2021年07月01日

六月大歌舞伎 第三部


kabukiza202106.jpeg

歌舞伎座 六月大歌舞伎 第三部は、染五郎くんが初めて女形を演じるこちらから。


六月大歌舞伎 第三部 
2021年6月15日(火) 6:00pm 歌舞伎座 1階6列下手


一、銘作左小刀 「京人形」
出演: 松本白鸚  市川染五郎  大谷廣太郎  
中村玉太郎  松本錦吾  市川高麗蔵 ほか
(上演時間: 32分)



左甚五郎(白鸚)は廓で見初めた小車太夫のことが忘れらず、太夫に生き写しの人形を彫って家の中に飾っています。ある日、人形相手に酒宴を始めると、不思議なことに人形(染五郎)が動き出します。ところが、精魂込めた甚五郎の魂が宿っているため、仕草は男性そのもの。そこで甚五郎が廓で拾った太夫の鏡を人形の懐に入れてみると、たちまち女性らしい仕草となり、喜んだ甚五郎は人形を相手に踊り出します・・・。


この演目はわりとよく観ていて、京人形の精は最近だと菊之助くん、七之助くん、壱太郎くんなど若い綺麗どころがやる役ことが多い印象。
若かりし頃の染五郎くんのお父様も踊っていらっしゃいましたね・・・と思って後で筋書読んだら、白鸚さんが左甚五郎を勤めるのは平成4年の四国こんぴら歌舞伎以来29年ぶり三度目で、その時の京人形の精が幸四郎(当時染五郎)さんだったそうです。29年前って・・・(遠い目)。

人形が出来上がった喜びに浮かれているのが言葉や態度の端々に表れているような甚五郎がまずかわいい。
人形と一杯やりたいからと女房おとく(高麗蔵)に今日は仲居になってくれと頼んでお大尽様のように人形と酒宴を始めます。
そんなわがままもはいはいと聞いて、ちゃんと仲居さんのように振る舞うおとくさん、何ていい奥さんなのでしょう。

人形とのやわらかな連れ舞いも、大工たち相手の大工道具を使っての立ち回りも、緩急自在に見せてくれるところ、さすが白鸚さんです。


続きがあります
posted by スキップ at 21:00| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする