2021年09月17日

人生二度目の手術


eyeclinic1.jpeg


昨日(9/16)右目の手術を受けました。
不肖スキップ、「手術」と名のつくものは、1989年に右脚血管腫の手術をして以来、人生二度目であります。

5年位前に人間ドックで右目に「黄斑前膜」というものが見つかりました。
網膜の中心である黄斑の前に線維状のうすい膜ができる病気で、白内障ほどポピュラーではないものの、40 歳以上の20 人に1 人がなるといわれている病気だそうです。
再検査も受けたのですが、進行すると出る症状(ゆがみや視力低下、かすみ、大きく見えるなど)が出ていなかったこともあり、経過観察となって、いずれ膜を取る手術を受けることになるかもしれないという条件付きで眼科クリニックで1年に2回、検査を受けていました。

8月にアレルギーがとてもひどく、目が腫れてしまった時、行きつけの眼科が手術のための休診日で、自宅近くの眼科も休診ということで、調べてその次に近い眼科を受診しました。
その時の初期検査で「黄斑前膜」があることを指摘され、「それは承知しています」と答えたのですが、その先生は「手術した方がいい」という見解でした。
そのクリニックは翌日が手術日で、すすめられて翌日、実際に手術を担当される先生に再度診察していただきました。
お話を伺って納得できたこと、その先生に共感できて信頼できると思えたこと(これはほんと”フィーリング”っていうやつです)、たまたま行ったクリニックでこれも何かのご縁かなという思いもあって、手術を受けることに決めました。


という訳で、以下は手術について、自分のための備忘録です。


続きがあります
posted by スキップ at 17:27| Comment(2) | diary | 更新情報をチェックする