2021年06月30日

六月大歌舞伎 「桜姫東文章」 下の巻


202106kabukiza.jpg

「桜姫東文章」  4月に上の巻を観た後は、「ぜーったい下の巻も観なければ」と鼻息荒くしていたものの、こんな状況下、どうしようかとかなり迷いましたが、一世一代とは銘打っていませんが、お二人にとってこの演目は多分これが最後の上演、私が観るのもこれが最初で最後、と悔いの残らぬよう思い切って観に行きました。


六月大歌舞伎 第二部 
「桜姫東文章」 下の巻
序幕 岩淵庵室の場/二幕目 山の宿町権助住居の場/大詰 浅草雷門の場
作: 鶴屋南北
補綴: 郡司正勝
出演: 片岡仁左衛門  中村錦之助  片岡孝太郎  中村福之助  
片岡千之助  嵐橘三郎  上村吉2弥  中村歌六  坂東玉三郎 ほか

2021年6月15日(火) 2:10pm 歌舞伎座 1階2列センター
(上演時間:2時間30分/幕間 15分)


上の巻の感想はこちら


桜姫を追い求めながらも別れ別れになった清玄(仁左衛門)が病み衰え、弟子の残月(歌六)と桜姫の局であった長浦(吉弥)の庵室に身を寄せているところから下の巻は始まります。残月と長浦は金欲しさに清玄を殺し、墓穴掘りとなった権助(仁左衛門二役)に後始末を依頼します。そこへ女郎として売りに出された桜姫(玉三郎)が連れて来られ、権助と再会するのでした。そんな中、雷が落ちた衝撃から清玄は息を吹き返し・・・。
 
青蜥蜴の毒、殺し、幽霊、人魂、仇討ちといかにも鶴屋南北らしいこれでもかの展開で、蘇った清玄が再び死ぬあたりは「東海道四谷怪談」を思い起こしたりもしました。
荒唐無稽な筋立てですが、面白いのはもちろん、絵空事で終わらせないのは、やはり仁左衛門さん、玉三郎さんがお役に命を吹き込んでいることに尽きます。


続きがあります
posted by スキップ at 17:37| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年06月28日

こんな贅沢ある? 「寺田瀧雄没後20年メモリアルコンサート」


teradatakiomemorial.JPG

“宝塚のモーツァルト”と言われ、3,000曲を作曲された寺田瀧雄先生の没後20年メモリアルコンサート。
本当は昨年開催予定だったのがコロナ禍で1年延期となってやっと今年開催されました。

私が宝塚歌劇を観始めた子どもの頃は、作者や演出家、作曲者が誰なんてことは全く眼中にありませんでしたが、それでも寺田瀧雄先生の名前は覚えていて、あの頃観ていた作品ほとんど寺田先生の曲だったのではないかと思うくらい。

植田紳爾バージョン、柴田侑宏バージョンと、それをミックスしたALLバージョン(大阪初日と東京千秋楽のみ)があって、出演メンバーからいってもALLバージョン一択でしょう、と思っていたら皆さん考えは同じらしく、この日だけチケットは完売していました。
先行販売全滅ですっかり意気消沈してあきらめかけたのですが、いやいやジュンコさん(汀夏子さん:私のタカラヅカ初恋の人です)出るし、と思い直し、一般発売に参戦して何とかB席をもぎ取りました。梅芸3階のてっぺんからの観劇となりましたが、聞きしに勝る豪華キャストで「やっぱりあきらめずにチケット取ってよかった~」と思えた楽しく贅沢なコンサートでした。


寺田瀧雄没後20年メモリアルコンサート
All His Dreams "愛"

監修: 植田紳爾
構成・演出: 三木章雄
音楽・指揮: 𠮷田優子   振付: 御織ゆみ乃
出演: 榛名由梨  鳳 蘭  汀夏子  安奈淳  瀬戸内美八  
髙汐 巴  寿ひずる  平みち  剣 幸  日向薫  杜けあき  
安寿ミラ  涼風真世  麻路さき  真琴つばさ  白城あやか  
湖月わたる  月影瞳  朝海ひかる/轟 悠
コーラス・ダンス: 出雲綾  羽純るい  久路あかり  牧勢海  
舞城のどか  桜一花  彩海早矢  鶴美舞夕  妃白ゆあ

2021年6月26日(土) 5:00pm 梅田芸術劇場メインホール 3階7列上手
(上演時間: 2時間50分/休憩 30分)



かなり年齢層高めな梅田芸術劇場(私も人のことは言えんが💦)。
入場の列で目の前に尚すみれさんがいらっしゃってテンション上がる・・・そうそう、すみれちゃんもあの時代だったよねーとキレッキレのダンサーだった現役時代に思いを馳せました。


司会やMCはなく、鮮やかなフューシャピンクのスーツを着て登場して、いきなり「LOVE LOVE LOVE」を歌い踊る湖月わたるさん。
わたるさん、相変わらず現役感ハンパない。
そして、バックダンサーの中にやたら頭身バランスとダンスが綺麗な人がいると思ってオペラあげたら、何と朝海ひかるさん。
コムさんは今や舞台ではすっかり“女優さん”ですが、この日は髪も短く、現役時代のコムさんが帰ってきたようま雰囲気でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:51| Comment(2) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年06月27日

胸を焦がして 時間を止めて 月組 「Dream Chaser」


dreamchaser.jpeg

夢を追い求める人という意味の“Dream Chaser”。
夢を追うひたむきな情熱をテーマにしたショーです。
この公演から組子全員出演となって、群舞もロケットも「人数多いなぁ」という印象。
というか、これまで出演者減の中、華やかさを失わず、本当にがんばってきましたよね。

「桜嵐記」で散々泣いた後、「ショーだから大丈夫」と思っていたらラストに盛大な泣きポイントが・・・ということもありつつ、珠城さんの魅力をたっぷり詰め込んだ、楽しく明るいショーでした。


スーパー・ファンタジー 「Dream Chaser」
作・演出: 中村 暁
作曲・編曲: 手島恭子  青木朝子
振付: 羽山紀代美  御織ゆみ乃  若央りさ  平澤 智  ANJU  百花沙里
衣装監修: 任田幾英   衣装: 薄井香菜
出演: 珠城りょう  美園さくら  月城かなと  鳳月杏  暁千星 ほか
(上演時間: 55分)



その他の出演者、観劇日時は「桜嵐記」と同じ(こちら


大きな三日月の下、大階段に登場する珠城さん。
明るく華やかなプロローグから始まります。

珠城さん、美薗さくらさんが舞台で踊り、大階段では鳳月杏さん、月城かなとさん、暁千星さん、風間柚乃さんの4人が歌うという贅沢なシーン。こういうパターンは珍しいのではないかしら。
次期月組1・2・3・4と目される4人。全員歌うまで、月組安泰だな。


情熱(スパニッシュ)
最初に観たのは2階席からだったのですが、上手花道に登場したブルーのマタドール衣装の鳳月杏さんの脚の長さに思わずオペラあげて二度見しました。上から見下ろす形であれって、ほんとちなつさんの頭身バランスどうなってるの?

同じく脚長マタドールで野性的な雰囲気の暁千星さんと美園さくらさんとの三角関係という感じのダンスで、3人横並びで手拍子していたと思ったらいつの間にか鳳月さんとさくらちゃんは踊るのをやめて見つめ合っていて、「なんやお前ら」(とは言ってないけど)みたいな争いの後、悔し気な顔をして下手に走り去る暁千星さん。
ここ、「ありちゃんがナイフかピストル取りに行ったと思った」人続出だったみたいですが、私ももちろんそう思いました。

が、実際は「早替り室へ」だったらしく(笑)、治安のよい月組は誰一人死ぬことなくこの場面は終了。
ここ、曲(「冷静と情熱のあいだ」 by 葉加瀬太郎)もよかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:09| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年06月25日

残りの命、一人の女だけにやりたいんや 月組 「桜嵐記」 キャスト編


ohrankiprogram.JPG

物語についてはまだまだいつまでも語り続けたいところですが(あんなに長々書いたのに)、キャストについて書いておきたいと思います。


宝塚歌劇 月組公演
ロマン・トラジック 「桜嵐記」
作・演出: 上田久美子
出演: 珠城りょう  美園さくら  月城かなと  光月るう  夏月 都  ほか



本編感想はこちら


珠城りょう (楠木正行)
勇壮で根っからのもののふ。
父正成の遺志をそのまま受け継いだような生真面目さと信念を持ち、歌に出てくる“大きな楠”そのもののような度量。
冷静でいつも自分を抑えていて、苦悩しながらも一族の長としての立場、南朝を護り導く者としての強い覚悟が感じられます。
弁内侍に対してもあまり表情に表さないながら心から愛おしく思っているであろうことが感じられ、だからこそ、「とても世に ながらうべくもあろう身の 仮の契りをいかで結ばん」の歌が切なすぎる。
凛とした立ち姿、武者装束も弓を構える姿もこれ以上ないくらい美しくお似合いです。腰を落とした殺陣も迫力抜群。
「「じゃかあしい!しょうむないことをごちゃごちゃと!」 「残りの命、一人の女だけにやりたいんや」・・・本編の感想でも書きましたが、本音の部分で出てくる河内弁もとても魅力的。
もちろんあて書きではあるのですが、歴史上の人物がこれほどハマるとは驚きです。もう楠木正行といえば珠城りょうさん以外思い浮かばないもん。
「月雲の皇子」の木梨軽皇子以来、珠城さんが主演した役はどれも好きですが、最後にして最高の当たり役となったのではないでしょうか。
上田久美子先生の珠城さんの魅力を知りつくしてさらに高みへ導いたような筆致もすごい。


続きがあります
posted by スキップ at 23:42| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年06月23日

年ふれば 思ひぞ出づる吉野山 月組 「桜嵐記」


ohranki.jpg

珠城りょうさんで楠木正行をと、上田久美子先生が長年温めていた作品。
サヨナラ公演としてばかりでなく、一舞台作品としても出色の出来ばえです。

“史実”という下敷きがあることを差し引いても、原作のないオリジナル作品で、ここまで緻密にクオリティ高く、そしてドラマチックで切ない悲劇を書き上げ演出した上田久美子先生、それに応える見事な芝居を繰り広げた珠城りょうさんはじめ月組の面々、研ぎ澄まされた美しい言葉で紡がれる台詞、心に響く歌詞と音楽、楠木家の家紋をモチーフにした三兄弟の戦装束をはじめ美しい衣装の数々、あふれんばかりの桜と吉野川が哀しくも美しい舞台装置、すべてがピタリとハマって、本当にすばらしい舞台となっていました。

ナマの舞台を7回、新人公演、そして配信と計9回観ましたが、可能ならばもっともっと観たかったくらい。
これから吉野の桜の便りを聞くたびに、いや、吉野という言葉を聞くたびに、胸がきゅっとなって、この物語とあの出陣式の場面を思い浮かべるに違いありません。
後村上天皇が詠んだ「年ふれば 思ひぞ出づる吉野山 また故郷の名や残るらん」という歌とともに。


宝塚歌劇 月組公演
ロマン・トラジック 「桜嵐記」
作・演出: 上田久美子
作曲・編曲: 青木朝子  高橋恵
振付: 若央りさ  麻咲梨乃   殺陣: 栗原直樹
装置: 新宮有紀   衣装監修: 任田幾英   衣装: 薄井香菜   
所作指導: 花柳寿楽
出演: 珠城りょう  美園さくら  月城かなと  光月るう  夏月 都  
紫門ゆりや  白雪さち花  千海華蘭  鳳月 杏   香咲 蘭  輝月ゆうま  
楓 ゆき  晴音アキ  春海ゆう  夢奈瑠音  颯希有翔  蓮つかさ  
海乃美月  佳城 葵  暁 千星  英 かおと  風間柚乃  天紫珠李  
礼華はる  結愛かれん  蘭世惠翔  きよら羽龍  詩 ちづる/一樹千尋 ほか

2021年5月20日(木) 3:30pm 宝塚大劇場 2階1列センター/
5月27日(木) 3:30pm 1階21列下手/5月30日(日) 3:30pm 1階13列下手/
6月4日(金) 1:00pm 1階14列下手/6月6日(日) 3:30pm 1階24列上手/
6月17日(木) 11:00am 1階9列センター/
6月20日(日) 11:00am 1階3列センター/6月21日(月) 1:00pm 配信視聴
(上演時間: 1時間35分)



南北朝の動乱期。
京を失い吉野の山中へ逃れた南朝の行く末には滅亡しかないことを知りながら、最期まで南朝に殉じた父正成(輝月ゆうま)の遺志を継ぎ、弟・正時(鳳月杏)、正儀(月城かなと)とともに戦いに明け暮れる日々を送る楠木正行(珠城りょう)の短くも鮮烈な生き様を、北朝軍によって父・日野俊基が処刑され、一族を皆殺しにされた弁内侍(美園さくら)との儚い恋をからめて描いた物語。


ハマる予感はありました。
上田久美子先生の切ない物語が大好きで日本史好き。特に負け戦に挑む悲劇の武将にとてもヨワイ。
加えて、楠木正成、正行親子はわれらが河内のヒーロー。千早赤阪村(劇中では赤坂)、湊川、天王寺、阿倍野、羽曳野、四條畷、そして吉野と、この物語に出てくる地はいずれも身近な場所・・・観る前から「私が好きそうな作品」と思っていましたが、そんなレベルではありませんでした(^^ゞ
劇場で観てごんごん泣くのはもちろんのこと、たとえば家にいる時、オフィスや通勤電車の中で、ふと「桜嵐記」の場面や台詞、歌詞がフラッシュバックして鼻の奥がつーんとなり涙ぐんでしまうこともしばしば。こんな経験は初めてで、自分でも驚いています。


ohranki2.jpeg


続きがあります
posted by スキップ at 21:18| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年06月22日

千秋楽?冗談じゃねぇーっ! 「珠城りょう サヨナラショー」


tsukigumi20210621.JPG

昨日は月組宝塚大劇場公演千秋楽。
トップスター 珠城りょうさんが宝塚大劇場の舞台に立つ最後の日でした。

配信で視聴したのですが諸事情あって「Dream Chaser」は最後の方しか観られず、「桜嵐記」(ダーダー泣いた)とサヨナラショー、退団者ご挨拶、カーテンコールまで観ることができました。

「Dream Chaser」のデュエダンの後、珠城さんが男役7人とそれぞれ踊る場面で、いつもはハンカチで珠城さんの汗を拭きながらにこやかに笑っていらっしゃる光月るうさんが、この日はとても真剣な眼差しで珠城さんをじっと見つめて「うん!」という感じでうなづいていらっしゃったのが印象的でした。
他にも書きたいことはたくさんありますが、まずはサヨナラショーを。


珠城りょう サヨナラショー
2021年6月21日(月) 4:20pm 宝塚大劇場 (配信視聴)



セットリスト
1.アーサー王讃歌 (アーサー王伝説) 冒頭 珠城&千海華蘭の台詞
2.カンパニー (カンパニー)
3.Roses At The Station (グランドホテル)
4.カルーセル輪舞曲 (カルーセル輪舞曲) 退団者7名 香咲・楓・桜奈・颯希・蒼真・夏風・摩耶
5.Blonde (I AM FROM AUSTRIA ) 美園さくら
6.闇が広がる (エリザベート) 男役群舞
7.同じ星空の下で (夢現無双) 珠城りょう・美園さくらデュエットダンス
8.ラ・ベル・エポック・ド・パリ (ピガール狂騒曲) 美園さくら with 暁千星・風間柚乃
9.世界最強のコンビ (幽霊刑事) 珠城りょう・鳳月杏
10.花のうた (月雲の皇子) 珠城りょう(冒頭に珠城&鳳月の台詞)
11.クルンテープ (クルンテープ) 月城かなと+退団者7名
12.この地上のどこかに (All for One)
13.明日を信じて (All for One) 珠城りょう+全員
14.BADDY (BADDY) 珠城りょう+全員



「月雲の皇子」以外はすべて珠城さんがトップ就任後の公演からのピックアップでした。
もちろん全公演観ていますし、思い出もいっぱい。


続きがあります
posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする