2022年09月03日

八月納涼歌舞伎 第一部


noryo202208.jpg


休演を経て代役祭りとなった「八月納涼歌舞伎」。
猿之助さんがインスタグラムストーリーにポストされていた「続ける勇気」という言葉が本当に心に響きました。
歌舞伎役者さんの本気の底力を見せていただいた思い。


八月納涼歌舞伎 第一部
2022年8月25日(木) 11:00am 歌舞伎座 3階2列上手


一、新選組
原作:手塚治虫
脚本:日下部太郎
出演:中村勘九郎  中村七之助  中村橋之助  中村虎之介
中村鶴松  片岡亀蔵  片岡仁三郎  坂東彌十郎  中村扇雀 ほか
(上演時間: 1時間13分)



傷を負った侍を匿ったため、追ってきた庄内半蔵(仁三郎)に父を殺された深草丘十郎(七之助)は、父の仇を討つため新選組に入隊し、鎌切大作(勘九郎)と出会い、正反対の性格ながら気が合う2人は親友となります。そんな中、丘十郎は見事父の仇を討ちますが、討たれた半蔵にも娘の八重(鶴松)がいて、今度は自ら仇として狙われる立場になります。さらには、大作が長州の間者である事が発覚し・・・。


手塚治虫作品初めて歌舞伎化。
新選組好きとしては大いに興味あるところですが、この漫画は読んだことがなく・・・というか手塚治虫さんが「新選組」を書いていらしたことも存じ上げませんでした。

新選組の近藤勇、土方歳三、芹沢鴨、沖田総司、さらには坂本龍馬といった実在の人物に、深草丘十郎と鎌切大作という架空の人物を絡ませ、芹沢鴨の粛清、池田屋事件といった史実も織り交ぜて描きます。


物語の発端として「父親の仇討ち」があるのですが、丘十郎が親の仇を追ううち、自分も仇として追われる身となり、その連鎖の虚しさを知る・・・という”復讐の連鎖”が「新選組」の物語の中で描かれているところが、とても新鮮というか、手塚治虫さんが新選組の形を借りて描きたかったキモはここなのかなと思いました。
さらには、イメージ通りのキャラクターでもある坂本龍馬(中村扇雀)に「新選組を出ろ。国も捨てろ。広く世界を見て勉強して来い。そしてこの国の未来を築け」と言わせて丘十郎を送り出すラストも、この先の新選組の破滅的なイメージとは違って未来への希望が満ちていてすばらしく、原作が少年漫画であることを思えば、未来ある少年少女が読むものはこうでなければと感じた次第。

いやほんと、手塚治虫さんってやっぱりすごい。


手塚治虫さんの漫画の絵を使った書き割り。
黒御簾では「鉄腕アトム」が演奏されたり、ブラックジャックが登場したり、「展開が早すぎる」「しかしこれもありなのだ」といった丘十郎と近藤勇のやり取りがあったりと遊び心もたっぷり。


この手塚版「新選組」をいつか歌舞伎で、というのは勘九郎さん20年来の思いだったそうで、「もはや丘十郎の年齢も通り越した」ということで、丘十郎を歌之助くん、大作を福之助くんと定めてのも勘九郎さん。
ですが、残念なことにその2人が休演となって、私が観た日は以下のとおり代役となりました。


深草丘十郎:中村七之助 (本役/歌之助)
鎌切大作: 中村勘九郎 (福之助)
近藤勇:  片岡亀蔵  (勘九郎)
庄内半蔵: 片岡仁三郎 (亀蔵)

七之助さんの本役は土方歳三ですが、代役なし→物語に登場しないという演出変更で、これは少し残念だったなぁ。
その土方の役まわりは主に、沖田総司(虎之介)が担っていたのでしょうか。
虎之介くんの総司、とてもよかったです。
沖田の飄々とした感じとか、若くて物腰やさしいけれどもタダモノではない雰囲気も感じさせて。

主演が七之助さん、勘九郎さんというのはワタシ的にはご馳走のような公演でしたが、なるほど若い2人が演じる役だったろうなとも思いました。
七之助さんのがっつり立役を観たのは久しぶりの気がしますが、青さの残る丘十郎を代役とは思えぬ熱演。
新作歌舞伎であれだけの台詞を一気に覚える大変さはいかばかりか。
勘九郎さんの大作も、年齢設定を知らずに観たら、明るくて人を食った雰囲気の中に翳りのある雰囲気とか剣豪ぶりとかとてもハマっていました。
この2人が対峙する場面のあの構えはねー。皆さんおっしゃっていましたが、坂上田村麻呂かっ!となりましたし、かつての友が命のやり取りをしなければならない状況が大好物なので、テンション爆上がりでした。

彌十郎さんの憎々しい芹沢鴨、扇雀さんの自由闊達な坂本龍馬、亀蔵さんの威厳ある近藤勇・・・ベテラン役者さんの重厚感がこの作品をしっかり支えていたのもよき座組でした。


shinsengumi2202082.jpg shinsengumi220208.jpg



二、闇梅百物語
作:三世河竹新七
出演:中村勘九郎  中村種之助  中村虎之介  中村勘太郎  中村長三郎
中村鶴松  片岡千之助  中村橋之助  中村七之助 ほか
(上演時間: 55分)


一本足の傘、狸や河童、さらに雪女郎、骸骨が次々現れては消えていく妖怪たちによるユーモラスな舞踊。

2019年「八月納涼歌舞伎」
2015年「三月花形歌舞伎」

とこれまで2回観ています。

妖怪たちがいろいろ出てきて楽しい♪
種之助くんの一本足の傘の躍動感ありつつ気持ちのよい踊り際立っていました。
その一本足が行司となって虎之介くんの河童と橋之助くんの狸が相撲をとる場面は若さいっぱいという感じ。

七之助さんの雪女郎が本当に美しくて、姿が現れるだけで場の雰囲気がガラリと変わるのさすがでした。

ラストは勘九郎さん・勘太郎くん・長三郎くん親子3人で骸骨と読売。
勘太郎くんと長三郎くん 教えられたことをきっちりやるお行儀のよい踊りで、ぶっつ返りも鮮やかにキメて、「まず一部はこれぎり~」と揃って大きな声で締めて、すばらしいなっ。



代役はごちそうだけど本来の公演も観たいという欲ばりなオタク心 のごくらく地獄度 (total 2331 vs 2337 )


posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック