2021年06月09日

出陣いたします 月組 「桜嵐記」新人公演


tsukishinko2.jpeg tsukishinko.jpeg

昨年2月の星組「眩耀の谷」以来、ずっと中止されていた宝塚歌劇の新人公演が1年4ヵ月ぶりに再開。
お友だちが誘ってくれて、再開最初の公演を観ることができました。
本公演の感想もまだですが(書きたいことあふれすぎ💦)、まずは新公の感想を。


宝塚歌劇 月組 新人公演 「桜嵐記」
作・演出: 上田久美子
新人公演担当: 熊倉飛鳥
出演: 礼華はる  きよら羽龍  彩音星凪  真弘蓮  風間柚乃  
天紫珠季  蘭尚樹  柊木絢斗  一星彗  大楠てら  結愛かれん  
羽音みか  彩路ゆりか  瑠皇りあ ほか

2021年6月8日(火) 6:00pm 宝塚大劇場 1階29列センター
(上演時間: 1時間45分)



立見も出ていた満席の宝塚大劇場。
新公復活への歓びと期待で満ち溢れているような客席。
冒頭、老年の楠木正儀(風間柚乃)が登場して、「皆さま 南北朝時代へ、そして新人公演へようこそ(客席大拍手)。ありがとうございます。少々緊張しております」と笑わせて客席が一気に温まりました。
ここ、本役の光月るうさんが南北朝の説明をした後、下手から登場した老年の弁内侍に「ご門跡様」と声をかけるところでそれまでとガラリと声色が変わる(ここから役に入る)のにいつもゾクッとするのですが、風間さんもそれがしっかりできていて、「さすが研18と言われるおだちんだわ」と感心することしきり(本当は研8)。

物語や演出等については、本公演の感想をあげる際に改めてきちんと書きたいと思いますが、今回の新人公演は場面の短縮や省略もなく、ほぼ本公演通りに上演されていました。
そして最後に印象的な台詞の改変が2つ。

出陣式で皆が勢ぞろいした中、銀橋の中央に進み出た正行。
「皆さま 出陣いたします」   
(本公演: お別れを 皆さま)

そして最後に見送る後村上天皇
「生きろよ」  
(本公演: 戻れよ)

「お別れを」は劇中の正行の言葉であるとともに、この公演が宝塚ラストとなる珠城りょうさんの客席、ファンに向けての言葉でもありますので、これから先の道を歩いていく新人さんたちのための変更ですね。
2014年雪組の壮一帆さんサヨナラ公演「一夢庵風流記 前田慶次」のラストの台詞が「散らば花のごとく。楽しゅうござるのう」が新人公演では「間もなく満開ぞ。楽しみでござるのう」に変更されたのを思い出しました。
あの時の新公主演が珠城りょうさんの後を引き継ぐ月組次期トップ 月城かなとさんだというのも不思議に運命的な符号です。


続きがあります
posted by スキップ at 23:43| Comment(2) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする