2023年08月06日

君の命は、僕の命より大切だ 「ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE」


misshionimpossibledr4.jpg


トム・クルーズ主演の「ミッション:インポッシブル」シリーズ第7弾。

子どもの頃、父と一緒にTVで観ていた「スパイ大作戦」は今思えばあまりよく訳もわかっていませんでしたが、あのテーマ曲だけは体にしみこむように覚えています。
大人になって、イーサン・ハントをトム・クルーズがやるようになってからは全作品欠かさず映画館で鑑賞。しかもできる限りIMAXで。


ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE
MISSION: IMPOSSIBLE - DEAD RECKONING - PART ONE

監督・脚本・製作:クリストファー・マッカリー
脚本:エリック・ジェンドレセン
製作総指揮:デヴィッド・エリソン  デイナ・ゴールドバーグ  ドン・グレンジャー
作曲:ローン・バルフェ   衣装:ジル・テイラー
出演:トム・クルーズ  サイモン・ペッグ  レベッカ・ファーガソン
ヴィング・レイムス  ヴァネッサ・カービー  ヘンリー・ツェーニー
ヘイリー・アトウェル  ポム・クレメンティエフ  イーサイ・モラレス
マリエラ・ガリガ  シェー・ウィガム  ヘンリー・ツェーニー ほか

2023年7月23日(日) 6:00pm TOHOシネマズなんば スクリーン2(IMAX)
(上映時間」163分)


misshionimpossibledr1.jpg



今回のイーサンへの指令は、「”それ”(英語では ENTITY)と呼ばれる、すべての情報に不正にアクセスできるAIに必要な2つの鍵のうちの1本を盗んだイルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)を見つけ、鍵を奪い返すというものです。
アラビア砂漠でイルサを見つけ鍵を受け取ったイーサンは仲間のベンジー(サイモン・ペッグ)やルーサー(ヴィング・レイムス)と合流し、もう1つの鍵を売ろうとしている男に鍵を渡し、買い手が誰なのか、そしてこの鍵が何なのか探る計画を実行します。ところが、アブダビ空港で持っていた鍵をグレース(ヘイリー・アトウェル)という女に盗まれてしまいました。
そんな中、イーサンはホワイト・ウィドウ(ヴァネッサ・カービー)が主催するパーティでガブリエル(イーサイ・モラレス)と再会します。ガブリエルはイーサンの過去を知っており、イーサンの亡くなった恋人を巡って2人は因縁がある様子・・・。


今回のターゲットがAIで、そのAIは人間の考えることなんてお見通しで、PCに侵入したり時に先回りしてトラップを仕掛けたりもする・・・という概念がどうも私のポンコツ頭では今イチ理解しきれず、そんなものにどうやって対峙するのか、と思わないではないですが、そんな逡巡も忘れてしまうくらい、ハラハラドキドキドキドキハラハラのアクションの連続。
イーサン・ハントは不死身よ、と思ってはいても心臓に悪いことこの上ありません。


イーサンとグレースが手錠で繋がれたままローマの街を爆速で駆け巡るカーチェイス
バイクに乗ったままスカイダイビングなみの大ジャンプ
実際に走る列車の上で撮った列車上バトル
からの、その列車が谷に落ちていくという怒涛の流れ

あのバイクの大ジャンプ、トム・クルーズ氏は13,000回練習したそうですが、身体能力もさることながら、精神力も超人だなと改めて思いました。


ベンジーやルーサーといった仲間たちはもちろん、シリーズ第5弾「ローグ・ネイション」で登場した大好きなイルサがまた登場したのもうれしかったです。美人で男勝りで強靭で孤独なイルサ。どこかイーサンと”似たもの同志”感のあるイルサ。
が、ヴェネツィアの夕暮れを眺めながら、「ヴェネツィアは初めて」「僕もだ」と互いに言って見つめ合うイーサンとイルサを見て、「え!?これもしかして何かのフラグ?」と思っていたら、その通りになってしまって

だから、隙あらばイーサンを出し抜こうとする今回のヒロイン・グレースにはあまり思いを寄せられないでいたのですが、イーサンがいよいよ1人で去って行く間際にグレースにIMFのメンバーになるように勧め、「チームに入れば命を守ってくれる?」と聞くグレースに「それは誰にも保証はできない。だが誓う。君の命は、僕の命より大切だ」と応えるイーサンの言葉に涙を浮かべるグレースを見て、あぁ、彼女もたったひとりで、自分の力だけで生きてきたんだと実感しました。

思えばホワイト・ウィドウも、ガブリエル傘下の殺し屋パリスも、この物語に出てくる女性はみんな強くてしなやか。


シリーズ初の二部作で、すべての謎の解明はPART TWO を待て、という感じではよ観たい。


misshionimpossibledr2.jpg


PART TWO 公開は1年後か~ 何ならその時に二部作一挙上映とかやっていただきたい のごくらく地獄度 (total 2410 vs 2408 )



posted by スキップ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | 更新情報をチェックする

2023年08月02日

アイスで彩られた極上フルコース Le tour de Ice Cream


letordeicecream13.jpg


先日、Differemce のディナーの記事をアップする時にお店のサイトや Instagram を見ていて、こんな魅力的なイベントを発見。


Le tour de Ice Cream

阪神百貨店の食祭テラスで7月26日から31日まで開催された「アイスクリームバケーション」
Difference の藤本義章シェフが、レストランの創業10周年を記念して、“アイスが主役にも脇役にもなるフレンチを”と、このイベントのために考案された、溶け具合で料理の味わいを変化させられるアイスを全6品にしのばせた独創的なコース料理を自らお客様の目の前で振るうというもの。

そりゃ行くってものでしょ。
期間中毎日 朝10時から2時間ごとに午後6時のスタートまで1日5回、各回15名定員で、私が発見した時にはすでに予約受付が始まっていて、土日は全席完売、平日ならまだチラホラ予約できるという感じでした(ほどなく完売)。


冒頭の画像は入口でいただいたメニュー。
4種類あって、それぞれイラストが違っているそうです。


letordeicecream11.jpg

南フランスのレストランのよう
ここだけ百貨店の催事の一角とは思えないような雰囲気でした。



letordeicecream10.jpg

ライブキッチンを囲むL字型のカウンター席
ウェルカムドリンクは緑茶をベースにラベンダー、レモングラス、レモンマートル、エルダーフラワーをブレンドしたもので、さっぱりしていてとてもおいしかったです。
食後の飲物は別に選べて、「ジャスミン柑橘ブレンド」をいただきました。
コース終了後にはテイクアウトカップにティーバックとお湯を入れてくださるサービスつき。



letordeicecream15.jpg

お席には Difference のいつものメニュー
茄子 海老 黒毛和牛 桃 無花果 山葵
と食材だけが並んでいます。



letordeicecream12.jpg

藤本シェフが一皿ずつ、食材やこだわりポイント、このお料理にはどんなアイスクリームをどんなふうに使ったかなどお話してくださいます。


続きがあります
posted by スキップ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする