2021年11月25日

伝統の重みと若さの輝きと 花組 「The Fascination!」


thefascination.jpg


1921年に誕生した花組の誕生100周年を祝うショー。
通常のショー作品より10分長いあたり、いかにも記念のショーという感じ。
“花”をテーマにした華やかなショーで、これまでの花組のレビューの名シーンや名曲もふんだんに盛り込まれていました。


三井住友VISAカード シアター
レビュー・アニバーサリー 「The Fascination!」-花組誕生100周年 そして未来へ-
作・演出: 中村一徳
作曲・編曲: 竹内一宏  甲斐正人  青木朝子  竹内 聡
音楽指揮: 佐々田愛一郎
振付: 御織ゆみ乃  平澤 智  AYAKO  KAZUMI-BOY  西川 卓
装置: 木戸真梨乃   衣装: 加藤真美
(上演時間: 1時間5分)


出演者、観劇日は「元禄バロックロック」と同じ(こちら


柚香光さんと星風まどかさんはフューシャピンク、他はサーモンピンクとピンク一色(冒頭のポスターの衣装)のプロローグに「花組だぁ」となりました。

舞台上に人がたくさんいる場面が多く、スターさんはもちろん若手に至るまで多くの男役、娘役が銀橋を渡り、華やかで明るいショー。
どの場面も楽しいですが、やはり見どころは、高翔みず希組長の「今年は花組100周年です」というMCから始まる「オマージュ」と題された第6章です。

「『フォーエバー!タカラヅカ』から『ピアノ・ファンタジィ』をお贈りします」という高翔組長の言葉に幕が上がると、舞台に一人立つのは白燕尾に身を包んだ聖乃あすかさん。
一人踊り、ピアノを弾き、歌うという、この場面のオープニングを任された聖乃さん。
100年の歴史からまた新たな一歩を踏み出そうとしている花組の未来の象徴のようでした。

聖乃さんが歌ううちにの大きなピアノのセットからズラリと脚だけが見えて、やがて鍵盤のロケットとなります。
ここでも聖乃さんがロケットボーイの役割で脚を大きく上げながら舞台を横切り終始ロケットをリード。

♪ラプソディ・イン・ブルーの曲で柚香光さん(踊るピアニスト)や黒鍵のダンサー、白鍵のダンサーが踊ります。
ここで驚いたのは星風まどかさんの黒鍵のダンサー。
黒のダルマの衣装で美脚を披露。一人で踊る時間も長くて、宙組時代には見たことがなかったようなまどかちゃんでした。

「フォーエバー!タカラヅカ」は1988年の作品でリアルタイムで観たことはないのですが、今観ても少しも古さを感じず、ピアノの黒と白の鍵盤に見立てたモノクロの衣装と装置がスタイリッシュで、かえって新鮮に感じたくらいです。さすが名場面として再現されるだけのことはあると納得した次第。


thefascination2.jpeg

続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする