2021年07月17日

すべてことちゃんの声が塗り替えてくれた 星組 「VERDAD!!」


verdad.jpg


この公演の情報が公開された時、「観たいのは山々だけど、ショーだけを観に舞浜くんだりまで行ってられない」と、同時期に星組別箱公演2作品が関西で上演されることもあって、きっと配信もあるだろうしと観に行くつもりはありませんでした。

ところが、7月2日に初日が開いて、ご覧になった皆さまのレポやセットリストを見て、「これは観ておかないと絶対後悔するやつでは?」となりまして、「やっぱ行こう」と決心したのが7月4日。その時点で行ける日は7月9日のみ(しかも仕事休んで(^^ゞ)。
まずはチケットを探し、行けるとなったらアクセス調べて新幹線手配完了したのが7月6日というバタバタぶりでした。

が、そうまでしても観に行って本当によかった。
この舞台を見逃さないでよかったと、心から思いました。


宝塚歌劇 星組公演
REY’S Special Show Time 「VERDAD!!」—真実の音—
作・演出: 藤井大介
作曲・編曲: 𠮷田優子  青木朝子  手島恭子
振付: 羽山紀代美  平澤智  SHUN  ASUKA  百花沙里  珠洲春希
装置: 新宮有紀   衣装: 加藤真美   映像: 桜葉銀次郎
出演: 礼真琴  舞空瞳  天寿光希  瀬央ゆりあ  音咲いつき  
夕渚りょう  湊璃飛  天路そら  蒼舞咲歩二條華  希沙薫  
碧海さりお  彩園ひな  紅咲梨乃  奏碧タケル  都優奈  
鳳真斗愛  侑蘭粋  星咲希  碧音斗和  綾音美蘭

2021年7月9日(金) 11:00am 舞浜アンフィシアター Bブロック7列/
3:30pm Lブロック15列/7月10日(土) 3:30pm 配信視聴
(上演時間: 2時間35分/休憩30分)



“VERDAD”(ヴェルダッド)とはスペイン語で“真実”を表す言葉。
REY’S Special Show Timeの“REY”は礼真琴の礼であるとともに、王という意味もあって、魂のこもった“真実”の歌・踊り・演技を追求し続け、常に前へと進んでいく礼真琴の魅力を詰め込んだ“REY(王)”のスペシャルショーということ。

二幕構成で、一幕では星組のこれまでのショー作品から名曲を散りばめたザ・タカラヅカなショー、二幕はポップスやロック、ディズニーやミュージカルナンバーとバラエティ豊かで盛だくさんのショーとなっていました。



verdad3.jpeg



何はともあれ、礼真琴のショースターぶりが際立った公演でした。

歌もダンスも抜群に上手いのは周知のことですが、キレッキレに踊りながら歌って声も音程もリズムも全くブレることなく、表現力豊かな歌唱、あふれる声量に加えて、曲ごとに声そのものがあんなに変わるなんて。
二幕の「The Phantom of the Opera」のファントムで低音響かせた直後に、続けてWickedの「Defying Gravity(自由を求めて)」を多分原曲キーの女性ヴォイスで歌うのを聴いた時は震えました。「え?ことちゃん、声帯いくつ持ってるの?」という感じ。

「ロミオとジュリエット」の感想でも書いたのですが、「エメ」や「僕は怖い」は私にとって柚希礼音さんの声でインプットされているように、好きな曲は初めて聴いた人や強く印象に残った人の声で脳内再生されます。
「セ・マニフィーク」や「セ・シャルマン」は鳳蘭さん、「アマール・アマール」は安奈淳さん、「ひとかけらの勇気」は安蘭けいさん、といった具合。
今回、それらの曲すべてを、礼真琴さんが、礼真琴さんの声で塗り替えてくれました。

それは宝塚の楽曲だけにとどまらず、二部で歌われた数々のナンバーも同様です。
「Let it Go(ありのままに)」なんてずっと松たか子さんの声だったし、「僕こそミュージック」はアッキーか芳雄くんの声だったのに・・・今は私の中ではことちゃんの声で再生されます。
本当にすばらしいというか、凄まじいほどの歌唱力。そして心地よい声。


続きがあります
posted by スキップ at 16:02| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする