2021年10月02日

九 月大歌舞伎 第二部


kabukiza202109.jpg


今年も「秀山祭」という冠のつかない九月大歌舞伎。
第一部は六世中村歌右衛門 二十年祭・七世中村芝翫 十年祭の追善興行、第三部は仁左玉の「四谷怪談」、そして、この第二部が「秀山祭」という位置づけでしょうか。
吉右衛門さんは出演されていませんが、播磨屋ゆかりの役者さんたちによる見応えある舞台が繰り広げられました。


九月大歌舞伎 第二部
2021年9月22日(水) 2:10pm 歌舞伎座 1階3列下手


一、近江源氏先陣館 盛綱陣屋
出演: 松本幸四郎  中村雀右衛門  中村錦之助  中村米吉  中村隼人  
尾上丑之助  坂東亀三郎  中村吉之丞  澤村宗之助  大谷廣太郎  
松本錦吾  中村歌昇  中村又五郎  中村歌六 ほか
(上演時間: 1時間55分)



頼朝亡き後、源氏一族の争いに巻き込まれた近江国の佐々木家。兄の盛綱(幸四郎)と弟の高綱は敵味方に分かれて戦うこととなります。盛綱の子息小三郎(亀三郎)は幼いながらも初陣を飾り、高綱の子息小四郎(丑之助)を生け捕りにする大功を立てました。琵琶湖にほど近い盛綱の陣屋では、盛綱が母の微妙(歌六)に囚われの身となった小四郎に切腹を勧めて欲しいと頼みます。そこへ高綱討死の報せが届き・・・。


義のため忠のため、幼い子どもの命が犠牲になる物語は苦手感ぬぐえない不肖スキップ。
この「盛綱陣屋」もその一つです。
いかに戦略のためとはいえ、自分の命や家を守るため、わが子に切腹を言い含める高綱どーよ?とこの演目を観るといつも思います。
しかも本人出て来ないし。

・・・という物語への思いはさておき、見応えたっぷりの義太夫狂言となっていました。
口跡よい役者さんが揃っていることもあって、「盛綱陣屋」でこんなにくまなく台詞聴いたの初めてかも(←)というくらい聴き入りました。
結果として、戦乱の世の中で、心ならずも敵味方に分かれてしまった兄弟の哀しみと非情・・・盛綱は盛綱なりの、高綱には高綱の葛藤や苦悩があることを感じ取ることができたように思います。


平成10年(1998)に自主公演で一度だけ演じたことがあって、ほぼ初役といえる盛綱の幸四郎さん。
姿形が美しいのは元より、義太夫に乗った台詞が、声も緩急もすばらしくて聴き惚れました。
小四郎が切腹したことで高綱の計略に気づくところ、首実検で條時政に「弟佐々木高綱が首に相違なし。相違ござりませぬ」と言い放つところ、声とともに繊細な表情の変化にも目を奪われました。

「佐々木四郎兵衛高綱の計略しおおせたり。最後の対面許す、近こう近こう」と母の篝火を呼び寄せる時の大きさ。
瀕死の小四郎を皆で取り囲み、「ほめてやれ、ほめてやれ」と言う涙まじりの情。
和田兵衛秀盛と並び立ってきまる幕切れの凛々しさ鮮やかさ。
聴き惚れ見惚れた幸四郎さんの盛綱でした。

漏れ聞くところによると、この「盛綱陣屋」は𠮷右衛門さんがお孫さんの丑之助くんと共演するために選ばれた演目(かつてご自身もお祖父様の初代吉右衛門さんの盛綱で小四郎を演じた)だったのを、ご療養休演のため幸四郎さんが代演を買って出られたとか。

その丑之助くんの小四郎がまたすばらしかったです。
台詞も所作もちゃんと義太夫の糸に乗っていて、すごくお稽古を積んだのだろうなぁと思いました。
これまでそんなふうに感じたことはありませんでしたが、お顔がお父様の菊之助さんよりお祖父様の吉右衛門さんに似ているようにお見受けしました。

もう一人の子役 小三郎の亀三郎くんもお父様ゆずりのよく通る声で凛々しいチビ武者ぶり。
歌舞伎の家のお子さんたち、本当にすごいな。

微妙が歌六さんなのに驚いたり、時政の又五郎さんがお顔怖くて最初誰かわからなかったり(^^ゞ
秀盛で錦之助さん出てきたら、隼人くん休演中の代役もやってらしたけど、秀盛やって信楽太郎もやってたの?と余計なこと考えたり(←)
勇壮と軽妙の対照際立つ隼人くん信楽太郎と歌昇くん伊吹藤太。
子を思う母の情愛迸る雀右衛門さんの篝火、可愛いらしさを抑えて凛とした米吉くんの早瀬。

役者も揃って、たっぷりの「盛綱陣屋」でした。



二、女伊達
出演: 中村時蔵  中村萬太郎  中村種之助
(上演時間: 15分)


気風の良い女伊達に二人の男伊達が絡んで江戸っ子の威勢のよさと誇りを描く長唄舞踊。

15分の演目だし、ブッチしてお茶のみに行こうかなと思いつつポスターを改めて見て「なに?萬ちゃん種ちゃんのおとうとーズじゃない、これは観なくては」と思い直して観ることにしました。

時蔵さんの色っぽくも貫録あるお光に萬太郎くんの鳴平、種之助くんの千蔵という座組。
絵面も明るく華やかで、重いお芝居を観た後の心がパッと晴れるよう。
男伊達をバッタバッタとあしらったかと思えば、恋しい相手を思っての艶っぽいクドキも見せる、変幻自在ですばらしい時蔵さん。
俺たちイケてるだろ?という声が聞こえてきそうなくらいキメキメの萬太郎くん、種之助くん。
明るい気分で打ち出されて、これブッチしないでよかった~と思いました。



それでもやっぱり「盛綱陣屋」は苦手 のごくらく地獄度 (total 2308 vs 2310 )


posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください