2021年11月24日

ハッピーエンドの忠臣蔵 花組 「元禄バロックロック」


genrokubaroquerock.jpg


花組誕生100周年、柚香光・星風まどかの新トップコンビお披露目、そして谷 貴矢先生大劇場デビュー作とお祝いてんこ盛りの公演。
「時を戻せる時計」がテーマの「忠臣蔵」。
クロノスケ、キラ、クラノスケ、コウズケノスケ・・・といった役名、果ては「賭場・ラッキーこいこい」なんて情報公開された時にはどんなトンチキ作品になるのかと不安でしたが、思っていたよりちゃんと「忠臣蔵」で、夢いっぱいのファンタジーでした。


宝塚歌劇 花組公演 三井住友VISAカード シアター
忠臣蔵ファンタジー 「元禄バロックロック」
作・演出: 谷 貴矢
作曲・編曲: 太田 健  多田里紗
音楽指揮: 佐々田愛一郎
振付: 若央りさ  KAOARIalive  殺陣: 清家三彦
装置: 國包洋子   衣装: 加藤真美
出演: 柚香 光  星風まどか  水美舞斗  高翔みず希  美風舞良  
和海しょう  華雅りりか  優波 慧  永久輝せあ  飛龍つかさ  
帆純まひろ  音くり寿  聖乃あすか  一之瀬航季  侑輝大弥  
希波らいと  美羽 愛  星空美咲 ほか

2021年11月7日(日) 11:00am 宝塚大劇場 1階4列センター/
11月18日(木) 3:30pm 1階11列下手/
11月23日(火) 11:00am 1階21列センター
(上演時間: 1時間25分)



物語の舞台は将軍ツナヨシ(音くり寿)が治めるバロック文化花咲くエド。
赤穂藩主タクミノカミ(聖乃あすか)がエド城でコウズケノスケ(水美舞斗)に刃傷に及び切腹、赤穂藩はとりつぶしとなりました。
元赤穂浪士の時計職人クロノスケ(柚香光)は、タクミノカミが遺した設計図をもとに時を戻せる時計を発明、少しの時を戻してはスリを捕まえて礼金をせしめたり賭場で大儲けしたりして暮らしていました。賭場の主キラ(星風まどか)の美しさに惹かれるクロノスケでしたが、そこで出会った赤穂藩の家老クラノスケ(永久輝せあ)から主君の仇と狙うコウズケノスケの隠し子の名前がキラだと知らされます・・・。


タクミノカミ(浅野内匠頭)、コウズケノスケ(吉良上野介)、クラノスケ(大石内蔵助)、ツナヨシ(徳川綱吉)、ヨシヤス(柳沢吉保)、ケイショウイン(桂昌院)といった史実としての「忠臣蔵」の登場人物の中に、クロノスケ、キラという架空の人物を配置。

江戸時代を模した設定ですが、和洋折衷な雰囲気で和装を基調としながらもシャープでカラフルな衣装、タクミノカミは自分のことを僕と言い、キラやツナヨシは父母のことを「パパ」」「ママ」と呼ぶなど、無国籍、無時代の世界観。
それでも「忠臣蔵」を知っていると、クラノスケの偽の放蕩(ツバキは「擬態」と言ってた)、ツナヨシの生類憐みの令、ケイショウインをお玉と呼ぶコウズケノスケなど、細かいところがさり気なく採り入れられてると感心。



genrokubaroquerock2.jpg.jpeg

開演5分前から時を刻み続ける幕
いろんなところが動いていて、見ていて飽きることがありません。



続きがあります
posted by スキップ at 21:45| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする