2021年07月07日

忘れないためのレクイエム 「未練の幽霊と怪物」


mirenno.JPG

昨年全公演上演中止となって、そのクリエイションの一部を演奏付きのリーディング形式でオンライン配信されました。
その時のアフタートークで「この公演は延期しても必ず実現します」とおっしゃっていたとおり、今年上演されることになりました。

舞台中央に平面の白い舞台が切ってかり、そこから下手に向かって同じく白い橋掛かりができていて、「あぁ、そうだ。能の上演形式にのっとった舞台だった」と思い出しました。
昨年のクリエイションは、どちらも能で言う後ジテが登場する前の部分までの上映でしたが、今回はフル上演。
その後ジテがとんでもなくすばらしかったです。


未練の幽霊と怪物 -『挫波(ザハ)』『敦賀(つるが)』-
作・演出: 岡田利規
音楽監督・演奏: 内橋和久
舞台美術: 中山英之
出演: 森山未來  片桐はいり  栗原類  石橋静河  太田信吾/
七尾旅人(謡手)
演奏: 内橋和久  筒井響子  吉本裕美子

2021年7月4日(日) 2:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階F列(4列目)下手 (上演時間: 2時間5分/休憩 15分)



昨年のクリエイション配信の感想はこちら


「ついえた『夢』を幻視する、レクイエムとしての音楽劇」とフライヤーに書いてあるのを、今初めて気づきました。
音楽劇だったのか・・・。

この独特なタイトルの由来は、「社会とその歴史は、その犠牲者としての未練の幽霊と怪物を、ひっきりなしに生み出しています」(岡田利規さん)というところからかな。
それらを見ないことや忘れてしまうことはできるけれど、「直視しないこと忘却することに、抗うために、能という演劇形式が持つ構造を借りて上演します」ということです。


挫波:
東京五輪招致のため、2012年新国立競技場の国際コンペで選ばれたイラク出身の天才建築家 ザハ・ハディド。その圧倒的なデザインで脚光を浴びながら、後にその採用を白紙撤回され、それからほどなく没した彼女をシテとして描きます。
ワキ(観光客):太田信吾/シテ(日本の建築家):森山未來/アイ(近所の人):片桐はいり

敦賀: 
夢のエネルギー計画の期待を担い、1985年の着工以来一兆円を超す巨額の資金が投じられたものの、一度も正式稼動することなく、廃炉の道をたどる高速増殖炉もんじゅ。もんじゅを臨む敦賀の浜を訪れた旅行者が出会うのは・・・。
ワキ(旅行者):栗原類/シテ(波打ち際の女):石橋静河/アイ(近所の人):片桐はいり


「挫波」が先と思い込んでいて(昨年のクリエイション配信が「挫波」→「敦賀」の順だったので)、最初に登場した観光客が「栗原類くんそっくり。似た人を2人選んだのかな」と思っていたらホンモノの栗原類くんでした(笑)。

どちらも諸国遍歴する観光客や旅行者(ワキ)、亡霊(シテ)、里人(アイ=狂言方)という構成。
舞台奥に3人のミュージシャン(囃子方)が並び、上手に謡手の七尾旅人さん。
3人の真ん中が内橋和久さんなのかな。
様々な楽器を駆使して、聴いたことのないような哀愁を帯びた音色を響かせ、場面ごとに世界観の広がりを見せてくれました。
七尾旅人さんのヴォーカルは語りふうでもありラップになったり、即興的な雰囲気でした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:48| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする