2021年11月20日

人生はハッピー♪ 宙組 「プロミセス、プロミセス」


promisespromises.jpg

宙組 芹香斗亜さん 「群盗」(2019年)以来、2年8ヵ月ぶりの主演舞台はブロードウェイ・ミュージカル。
ビリー・ワイルダー監督の映画「アパートの鍵貸します」(1960年)をベースにニール・サイモンが戯曲化して1968年にブロードウェイで初演された作品。音楽はあのバート・バカラック♪


宝塚歌劇 宙組公演
ブロードウェイ・ミュージカル 「プロミセス、プロミセス」 
PROMISES, PROMISES
Book by Neil Simon
Based on the Screenplay THE APARTMENT by Billy Wilder and I.A.L. Diamond
Music by Burt Bacharach  Lyrics by Hal David
翻訳・演出: 原田 諒
オリジナル翻訳: 伊藤美代子   音楽監督・編曲: 玉麻尚一
振付: 麻咲梨乃   装置: 松井るみ   衣装: 有村淳
出演: 芹香斗亜  天彩峰里  松風 輝  和希そら  瀬戸花まり  紫藤りゅう  
秋奈るい  留依蒔世  若翔りつ  真名瀬みら  風色日向/輝月ゆうま ほか  

2021年11月17日(水) 11:30 シアター・ドラマシティ 9列下手
(上演時間: 2時間40分/休憩 25分)



物語:ニューヨークの保険会社に勤める経理担当のチャック(芹香斗亜)は食堂係のフラン(天彩峰里)に心惹かれていますが、相手にされません。ある日、チャックは会社の重役から妻には言えない秘密の逢引きのためにアパートを貸してほしいと頼まます。困惑しつつもその依頼を受け入れ、アパートの鍵を貸すお人好しのチャック。そんな彼の噂が重役たちの間で広まり、ついには人事部長のシェルドレイク(和希そら)からも依頼が舞い込み、チャックは出世のチャンスとばかりにシェルドレイクにアパートの部屋を貸しますが、ひょんなことから、彼の不貞の相手がフランであることを知ってしまいます・・・。


「アパートの鍵貸します」という映画のタイトルは知っていましたが観たことはなく、ストーリーも知りませんでした。
公演ポスターが公開された時、「わー、楽しそう!」と思ったものですが、期待通り、いや、期待以上にとても楽しかったです。

舞台の上に3階建てに組まれた装置。
2階3階部分がチャックのアパートの部屋で、上の部屋のベッドから起き出して、歯を磨き、顔を洗って鏡を見ながら髪を整え・・・という朝のグルーミンングの様子がバート・バカラックの音楽に乗って展開されて、まるで映画のワンシーンのようでした。
スーツに着替えたチャックがトーストをほおばりながらアパートに鍵をかけて出勤。満員電車に揺られている間に装置がぐるりと回転するとオフィスになるという展開。オフィスでは可動式のデスクにみんな座って軽快なダンスで忙しく働く様子を表現。テンポよくてワクワクするすべり出しです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:58| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする