2021年08月30日

ピスタチオマスカット @Pâtisserie TATSUHITO SATOI


tatsuhitosatoi1.jpeg


昨日は春秋座へ「4」を観に行きました。
昨年中止になった公演。2年越しでやっと観ることができました。

・・・の前にちょっと寄り道。
以前から気になっていたこちらのかき氷をいただきに伺いました。


Pâtisserie TATSUHITO SATOI (パティスリータツヒトサトイ)
京都府京都市左京区北白川追分町2 Eフラット北白川 1F
tel: 075-285-1171


最寄駅は市バスの京大農学部前
京阪電車 出町柳駅から歩いて15分くらいでした。

イートインスペースはカウンター5席に2人掛け、1人掛けのテーブルが1卓ずつ。
ショーケースにはおいしそうなケーキや焼き菓子が並んでいます。


かき氷は何種類かあるのですが、ピスタチオマスカット一択です(^^ゞ
以前Instagramで見かけて、これ絶対食べたいと思っていたのです。
季節によって変わるフルーツはチェリーの日もあるようですが、この日はマスカットでした。


ふわふわクリーミーで濃厚なピスタチオ味のシャンティを一口食べて「おいし~」と声が出そうになりました。
シロップはラズベリー。中にはラズベリーペーストとゼリーが入っていました。
そしてカットしたマスカットゴロゴ


tatsuhitosatoi2.jpeg

上から見るとこんな感じ


こちらのお店はパティスリーですが、ブーランジェリーでもあって、パンも充実。
とってもおいしそうだった「抹茶小倉のフレンチトースト」をはじめいくつか連れて帰りました。
ケーキもパフェもとても魅力的でしたので、またぜひ伺いたいと思います。



せっかくかき氷でクールダウンしたのにここから春秋座までまた20分強歩いて汗だく のごくらく地獄度 (total 2295 vs 2295 )


posted by スキップ at 23:21| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年08月29日

桃ジェンヌ 花💗 @コーヒープリンセス


momosienne1.jpeg


先日、宝塚大劇場に雪組公演観に行った時、「次に来るころには桃の季節終わっているだろうなぁ」と考えて、心残りないようにこちらをいただいてきました。


桃ジェンヌ 花💗

コーヒープリンセス&プリンセスアイラッシュ
兵庫県宝塚市武庫川町3-7
tel: 0797-98-2073


今年の2月14日 星組「ロミオとジュリエット」初日に「いちごジェンヌ💙ロミオ」をいただいて以来です。

川中島白桃が丸ごと1個乗ったパフェ
グラスの中は、桃ソルベ・桃ゼリー・クランブル・ナタデココ・ヨーグルトが入っていて、お味も歯ごたえも彩りあってどれもとてもおいしい。

ラムネソルベとソーダゼリーが入っているブルーの 桃ジェンヌ 風💙 
もあります。



momosienne2.jpeg

そして、桃をパッカーンと割ると、カスタードとホイップクリームが入っています。
結構実がしまっていて肉厚の白桃。
食べ応えたっぷりでした。



桃は大好きな果物のひとつ。桃の季節が終わってしまうのさびしい のごくらく地獄度 (total 2294 vs 2294 )



posted by スキップ at 21:00| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年08月28日

滅びの美 「八月花形歌舞伎」 第三部


kabukiza2021082.jpg


歌舞伎座の「八月花形歌舞伎」
演目と出演者が発表された時には「三部とも通すわよ!」と鼻息荒くチケット取っていたのですが、結局観ることができたのは三部のみ。
「義賢最期」は、昨年、四国こんぴら歌舞伎の高麗屋襲名披露興行で幸四郎さんが初役で勤めるはずだったお役。
元々好きな演目でもあり、「これだけは何としても」と強い心で観に行ってまいりました。


八月花形歌舞伎 第三部
2021年8月20日(金) 6:00pm 
歌舞伎座 1階3列下手


一、源平布引滝  義賢最期
出演: 松本幸四郎  中村梅枝  中村隼人  中村米吉  
小川大晴(奇数日)/小川綜真(偶数日)  大谷廣太郎  
松本錦吾  片岡亀蔵  市川高麗蔵 ほか
(上演時間: 1時間25分)



平家全盛の時代。源氏再興を密かに願う木曽義賢(幸四郎)は、病で館に引きこもっています。その館に、百姓の九郎助(錦吾)が娘の小万(梅枝)、太郎吉(小川大晴/小川綜真)親子を連れ、小万の出奔した夫の奴・折平(隼人)を訪ねてきます。一方、折平が平家方から追われている源氏の武将・多田蔵人であることを見抜いた義賢は、平家打倒を志す本心を打ち明け、折平に思いを託します。そこへ平清盛の使者が来訪し、義賢の平家方への忠誠心を試そうとしますが・・・。

幸四郎さん筆頭に、梅枝さん、隼人さん、米吉さんと見目麗しい花も実もある役者さんが並び、まさに“花形歌舞伎”。
それぞれが奮迅の活躍で熱気あふれる舞台はとても見応えありました。

仁左衛門さん直伝の義賢を演じた幸四郎さん。
紫の病鉢巻姿も、後半の顔面を血で染めた姿も、勇壮で美しく悲壮感もたっぷり。
義太夫に乗せた台詞も緩急があって、しかも言葉に気持ちもきちんと乗せられているのでとても心に響きます。


続きがあります
posted by スキップ at 18:13| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年08月26日

祝 寄せ書きサイン色紙当選 「七月大歌舞伎」 夜の部


shochikuzayosegaki.jpeg


松竹座の七月大歌舞伎 7月14日の夜の部を観に行ったところ、関西・歌舞伎を愛する会のデスクで「七月大歌舞伎 出演俳優7名による『寄せ書きサイン色紙』抽選販売のご案内」なるものをたまたま発見。
「あれ?初日にはこんなのやっていなかったよね?」と思ったのですが、後で聞いたところによると、当初は初日からの販売予定だったところ、鴈治郎さんの復帰を待って7月13日から販売されたのだとか。
昼の部、夜の部各10枚限定ということでしたが、「何だか当たる」予感がして申し込んだところ見事当選。
仁左衛門さん・鴈治郎さん・扇雀さん・孝太郎さん・幸四郎さん・壱太郎さん・隼人さん
サインを持っている役者さんも何名かいらっしゃいますが、この7名が揃った寄せ書きって一世一代かなと家宝にしたいと思います。


関西・歌舞伎を愛する会 第二十九回
七月大歌舞伎 夜の部
2021年7月14日(水) 4:30pm 松竹座 3階1列センター


一、双蝶々曲輪日記  引窓
出演: 片岡仁左衛門  松本幸四郎  中村壱太郎  
中村隼人  上村吉弥  中村孝太郎 
(上演時間: 1時間10分)



仁左衛門さんの南与兵衛、吉弥さんのお幸、孝太郎さんのお早と万全の体制の中に幸四郎さんの濡髪長五郎が入っての「引窓」。
幸四郎さんの濡髪が11年ぶりと聞いて愕然。
この間観たと思ったのに・・・と調べたら、確かに、2010年の松竹座 「七月大歌舞伎」で、あの時は「引窓」の前に「井筒屋」「米屋」「難波裏」がついた半通しでした(こちら)。


あの時も今回も、南与兵衛は仁左衛門さん。

続きがあります
posted by スキップ at 22:59| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年08月25日

祝 松竹座で歌舞伎 「七月大歌舞伎」 昼の部


shochikuza202107.jpg


今年1月 坂東玉三郎さんの「初春特別舞踊公演」はありましたが、松竹座での歌舞伎興行は昨年の「壽初春大歌舞伎」以来、なんと1年半ぶり。昨年は中止となった七月大歌舞伎は2年ぶりの開催です。
7月3日から18日までと、公演期間はいつもの半分でしたが、われら浪花の歌舞伎ファン、首をなごうして待ってましたんやで。
まずはともあれ、昼の部は初日に参上。


関西・歌舞伎を愛する会 第二十九回
七月大歌舞伎 昼の部
2021年7月3日(土) 12:30pm 松竹座 1階3列センター


一、伊勢音頭恋寝刃  油屋・奥庭
出演: 松本幸四郎  中村壱太郎  中村隼人  中村虎之介  
中村寿治郎  片岡松之助  片岡千壽  片岡孝太郎  中村扇雀 ほか
(上演時間: 1時間20分)



幸四郎さんが染五郎時代の2017年 歌舞伎座 四月大歌舞伎で初役で演じて以来二度目の福岡貢(その時の万野は猿之助さん)。
5月に亡くなった片岡秀太郎さんが演じる予定だった今田万次郎は孝太郎さん代役と発表されていましたが、初日前日になって、中村鴈治郎さんがコロナの濃厚接触者と認定されて休演、片岡千壽さんが代役を勤められました。

物語: 伊勢の神官・福岡貢(幸四郎)は主筋の宝刀青江下坂をやっと手に入れ、今田万次郎(孝太郎)へ渡すべく廓 油屋に出向きますが、万次郎は不在。元家来の料理人・喜助(隼人)へ刀を預け、恋仲の遊女 お紺(壱太郎)を待ちます。意地の悪い仲居・万野(扇雀)にお鹿(千壽)のお金のことであらぬ罪を着せられ、お紺からは万座の中で愛想づかしをされて逆上し、自分が手にしているのが青江下坂とは知らず万野をあやまって手にかけてしまうと、妖刀に魅せられ次々と人を斬り捨ててしまうのでした・・・。


幸四郎さんが4年ぶりの貢なら、私がこの演目を観たのも4年ぶり。
「やっぱり貢って、優柔不断というか、脇が甘いよなぁ・・・と思いながら観ていて、帰宅してから4年前に書いた感想読んだら、まんまこの日思ったことだったので笑ってしまいました。
ということで、一部再掲


続きがあります
posted by スキップ at 23:36| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年08月23日

歌舞伎座でアフタヌーンティーをいただく


kabukizaafternoontea.jpeg


8月20日に上京した際、劇場以外の場所をウロウロするのはあまりよろしくないと自粛することにしていましたが、とはいえおなかはすくし、ということで、歌舞伎座でアフタヌーンティーをいただくことにしました。


今年の1月から始まった歌舞伎座のアフタヌーンティー。
ずっと興味はあったのですがなかなか行く機会がなく、今回初めてでした。
前日まで上京するかどうか迷っていて、ネット予約(2日前まで)に間に合わず、行こう!と決めてからダメ元でお電話で問い合わせてみたところ、お席に空きがあって無理を聞いていただくことができました。


歌舞伎座アフタヌーンティー
歌舞伎座3階 お食事処「花篭」


花篭さんは今、開演前に伺う場合は歌舞伎座の中からは行けなくて、木挽町広場の奥にある専用エレベーターで3階へ向かいます。
退店後も直接劇場内へは入場できないようになっています。


毎月、季節とその月の演目に因んだ献立ということですが、8月は「楽しい夏祭り」がテーマだそうです。
メニューはこんな感じ

花かご:
 演目に因んだお菓子は、第三部「三社祭」から浅草・亀十の松風
 清月堂本店の銀座涼菓 金魚
 浦和花見のすいかの白鷺宝
 すいかパン
 カットフルーツ すいか
 真夏のプリンパフェ(マンゴー・杏仁プリン・シャインマスカット)
 カフェオレゼリー 隈取かるせんのせ
お重:
 十穀米の夏キーマカレー(アボカド・うずらの卵のせ)
 とうもろこしとクリームチーズの冷製茶碗蒸し
 和風ラタトゥイユ
 玉子焼き
 らっきょ・福神漬け


kabukizaafternoontea2.jpeg kabukizaafternoontea3.jpeg

隈取モチーフ かわいい


まぁ、ビジュアル的には”映え”とはいかないのですが(^^ゞどれもおいしくいただきました。
キーマカレーの上のアボカドとか、茶碗蒸しに入っているクリームチーズとか、「いやそれ、普通のでいいし」と思うものもありましたが💦

30食限定ですが、16:30~の回はそれほど人数はいませんでした。
お席はとてもゆったり余裕を持って配席されていて、「黙食」と大書してあることもあって、とても静か。
感染対策も細やかでとても安心して食事をいただくことができました。
 



kabukizaafternoontea4.jpeg

お席はあらかじめ指定されていて、私の席は九月大歌舞伎の衣装ビューでした。
左が「東海道四谷怪談」の佐藤与茂七、右が「女伊達」 木崎のお駒の衣装。



おいしかったけれど、すいかパン2個にキーマカレーに松風って炭水化物多すぎでしょう(衛生上、持ち帰り不可) のごくらく地獄度 (total 2290 vs 2291 )



posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする