2021年10月13日

あなた以外に誰を男と呼べばええの 「近松心中物語」


chikamatsushinju.JPG


近松門左衛門の「冥途の飛脚」をベースにした秋元松代さんの名作「近松心中物語」。
蜷川幸雄さんの演出で1,000回以上も上演された作品ですが、何といっても太地喜和子さんの梅川が忘れられない鮮烈な印象。2018年にはいのうえひでのりさん演出でシス・カンパニー版が上演されました(梅川は宮沢りえさん →こちら)。


今回この戯曲に挑むのはKAAT芸術監督の長塚圭史さん。
KAATの今期のシーズンテーマを「冒(ぼう)」と掲げていることもあって、蜷川さんが約80人の出演者でつくられた作品を19人でやろうという冒険もされるのだとか。


KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
「近松心中物語」
作: 秋元松代
演出: 長塚圭史
音楽: スチャダラパー
美術: 石原敬   照明: 齋藤茂男   衣裳: 宮本宣子
振付: 平原慎太郎   所作指導: 花柳寿楽
出演: 田中哲司  松田龍平  笹本玲奈  石橋静河
綾田俊樹  朝海ひかる  山口雅義  石倉三郎 ほか

2021年10月10日(日) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
1階D列(2列目)センター
(上演時間: 2時間20分)



劇場に入ると、客席に向かって傾斜のついた八百屋舞台以外は何もない空間。ホリゾント下手にぽつんと街灯のようなものがあかりを灯しています。
そこに遊行僧が現れて鉦を鳴らし、それがスチャダラパーのラップへと転調して、人々が三々五々登場して、九重太夫がゆったり歩いてきて・・・と見とれているうちに、いつの間にか上手下手に段差のついた壁面が複数できていて、そこが役者さんたちの出入り口にもなっています。
場面ごとに現れるシンプルな舞台装置は黒衣さんが動かす形。
ただ一つの例外は大詰めの雪の心中の場面。
両側の壁も取り払われて、雪景色の場面そのものが上からすっぽり降りてきます。まるで、死へと向かう二人を天上から迎えに来るよう。
そしてすべてが終わった後には冒頭と同じようにまたあの街灯がポツリと立っていて、遊行僧の鉦。
蜷川演出版で象徴的な猥雑さとは対極をなしたような長塚圭史さんの美意識極めれりといった演出でした。
ホリゾントからハの字型に左右に廓の戸口灯りを並べた光景も幻想的で綺麗だったな。


物語は、梅川・忠兵衛と、お亀・与兵衛という二組のカップルの話が同時進行していきます。
悲恋の梅川・忠兵衛に対して、お亀・与兵衛はどうしても笑いの方に振れがちなところですが、ことさらデフォルメするでもなく、笑いを取りにいくでもなく(もちろん笑いは起きるけれども)、二組の対比が際立つ演出と役者さんの演技に好感。

特に松田龍平さんの与兵衛が、浪花ことばのイントネーションはアレだけど💦、飄々と脱力した感じでやる気も覇気もなく、お亀と一緒に死にきれずに“生き様”を晒すに至るところまで、笑って泣かせてくれて、血管切れそうなくらい力入った田中哲司さん忠兵衛と好対照。
ともに死ぬのも地獄、生き残るのも・・・な死生観も鮮やか。

その田中哲司さんは、八右衛門の悪口に耐えかねて飛び出して来るところから、最期の「いとおしい」「かわいい」と叫びながら梅川の首を絞めるところまで、ずっと絶叫。いや、そんな熱いエネルギーがあるなら死にもの狂いで生きてがんばれ!と言いたくなりますが、それがどうにもならない、当時の身分制度やお金や飛脚宿という商売の重み・・・様々なしがらみにがんじがらめという非情さが際立ちます。

梅川の笹本玲奈さんは、儚げで哀感に満ちているのに透明感があってたおやか。
台詞の声が綺麗で聴き惚れました。
忠兵衛のことを「あなた」と呼ぶのが何だか新鮮(多分最近は歌舞伎で「忠さん」と聞き慣れているせいかな?)
「あなた以外に誰を男と呼べばええの」なんて、あの声で、あの表情で言われたら、忠兵衛でなくても愛おしくてたまらんでしょう。

お亀の石橋静河さんもとてもよかったです。
いかにもお嬢様育ちで、気が強いけれど初恋の与兵衛のことをずっと思っていて、恋に恋して心中もののヒロインに憧れているお亀ちゃんは表情豊かでチャーミング。やっぱり上手い女優さんです。

お亀さんの継母であり与兵衛のお姑さんの朝海ひかるさん。
ダンスがお得意でいつも凛とした立ち姿が美しい朝海さんが、背中も腰も少し丸めて中年の風情だったのすごい。冒頭、与兵衛をお茶屋に迎えに行って「二度と近寄らせんとくんなはれ」と言い放つところ、カッコよかったです。

石倉三郎さんの八右衛門はちゃんとヤな奴だったし、亀屋後家妙閑(忠兵衛の養母)と傘屋長兵衛(与兵衛の舅)の二役を演じた綾田俊樹さんがそれぞれ親として見せる情愛が温かくも切なかったです。


「わしに出会わなければ・・・」と忠兵衛は梅川に言ったけれど、それは彼にしても同じこと。
梅川に出会わなければ、罪人として追われることも、まして梅川を道連れに自ら命を絶つこともなかったのでしょう。
与兵衛を巻き込むこともなかったし、お亀が命を落とすこともなかったかもしれなません。
市井の片隅で生きるごく普通の若い男女の運命の歯車が狂っていく様をまざまざと見せられた思い。

江戸時代のお話で、戯曲自体も40年以上も前に書かれたものですが、シャープな舞台装置や演出と相まって、今に通じる普遍性を感じる舞台ともなりました。
 

この日は兵庫公演千穐楽(3日間3公演だけど)。
オールスタンディングとなったカーテンコールでは、舞台上の役者さんたちが笑顔で客席に拍手を贈る姿が。
ああ、ナマの舞台って、カーテンコールってこうだよねと、昨年から今年の演劇界のことを思うと胸が熱くなりました。



休憩なしの2時間20分 ちっとも長く感じませんでした のごくらく度 (total 2313 vs 2314 )



posted by スキップ at 23:40| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください