2021年05月13日

こんな和希そらが観たかった 宙組 「夢千鳥」


yumechidori.jpg

和希そらさん二度目のバウホール主演作にして、栗田優香先生演出家デビュー作。
4月22日に初日を迎え、4月25日まで、わずか4日間6公演で上演中止となってしまったのが本当に惜しいと思える、宝塚の枠からもはみ出しそうなすばらしい作品でした。


宝塚歌劇 宙組公演
大正浪漫抒情劇 「夢千鳥」
作・演出: 栗田優香
作曲・編曲: 手島恭子
振付: 原田薫  百花沙里
装置: 新宮有紀   衣装: 大津美希  
出演: 和希そら  天彩峰里  美風舞良  花音 舞  
凛城きら  星月梨旺  秋音 光  留依蒔世  穂稀せり
愛海ひかる  水音志保  亜音有星  山吹ひばり ほか

2021年5月8日(土) 7:00pm 配信視聴
(配信時間: 2時間40分/休憩 5分)



物語: 女優の赤羽礼奈(天彩峰里)と事実婚の関係にありながら新作を撮る度に主演女優と浮名を流し世間を騒がせている映画監督の白澤優二郎(和希そら)が挑む次回作は大正浪漫を代表する画家・竹久夢二(和希そら二役)の人生を描いた物語。幼い頃から運命の女を探し続けた夢二もまた艶聞の絶えない男であり、撮影が進むにつれ、白澤は自分と夢二の境界が曖昧になるほどに彼の人生に飲み込まれていきます・・・。


白澤優二郎の場面から始まって、竹久夢二の世界へと、昭和と大正を行き来してパラレルワールドで展開する物語。
主演の和希そらさんと相手役の天彩峰里さんはじめ主だった役の人たちが双方の世界で二役を演じていますが、全く混乱することはありませんでした。前半は、夢二の時は和服、白澤優二郎の時代は洋服と着るものも違っていましたが、同じ服で演じていた後半もくっきり演じ分け、描き分けられていました。

♪待てど 暮らせど 来ぬ人を~ という「宵待草」の哀愁を帯びたメロディ、折々に挟み込まれる歌(歌手:花音舞)や、深い色の着物など、独特の世界観が広がる舞台。


続きがあります
posted by スキップ at 19:04| Comment(2) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする