2016年12月22日

銀座で煎茶  HIGASHIYA GINZA


IMG_8408.jpg

歌舞伎座第一部を観た後、次の予定まで少し時間があったので、
歌舞伎座で出会った友人と以前から興味があったこちらのお店へ。


HIGASHIYA GINZA
東京都中央区銀座1丁目7番7号 ポーラ銀座ビル2F
tel: 03-3538-3240

歩行者天国でにぎわう銀座中央通りの1丁目 ポーラビルの2階にあります。
「HIGASHIYA」という店名の由来は、「日本が誇る菓子の文化を、季節感や旬の意味合いを大切にしながら、毎日でも食べられるデイリーユースな和菓子をつくりたい・・・そんな想いを込めて日々の菓子屋=“日果子屋”、ヒガシヤと名付けました」ですって。

お茶やお菓子を販売するお店の奥に茶房があって、伺った時は予約で満席ということであきらめて帰ろうとしていた時に「今、カウンター席があきましたので、こちらでよろしければ」と通していただきました。ラッキーでした。


IMG_0374.jpg

茶房は落ち着いた間接照明の中、中央にお茶をたてるアイランド型キッチン(?)のようなもの、その奥に厨房があります。
銀座の喧騒からは一線を画した、落ち着いて洗練された雰囲気。
スタッフの方は皆さん白衣のようなユニフォームを着ていらして、お茶の研究員といった風情。
カウンターからはお茶を調合する様子なども見えて楽しかったです。


こちらの名物は、茶間食 -さまじき- という和のアフタヌーンティーで、店内ほとんどの方がこちらを召し上がっているようでした。
私もとても興味あったのですが、次にパーティを控えていたためグッとガマンしてお茶と季節の和菓子のセットをいただきました。


IMG_4358.jpg IMG_6187.jpg

お茶もお抹茶や番茶、ハーブや季節のフルーツのブレンド茶などたくさんの種類がありますが、ここは基本のお煎茶で。何とかいう賞を取ったとかいうお煎茶でしたが、忘れた(^^ゞ
和菓子も6種類くらいから選べるのですが、これも名前忘れた(^^ゞ

お茶は三煎までいれてくださいます。
二煎目の時には野菜チップスやおこしなどのお茶菓子のサービスつき。
いや~、こんなにおいしいお煎茶いただいたの久しぶり、というくらいおいしいお煎茶でした。
お湯の温度も煎れ方も絶妙なのでしょう。ちょっと家では真似できないのではないかしら。
そして二煎茶、三煎目と微妙に味が変わっていくのも興味深かったです。
画像で見ても二煎目の方がお茶の色が少し濃いの、わかりますね。



予約して食事にいらしたらしいお隣の方はめちゃお茶の説明受けてました。
私も次回はアフタヌーンティに行ってみたいな のごくらく地獄度 (total 1678 vs 1683 )




posted by スキップ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック