2021年06月20日

25/37 彩の国シェイクスピア・シリーズ


shakspearseries.jpeg

近ごろは宝塚歌劇以外は観劇パンフレットはよほどのことがない限り買わないようにしているのですが、「終わりよければすべてよし」はシェイクスピア・シリーズラストなのでまとめがあるかも、と思って購入したところ、予想通り、全37作品の上演記録、ポスターと舞台写真が掲載されていて、懐かしく振り返ることができました。



このシリーズで私が最初に観た作品は第8弾「マクベス」(2001年)。今はなき近鉄劇場でした。
唐沢寿明さんのマクベス、マクベス夫人は大竹しのぶさんでした。
マクダフは勝村政信さんだったのですが、大阪公演は体調不良で休演された記憶(代役調べたら田村真さん)。
まだ「シェイクスピア・シリーズ」のことも、さいたま芸術劇場のことも知らないまま観ていました。

それからしばらく飛んで、次に観たのは第12弾「ペリクリーズ」(2003年)。
内野聖陽さんのペリクリーズ、素敵だったな。この作品はロンドン ナショナルシアターでも公演されたこともあって、以降、よく登場することになる和の演出がとても印象的でした。
この年に「リチャード三世」も観ています。1999年に上演された第3弾の再演。リチャードの市村正親さん以外のキャストを一新して上演されました。私の「リチャード三世」のイメージをつくった作品。夏木マリさんのエリザベスも凄かったな。

第13弾「タイタス・アンドロニカス」以降の作品は、大阪公演がなかった第30弾「リチャード二世」(2015年)以外はすべて観ています。
昨年、「ヘンリー八世」が大阪公演中止となって観られず、「ジョン王」は全公演中止に・・・と2020年はやはり演劇界(だけではないけれど)受難の年だったなぁ。

蜷川さん演出で、藤原竜也くん&鈴木杏ちゃんの「ロミオとジュリエット」(2005年)も観たのですが、あの作品は「シェクスピア・シリーズ」ではなかったのだと今さらながら気づくなど。


シリーズ37作品中リアルで25作品観ました(プラス番外編1本)。
どの作品にも思い入れがありますが、なんとか振り絞ってトップファイブ

・リチャード三世 (2003年)
間違いの喜劇(2006年)
オセロー(2007年)
リア王(2008年)
ヘンリー四世(2013年)


続きがあります
posted by スキップ at 23:06| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする