し礼真琴さんの開演アナウンスが流れる中、スタッフさんに導かれて無事着席。
ここがこの日一番の「間に合うのか?」ポイントで正直5分遅れくらいは覚悟していましたので、間に合ってほっとしたのと最前列の感激でオープニングの ♪ヴェローナ から号泣。

16:35 終演 
ちゃんと規制退場守って退出。
東京宝塚劇場は2015年5月10日の柚希礼音さんラストデイ以来なーんと6年ぶりだったので館内外をキョロキョロ。劇場20周年記念の星組ポスター展も写真撮りまくり。
→ 晴海通りをぷらぷら歩いて歌舞伎座へ。
歩きながら朝買ったパンを食べる・・・よもぎ豆大福はガマンできず第一部の幕間にわざわざ外に出て歌舞伎座の看板見ながら食べたのでした(ロビー飲食禁止なので)。

17:45 歌舞伎座 四月大歌舞伎 第三部 
仁左玉の「桜姫東文章」をこの目で見られるなんて・・・とまたウルウル。

19:59 終演 → タクシーで東京駅へ。

20:21 お弁当とビール買ってのぞみ259号乗車 途中爆睡
22:48 新大阪着


新幹線以外の公共交通機関を利用したのは品川→東銀座のみで後はタクシーと徒歩。
マスクはずっと二重にしていて、劇場と木挽町広場以外はどこにも立ち寄らず、誰とも話さず(笑)、劇場入口での消毒はもちろん、劇場内でもこまめに手洗いと消毒、新幹線のテーブルやひじかけも、そして自分のスマートフォンも除菌ティッシュで拭く・・・etc. 自分なりにできる限りの感染対策して、でも観劇中はそんなことすっかり忘れるくらい舞台に夢中になって、楽しく充実した1日を過ごすことができました。
 
ありがとう東京。


冒頭の画像は往路の新幹線車窓から見えた富士山。
「新幹線から見える富士山の画像インスタにあげるのはおばさんばかり」という声もよく聞きますが、富士山が綺麗に見えるとやっぱりテンション上がって写真撮っちゃう。
まぁ、事実おばさんな訳だし。



今年はこれが最初で最後ではなくて、あと何回か東京に行けるかなぁ のごくらく地獄度 (total 2236 vs 2239 )


posted by スキップ at 22:56| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

飛行機から太陽の塔が見えた


9月24日に伊丹空港を離陸する際、窓から大阪の街を何気なく見下ろしていたところ、「あんなところに観覧車ある~。どこだろ、万博公園あたりかな」と眺めていて「 」となりました。
「太陽の塔じゃん!!!」



taiyonoto.jpeg

こちらがその時撮ったズームなしの画像。
これで太陽の塔見つけられたワタシ、すごくない?(自画自賛)


taiyonoto2.jpeg

ズームするとこれ
何となくカワイイ
上の画像の左から1/3 上からも1/3ぐらいのところにあります。

これまで何度も伊丹から離陸していますが、肉眼で太陽の塔を確認できたのは初めてでテンションあがりました。



見ているようで見ていないもの まだまだたくさんあるのね のごくらく地獄度 (total 2155 vs 2154 )
posted by スキップ at 23:00| Comment(2) | travel | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

今年最初の(そして最後かもしれない)東京


mtfuji20200924.jpeg

昨日は東京へ。
9月末にして今年初めての東京遠征でした。
この後も上京予定はなくて(基本的に自粛は継続している)、今年は12月恒例の高麗屋さんのパーティも中止なので、多分これが2020年最初で最後の上京になるでしょうか。
画像は飛行機から写した今年最初の(そして最後になるかもしれない)富士山です。


11:00発ANA 伊丹→羽田
羽田から歌舞伎座に直行して九月大歌舞伎 第二部と第三部を観劇
二部三部の間に歌舞伎座そばのYOUさんでオムライスのランチ
渋谷へ移動してシアターコクーンで「十二人の怒れる男」観劇
21:19 品川駅発の新幹線でビア🍺飲みながら帰阪

と全く無駄のない(ゆとりがないとも言う)スケジュールでなかなかの充実っぷりでした。


9月22日にANAから、「台風12号により東京羽田・八丈島を発着する便に遅延・欠航・出発地への引き返しや他空港へ向かうなど運航への影響が発生する可能性があります。ご都合がつくお客様には旅程変更をおすすめいたします。」
というメールが来た時には詰んだーと思いましたが、「いや、神様はきっと行かせてくださるはず」と信じることにしたところ、そのように思し召してくださり、ドルフィン(台風12号)も空気読んでくれて、無事に行って帰ってくることができました。ありがとうございます。

リニューアルした伊丹空港のグランドオープン以来初めてで、保安検査場を通った中にとても広くて綺麗なフードコート(道頓堀今井やスタバも入っていた)ができていて驚いたり、東京メトロ銀座線渋谷駅の新駅舎も初めて降りて、出口若干迷ったりとまるで浦島太郎状態(^^ゞ



今回、上京しようと考えたのは、歌舞伎座第二部の「かさね」とコクーンの「十二人の怒れる男」と観たいものが2本あったからですが、「かさね」の上演時間が 13:40-14:30 で、「十二人の・・」マチネは時間が重なって無理、18:30開演のソワレでは日帰りできないと当初はあきらめていました。今回チケットは公演を前期・後期に分けての販売でしたが、そのために前期の発売は見送ったのでした。

でも、よく考えてみたら、以前観た中井貴一さん主演の「十二人の・・」は蜷川幸雄さん演出だったから長かった印象があるけれど、そもそも法廷ものだから上演時間2時間強くらいではないだろうか、こんなご時世だから休憩なしで上演するかもしれない、上演時間2時間20分として20:50に終演すれば何とか最終の新幹線で帰れるのではないか、と思い至りました。
(万一それより遅くなるようだったらその時考えようと)

チケット取る時点では上演時間はまだ発表されていなかったのですが、その後「上演時間は2時間から2時間10分を予定。休憩なし」と発表された時は「勝った!」と思ったものです(何にや?)

「かさね」の後はゆっくりおいしいものでも食べて、と思っていたものの、これってもしかして「引窓」(吉右衛門さんの濡髪を観たことがなくてとても興味あった)もギリ観られるんじゃない?と思い直しまして、こちらも初日前に 16:15-17:25 と上演時間が発表された時には「よしっ!」となりました。

さらには、行くことを思い立ってチケット発売調べた時が「十二人の・・」後期日程の先行と歌舞伎座の発売日の直前(「かさね」のチケットは後援会にお願いできた)、さらにはチケット取れて飛行機手配した日がスーパーバリューの最安値で買える最後の日ということが重なりまして、これはもう神様が行ってよいとおっしゃっていると思った次第です。
だから、台風来てもきっと行かせてくださるだろうと←


そんなこんなでギュッと詰め込んで充実した楽しい1日を過ごした、今年最初の(そして最後かもしれない)東京でした。




神様もいろんなことにもありがとう のごくらく度 (total 2154 vs 2153 )


posted by スキップ at 23:05| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする