2023年11月04日

キトラと石舞台で古代のロマンに思いを馳せる


kitora2.jpg


11月3日は文化の日、なので何か文化的なことを・・・とこちらに行ってまいりました。


キトラ古墳 壁画公開


壁画公開は29回目(!)ということですが、今年(令和5年度)は、

5月~6月  西壁「白虎」
7月~8月  南壁「朱雀」
10月~11月 北壁「玄武」
1月~2月  東壁「青龍」 天井「天文図」

という予定で、今回は「玄武」でした。


kitora1.jpg

上方のぽこんと丸いところがキトラ古墳
近鉄電車吉野線の壺阪山駅から歩いて20分弱のところにあります。
お天気もよく、ほとんど人通りがない道を、田んぼや実をたくさんつけた柿の木などを眺めながら歩くのは気持ちよかったです。


kitora4.jpg

あたり一帯が”キトラパーク”みたいになっていて緑に囲まれて広々
祝日で、見学申込みはどの回も満員でしたが、時間指定されていることもあってそれほど人も多くなくて、ゆったりした雰囲気


kitora3.jpg

4か国語の表示


kitora5.jpg

考古学や古墳に特に興味がある訳ではありませんが、四神が大好きで、何なら名前も方角も色も全部言えますが?という感じで、実物見学前に「四神の館」でレプリカ見てすでにテンション上がる始末です。
高松塚古墳発見のニュースを見た地元の人が「うちの近くにも似たようなものがある」と連絡したことがキトラ古墳発見に繋がった、なんていうエピソードも楽しく読みました。


続きがあります
posted by スキップ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする