2021年09月17日

人生二度目の手術


eyeclinic1.jpeg


昨日(9/16)右目の手術を受けました。
不肖スキップ、「手術」と名のつくものは、1989年に右脚血管腫の手術をして以来、人生二度目であります。

5年位前に人間ドックで右目に「黄斑前膜」というものが見つかりました。
網膜の中心である黄斑の前に線維状のうすい膜ができる病気で、白内障ほどポピュラーではないものの、40 歳以上の20 人に1 人がなるといわれている病気だそうです。
再検査も受けたのですが、進行すると出る症状(ゆがみや視力低下、かすみ、大きく見えるなど)が出ていなかったこともあり、経過観察となって、いずれ膜を取る手術を受けることになるかもしれないという条件付きで眼科クリニックで1年に2回、検査を受けていました。

8月にアレルギーがとてもひどく、目が腫れてしまった時、行きつけの眼科が手術のための休診日で、自宅近くの眼科も休診ということで、調べてその次に近い眼科を受診しました。
その時の初期検査で「黄斑前膜」があることを指摘され、「それは承知しています」と答えたのですが、その先生は「手術した方がいい」という見解でした。
そのクリニックは翌日が手術日で、すすめられて翌日、実際に手術を担当される先生に再度診察していただきました。
お話を伺って納得できたこと、その先生に共感できて信頼できると思えたこと(これはほんと”フィーリング”っていうやつです)、たまたま行ったクリニックでこれも何かのご縁かなという思いもあって、手術を受けることに決めました。


という訳で、以下は手術について、自分のための備忘録です。


2021年9月16日 9:15に眼科クリニックへ。
手術する方の手首(私は右目なので右手)に名前とカルテ番号が記入されたリストバンドをします。
数分おきに瞳孔を開く目薬を計4回点眼。
点眼するたびにリストバンドに丸いシールを貼るシステム。

2回目の点眼が終わった時点でエレベーターで2階へ(手術室は2階)。
ここで3回目、4回目の点眼をして、その後、麻酔薬も点眼しました。
その間に、手術着(ガウンのようなもの)と帽子を着用。どちらも不織布でした。

麻酔医の先生がいらして抗菌剤の点滴。
チラリと見たところ、「セファメジンα」というお薬でした。
手の甲に針を入れるのですが、採血する場合のひじの内側や腕と違って血管の下に他の神経などがなく影響が少ないからというご説明でした。

手術前室へ移動。
ここで心電図、血圧計、酸素量測定器を装着。
マスクはここではずします。

そして手術台へ。
執刀してくださる先生と麻酔の先生のほか、看護師さんも5人ぐらいいらしてビビる💦
手術台は歯科の治療台のような形で椅子が倒れてベッドになる形式。

顔に片目の開いたカバーのようなものをかけられ、目をジャバジャバと消毒し・・・
ここから先はずーっと水中をユラユラ浮遊しているような眺めでした。
時々先生が「ちょっとチクッとしますよ~」とおっしゃったり、ピンセットのような形の黒い影が見えたり。

手術時間は30分くらいだったでしょうか。
終了後はまた前室に戻って少し休み、お水を紙コップ1杯いただいて階下へと移動しました。



eylcinic2.jpeg

帰宅直後。
マスクもしてるので大そうな感じになっています。「車呼びましょうか?」とおっしゃってくださったのですが、15分くらいなので歩いて帰りました。
派手なシャツ着ておりますが、「前開きで衿口が広く薄手のもの」という指定があって、今の季節のシャツ、これしかなかったのよ・・・しかも「衿口」を「袖口」と勘違いしていたので衿口詰まっております💦

お風呂はもちろん、テレビも新聞も本もダメ、「まぁ、ラジオぐらいね」と言われたのですが、ラジオって・・・。
とりあえずベッドに寝て、iPhoneでダウンロードしている音楽聴きながらウトウトして過ごしました。


eyclinic3.jpeg

点滴の跡はこんな感じ。
「少しうっ血するかもしれません」と言われましたが、問題なかったです。

夕刻、麻酔が切れたころ鈍痛が続いたのでいただいた頓服薬を2錠服用。
夜も何もすることないので、6時就寝(というかベッドイン)です(^^ゞ



eyclinic4.jpeg

これが本日、病院で眼帯はずした後の右目
白目の部分は充血していますが、1日片目で過ごした後なので、両目で見えることのありがたさを実感。



poire.jpeg

ちなみに、昨日は家事もダメと言われたのをいいことに、帰り道に POIRE でケーキ買って帰ってこれを夕食代わりにしました。

・クレームブリュレ・ア・ラ・ピスターシュ
・いちごのショートケーキ
・ハロウィン

丹波栗が入った抹茶生地とエビスカボチャのジャックオランタン「ハロウィン」はこの日がデビュー。
ラッキーでした。




年とっても右目だけでも手術はやっぱりイヤだし緊張します の地獄度 (total 2302 vs 2304 )



posted by スキップ at 17:27| Comment(2) | diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
経過はいかがでしょうか?

自分も「黄斑変性症」の可能性があるそうで、いつかは手術の可能性も、と言われているので、(語弊があるかもしれませんが)興味深く拝見しました。
やはり、「手術」と言われると、簡単であったとしても緊張しますよね。

これで、楽になるといいですね。
Posted by はぎお at 2021年09月20日 14:17
♪はぎおさま

ありがとうございます。
お陰様で順調に回復しているようですが、まだお風呂にも
入れず髪も洗えず、なかなか不自由な暮らしが続いています。

若いころから目がいいのだけがとりえだったのに、加齢とは
おそろしや・・・目のありがたさも痛感しました。

私はものが歪んで見えるなどの自覚症状があった訳では
ないのですが「いずれ手術を」とずっと言われていましたので
少しスッキリした気分です。
とは言うものの「手術」となると何かと負担も大きいですので、
はぎおさんもできれば回避できるようお祈りしています。
Posted by スキップ at 2021年09月20日 16:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください