2006年03月07日

Endless SHOCK

IMG_0674.jpg順番が逆になっちゃったけど、
3月4日(土) 帝劇で「Endless SHOCK」観劇。

ずっと観てみたかったステージで、オペラグラス新調して気合入れて臨みましたが、今は楽しみにしていたパーティが終わったような、妙な空虚感。

“コウイチ”率いるカンパニーがニューヨク オフ・ブロードウェイから、認められてオンに進出、そこには仲間との葛藤もあり、不幸な事故も起こり・・・っていうストーリーはまぁ、さておき(笑)、後にも先にも
“堂本光一ありき”のステージでした。

休憩はさんで3時間強 ほとんど出ずっぱり。歌、ダンスはもちろん、
イリュージョンあり、ドラムセッションあり、タップありの盛りだくさんのステージで、「宙乗り フライイング」も「階段落ち」も、聞きしに勝る迫力。これをほぼ毎日2回公演こなすなんて、光一くん、体だいじょうぶかな、と心配になります。

堂本光一くんは、ルックスもさることながら、指先、足先にまで神経が行き届いていて、本当に動きがキレイ。しかも一つひとつのポーズがどれもピシっと決まります。もっとダンスの上手な人ならたぶん他にもたくさんいると思う・・・けれど光一くんがひとたびステージに登場すると目を惹きつけて離さないのは、ピンスポットあびてセンターで踊っているせいばかりではないと思います。

ジャンプする時、ターンする時、高い所から降りる時、いかにも「やるぞ」って力の入った感じが全くなく、普通に歩いているようにスッと足を出して何気なくやってしまう。3メートル以上せり上がった舞台からいきなりバク転で飛び降りて微動だにしなかったのには、お姉さんぶっ飛びましたよがく〜(落胆した顔)

もうひとつ印象に残ったのは演技者としての光一くん。
2部でシェイクスピア劇のさわりをいくつか演じるシーンがあるのですが、「リア王」「ハムレット」「リチャード三世」「ロミオとジュリエット」を次々と演じ分けていて感嘆。彼の演じるストレートプレイを観てみたくなりました。

カーテンコールではひとりステージに立ち、『今日は土曜日で、地方から来てくださった方も多いと聞いています。』なんて、泣かせるセリフ吐いてくれるし。やっぱ来年も行こうかしらexclamation&question

IMG_0661.jpg IMG_0662.jpg
森光子さんからはお花が2つも!


Show must go on のごくらく度 わーい(嬉しい顔)    (total 62 わーい(嬉しい顔) vs 59 ふらふら)
posted by スキップ at 23:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

光一君、本当に美しかったですね。
2階席の外れの方だったのですが、
そこから観ていても表情が分かるほどに、
とても大きく感じられて、
見とれてしまいました。

なかなか手に出来ないチケットですが、
私も来年行きたいですねぇ。
そして、その変わり様を観てみたいです。

TBさせていただきます。
Posted by みかん星人 at 2006年03月11日 01:35
♪みかん星人さま

いらっしゃいませ。
コメント&トラックバックありがとうございました。
キレイですよね~、光一くん。
光一くんには体力の続く限りEndlessでやってもらいたいです。
そしてそれを見守り続けたいと思います(チケットが取れれば)。
でも、ジャニーズの他の方たちのように、たとえば蜷川さんの
お芝居に出る光一くんもちょっと観てみたい!
Posted by スキップ at 2006年03月12日 02:44
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

『Endless SHOCK』 @ 帝国劇場
Excerpt: 奇特な方に誘っていただいて、今年も行ってきました、、、ジャニーズのミュージカル。
Weblog: みかん星人の幻覚
Tracked: 2006-03-11 01:36