2021年10月16日

今という二度と戻らない時間 星組 「柳生忍法帖」新人公演


hoshishinko20211012.JPG hoshishinko2021.JPG.jpeg


昨年、「減耀の谷」の東京新人公演が中止となって以来、星組にとっては1年8ヵ月ぶりの新人公演。
舞台も客席も熱い思いが溢れるようでした。
新人公演出演が初めてという人や日本物は初めてという下級生もいて、とても貴重な学びの場となったことと思います。


宝塚歌劇 星組 「柳生忍法帖」 新人公演
原作: 山田風太郎 「柳生忍法帖」
脚本・演出・新人公演担当:: 大野拓史
出演: 天飛華音  瑠璃花夏  碧海さりお  夕陽真輝  颯香凛  澄華あまね  
咲城けい  御剣海  水乃ゆり  奏碧タケル  星咲希  稀惺かずと  大希颯 ほか

2021年10月12日(火) 宝塚大劇場 1階13列センター
(上演時間: 1時間45分)



本公演の感想はこちら
    


今回は、本公演脚本・演出の大野拓史先生が新人公演も担当。
特に変更点はなく、本公演そのままの展開でした。

台詞のタイミングがかぶってしまったり、思わぬハプニングがあったり、新人公演らしさも見受けられる中、若者たちの懸命さと熱さが伝わる舞台でした。


天飛華音 (柳生十兵衛/本役:礼真琴)
野性味という面では本役の礼真琴さんよりむしろ適役では?と思えるかのんくん。
口跡よく力強い台詞と歌唱。歌や台詞以外にも殺陣や所作と決まりごとが多い日本物ですが、立派でした。
そしてやはり、センターに立つのが似合う華のあるスターであることを実証。
ソロの歌唱で少しかすれることがあって、練習しすぎかな?と思ったのですが、稽古中にのどを潰してしまったと終演後のインタビューでおっしゃっていたそうです。いや、そんなこととは全然感じられないくらいすばらしい歌唱でした。
礼真琴さんからは「絶対できる。大丈夫!」と声をかけられたのだとか。
そういえばことちゃんも、「Étoile de TAKARAZUKA」新人公演(2013年)で柚希礼音さんのダンスソロ「Scorpius」を踊った時、舞台稽古だっかであまりにできなくて号泣してしまって、柚希さんに「大丈夫や!」と励まされたのでしたね。そうやって星組の伝統は受け継がれていくのね。
ラストの銀橋ソロでは感極まって涙も浮かべていたかのんくんに思わずもらい泣き。


続きがあります
posted by スキップ at 22:50| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする