2022年06月19日

天から降り注ぐ声 星組 「Gran Cantante!!」


grancantante1.jpeg


「Gran Cantante!!」は「素晴らしい歌い手」「素敵な歌手」という意味のスペイン語。
藤井大介先生が礼真琴さんを讃えてつけたタイトルなのだとか。
「今や押しも押されもしない完璧な実力で光り輝く礼真琴。歌えて踊れて芝居ができる、素晴らしいエンターテイナーです」とプログラムで絶賛されています。

そのタイトル通り、大劇場に響き渡り、まるで天から降り注いでくるような礼真琴さんの歌声。
まさしく礼真琴こそグランカンタンテでした。


宝塚歌劇 星組公演
レビュー・エスパーニャ 「Gran Cantante!!」
作・演出:藤井大介
作曲・編曲:青木朝子  手島恭子   音楽指揮:佐々田愛一郎
振付:羽山紀代美  御織ゆみ乃  若央りさ  平澤智  百花沙里
装置:新宮有紀   衣装:加藤真美


出演者、観劇日時は「めぐり会いは再び next generation」と同じ(こちら


スペインの伝統的な祭りをテーマに、スペインにまつわる名曲の数々とスパニッシュダンスで綴るレビュー作品。
中詰はスペインを舞台にした宝塚の名作の主題歌をメドレーという、懐かしさがこみ上げてくる場面も。
第108期生の初舞台お披露目公演でもあります。


オープニングは白い衣装の3人の道化(美稀千種・大輝真琴・華雪りら)がタンバリンや太鼓などを鳴らしながら銀橋を渡って祭りの始まりを告げます。

幕が上がると大階段に0番に立つREY(礼真琴)。
左右に広がる電飾のついた布を左手一本で持ち、♪茜色の大地を焦がす歌・・・と高らかに歌って祭りの始まりです(いい声だ)。
その装置的な布が飛ぶと、ライトが点灯して、♪Gran Cantante Gran Cantante Gran Gran Cantante~ と主題歌とともに瀬央ゆりあさん筆頭に男役たちが隊列をなしてザッザッと大階段を降りてきます。さらには舞空瞳さんを頂点にした娘役たちもざかざか降りてきて、このプロローグだけでテンション爆上がり。

礼真琴さんが銀橋で歌い、瀬央さんはじめ男役たちは大階段と舞台でムレータを振り回す群舞。
白い衣装に紫のムレータが映えて綺麗。宙組「NEVER SAY GOODBYE」のフィナーレで観たばかりでしたので、さほど新鮮味はありませんでしたが、ジェンヌさんたちってみんなムレータ綺麗に回せるのね、と感心したり。


★サン・ホセの祭り
プロローグの衣装のまま残った綺城ひか理さん、天華えまさんと花輪を持った娘役たちが明るく歌い踊る場面。


★セビーリャの春祭り
ブルーと白の太いストライプのスーツに派手なストール、たてがみのような髪型をした瀬央ゆりあさん(雄馬カバーロという設定)が「NINJIN娘」を歌いながら銀橋を渡り、舞台ではひろ香祐さんはじめ24人(24頭か?)カバーロたちが踊ります。目が忙しい。
続いて有沙瞳さん筆頭にオレンジ色のカワイイコスチュームで人参の形の鞭を持ったNINJIN娘が現れてカバーロたちを誘惑するダンス。
歌はひろ香祐さんと小桜ほのかさん。


★パティオ祭り
ガウチョにハットの礼真琴さんジュリオせり上がり。
上着と帽子を取ってブワッと開襟して、ふんわりした白いシャツにネクタイ緩めた姿になって、「BONITA」歌いながらエルモサの娘たちと色っぽいダンス。
前場の「NINJIN娘」はトシちゃん(田原俊彦さん)で聴いたことありますが、この「BONITA」はトシちゃんの曲ながら聴いたことなくて、もう私の中では完全にことちゃんの声で再生される曲となりました。ちなみに「情熱の嵐」もすでにヒデキではなくことちゃんの声に塗り替えられております。

この場面、礼真琴さんも色気ムンムンですが、深いスリットの入ったボディコンシャスなドレスのエルモサさんたちも皆とても色っぽい。
中でもことちゃんと絡んで踊る音波みのりさんのオトナな女の豊潤な美しさ。

そしてそんなエルモサたちを蹴散らすようにラスボス的に登場する舞空瞳さんボニータ。
礼さんと正対して目の間至近距離で脚を振り上げるのですが、体と脚が一直線で毎回「何あれ?」と思ってしまいます。

歌は音咲いつきさん・都優奈さん・詩ちづるさん。
詩ちづるさんは月組から異動してこれが星組生としての大劇場デビュー。
プロローグでも娘役最前列にいて驚きましたが、お芝居でも目立つ役の上、新人公演ヒロイン。キタキタという感じです。



grancantante2.jpeg


grancantante3.jpeg

サイドから撮った扇
明るいところではこんな感じ



★サン・ファンの火祭り
右手を高く掲げてカッコよくポーズ決めた極美慎さんが下手スッポンからせり上がって「情熱のバルセロナ」から「青春を駆ける」を歌い、ここから宝塚スペインメドレーとなります。

「スペインの思い出」(誰がために鐘はなる)・「炎の妖精」「別れのフラメンコ」(去りゆきし君がために)・「情熱の嵐」(バレンシアの熱い花」(バレンシアの熱い花)・「コルドバの光と影」(哀しみのコルドバ)
というラインナップ。

礼真琴さんが「炎の妖精」を歌ったのですが、この曲は「去りゆきし君がために」の中で汀夏子さんが歌った曲で、この作品は汀さんのサヨナラ公演でもあり、大好きな曲なのですが、もう長い間聴くこともなく私のきおっくの片隅に追いやられていたのに、ことちゃんが♪炎と燃えろ 真っ赤に燃えろ と歌い出した途端、その歌い方にとても汀夏子さんへのリスペクトを感じて(後で観たスカステの番組で汀さんの曲を何度も聴いて勉強したとおっしゃっていました)、当時の汀夏子さんの姿も蘇り、ブワッと涙があふれました。

天寿光希さんが歌う「別れのフラメンコ」で、礼真琴さんに絡む赤いスパニッシュドレスを着たススピカは藤井大介先生お得意の男役さんの女装。
希沙薫・碧海さりお・天飛華音・咲城けい・奏碧タケル というメンバーでしたが、みんなまだ若いこともあってそれほど”女装”感はなかったです。中でも、目ヂカラ強めな天飛くんと、ノーブルな美人さんタケルくんが印象的でした。
中詰ラスト全員がラインアップするところで、立ち位置の関係で他の4人は上手下手の花道に行くのに天飛くんだけ銀橋に出て来て並ぶの、茶系のコスチュームの中で一人赤いドレスなので目立っていました。

「情熱の嵐」では、礼真琴さん待望の(?)舞空瞳さんダルマで登場だったのですが、後ろについた布がボリューミーすぎてせっかくの美脚が隠れがち。Twitterでは「布、空気読んで」という声も(笑)。
という訳でなこちゃんのダルマはいささか消化不良ですが、すばらしい高音の歌唱、聴かせてくれました。

全員揃っての中詰の後、礼・舞空・瀬央の3人だけが銀橋に残り、オゥゥラ~とかアイヤーとか声出しながら踊るというターンがあって、柚希さん時代の星組ショーでもこんなシーンあったなと胸熱になりました。


★フェリア・デ・マラガ
天寿さんマエストロの歌、音波さんアマンテのソロダンスから始まる闘牛モチーフの場面。
ムレータさばきもカッコいい礼真琴さんトレロ vs 瀬央ゆりあ率いるトロ軍団。
トロ軍団はひろ香祐さん筆頭にダンサー揃いで迫力の闘牛を見せてくれます。
瀬央さんトロは雌牛設定で、トレロと濃厚で妖しい愛の雰囲気のダンスも。
ラストはトレロがトロの角に突かれて絶命。


★ピラール祭り
からの追悼の場面。
黒衣の美穂圭子さんが歌うゴスペルで、舞空瞳さんがガンガン踊り、天寿光希・音波みのり・華雪りらの退団者3名が大セリで踊りながらせり上がり。
私は退団者が千秋楽に胸につけるコサージュにヨワイのですが、フィナーレではある程度覚悟はしているものの、千秋楽配信でこの場面で3人が黒い衣装の胸元に白いコサージュつけているのは不意打ちで涙が出ました。

やがて全員の群舞になったところで銀橋に真っ白な衣装の礼真琴さんREYが登場して、アカペラで Ombra mai fu を歌い、ゴスペルの大合唱へと昇華していきます。
こんな場面よくあるよねーという既視感ありありのシーンですが、とにかく礼真琴さんのアカペラの歌がすばらしく、まるで歌声が天から降ってくるよう。


★サフラン祭り
極美慎さん中心に若手男役8名が歌い踊って、初舞台生ロケットへ繋ぎます。
ロケットの衣装はスペインの花 サフランがモチーフなのだとか。
かわいい衣装で目一杯の笑顔で踊り、全員ピタリと揃った足上げ、一生に一度だけ同期全員で銀橋を渡るチェッサー・・・初舞台生のロケットはいつも胸熱です。


★バイラ!!
フィナーレは、白いドレスにブルーの軍服のようなジャケットを着た舞空瞳さんとブルーの衣装の瀬央・綺城・天華・極美・天飛によるダンスから始まります。歌は美穂圭子さん。
綺城さんの舞空さんリフト、すごかった~。天飛くん、5人口入りおめでとう。
からの白い衣装の礼真琴さん+ブルードレスの娘役たちダンス → 礼+男役群舞 → 礼・舞空デュエットダンス という流れでした。

パレードでは瀬央さんの片羽根が話題になりましたが、初日に観た時「え?せおっち片羽根!?」となって、舞空さん出てきて「なこちゃんもだよ」と驚きましたが、回数観ているうちに見慣れちゃった。パレード下手先頭は舞空さんでした。
二番手羽根問題、いろいろと後を引きますなぁ。


フィナーレで ♪Gran Cantante Gran Cantante Gran Gran Cantante~ と主題歌の大合唱になった時、礼真琴さん一人だけ ♪ア~ア~ア~ みたいなフレーズ歌うのですが、この突き抜けたような歌声が本当にすばらしく、1対117なのに全く負けていない・・・どころが、その場のすべてを支配するように響き渡る歌声。
プロローグからずっと爆歌い、爆踊り続けてオーラスにこのハイトーンボイスの歌い上げはとても人間ワザとは思えません。
礼真琴さん、あなたこそまさしくグランカンタンテです(二回目)。


パレード:
エトワール 天寿光希
小桜ほのか・天飛華音
極美慎・有沙瞳
綺城ひか理・天華えま
瀬央ゆりあ
音波みのり(歌なし)
舞空瞳
礼真琴



grancantante4.jpeg
 
第108期生 初舞台おめでとうございます




礼真琴こそグランカンタンテ のごくらく度 (total 2314 vs 2315 )



posted by スキップ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック