2021年12月29日

7人の大切な仲間たちからもらったたくさんの宝物を胸に 宝塚歌劇星組 「柳生忍法帖/モアー・ダンディズム!」千秋楽ライブ中継


hoshiyagyu20211226lv.JPG

12月26日は宝塚歌劇星組 東京公演千秋楽。
礼真琴さんがトップに就任して初めて、1日の休演もなく、1人の休演者もなく東西全公演全員で駆け抜けた日でした。
通常より期間の長い公演で、この状況下、出演する生徒さんはどれほど神経を研ぎ澄まして細心の注意を払って公演の日々を過ごしたか、思うだけで胸がいっぱいになります。

そして、愛月ひかるさんが宝塚を去る日でもありました。
もちろん涙はあったけれど、温かさと多幸感に満ちた、とてもよき千秋楽でした。 


宝塚歌劇星組 東京宝塚大劇場公演
「柳生忍法帖/モアー・ダンディズム!」 千秋楽ライブ中継
2021年12月26日(日) 1:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン6
(上映時間: 4時間30分 <愛月ひかるサヨナラショー・カーテンコール含む>)



これまでの感想:
「柳生忍法帖」
「モアー・ダンディズム!」
「柳生忍法帖」新人公演
「愛月ひかるサヨナラショー」
「柳生忍法帖/モアー・ダンディズム!」東京公演


11月26日に東京宝塚劇場で観て以来の星組。
あの時はまだ東京公演初日(11/20)から間がなかったのですが、あれから1ヵ月。
お芝居はどんどん深まり、ショーはますます洗練されて、本当にすばらしかったです。


「柳生忍法帖」は最初「これで大丈夫なの?」と思った自分を叱ってやりたいくらい大好きになりました。
幕開きの東慶寺門前で、七本槍に引き立てられて行く堀主水(美稀千種)が「かたじけのうござる。我ら如何なる死に様を晒しましょうとも、冥途までこのご恩は忘れませぬ」と千姫に言い残すところですでに泣く事態に。

加藤明成公(輝咲玲央)が草履をくれた柳生宗矩(朝水りょう)に無理にお礼を言わされる場面で「115回目じゃ」と言ったの、かわいかったな。
115公演、全員一丸となって、本当によく駆け抜けました。


「モアー・ダンディズム!」が前日の前楽がクリスマス祭りでとても楽しかったようですが、「え?昨日何かあったんですか?」とでも言わんばかりの隙のない端正なレビューの完成形。
ずっと観ていたいし観ていられるレビューです。

「ハード・ボイルド」終盤の礼真琴さんのダンスが大劇場で観ていたのと少し違うなぁ、東京来て変えたのかなぁと思ったのですが、「真矢みきさんが観劇されていたので、初演リスペクトで真矢さんのダンスしてた」というツイート見かけて、ことちゃんおそろべし!と改めて思った次第です。


「愛月ひかるサヨナラショー」は本当にあっという間でした。
どの場面もどの曲も愛おしくてずっと観ていたかった。
愛ちゃんがすばらしく輝いて、最後の幕が下りるまで男役としてそこに居て、幸せそうに笑っていたことが、観ているこちらまで幸せな気持ちにしてくれました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:29| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする