2021年12月11日

余が見たこともない世界をお前の目が見る 「首切り王子と愚かな女」


kubikirioji.jpg


WOWOWでこの作品がオンエアされているのを番組表で知りまして、「これ、とても好きな舞台だったのに感想書いてなかった」と反省いたしました次第でございます。


PARCO Produce 2021 「首切り王子と愚かな女」
作・演出: 蓬莱竜太
美術: 松井るみ
照明: 吉川ひろ子   音楽: 阿部海太郎   衣装: 西原梨恵
出演: 井上芳雄  伊藤沙莉  高橋努  入山法子  太田緑ロランス  
石田佳央  和田琢磨  小磯聡一朗  柴田美波  林大貴  BOW  
益田恭平  吉田萌美  若村麻由美

2021年7月11日(日) 1:00pm サンケイホールブリーゼ 1階D列センター
(上演時間: 2時間45分/休憩 20分)



物語の舞台は時代も場所も架空の王国・ルーブ。
リンデンの谷に住むヴィリ(伊藤沙莉)は生きることの意味を見い出せず、死のうとして最果ての崖にやって来て、この国の第二王子トル(井上芳雄)が次々と首を切っていく処刑の場に居合わせます。
英雄で人格者だった先王・バルが亡くなって20年、女王のデン(若村麻由美)が永久女王として統治していましたが、第一王子のナルが病となって以来、デンは国のことを顧みなくなり、民は貧しさに苦しみ、国への不満から反乱の気運が高まっていました。
そんな時、かつて「呪われた王子」として城から追放され北海の離島に閉じ込められていた第二王子トルが、反乱分子たちを鎮圧するため呼び戻され、使命感に燃えたトルは、罪人とした人々の首を次々切り落とし、「首切り王子」と恐れられるようになっていたのでした。
トルに無礼を働いたヴィリは、怒りを買いその場で処刑されそうになりますが、もともと死ぬことを望んでいて怖気づくことなく処刑を受け入れようとするヴィリに興味を持ったトルは、自分の召使いとして仕えることを命令します。
城での生活が始まり、ヴィリはしきたりとは無縁の奔放な言動で度々周りの人たちと衝突しますが、トルとは不思議と馬が合い、徐々に心の距離を縮めていきます・・・。


舞台中央に木で組み立てられた何台かの可動式の台。
それを取り囲むように三方に透明の壁で仕切られた個室が並んでいて、開演時間少し前になると役者さんたちが一人またひとりとその部屋に入って、仄暗い灯りの中、台本を確認したり水を飲んだり顔のストレッチをしたりしていて、「あ、これは楽屋なのか」と気づきました。
やがて上手にヴィリ役の伊藤沙莉さんが現れ、右手をすっとあげて芝居が始まります。
二幕はこの手をあげる役、太田緑ロランスさん(ヴィリの姉で近衛騎士のリーガン)でした。

この「楽屋」はその後もそのまま舞台にあり続け、出番ではない役者さんたちはここで舞台を見守り、簡単な着替えなども舞台端で行われます。可動式の台は役者さん自身が動かして、それが王宮の部屋になったり断崖絶壁になったり。馬は子どもが乗って遊ぶような木馬の少し大きいものでしたが、映像の効果もあって疾走感を感じたりもして、観る側のイマジネーションを刺激する劇構造が印象的でした。


「運命的に王子と出会う”愚かな女”を巡るダーク・ファンタジー」とフライヤーに書かれていて、”大人の寓話”ということですが、生きること死ぬことはもとより、愛憎や嫉妬、裏切り、階級格差や貧困、親の介護、ジェンダー、そして孤独な心と、描かれる内容は現代社会の私たちが日々直面していることばかりでとてもリアル。
それを架空の王国の物語としてファンタジーの世界に置き替え、切ないストーリーも、演劇的なセットも演出も、そして役者陣も、とてもセンスよくクオリティの高い舞台でした。


トル王子は、登場こそ人々を処刑する冷酷で傲慢な「首切り王子」ですが、実は純粋で傷つきやすく、孤独な魂を持った青年。
母である女王デンの愛を一途に求め、少しでも母の役に立ちたいと首切りを続けていたトル。
母が自分を呼び戻したのは、自分を愛する故ではなく、トルの身体に第一王子ナルの魂を入れてナルを復活させるために必要だったから。母の手で自分の存在をなかったことにされると知った時のトルの哀しみと絶望はいかばかりか。
これだけでも十分切ないのに、さらに彼に迫る過酷な運命。

城が民衆に襲撃され戦乱と化す中、生きる気力をなくし幽閉されてナルの魂が入れられる日をただ待つトルをヴィリが説き伏せて、何とか城を脱出した2人を待ち受けていたのは、かつて自分の愛する同僚兵士を殺された兵士の恨みの凶刃。
兵士に刺され瀕死のトルをヴィリが支えてたどり着いたのは、初めて2人が出会った最果ての崖。

舞台装置は何もなくなって、海と夕焼けと北海の離島だけが映し出される空間でのラストの2人きりの会話がとてもとても心に刺さりました。

自分が育った北海の離島を見ながら「死ぬのはいやだ」という瀕死のトル。
「どうしたらいい?どうしてほしい?」と涙ながらに問うヴィリ。


託す
よいか
余が見ることのできない景色をお前の目が見る
余が見たこともない世界をお前の目が見る
余が触れたことのないものにお前が触れる
泣いている場合ではないぞ
すぐにやれ 人の命は短い
生きてそれをせぬのは愚かだ
自ら命を絶とうとしていたお前はやはり愚かだ 虫唾が走る


ヴィリの背中を押すように後ろから抱き抱えながら、渾身の力を振り絞ってこの言葉を放つトル
そうして息絶えたトルに

いやだけど すっごい面倒だけど
託された
私が見る
私が触れる

と言い遺し、涙を拭いて馬を駆るヴィリ


ちょっと危ないくらい泣いてしまったラストシーンでした。
馬で駆けていくヴィリを見送ってトルの魂が救われたと信じたい。


クールで鋭利な目つきがいかにも”首切り王子”の名が映える井上芳雄さんのトル王子。
いわゆるプリンスとは違ったキャラクターですが、傍若無人で傲慢で残忍な顔の裏に潜む孤独や純粋さ。
すばらしかったです。
特に終盤の崖での鬼気迫る演技。
「生きている方が辛いとお前はここで申したな。本当にそうであった」と絞り出すような言葉が切なくて胸が押しつぶされそうでした。
台詞が明瞭なのはもちろん、お得意の歌にも聴き惚れました。
その歌声を聴いたヴィリが
「その歌声はむしろ世界中の呪いを消し去っていくような、そんな気がした」と言っていたの、わかりみが過ぎる。

井上くん、「YOSHIO INOUE sings Disney~Dream Goes On!」(2016年)で「ノートルダムの鐘」の「Hellfire」歌った時、「これからは王子様ばかりじゃなく悪役もやっていかないと食いっぱぐれるから」と茶化しておっしゃっていましたが、絶対悪役似合うはず、とあの頃から思っていました。
トル王子は悪役と見えて実は・・・でしたが、また一段、役の幅が広がった印象です。

そんな井上トル王子に一歩もひけと取らず丁々発止のヴィリ・伊藤沙莉さん。
舞台で拝見するのは初めてでしたが、いかにも本音で生きていて、物怖じしないはっきりとした性格で王宮にはいないタイプのヴィリがまるで伊藤沙莉さんそのもののように感じられるくらいハマっていました。
トル王子のことを冷静に見つめて、時折「ダサッ!」と悪態つくコミカルなツッコミもシリアスな涙も似合って、無邪気な笑顔と強い眼差しとのギャップも印象的。
始めのうち、声を聞いていると「大豆田とわ子」と言い出すのではないかと思っちゃいましたが(^^ゞ
小柄な沙莉ちゃん、芳雄くんとの身長差も萌えポイントでした。

美しくゴージャスでいかにも女王然とした若村麻由美さんのデン女王。
高貴でエキセントリックで冷たい女王がこれまたピタリとハマっていました。
ある意味この物語のキーパーソンともいえるデン女王、若村さんならではの存在感でした。

トルの妻でありながら関心を持ってもらえず、イライラを募らせる王女ナリコ(入山法子)、病に伏している第一王子ナルを尊敬するあまりトルを疎ましく思っている、ヴィリと母を置いて家を出て近衛騎士となった姉のリーガン(太田緑ロランス)、トルの命令どおり処刑者たちの首をはねるという辛い仕事をこなす実直な兵士長ツトム実は・・(高橋努)、一見トルに従順なようでいて、いつものらりくらりとかわす大臣ドーヤネン(石田佳央)、人妻との不倫を続ける兵士ロキ(和田琢磨)ー 周りを取り巻く人々にもみんなドラマがあって、何がしか心に闇を抱えている、そんな物語。


タイトルの「愚かな女」が誰を指すのかは「自ら命を絶とうとしていたお前はやはり愚かだ」とトル王子が言った通りヴィリかとも思いますが、観る人の感じ方に委ねられているのかもしれません。



これ書いていたら猛烈に観たくなったので今からWOWOW録画観ます のごくらく地獄度 (total 2240 vs 2241 )


posted by スキップ at 23:46| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください