2021年09月19日

フルスロットルで駆け抜けたい 雪組 「CITY HUNTER 」新人公演


cityhuntershinko .JPG cityhuntershinko 3.JPG.jpeg


雪組「CITY HUNTER」は幸運なことに新人公演も観ることができました。
初舞台生のロケットと各組新人公演は私の涙腺沸点ポイント。
どれほどの努力を重ねてこの場所までたどり着いたのだろうと思うと、舞台に立つ一人ひとりが愛おしいいです。


宝塚歌劇 雪組 「CITY HUNTER」 新人公演
作: 北条 司 「シティーハンター」
脚本・演出: 齋藤吉正
新人公演担当: 指田珠子
出演: 縣 千  音彩唯  彩海せら  一禾あお  星加梨杏  眞ノ宮るい  
希良々うみ  夢白あや  壮海はるま  華世京  華純沙那  ほか

2021年8月31日(火) 6:00pm 宝塚大劇場 1階21列上手
(上演時間: 1時間45分)



終演後のご挨拶で縣千さんも「『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』の東京新人公演が中止になって以来」とおっしゃっていた雪組の新人公演。
原作ものとはいえオリジナル脚本で役も多く、明るいタッチの作品なので皆さん楽しそうにのびのびと演じていらっしゃいました。
本公演(こちら)と演出や台詞の変更はほぼなかった模様です。

ふんだんに使用された映像は、主要キャストでは主役の二人(獠と香)だけを新人公演用に撮りなおして、他は映像なし。
ラストでアルマ王女がTV画面に映るところも本人が舞台中央でスタンドマイクで話していました。



縣千 (冴羽獠/本役:彩風咲奈)
本公演でも海坊主という重要な役を好演している縣千さん。
冴羽獠は似合うだろうなという大方の予想どおり、よくハマってカッコいい。
縣さんに限りませんが、髪型やメイクの雰囲気は原作のしばりがあるのか、つくり込んでいる本役の方たちのまんま。
なので、ビジュアルは時折「え?咲ちゃん?」と思うところがありましたが、お芝居はちゃんと「縣千の冴羽獠」になっていました。
「冴子ちゃんの犬になります」と犬の鳴きまねするところではリアル犬になっていて、「縣、モプシーwww」と客席からは笑い声が起きていました。
銃を構える姿もピタリと決まり、何と言っても華ががあり、舞台映えして真ん中に立つのが本当によく似合います。
あまりお得意でないとされる歌もよくがんばっていました。
ラスト 花道はけながら「次は東京で!」って言ったのも洒落てたな。


続きがあります
posted by スキップ at 22:53| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする