2021年09月11日

砂に埋もれた尊厳 「砂の女」


sunanoonna1.JPG


ケラリーノ・サンドロヴィッチさんと緒川たまきさんの演劇ユニット ケムリ研究室。
2020年の始動第1作「ベイジルタウンの女神」(大好き!)に続いての第2弾。


ケムリ研究室no.2 「砂の女」
原作: 安部公房
上演台本・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
音楽・演奏:上野洋子   振付: 小野寺修二
美術: 加藤ちか   照明: 関口裕二   
映像: 上田大樹  大鹿奈穂   衣装: 伊藤佐智子
出演: 緒川たまき  仲村トオル  
オクイシュージ  武谷公雄  吉増裕士  廣川三憲
(声とシルエット:  町田マリー)

2021年9月9日(木) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階E列(3列目)センター
(上演時間: 2時間50分/休憩 15分)



物語:3日間の休暇を取って昆虫採集に出かけた数学教師の男(仲村トオル)が、村人の勧めで女(緒川たまき)が一人暮らす砂穴の家に一晩の宿を借ります。 翌朝、崖からその家に下りるための縄梯子が取り払われ、男は電気も水道もない「砂の女」の家に軟禁されることになります。砂を掻き出す人手が必要な村人たちの企みでした。男は何度も脱出を図りますが失敗と絶望の日々が続き、ある日千載一遇の機会がやってきますが・・・。

原作は安部公房氏が1962年に発表した長編小説で代表作と言われる作品ですが、未読です(・・・というか安部公房苦手でほとんど読んだことがない)。
原作を読んでいませんので、どこまで原作に忠実なのか、どのあたりが潤色されているのかわからないのですが、後で調べたところストーリーはほぼ原作通りのようです。

ミステリーかつホラーの様相も持つ非現実的で不条理な物語の中に、電信柱の交番や、男の同僚教師たちの会話など、ナンセンスな笑いを挟み込むのがケラさん流かな。
ただ、彼らの無責任な野次馬根性や悪意のない残酷さには、ケラさん独特のシニカルな目線も感じられます。

そうそう、二幕冒頭の「雨だー!」「雨なんか降ってませんよ」のシーンが巻き戻しみたいに何度も繰り返されるのも笑っちゃったな。


続きがあります
posted by スキップ at 18:36| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする