2021年06月12日

25年目の初参戦 TEAM NACS 「マスターピース〜傑作を君に〜」


nacs2021.jpg

「日本一チケットの取れない演劇ユニット」と言われているTEAM NACS
以前から観てみたいと思いながらチケットが取れず・・・といっても熱心にウォッチしている訳でもFCに入っている訳でもありませんので、「あ、公演あるんだ」と気づいた時に申し込むくらいではチケットが取れるなんてことはありません・・・が今回たまたま見かけた先行で申し込んだらサクッと取れまして、結成25周年にしてTEAM NACS 初参戦です。


TEAM NACS 第17回公演
「マスターピース〜傑作を君に〜」
脚本: 喜安浩平
演出: マギー
美術: 松井るみ  照明: 塚本悟  音楽:NAOTO
出演: 森崎博之  安田顕  戸次重幸  大泉洋  音尾琢真

2021年4月7日(水) 7:00pm 
COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール J列センター
(上演時間: 2時間)



物語の舞台は熱海のひなびた温泉宿の一室。時代は昭和27年。
新作映画の脚本執筆のため、泊まり込みで原稿と向き合っている3人のシナリオライター(森崎博之・安田顕・大泉洋)と制作サイドの男性(戸次重幸)、そして旅館の番頭(音尾琢真)が繰り広げる物語・・・と思いきや、ここに5人の仲居さんたち(5人二役)も加わって、登場人物は10人(笑)

「書けない」ことへの葛藤や互いへの思いなどが交錯する中、何とか前を向いて進んで行こうとするまでを、笑いもドタバタもしっとりしみじみも盛り合わせで展開します。


続きがあります
posted by スキップ at 22:36| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年06月11日

やっぱり珠城りょうが好き 「Memories of 珠城りょう」


tamakiryo1.jpg

5月15日に月組公演が開幕して整理券配布制になって以来、「宝塚歌劇の殿堂」はもちろん「キャトルレーヴ」にもずっと行けないでいました。
6月4日(金)は平日1回公演だし、朝から結構な雨だし、と張り切って突撃しました。

13:00開演の大劇場に10時20分に到着。
まずは「歌劇の殿堂」の整理券・・・すぐの時間帯にも入れましたが、開演前に軽くランチもとりたいし、ということで11時30分入場(シアター上映は12時から)の部にしたところ、整理番号1番でした(^^ゞ

tamakiryo18.jpg.jpeg


次にキャトルレーヴ。
こちらはすぐに入って、舞台写真爆買い。
一旦宝塚駅方面まで戻ってサクッとランチしてから「歌劇の殿堂」へ。
シアターは整理番号順に入場ですので、もちろん最前列センターで観て胸がいっぱいになって泣く。
そして大劇場で「桜嵐記」観てさらに泣く、という1日でございました。


宝塚歌劇の殿堂 
特別企画展「Memories of 珠城りょう」



珠城りょうさんの初舞台から現在に至るまでの軌跡を4つの時代ごとに舞台写真や映像、衣装、小道具などの展示を通して振り返るという企画。
・初舞台・若手時代(新人公演時期)
・バウホール作品
・大劇場・その他劇場作品(トップ就任前)
・トップ就任後


tamakiryo3.jpg.jpeg tamakiryo2.jpg.jpeg

入ったところに白と黒 2人の珠城さんが表裏でお出迎え


続きがあります
posted by スキップ at 22:54| Comment(2) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年06月09日

出陣いたします 月組 「桜嵐記」新人公演


tsukishinko2.jpeg tsukishinko.jpeg

昨年2月の星組「眩耀の谷」以来、ずっと中止されていた宝塚歌劇の新人公演が1年4ヵ月ぶりに再開。
お友だちが誘ってくれて、再開最初の公演を観ることができました。
本公演の感想もまだですが(書きたいことあふれすぎ💦)、まずは新公の感想を。


宝塚歌劇 月組 新人公演 「桜嵐記」
作・演出: 上田久美子
新人公演担当: 熊倉飛鳥
出演: 礼華はる  きよら羽龍  彩音星凪  真弘蓮  風間柚乃  
天紫珠季  蘭尚樹  柊木絢斗  一星彗  大楠てら  結愛かれん  
羽音みか  彩路ゆりか  瑠皇りあ ほか

2021年6月8日(火) 6:00pm 宝塚大劇場 1階29列センター
(上演時間: 1時間45分)



立見も出ていた満席の宝塚大劇場。
新公復活への歓びと期待で満ち溢れているような客席。
冒頭、老年の楠木正儀(風間柚乃)が登場して、「皆さま 南北朝時代へ、そして新人公演へようこそ(客席大拍手)。ありがとうございます。少々緊張しております」と笑わせて客席が一気に温まりました。
ここ、本役の光月るうさんが南北朝の説明をした後、下手から登場した老年の弁内侍に「ご門跡様」と声をかけるところでそれまでとガラリと声色が変わる(ここから役に入る)のにいつもゾクッとするのですが、風間さんもそれがしっかりできていて、「さすが研18と言われるおだちんだわ」と感心することしきり(本当は研8)。

物語や演出等については、本公演の感想をあげる際に改めてきちんと書きたいと思いますが、今回の新人公演は場面の短縮や省略もなく、ほぼ本公演通りに上演されていました。
そして最後に印象的な台詞の改変が2つ。

出陣式で皆が勢ぞろいした中、銀橋の中央に進み出た正行。
「皆さま 出陣いたします」   
(本公演: お別れを 皆さま)

そして最後に見送る後村上天皇
「生きろよ」  
(本公演: 戻れよ)

「お別れを」は劇中の正行の言葉であるとともに、この公演が宝塚ラストとなる珠城りょうさんの客席、ファンに向けての言葉でもありますので、これから先の道を歩いていく新人さんたちのための変更ですね。
2014年雪組の壮一帆さんサヨナラ公演「一夢庵風流記 前田慶次」のラストの台詞が「散らば花のごとく。楽しゅうござるのう」が新人公演では「間もなく満開ぞ。楽しみでござるのう」に変更されたのを思い出しました。
あの時の新公主演が珠城りょうさんの後を引き継ぐ月組次期トップ 月城かなとさんだというのも不思議に運命的な符号です。


続きがあります
posted by スキップ at 23:43| Comment(2) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年06月05日

受け継がれる魂 「夏祭浪花鑑」 


cocoon_natsumatsuri2021.jpg

勘九郎さんが初役で団七を勤めたのはまだ勘太郎時代の2011年3月。
勘三郎さん休演のための急な代役で、東日本大震災が起こった月の公演で、千穐楽でさえ空席の目立つ博多座でした。
あれから10年。
役者として一回りも二回りも大きくなって、勘三郎さんの魂を受け継ぎ、中村屋を背負い、力漲る団七がそこに立っていました。


渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾 「夏祭浪花鑑」 
演出・美術: 串田和美
補綴: 竹柴徳太朗   照明: 齋藤茂男
作調: 田中傳左衛門  上田秀一郎
映像: 栗山聡之   立師: 中村いてう
出演: 中村勘九郎  中村七之助  尾上松也  中村虎之介  
中村長三郎  中村鶴松  中村歌女之丞  笹野高史  片岡亀蔵 ほか

2021年5月16日(日) 5:00pm シアターコクーン 1階C列(5列目)上手
(上演時間: 2時間15分)



覚悟の団七 「夏祭浪花鑑」(2011年)
覚悟の団七 再び


勘九郎さんが10年ぶりの団七なら、コクーン歌舞伎としても「夏祭浪花鑑」は13年ぶり。
そんなに?と時の流れに驚くばかりです。
当初5月6日初日の予定だったものが緊急事態宣言のもと、5月11日までの公演が中止、5月12日開幕となりました。
「LUXE」とともに5月16日のチケットを取っていて、宣言が発出されていない神奈川県の横浜アリーナはともかく、こちらはダメかも・・と一旦は覚悟していましたので、無事開幕して観られるとなった時は本当にうれしかったです。

とはいえ、コロナ禍の状況下という数々の制約を乗り越えて工夫をこらしての上演です。
脚本を削り、演出を変更し、幕間もなくして2時間15分の上演。
平場席もなければ役者さんたちが客席通路を行き交う演出も一切ありません。
それでも、この演目のおもしろさ、すばらしさが全く損なわれておらず、上演時間が短くなったせいばかりとは言い切れない疾走感があって、演出の串田さんはじめスタッフ、役者さんたちの熱い思いが迸るような舞台でした。


cocoonkabuki2021.jpeg


続きがあります
posted by スキップ at 17:34| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年06月04日

コウハクのおいしいお料理をおうちで @フレンチ惣菜赤白


kohaku1.jpeg

フレンチおでんにシャンパーニュやワインを楽しめる「赤白」(コウハク)。
大阪に5店舗ありますがどこも大人気で、特にルクア バル地下のお店は平日でも行列が途絶えることがないくらい。

そんな赤白が初めて手がけた惣菜専門店が4月15日 天王寺ミオにオープンしました。
オープン当初から話題でもちろん大行列、少し落ち着いてから・・・と思っていたところに緊急事態宣言。
宣言中もお店は営業していたようでしたが、出かける時は必要最低限のところだけササッと行ってササッと帰る、という感じでしたので行けないままになっていて、やっと先日立ち寄ることができました。


フレンチ惣菜 赤白
Traiteur Français KOHAKU
大阪市天王寺区悲田院町10-39
天王寺MiO 本館1F
tel: 06-6777-4620


コンセプトは「食卓をフランスに!」
フレンチのソース技術と日本の食文化と調味料を融合した赤白のおいしいお料理をテイクアウトで自宅でいただけるという、なんてうれしいこと。
しかも店舗同様、「クオリティは高く、価格はカジュアルに」。

赤白名物フレンチおでん「大根ポルチーニ茸のクリームソース」なんて194円ですのよ、奥様!




kohaku2.jpeg

これ
コンソメのお出汁でやわらかく炊いた大根とポルチーニ茸のクリームソースが別々に入っていて、まずお出汁と一緒に大根を温めて、お出汁から取り出してキッチンペーパーで水気を切り、別に温めたソースをかけるというもの。
ビジュアルはお店どおりとはいかないものの、お味はお店の再現で感動。



kohaku3.jpeg

他には

5種類の野菜サラダ(2色のドレッシングつき)
牛リブのブイヨン煮込み 3種のマスタードソース
牛すじとモツのどて焼

というメニュー 
どれもおいしかったですが、牛リブのブイヨン煮込み(真ん中右の白いソース)
が特にお気に入り。
ワインも買って、何だかとっても久しぶりに「家庭料理じゃない味」を食べた感じ。
幸せな食卓でした。



おいしくてついワインが進みすぎるのがタマにキズ のごくらく地獄度 (total 2257 vs 2258 )


posted by スキップ at 23:13| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年06月02日

あんな大型犬ほしい 雪組 「ほんものの魔法使」


themanwhowasmagic.jpg

雪組のバウホール公演は大人気のスターあーさ主演ということで、チケット超激戦・・・に敗れ、配信の日も大劇場観劇と重なっていて「観られないな」としょんぼりしていたところ、「チケット余っちゃった」という天の声が前日に舞い降りてきて、幸せなことに観ることができました。


宝塚歌劇雪組公演
ロマンス 「ほんものの魔法使」
Based on the novel
THE MAN WHO WAS MAGIC by Paul Gallico
原作: ポール・ギャリコ 
脚本・演出: 木村信司
作曲・編曲: 長谷川雅大  植田浩徳
振付: 百花沙里   装置: 稲生英介
衣装: 加藤真美   イリュージョン指導: 北見伸
出演: 朝美 絢  野々花ひまり  千風カレン  透真かずき  
久城あす  愛すみれ  桜路 薫  天月 翼  彩みちる  
星加梨杏  縣 千  壮海はるま  華世 京 ほか

2021年5月29日(土) 11:30am 宝塚バウホール
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



物語: 魔術の都マジェイアで開催される手品師試験に出場するため、アダム(朝美絢)が言葉を喋る犬モプシー(縣千)と共にやって来ます。市長である父ロバート(久城あす)に閉じ込められていたジェイン(野々花ひまり)をアシスタントにして試験の予選会に出場したアダムは、マジックを失敗しそうなニニアン(華世京)を助けた上に、割れた卵が元通りになるパフォーマンスを披露しますが、そのトリックは審査員の誰にも分からないもので、その仕掛けを聞き出そうとマジェイア全体を揺るがす大騒動へと発展していきます・・・。


原作は アメリカの作家ポール・ギャリコが1966年に発表したファンタジー小説。
原作未読です。

ファンタジー作品は木村信司先生が永年やりたかったものだとか。
人間の心の醜さも描く“社会派ファンタジー”ということですが、宝塚版はあくまでソフトにかわいく楽しい舞台。
しゃべる犬 モプシーはもちろん、様々に凝った扮装をしたマジェイアのマジシャンたち、歯磨きマシーンや爪磨きマシーンとか、蜂とかニワトリとか牛とか、楽しいコスプレ(違)が続々登場して、ちょっとディズニーの世界っぽい。ジェインのお洋服もどれも可愛くて、今回、衣装の加藤真美さん絶好調なのでは。

一幕終わった時点で宙組のバウホール公演「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」に雰囲気似てるなぁと感じたのですが、そういえばあの作品も原作もので木村先生の脚本・演出でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:27| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする