2021年12月14日

まるでクリスマスプレゼントのよう 「パ・ラパパンパン」


parumpumpumpum.jpeg


Come they told me,
pa rum pum pum pum
A new born King to see,
pa rum pum pum pum

Our finest gifts we bring,
pa rum pum pum pum
To lay before the King,
pa rum pum pum pum,
rum pum pum pum,
rum pum pum pum,


不覚にもこの作品のタイトルが ”The Little Drummer Boy” の歌詞の一節であること、劇中でこの曲が流れるまで気づいていませんでした。
でも、こんな幸せな気持ちで♪pa rum pum pum pum, rum pum pum pum を聴いたの、初めてだったな。


COCOON PRODUCTION 2021+大人計画 
「パ・ラパパンパン」
作: 藤本有紀
演出: 松尾スズキ
音楽: 渡邊崇   美術: 池田ともゆき   照明: 大島祐夫
衣裳: 安野ともこ   映像: O-beron inc.   振付:振付稼業air:man
出演: 松たか子  神木隆之介  大東駿介  皆川猿時  早見あかり  
小松和重  菅原永二  村杉蝉之介  宍戸美和公  少路勇介  川嶋由莉  
片岡正二郎  オクイシュージ  筒井真理子  坂井真紀  小日向文世

2021年12月9日(木) 1:00pm 森ノ宮ピロティホール F列上手
(上演時間: 2時間50分/休憩 20分)



物語: デビュー作が少し売れて以来、鳴かず飛ばずのティーン向け小説家・来栖てまり(松たか子)は、再起を図るため「本格ミステリーを書く」と宣言したものの全く構想が思い浮かばないでいます。 編集長(オクイシュージ)から引導を渡すよう指示された担当編集者の浅見鏡太郎(神木隆之介)は、逆にてまりに協力して手伝うことに。世間はクリスマスシーズンという思いつきからディケンズの小説「クリスマス・キャロル」の世界を舞台に、極悪非道の守銭奴のスクルージ(小日向文世)が殺されるというミステリーを考えますが、展開も時代考証もでたらめなまま勢いで書き進めるうちに、現実と作中とが曖昧になっていき・・・。


現在オンエア中のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の作者(2007年の「ちりとてちん」の作者でもある)藤本有紀さんの書き下ろし作をシアターコクーンの芸術監督でもある松尾スズキさんが演出した作品。
笑いが散りばめられる中に控えめながら毒もちらつくところが松尾さんらしさでしょうか。


全く予備知識なしで観ましたので、冒頭、「クリスマス・キャロル」の物語世界から飛び出してきたような作り込んだ拵えのスクルージはじめ登場人物が次々現れ、顔と役名が映像で映し出される中、全員が石造りの橋梁の上に勢ぞろいした時には、「え?クリスマス・キャロルなの?!」と驚きました。

すると一転して現代のマンションの一室らしき部屋となり、てまりと浅見くんのテンポよい会話から物語は始まります。
てまりのミステリー小説の筋立てという設定で、ディケンズの「クリスマス・キャロル」の世界が劇中劇として展開。
「クリスマス・キャロル」はずいぶん昔に読んだことがあるものの、「守銭奴のスクルージ」という名前以外はほぼ忘れていたのですが、登場人物観ているうちに少し思い出してきました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:55| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする