2022年05月14日

悪いやつしか死なず、弱者が救われる世界は西部劇の中だけ 「広島ジャンゴ 2022」


hiroshimadjango.jpg


蓬莱竜太さんシアターコクーン初登場作品・・・あれ?コクーン初めてだったっけ?と少し驚きました。
2016年に蓬莱さんが広島の劇作家・演劇人とともに創作された作品を、脚本、演出、美術、音楽を一新して、フィクション・エンタテインメント性をさらに高めて上演するものだとか。
だから、「広島ジャンゴ 2022」なのね。


COCOON PRODUCTION 2022
「広島ジャンゴ 2022」
作・演出:蓬莱竜太
美術:愛甲悦子   照明:日下靖順   音楽:国広和毅   
衣裳:西原梨恵   擬闘:栗原直樹   振付:広崎うらん   
出演:天海祐希  鈴木亮平  野村周平  中村ゆり  土居志央梨  
芋生 悠  北 香那   宮下今日子  池津祥子  藤井 隆  仲村トオル ほか
ミュージシャン:熊谷太輔(Dr)  河村博司(Gt)

2022年5月12日(木) 1:00pm 森ノ宮ピロティホール E列センター
(上演時間: 2時間50分/休憩 20分)



舞台は現代の広島の牡蠣工場。
シフト担当の木村(鈴木亮平)は、新入りのパートタイマー・山本(天海祐希)に工場長・橘(仲村トオル)が主催する懇親会への参加を促しますが、職場に溶け込もうとしない山本ににべもなく断られます。工場長や他の従業員との板挟みになって疲弊した木村は、夜自宅で姉のみどり(土居志央梨)と話しながら、お気に入りの西部劇を見るうちに眠り込んでしまいます。そして目覚めた時、そこは水を独占する横暴な町長 ティムが牛耳る西部の町「ヒロシマ」で、山本は子連れのガンマン・ジャンゴ、木村はなぜかその愛馬ディカプリオになっていました・・・。


牡蠣工場の「広島」と西部の町「ヒロシマ」が時空を行き来して展開する物語。
とはいってもメインは「ヒロシマ」の方ですが、これは木村の夢の中の世界で、ここでいろいろなものを見聞きし体験する(馬だけど)ことによって物事の本質や本当の勇気とはといったものを理解していく、木村の成長物語と感じました。

ヒロシマは、広島の工場の人間関係がデフォルメされて、さらに暴力的な無法地帯になっています。
広島カープの熱烈なファンで、工場では皆一致団結を旨とし、懇親会も全員参加が当然という工場長はワンマンだけれどもいかにも小市民的で、いるよねー、こんな人、という感じ。
一方、ヒロシマの町長 ティムは、川の水をせき止めて町を干からびさせておいて、自分の井戸から湧き出る水を売って暴利を独占し、その状況に異を唱え新たに水源を得ようとする者の家を焼いてしまうなど情け容赦なく極悪非道。

夫のDVから逃れて娘と牡蠣工場のある町に隠れ住む山本に対し、自分への暴力ばかりでなく、娘への性暴力に耐え兼ねて夫を殺して、その首には賞金がかけられているヒロシマのジャンゴ(本名はアンヌらしい)はかなりシビア・・・さらにその殺人にも”実は・・”があって。


木村が何度も口にする、クリント・イーストウッドが活躍する西部劇が大好きな理由は
「悪いやつしか死なず、弱者が救われる世界」 だから。

それは誰もが憧れ、そうなればいいと願っている世界ですが、現実は不公平や理不尽なことだらけで、悪いやつははびこり弱者には冷たく、勧善懲悪なんて物語の中だけの話だということを、今を生きる私たちは肌身に沁みて感じています。

だから、正義を貫こうとして家を焼かれ、井戸を壊されたチャーリー(藤井隆)が、”家族を守るため”にティムの言いなりになってそちら側の人間として働き、自らの弱さに耐え切れず酒に溺れる姿を、私はとても責める気持ちになれませんでした。妻のマリア(中村ゆり)が堕ちていく様も、直視するのが辛いほど。


続きがあります
posted by スキップ at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2022年05月13日

木箱に入ったフレンチコース @LIAISON UMEDA


liaison1.jpeg


昨年10月、福島にあるミシュラン一つ星の人気フレンチ LIAISON が、阪神百貨言フードホールにオープンすると聞いて興味シンシン。
オープン以来行列が絶えないと聞いてビビって近づけずにいましたが、少しほとぼりもさめたかなという頃合いを見計らって、行ってまいりました。


LIAISON UMEDA (リエゾン梅田)
大阪市北区梅田1-13-13 阪神梅田本店 9F
tel: 06-6345-0920


liaison2.jpeg


オープンなスペースにカウンターと手前にテーブル席が4席くらいあります。
座席はwebで事前に予約しました。


いただいたのは、Haco

和風の箱にフレンチのショートコースが松花堂お弁当のように詰められています。
1日限定50食。


メニューは

メイン(お肉 or お魚)
帆立のムース、グリンピースのピューレ
酒粕マリネのフォアグラと穴子のテリーヌ
鰆と新じゃがいものパロティーヌ
季節のピクルス
豚バラのカルボナードとシュークルートの瞬間燻製サラダ
新玉ねぎのポタージュ
パン


続きがあります
posted by スキップ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2022年05月11日

「三月大歌舞伎」 第三部


kabukiza202203.jpg


3月にはもう1本歌舞伎を観ました。
こちら。


三月大歌舞伎 第三部
2022年3月8日(火) 6:30pm 歌舞伎座 1階1列下手



一、信州川中島合戦 輝虎配膳
作:近松門左衛門
出演:中村芝翫  中村雀右衛門  松本幸四郎  片岡孝太郎  中村魁春 ほか
(上演時間:43分)



戦国時代。武田信玄の好敵手・長尾輝虎こと後の上杉謙信の物語。
武田の軍師 山本勘助を味方にしようと計略した輝虎(芝翫)は、家老の直江山城守(幸四郎)の妻 唐衣(孝太郎)が勘助の妹であることを利用し、勘助の母 越路(魁春)と妻 お勝(雀右衛門)を館に招待。小袖を進呈したり、自らお膳を供しますが・・・。


タイトルロールは輝虎ですが、2人の女形- 越路お勝のお芝居です。
これまで何度か観ていますが、初めて観た時の竹三郎さんの越路、秀太郎さんのお勝の印象がとても強く、特に秀太郎さんのお勝が絶品で、後に越路を演じられた時にも観ましたが、三つ子の魂何とやらで、私の中ではお勝=秀太郎さんで刷り込まれています。
音舌不自由のところを懸命に話す姿、越路を斬ろうとす輝虎を止めて侘びを述べながらつまびく琴の音色、すべて終わった後花道を引き上げる前に見せるほっとしたような笑顔・・・忘れられません。
調べたところ、2006年7月松竹座のの坂田藤十郎襲名披露興行だったらしく、その藤十郎さんも秀太郎さんももうこの世にいらっしゃらないなんて


続きがあります
posted by スキップ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2022年05月09日

利休辨当 @志る幸


shiruko2022-1.jpeg


三月花形歌舞伎を観た後は、こちらで遅めのランチ。
大好きなお店の一つですが、ついこの間も行ったよね?と調べたら2019年でした。
3年も前だったのか・・・私の”ついこの間”の感覚っていったい・・・。

前回アップしたエントリ(こちら)を見たら、お味噌汁の具材を牡蠣に変更しておいしくいただいているのですが、この3年の間にアレルギー発症して牡蠣が食べられなくなった悲しみ


志る幸
京都市下京区西木屋町四条上ル真町100
tel: 075-221-3250


shiruko2022-3.jpeg

お店の前に着いて、この佇まいを見ただけで何だか幸せな気分になります。



shiruko2022-2.jpeg

利休辨当。
お味噌汁は今回「ぞうに」をいただきました。
ほんのり甘い白味噌のお雑煮、本当においしい。
やわらかいけれどコシのあるお餅も入っていておかないっぱいになります。
一つひとつ手をかけて丁寧につくられたお料理ももちろんいつもながらとてもおいしい。



shiruko2022-4.jpeg

こちらに来た時のお約束。
古高俊太郎と幕末の志士たちに思いを馳せる。
「新選組に捕縛され壬生の屯所で過酷な拷問を受けたとされる」という文を読むたびに、「燃えよ剣」など新選組関連の書物で読んだ凄惨な拷問シーンが頭に浮かんで「土方っ💦」となります。




ついいつも利休辨当いただいてしまうのですが、お丼+お味噌汁というのも機会があればやってみたいな のごくらく地獄度 (total 2300 vs 2302 )



posted by スキップ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2022年05月08日

身分違いの恋の明暗 「三月花形歌舞伎 午前の部」


3hanagata2022.jpg


5月に入ってゴールデンウィークもあっという間に去り、もはや1年の半分が終わったくらいの気分ですが、3月に観た舞台の感想ですよ💦

南座の三月は花形歌舞伎。
昨年(こちら)から始まりましたが、昨年の主要メンバーから尾上右近さんが抜けて、今年は坂東巳之助さんと中村隼人さんが加入。午前、午後の役替りで、若さあふれる力の入った舞台を見せてくれました。


三月花形歌舞伎 午前の部
2022年3月6日(日) 11:00am 南座 3階1列センター



ご挨拶
出演:中村米吉  中村橋之助
(上演時間: 10分)



ご挨拶は午前の部が米吉くんと橋之助くん、午後の部が壱太郎くんと隼人くんという振り分けでした。

米吉くんが「自分がしゃべりすぎると橋之助くんが頼り切ってしまってダメだから今日はしゃべりません」というようなことを冒頭に言って、橋之助くんが大汗かいて演目の説明などをしているのを黙って見ているという構図。
「ほんとにしゃべらないの?」と何度も米吉くんの方を見る橋之助くん。

当然のことながらトークはあまりおもしろくありません(笑)。
午前の部を選んだ理由の一つに米吉くんの軽妙なトークが聞きたかったこともあるのにちょっぴり残念。


3hanagata2022-2.jpeg 3hanagata2022-3.jpeg

恒例の写真撮影タイムもありました。
この日は桟敷席に舞妓ちゃんたちが座っていて華やかで、米吉くんも橋之助くんも何だかうれしそうでした。
右の画像はインスタにポストするために橋之助くんの写真を撮る米吉くん。


続きがあります
posted by スキップ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2022年05月07日

箱寿司みたいなサンドイッチ @OMOダイニング


omo7-13.jpeg


OMO7 大阪には OMOダイニングとOMOカフェ&バルという2つの飲食エリアがありますが、今回はOMOダイニングでランチをいただきました。
11:30am オープンですが、11:00過ぎに着いた時には店頭のタブレットで順番予約をすることができました。


おいしそうなメニューが並ぶ中、いただいたのは なにわサンドイッチ
大阪名物 箱寿司をイメージした木箱に入ったヒレカツと厚焼き玉子のサンドイッチです。
ジューシーでボリューミーなヒレカツと、ほんのり甘い玉子サンドにはチーズも入っていて、一粒で二度おいしい的な(^^ゞ


omo7-14.jpeg

クラフトビールもありましたが、ここはプレモル生で
ビアだけ先に来たのでサンドイッチを待ちきれずに1杯目飲みましたが何か?



omo7-15.jpeg


omo7-16.jpeg

上から見たところと木枠をはずしたところ
先に写真を撮っていて、さぁ食べましょうとなった時にスタッフの方が「失礼します」と声をかけてくださって、木枠をはすした方が食べやすいですよと教えてくださいました。
写真撮ってる間は声をかけずにタイミングをはかっていてくださったんだなぁと、細かい気配りに感心。



omo7-17.jpeg


omo7-18.jpeg


ゴールデンウィーク中なのでそれなりに人はいましたが、もともとゆとりを持った空間で、オープンエアになっているエリアもあって、ゆったり過ごすことができました。

朝食ビュッフェやディナーもこちらのレストランで。
ディナーは大人気で今は宿泊者限定になっているそうですが、少し落ち着いてビジターもいけるようになったら、「なにわネオクラシック」や「なにわ串キュイジーヌ」といったコース料理、ぜひいただいてみたいです。



昼飲みしていい気分で帰りは天王寺まで歩いたら汗かいちゃったわ のごくらく地獄度 (total 2299 vs 2300 )




posted by スキップ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする