2022年01月09日

ご褒美ランチ @日本酒 青い林檎


aoiringo1.jpeg


日本酒と日本酒に合うおいしいお料理のお店が数量限定で提供されているランチ。
お店の前を通るたびに「食べてみたいな」と思っていたのですが、普段オフィスへはお弁当持参なのでなかなか機会がなく、2021年の仕事納めとなった12月28日、1年間よくがんばったご褒美に(これを自画自賛という)、行ってまいりました。


日本酒 青い林檎
大阪市中央区平野町4-2-8
tel: 06-4256-7733


大阪メトロ御堂筋線 淀屋橋駅から歩いて5分ぐらい。
大阪ガスビルの一つ南の筋にあります。


ランチタイムはこのメニューのみ

・特製バラちらしセット


aoiringo3.jpeg

特製バラちらし・茶碗蒸し・小鉢・お味噌汁・卵黄醤油漬け・漬物
がセットになっています。



aoiringo2.jpeg

ひと口サイズのトロ 鯛 イクラ サーモン 海老 鰻 などナド
宝石箱のように海鮮がザクザク入ったバラちらし
魚介類はとても新鮮でおいしく、刻んだネバネバオクラやうすいエンドウなどがいい仕事をしています。

まずはお醤油とわさびで
途中から卵黄醤油漬けをかけるとオドロキの味変です。

バラちらしがおいしいのはもちろん、茶碗蒸しや小鉢、お味噌汁といったサイドメニューもきちんと手をかけて丁寧につくられているのがうれしい。



aoiringo4.jpeg

私の目の前には”青い林檎”ならぬかわいい赤い林檎が



aoiringo9.jpeg



aoiringo5.jpeg

1階はカウンターのみ6席、2階はテーブル席になっていて、この日のランチは予約されていた方が続々いらしていました。




オフィスまわりのランチあれこれ食べた過ぎてコマル のごくらく地獄度 (total 2253 vs 2251 )


posted by スキップ at 23:27| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年12月27日

クリスマスアフタヌーンティー @フォーシーズンズホテル京都


christmasafternoontea2.jpeg


クリスマスらしいことは何ひとつしませんでしたが、唯一こちらでクリスマス気分
毎年この時期に関西へいらっしゃるファザコンサリーちゃんと今年もクリスマスアフタヌーンティーをご一緒しました。


ブラッスリー
FOUR SEASONS HOTEL KYOTO
京都市東山区妙法院前側町445-3
tel: 075-541 8288


去年と比べて街に人があふれていると感じるフェスティブシーズン。
京都も例外ではありませんが、フォーシーズンズホテルのある七条あたりは人通りも少なめで、俗世界から遮断された雰囲気のホテル内はとても穏やか。



christmasafternoontea1.jpeg

こちらのクリスマスアフタヌーンティーはタワーになった形ではなくて、大きなスーツのプレート、スコーン、セイボリーがそれそれプレートで供されます。



christmasafternoontea4.jpeg

<メニュー>
スイーツ: フルーツタルトのクリスマスツリー ゆずクランチのチョコレートオーナメント ラズベリー・ローズ・ライチのプレゼントボックス ピスタチオクレームブリュレとシャンパンゼリー キャラメルパリブレスト
スコーン2種: ラム酒とドライフルーツのスコーン 発酵バターとバニラのスコーン
セイボリー4種: カレー風味のローストチキンバーガー ほうれん草とベーコンのキッシュ カリフラワーのスープ パプリカのムース


クリスマスツリーやオーナメント、プレゼントボックスをイメージしたスイーツ。
お味はもちろん、ビジュアルも楽しく美しい大人のクリスマスです。
担当されたのはペストリーシェフの横田怜子さん。
華やかかつ繊細なセンスが光ります。



christmasafternoontea3.jpeg

こちらはセイボリー
ローストチキンバーガーにはちゃんと Four Seasons のフラッグが


ドリンクはサンタズベリーニはじめフォーシーズンズホテル京都オリジナルブレンドティー、ホットチョコレート(ビター/ホワイト&抹茶)など合計31種類のフリーフロー。
目移りしちゃうほど豊富でどれもおいしくて、あれこれ飲みたくなってコマル。


christmasafternoontea5.jpeg

ツリーと乾杯もしました



christmasafternoontea6.jpeg

顔見世観劇前で泡はガマンしましたが、いつかこのドームでお庭眺めながら乾杯したいな。



おなかいっぱいでこの後全くおなかすかず のごくらく地獄度 (total 2246 vs 2248 )


posted by スキップ at 23:03| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年12月17日

阪神百貨店に「土山人」ができた


dosanjin1.jpeg


2年ぶりのさとがえるコンサートを楽しむ前にはこちらで夕食


土山人
大阪市北区梅田1-13-13
阪神百貨店9階 大食堂
tel: 06-6345-0962


石臼挽き手打蕎麦のお店で本店は芦屋ですが、大阪にも何店かあって、オフィスから近い北浜のお店やABCホールそばのほたるまちのお店には何度かお邪魔したことがあります。
10月にグランドオープンした阪神百貨店大食堂にこちらのお店が入っているのを知って、あら、うれし♪と思っていました。


いただいたのは

小海老天とイカ天ちらし蕎麦セット(太巻きつき)
すだち蕎麦 + 太巻き
だし巻き玉子

器もみんなかわいくてテンションあがります(冒頭の画像)


dosanjin2.jpeg

こちらはお友だちのオーダー すだち蕎麦 土山人さんの名物です。

私は小海老天とイカ天ちらし蕎麦をいただきましたが、歯ごたえのあるお蕎麦はもとより、ぷりっぷりの小海老がいっぱい入っていて、とてもおいしかったです。
ちょっと小ぶりで具だくさんの太巻もおいしいし、
ピリリと辛みの効いた大根おろしといただくだし巻きも絶品。
おいしいお蕎麦屋さんのだし巻きってどうしてこんなにおいしいのでしょ。



dosanjin3.jpeg

夜だからか照明落とし目で落ち着いた雰囲気
ランチタイムは行列ができることもあるようですが、
月曜日の夜ということもあってか静かな店内。
それでもお客様は途切れることなく次々いらっしゃっていました。



dosanjin4.jpeg

入口にはこちらも土山人さん名物の狛犬くん
ちょっとイカついお顔にサンタ帽カワイイ(^^ゞ




メニューには単品のおいしそうなお蕎麦もズラリと並んでいて、あれもこれもと食べたくなってコマル のごくらく地獄度 (total 2243 vs 2243 )


posted by スキップ at 22:55| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年12月09日

スープに浮かんだモンブラン @un weekend à home


unweekendahome1.jpeg


南座顔見世興行観劇の前は以前から興味あったこちらのカフェに。


un weekend à home (アンウィークエンドアホーム)
京都市東山区松原町272-5 3F


八坂神社前から東大路通りを北に少し上がったところにあります。
京阪電車祇園四条駅から歩いて10分少しぐらいでしょうか。



韓国マカロン専門店 noncaron(同じビルにある)をプロデュースされているHanurleeさんが手掛けたカフェで今年2月のオープン時からかなり話題になりました。
Instagramのフォロワーのみ入店可能というシステム。オープン当初は大行列だった模様ですが、web予約できるようになってそれも解消されて落ち着いてきたようです。



unweekendahome3.jpeg


〝お家で過ごす週末〟がコンセプトで、ウッディなアンティークの家具が温かく落ち着いた雰囲気。
たまたま前の予約の時間帯のお客様が次々帰られる時間帯だったので、こんなふうに素敵なインテリアを撮ることができました。またすぐに満席になっちゃったけれど。



unweekendahome4.jpeg


こちらは私が座ったテーブル。
素敵でしょ?



unweekendahome2.jpeg


「ソンカラティラミス」や「クロッフル」が名物ですが、絶対これ!と決めていたのは「スープモンブラン」。
11月23日から登場した新メニューでちょっぴり塩味の効いた栗のスープに浮かぶモンブラン(冒頭の画像)。
愛媛県産の和栗をふんだんに使って、3ヵ月間試行錯誤をして完成したのだとか。
外はクリーミーでしっとり、中はサクサク。甘さ控えめですがスープの塩気とのバランスも絶妙でとてもおいしい。

ドリンクはアインシュペナー。
韓国版ウインナコーヒーみたいな感じ?
ブラックとホワイトがあって、こちらはホワイト。カフェラテ風味です。



あわよくばソンカラティラミスも、と思っていたけれど無理でした~ のごくらく地獄度 (total 2239 vs 2240 )



posted by スキップ at 21:00| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年12月03日

いくつでも食べられる @餅匠しづく


shiduku1.jpeg


とっておきのおやつとして、ちょっと気の張ったおもたせとして、これまで何度か購入するたびに感動していたお店。
先日初めてイートインに伺いました。


餅匠しづく
大阪市西区新町1-17-17
tel: 06-6536-0805

大阪メトロ四つ橋線 四つ橋駅から歩いて5分ぐらい。
オリックス劇場前 新町北公園の裏手にあります。


shiduku3.jpeg

お店に入るとずらり並んだ大福にテンションあがります。


いただいたのは(冒頭の画像)

 濃厚和栗モンブラン
 抹茶ソイオーレ
 深蒸し煎茶


shiduku2.jpeg

大福はいずれもこの季節限定で、濃厚和栗モンブランは1日限定20個。
残っていてラッキーでした。
抹茶を餡と生地にふんだんに使って、中二豆乳生クリームを包んだ「抹茶ソイオーレ」は初めていただきましたが、ひと口食べて「おいしい!」と声が出そうになりました。


shiduku4.jpeg

1週間後ぐらいにまた伺って(←)いただいた、ぎんなん大福とあわせ茶。
何食べてもやっぱりおいしい~。


どれも小ぶりで甘さ控えめで上品なお味。
見た目もかわいくて、何ならいくつでも食べられそうです。



食べるのも買うのもついあれもこれもとなってキケン のごくらく地獄度 (total 2235 vs 2236 )



posted by スキップ at 22:49| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年11月28日

おいなりブランチ&ヘレカツディナー


tsurikitsune1.jpeg


一昨日、伊丹空港でこちらのお店を発見。

京出汁おいなり 釣狐


伊丹空港北ターミナル(JAL側)の保安検査場を通った「搭乗待合エリア」にあります。
フードコート(道頓堀今井や鶴橋白雲台などはここにある)を抜けて17-18番ゲートの方へ向かう場所にあって、これまで左方向のゲートに行く時は気づかなかったのだと思います。


京都「生八つ橋 おたべ」さんの会社がやっていらして、お揚げはこれも京都の老舗豆腐店「嵯峨豆腐森嘉」のもの。

九条ネギ蕎麦定食 

店頭でメニューの写真見てひと目ぼれしまして、朝食は自宅で済ませていてさほどおなかはすいておらず、昼食には早かったのですが、日比谷であてもなく知らないお店に入って高くておいしくないもの食べるよりは、少し早いけどブランチでいっか、とこちらでいただくことにしました。


tsurikitsune2.jpeg

これでもかというくらい九条ネギがのったおそばとお出汁がたっぷり染み込んだおいなりさんのセット。
どちらもやさしいお味でおいしい。
お土産用なのかおいなりさんをテイクアウトする方々も多かったです。
6時30分から朝定食もされているそうなので、伊丹空港利用する時はヘビロテしそう。



夕食は帰りの新幹線の中でお弁当。
といってもサンドイッチですが。

東京宝塚劇場から歩いて歌舞伎座に到着したのが午後5時15分ごろ。
こんな時間だからお弁当残っていないだろうな、と木挽町広場の売店のぞいたところ、大好物の山登りの海苔弁当はもちろん完売していましたが、お弁当は何種類かあって、「今日はまだ残っている方」とお店の方もおっしゃっていました。


grillbon.jpeg

どれにしようかなと見ていたらグリル梵のビーフヘレカツサンドが目に留まりまして、「そういえばこの前高島屋に出てた時も買おうかなと思ってたんだった」と思い出してこちらにしました。
ラス1だったらしく、お店の方が「最後の1個だからきっといいことありますよ」とおっしゃってくださって、何だかそれだけで福をいただいた気分。
帰りの新幹線の中でひとり打ち上げのビア🍺とともに←おいしくいただきました。



劇場でじっと座っているだけなのにおなかってすくのね のごくらく地獄度 (total 2232 vs 2233 )


posted by スキップ at 14:06| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする